INDEX

エアコンの水の音(異音)の原因は?

原因①室内外の気圧の違いでポコポコ水の音

困ったポコポコ音

原因は外と部屋の中の圧力の違いによるものが多いです。気密性の高い部屋では空気の通り道が少なく気圧差が生じやすくなります。冷却や放熱を繰り返すエアコンの内部には結露水が溜まりやすく、それを放出するために外にドレンホースが伸びています。ホース内の水や空気が圧力で逆流し、異音の原因になってしまいます。

原因②クーラーで急激に設定温度を下げること

快適温度

暑い夏、急激にクーラーの設定温度を下げる行為もポコポコといった異音やポタポタ水の音、水漏れの原因に成り得るのです。クーラーの設定温度は下げすぎないようにするのが環境のためにも、水漏れ防止のためにも重要です。今一度エアコンの設定温度を見直してみてはいかがでしょうか。

原因③エアコン本体の汚れが異音の原因に

部屋

エアコン掃除は年末の大掃除のときだけという方。真っ黒けのフィルターをお掃除するのは時間もかかりますし、大変な大仕事です。日々、少しずつお掃除をしていくことで大掃除のときの慌ただしさも軽減され、エアコンを守ることにも繋がります。また、こまめにフィルター掃除をすることでエアコンの利きが良くもなります。

原因④エアコンの配管の向き

壁

エアコンからの配管が、右側から出ているか左側からなのかによっても異なってきます。なぜならエアコン内の配管は右側にあるため、右出しの場合は加工せず設置が出来ます。左出し配管の場合はエアコン内で配管取付部をくねらせ、左側に持ってくる必要があるためおのずとクネクネしてしまい水や汚れが溜まりやすくなります。

エアコンの水の音(異音)を解消するには?

解消法①水の音が聞こえたらまず窓を開けてみる

窓

ポコポコと水の音のような異音が聞こえたら、騙されたと思ってまずは窓を開けてみて下さい。空気の通り道を作ってあげるだけで水の音がしなくなることがあります。気密性の高いマンションでは、もちろん隙間風などは入ってきませんので室内外の気圧に違いが生じやすいです。これがポコポコ、水の音の原因です。

解消法②窓を開けてもダメなら換気扇を止めてみる

シャボン玉

窓を開けて少し様子をみてもポコポコといった異音が改善されない場合は一度、換気扇を止めてみて下さい。それだけで異音が止まることがあります。換気扇の利用で室内の気圧が低下しポコポコ音の原因になっている可能性があります。

解消法③水の音の原因の8割はドレンホースの詰まり

ツール

クーラーのスイッチを切ればポコポコといった水の音のような異音も止まります。ただ、それでは温度調節も出来ません。まずは外に伸びているドレンホースをのぞいてみてください。落葉や土、虫の死骸などで詰まってしまっていることがあります。その場合には割りばしなどで詰まりを解消してください。約8割はこれで解消!

解消法④ドレンホースの向きを確認してみる

確認

ポタポタと嫌な水の音が聞こえたら、水や空気をスムーズに室外に出すことが出来る状態になっているか、ドレンホースの向きを一度確認してみて下さい。ホースの先が折れ曲がっていたりすると水がスムーズに流れず水や空気が逆流してしまう原因になります。逆流した水がエアコン内に溜まるとポタポタ水漏れに繋がります。

解消法⑤ドレンホースの先端を確認してみる

植物

ドレンホースの先が植木鉢などで押しつぶされたりはしていないですか?また、土に埋まってしまっていたりはしないですか?地面にホースの先がついてしまっていると、ホース内に虫が侵入してしまうかも!ドレンホースは地面から5~10cmほど離した状態でカッターなどで切って下さい。今後のための対策にもなります。

エアコンのポコポコ音の対策は?

対策①こまめなドレンホースの掃除でポコポコ音対策

掃除道具

エアコンからポタポタ水が落ちてきてお部屋がびちゃびちゃに!そうなってからドレンホースの詰まりなどに目を向けられる方がほとんどかと思います。エアコンが必須になる次のシーズンが到来する前に、一度ドレンホースのお掃除をお勧めします。市販でも専用の吸引機や逆止弁なども販売されています。

対策②こまめなフィルター掃除でポタポタ異音対策

掃除機

ここまでは主にドレンホースに関する解消法・対策をご紹介させていただきました。エアコン内のフィルターもこまめな掃除が必要です。フィルターに汚れが溜まるとエアコンの利きが悪くなり、設定温度を必要以上に上げたり、下げたりしなくてはなりません。また、ホコリは水分を溜めこむため結露、水漏れの原因になります。

対策③エアコンの設定温度を見直す

寒い日

温度差が生じる際に急激に室温を下げると、熱交換機が冷やされ、引き出し口部分に結露したポタポタ漏水が発生します。この現象はエアコンクリーニング直後や、梅雨の時期に起こりやすいです。暑いからと言ってクーラーで急激に温度を下げるのではなく、徐々に。また、温度を下げるときは風量も上げるようにして下さい。

こちらでは室外機のDIYについて紹介されています。お部屋の中だけでなく室外機をお洒落にDIYすることでお部屋の家電製品にも愛着がわきますよね。私たちの生活に欠かせない家電製品、大切に使って長持ちさせましょう。

Small thumb shutterstock 489393994
関連記事 室外機カバーの作り方は?すのこを使った手作り室外機カバーのDIY例7選

室外機カバーの作り方はご存知でしょうか?おしゃれなエアコンの室外機カバ

それほど難しくないフィルター掃除の手順

①エアコン本体のパネルを開けるときは丁寧に

まずは電源プラグを抜きます。エアコンパネルを開ける際は力の入れすぎに注意します。両端に凹みがあります。カチッと上にあげると開きますが、止めているプラスチック部分は非常に薄く割れやすいです。割れてしまうと、せっかく掃除をしてもパネルが閉まらなくなります。両手に均等に優しく力を入れて開けるのがポイント!

②フィルターを外す前に掃除機をかける

掃除機

エアコンにフィルターを外す前に、フィルターや周りの部品、パネル部分のホコリを掃除機で吸っておいて下さい。掃除機をかけずにフィルターをパンっと外すと頭の上から舞ったホコリをかぶってしまうかもしれません。これだけでもこまめに行っていただくと、嫌なポコポコと言った水の音が解消されるかも。

③さっそくフィルターを外してホコリを落としていきます

石鹸

フィルターはゆっくりとホコリの塊が落ちてこないよう、手前に引き、外します。ホコリはフィルター外側部分に付きますので、外側から掃除機で吸える範囲のホコリは吸ってしまいましょう。フィルターには思ったよりべったりとホコリが蓄積されています。すべてを水洗いにしてしまうと水道が詰まってしまう可能性もあります。

④シャワーでびちゃびちゃ水洗いし、日陰に干します

日陰

次に水洗いですが、掃除機のときとは違い内側からシャワーをあてます。外側から水をかけると目詰まりの原因にも。汚れがひどく、洗剤を使う場合は薄めた中性洗剤を使ってください。柔らかいブラシを使えばある程度の汚れは取れるでしょう。水洗いが終わり、干す際は必ず日陰で!完全に乾いてからフィルターを戻して下さい。

こちらではエアコン掃除に役立つお掃除グッズや、室外機のお掃除方法についても掲載されています。併せてご覧ください。お掃除グッズはどちらもスーパーなどで簡単に購入できるものばかりでとても役に立ちますよ。

それでもダメならプロの業者に相談してみましょう

ポタポタと水の音が聞こえてきてしまったらプロにお掃除を依頼する

プロの掃除

水の音がする?水漏れ原因の約8割がドレンホースの掃除で解消されるとされています。割り箸や吸引機を使い、ご家庭でのお掃除も出来ますが、徹底的に内部のフィルターも合わせてお掃除して欲しい!といった方にはプロにお掃除を依頼することをお勧めします。特に内部の熱交換機やドレンパンのお掃除はプロに任せましょう。

エアコン・クーラーのプロに修理を依頼する

水びたし

ドレンホース以外の約2割の原因の中にはエアコン自体の劣化が原因で修理が必要なケースもあります。ドレンホースやフィルター掃除をしたのにも関わらずエアコンのポコポコ音が改善されない、といった場合には一度メーカーさんにご相談をしてみて下さい。

エアコンからポコポコ水の音が聞こえてももう怖くない!

いかがでしたでしょうか。お部屋のエアコンからポコポコと言った水の音がしても大丈夫です。故障してしまったと肩を落とさないで下さい。いくつかの注意点に気を付けていただくだけで簡単に解消できる、よく起こる問題なのです。まずは、何よりこまめなメンテナンスをしていただくことが一番の対策方法です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。