INDEX

スワッグについて!ドライフラワーに必要な材料は?

ドライフラワーの花言葉は?

ヨーロッパでは、ドライフラワーをお墓に供える風習があり、花言葉もそこから作られたと考えられます。イギリスでのドライフラワーの花言葉は「永久に終わらない追憶」という意味です。

フランスでの花言葉はたくさん意味があり、「永久に、感謝、栄誉、終わらない友情、終わらない愛情、永遠、真実、永久の真実、生への愛」です。ちなみに日本では、ドライフラワーの歴史が浅く、ドライフラワーの花言葉はありません。

スワッグのドライフラワーに必要な材料は3つ!

必要な材料
  • 植物
  • ハサミ
  • 紐やリボン

スワッグのドライフラワーに必要な材料は、お好きな草花と、花切りバサミ、紐やリボンです。紐やリボンは花束をまとめるために使いますが、紐やリボンでも印象が変わるので、こだわってみると面白いでしょう。ドライフラワーの簡単な作り方を紹介しているので、こちらの記事も合わせてチェックしてみてください。

Small thub shutterstock 318242033
関連記事 ドライフラワーの簡単な作り方・吊るし方は?ユーカリの生花で作る方法も

ドライフラワーの作り方は、初心者でも簡単な方法なのでコツさえ覚えれば綺

ドライフラワーの作り方3選

スワッグのドライフラワーの作り方①吊るすだけで簡単!自然乾燥

自然乾燥でのドライフラワーの作り方
  1. 植物の下葉をとる
  2. バランスを見ながら重ねる
  3. 束ねて紐で結ぶ
  4. 逆さにつるして完成!

スワッグのドライフラワーの作り方は簡単です。まずお好みの植物を用意し、あとでまとめやすいように下から10㎝ほど下葉をとりましょう。そしてバランスを見ながら植物を重ねていきます。

この時、大きな植物や背の高い植物を後ろにし、手前に実のついた植物や花を重ねることが綺麗に見せるポイントになります。次に茎を切ってそろえ、束ねて紐やリボンできつく結びます。

そして逆さにしてつるしたら完成です。そのまま自然乾燥させましょう。自然乾燥させる場合は、生花の状態からドライフラワーになるまでの色の変化を楽しむことができます。

スワッグのドライフラワーの作り方②鮮やかに発色させたいならシリカゲル

生花のような、鮮やかな色のドライフラワーが作りたいという方は、シリカゲルでドライフラワーを作ることをおすすめします。お菓子についているシリカゲルでも作れますが、ドライフラワー用のシリカゲルの方がおすすめです。あとは花がすっぽり入る、タッパーなどの密閉容器を用意してください。

シリカゲルでのドライフラワーの作り方
  1. 花と茎を切り離す
  2. 容器にシリカゲルを敷き花を並べる
  3. 1週間程置いて完成!

シリカゲルでドライフラワーを作るのも、とても簡単です。まずハサミで花と茎を切り離しましょう。そして密閉容器にシリカゲルを敷き、花が重ならないように並べます。その上から花が隠れるようにシリカゲルをふりかけて、蓋をして1週間程放置したら完成です。

ドライフラワーは脆いので、優しくシリカゲルを払い落とすように注意してください。シリカゲルを使えば、鮮やかな色のドライフラワーを作ることができるので、色々アレンジできそうですね。

スワッグのドライフラワーの作り方③時短で作りたいなら電子レンジ

電子レンジでのドライフラワーの作り方
  1. 花と茎を切り離す
  2. 耐熱容器にシリカゲルを敷き花を並べる
  3. 電子レンジで加熱

シリカゲルでの作り方で、1週間も待てないという方は電子レンジ+シリカゲルでの作り方が、簡単に時短でできておすすめです。まず、花と茎をハサミで切り離します。次に耐熱容器にシリカゲルを敷きつめ、花を並べます。そしてその上からシリカゲルをかけて、蓋をしないで電子レンジに入れます。

様子を見ながら500Wで1分~1分半ほど加熱したら完成です。シリカゲルや電子レンジでドライフラワーを作る場合は、花と茎を切り離します。茎の付いた自然な状態のドライフラワーがいい方は、先ほど紹介した自然乾燥で作ることをおすすめします。

シリカゲルを使ったドライフラワーの作り方やポイントを詳しく紹介しているので、こちらの記事も合わせてチェックしてみてください。

Small thub shutterstock 360382934
関連記事 ドライフラワーの作り方・やり方は?シリカゲル/グリセリン/レジン

今回は素敵なインテリアにぴったりなドライフラワーの簡単な作り方をご紹介

スワッグのドライフラワーの飾り方・アレンジ

スワッグのドライフラワーの飾り方①シンプルに飾る



スワッグのおすすめの飾り方は、シンプルに吊るすだけです。スワッグをひとつだけ壁に吊るすだけで、シンプルですがお部屋に雰囲気がででおしゃれですね。すこし寂しい空間などに、ひとつ吊るすことで、お部屋のアクセントになります。季節によって草花を変えると、またお部屋の雰囲気が変わるのでおすすめの飾り方です。

スワッグのドライフラワーの飾り方②たくさん吊るしてカフェ風に

スワッグのおすすめの飾り方は、ひとつ吊るしておくだけでも可愛いですが、たくさん並べて吊るすのもお洒落でおすすめです。たくさん飾ることで、お部屋がカフェや雑貨屋さんのようなお洒落な雰囲気になりますね。

スワッグのドライフラワーの飾り方③窓辺に飾る

スワッグのおすすめの飾り方は、窓辺に飾ることです。風が吹くと、いい香りがしてきます。とくにハーブで作ったスワッグを窓辺に飾るのがおすすめです。ハーブの香りが漂い、癒し効果やリフレッシュになりおすすめです。

スワッグのドライフラワーの飾り方④リースにアレンジ

スワッグをリースにアレンジして飾るのもおすすめです。玄関先やドアに飾ってもかわいいですね。ドライフラワーでリースを作ってプレゼントにしても、喜ばれるでしょう。使う植物によって、イメージが変わるのも面白いですね。鮮やかな色合いのリースを作るのも可愛くておすすめです。

スワッグのドライフラワーの飾り方⑤ハーバリウム

ドライフラワーをアレンジして、流行りのハーバリウムにするのもおすすめです。世界にひとつだけのハーバリウムを作って、おしゃれなインテリアとして楽しめます。ハーバリウムも使う草花の色で、印象が変わり作るのが楽しいですよね。部屋に並べて飾ったり、プレゼントとして作るのもおすすめです。

スワッグのドライフラワーの飾り方⑥季節によって草花を変える

季節に合わせて、草花を変えてアレンジするのもおすすめです。こちらは「クリスマススワッグ」といい、松ぼっくりや赤い実がクリスマスの雰囲気にぴったりですね。リースにしてもクリスマスらしくておすすめですが、簡単に束ねて吊るすだけでもクリスマスの雰囲気が出ますね。

こちらはスワッグで作ったお正月飾りです。スワッグをアレンジすれば、お正月飾りもこんなにおしゃれな飾りになります。季節に合わせて草花を変えると、色んな表情が楽しめ、アレンジの幅も広いので楽しいですね。

せっかくドライフラワーを作ったら長く楽しみたいですよね。ドライフラワーを日持ちさせる保存方法などを紹介しているので、こちらの記事も合わせてチェックしてみてください。

Small thub shutterstock 521498527
関連記事 ドライフラワーを日持ちさせる保存方法や寿命は?枯れない作り方も

今回は「ドライフラワーを日持ちさせる保存法や寿命期間」を中心に、枯れな

スワッグのドライフラワーの飾り方⑦アクセサリーにアレンジ

スワッグのドライフラワーをアレンジして、アクセサリーにするのもおすすめです。こちらはピアスですが、ナチュラルで優しい印象のアクセサリーに仕上がっていますね。耳元からナチュラルなおしゃれが楽しめます。好きな花で、世界にひとつだけのアクセサリーが作れるのも嬉しいですよね。

アレンジのひとつとして、スマホケースにドライフラワーを使うこともおすすめです。シンプルですが、小さな草花が可愛らしいスマホケースになっています。ハンドメイドすれば、他の人と被らないのも嬉しいですね。

ハンドメイドが好きな方には、ドライフラワーを使うことをおすすめします。ドライフラワーの優しい風合いや、色使いなどでアレンジの幅も広がり楽しめますね。

スワッグで部屋をおしゃれに飾ろう!

スワッグのドライフラワーの作り方などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。作り方も簡単なので挑戦しやすいですね。季節の花や好みの花を使ったり、アレンジの幅も広いので、お部屋の雰囲気に合わせて作って楽しめますね。インテリアアイテムとして、おしゃれなスワッグを作ってお部屋を飾ってみませんか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。