INDEX

飲み会の後に送るお礼メールの基本的なマナー5つ

飲み会の後に送るお礼メールの基本的なマナー①翌日午前までに出す

飲み会の後に送るお礼メールの基本的なマナーには、翌日午前までにお礼メールを出すというものがあります。基本的に飲み会でお酒が入っているので、当日中に送るというのは厳しいかもしれませんので翌日の午前中、出社したら送るというのがマナーになっています。また朝一で送れない場合には翌日中に送ります。

飲み会の後に送るお礼メールの基本的なマナー②定型文で出さない

飲み会の後に送るお礼メールの基本的なマナーには、定型文でお礼メールを出してはいけないというものがあります。そのメールを見た相手は定型文なのか、自分で考えて打ったものなのかすぐに分かってしまいます。定型文で送ると相手が「事務的に送ってきたな」と感じて、失礼に当たる場合があるので気を付けましょう。

飲み会の後に送るお礼メールの基本的なマナー③返信不要と最後に添える

飲み会の後に送るお礼メールの基本的なマナーとして、最後に返信不要の旨を添えると相手に好印象を与えます。これは相手にお礼を伝えたいだけで他には何も望まないという謙虚さが伝わります。また、忙しいのは分かっているので、目を通していただくだけで十分という気遣いが感じられるメールになります。

ただし会社のルールとしてメールに「返信不要」と添えること自体、控えるように指示する会社もありますので、自信がない時には先輩に確認するようにしましょう。「返信不要」と添えることで、稀に失礼に当たる場合があるからです。

飲み会の後に送るお礼メールの基本的なマナー④お礼のメールの旨を明確に

飲み会の後に送るお礼メールの基本的なマナーとしてお礼のメールの旨を明確にした方が相手に伝わりやすくなります。一番簡単な方法はメールのタイトルを「お礼」あるいは「昨日はありがとうございました」とすることです。「お礼」とした方がビジネスライクになりますが許される関係であれば後者の方が気持ちが伝わります。

また、お礼の旨は最初と最後にそれぞれ入ってくるので、短い間にお礼の言葉が続いても不自然にならないように「ありがとうございました」と「感謝申し上げます」で使い分けるなどの工夫があると、文章が綺麗に見えます。

飲み会の後に送るお礼メールの基本的なマナー⑤長文にならないようにする

飲み会の後に送るお礼メールの基本的なマナーとして、お礼のメールは長文にならないようにしましょう。お礼のメールを受け取った上司や取引先は恐らくあなただけではなく、他の人からも同じようなメールを受け取っているでしょう。そのためお礼のメールはお礼だけに短く留めた方が相手に対してありがたいでしょう。

また、メールは言葉遣いをひとつ間違うだけでせっかくポイントを押さえていても印象値がガクッと下がってしまう場合もあるので、そういった間違いを犯さないように下記の記事も参考にしていただけたら嬉しいです。

Small thumb shutterstock 531015667
関連記事 上司にお礼メールの例文。目上の人に感謝を伝える敬語で返信するには?

上司にお礼メールをするとき、敬語や返信の時間帯など気になることがたくさ

飲み会の後に送るお礼メールのコツ3つ

飲み会の後に送るお礼メールのコツ①飲み会の思い出を添える

飲み会の後に送るお礼メールのコツとして、飲み会の思い出を添えると印象値がワンランクアップするでしょう。何故ならそのメールにあなたのオリジナリティが反映されるからです。そしてそれを見た方もあなたの人柄を把握しやすくなるため、お礼メールが今後の人間関係をスムーズにする格好の円滑油になるかもしれません。

特にその相手にとって何が響くのかを考えて送った方がいいでしょう。基本的には「〇〇さんのプロジェクトのお話はとても斬新な発想ばかりで勉強になりました」といった内容がいいでしょう。「裸踊りは一生忘れません」といった内容だと怒る人もいますので、印象に残った真面目な話を思い出とすると良いでしょう。

飲み会の後に送るお礼メールのコツ②また同席したい旨を盛り込む

飲み会の後に送るお礼メールのコツとしてまた相手と同席したい旨を盛り込むと印象地がグッとアップします。ここでの注意は同席したい旨を送ると同席となる可能性が出てくるということです。今後同席したくない意思が強い場合は、社交辞令であっても送らない方がいいでしょう。特に社内は断りづらいので気を付けましょう。

また、再度同席したい旨を盛り込む場合には、何故同席したいと思うのかを記載した方がより効果があります。「楽しかった」から同席したいのか「お話が勉強になった」から同席したいのか、等です。そういった理由を入れた方が信ぴょう性が増すので、印象値を上げたくて再度の同席に問題がなければ是非盛り込んでみましょう。

飲み会の後に送るお礼メールのコツ③何かが業務に結びついた旨を盛り込む

飲み会の後に送るお礼メールのコツとして、飲み会で出た話で何かが業務に結びついた旨を盛り込むとその相手からだけではなく、周囲からの印象値も大きく上げることができます。例えば「〇〇様がお話の中にあった、△△のプロジェクトですが、是非ご一緒させていただけたらと思いました」などといった話です。

また、そこまで具体的ではなくても「〇〇部長の若いころのお話をお伺いして、私ももっと業務に対して前傾姿勢にならないといけないなと思いました」といった話でも構わないと思います。そういった内容を盛り込むことで、一目置かれる存在になれるかもしれません。

社内の上司や先輩に飲み会の後に送るお礼メールの書き方や例文5選

社内の上司や先輩に飲み会の後に送る例文①忘年会

ここからはパターン別で例文を見ていきましょう。忘年会や新年会のお礼として、社内の上司や先輩に送るメールの例文になります。社内の忘年会等のお礼メールは少しカジュアルさがあるくらいがいいでしょう。

忘年会のお礼として社内の上司や先輩に送るメール
  • (一体感を出す表現)忘年会で色々お話をする中で、今年は〇〇さんといいお仕事がたくさんできたなと、しみじみ思い出していました。
  • (ポジティブと謙虚さを表現)今年は〇〇が足りないと感じ反省していますが、来年は△△が達成できるように尽力していきたいと思います。
  • (ご指導ご鞭撻をカジュアル気味に表現)来年は部長に迷惑をかけないように精進しますので、変わらずお力添えをいただけたら嬉しいです。いつも頼りにしてますので、よろしくお願いします!

社内の上司や先輩に飲み会の後に送る例文②社内会食

社内会食のお礼として、社内の上司や先輩に送るメールの例文になります。社内会食については業務へのモチベーションに関連付ける内容を忘れないようにしましょう。

社内会食のお礼として社内の上司や先輩に送るメール
  • (会の進行を褒める)課長の司会進行のおかげで、とても楽しく過ごすことができました。自分も課長のように、仕事も会食も仕切れるようになりたいです。
  • (経験談をピックアップ)やり手の係長にもそんな時代があったんだなとびっくりし、自分も頑張ろうと闘志を燃やしています。
  • (業務の話を盛り込む)部長から新しいプロジェクトの詳細を聞けて勉強になりました。詳細をお伺いに行くこともあるかと思いますので、その時はよろしくお願いします。

社内の上司や先輩に飲み会の後に送る例文③懇親会

懇親会のお礼として、社内の上司や先輩に送るメールの例文になります。懇親会の場合はエピソードを中心に盛り込んでいくと印象値がアップします。

懇親会のお礼として社内の上司や先輩に送るメール
  • (楽しかったエピソード)先輩のブルゾンの仮想にはびっくりしました!先輩のように仕事でも飲み会でも主導権が取れる女になりたいです。
  • (エピソードが思い浮かばない)こういう場があると、部署の団結力が高まるなと思います。また是非実施していただきたいです!
  • (幹事を志願してみる)こういう会は社内でも重要だと考えているので、次の幹事は私も候補に入れていただけたらありがたいです。

社内の上司や先輩に飲み会の後に送る例文④接待

接待のお礼として、社内の上司や先輩に送るメールの例文になります。接待を自分がセッティングして、先輩や上司がその接待リードしてくれた場合に送るメールです。

接待のお礼として社内の上司や先輩に送るメール
  • (進行を褒める)先輩が取引先も巻き込んで主導権を取っていく姿は自分も見習いたいと思いました。
  • (商談の内容を褒める)課長のプレゼンを聞いていると、自分が取引先だとしてもただただ頷いて関心するしかないと思います。
  • (材料がない)部長にご参加いただき、スムーズに接待が進んだと心より感謝しております。

社内の上司や先輩に飲み会の後に送る例文⑤プライベート感が強い食事会

食事会のお礼として、社内の上司や先輩に送るメールの例文になります。食事会のメールについては仕事等は差し置いて、その人とより親密になれる内容を考えましょう。

食事会のお礼として社内の上司や先輩に送るメール
  • (食事の内容)あんなに美味しい海鮮を食べたのは初めてです。先輩の食のチョイスにはいつも度肝を抜かれます。
  • (会の内容)課長と飲んでいると本当にいつも時間を忘れてしまいます。
  • (会のセッティング)私なんかのために部長がお時間を割いてくださり、それだけで感謝感激の極みです。

社外の方に飲み会の後に送るお礼メールの書き方や例文5選

社外の方に送るお礼メールの書き方や例文①忘年会

忘年会のお礼として、社外の方に送るメールの例文になります。取引を長く続けていきたいという要素を盛り込みたい場面になります。

忘年会のお礼として社外の方に送るメール
  • (取引の継続)〇〇様とこうやって忘年会を迎えることが出来たことを嬉しく思い、また来年の忘年会にも同じことを申し上げることができたらと思っております。
  • (エピソード)〇〇様のダンスが今でも脳裡に焼き付いております。あのエネルギッシュなダンスにあやかって、お互い来年飛躍の年にしていきましょう!

社外の方に送るお礼メールの書き方や例文②会食

会食のお礼として、社外の方に送るメールの例文になります。会食のお礼メールの場合はお時間をいただいた旨を盛り込み、今後の展開もしっかり盛り込むようにしましょう。

会食のお礼として社外の方に送るメール
  • (開催のお礼)お忙しい中貴重なお時間をいただきありがとうございました。今後の方向性のお話がお伺いできてよかったです。
  • (会食の意義を回顧)プロジェクトが順調に進行していることが確認できホッとしているとともに、完成までのお力添えを賜れればと思っております。

社外の方に送るお礼メールの書き方や例文③懇親会

懇親会のお礼として、社外の方に送るメールの例文になります。懇親会のお礼メールでは相手の印象に残る、エピソードを踏まえた文章や相手を大切に思っている文章の作成を心掛けましょう。

懇親会のお礼として社外の方に送るメール
  • (挨拶)〇〇様の場の雰囲気を和ませる挨拶がとても印象に残っています。今でもはっきり思い出せそうです。
  • (エピソード)〇〇様とお話をしていた時に急にピエロがやってきた時にはびっくりしましたね!
  • (ご縁)〇〇様とこの懇親会で出会ったご縁は、ここからも途切れないように大切にしていきたいと思っております。

社外の方に送るお礼メールの書き方や例文④接待

接待のお礼として、社外の方に送るメールの例文になります。接待のお礼メールについては相手を持ち上げることと、仕事に結びつけることを忘れないようにしましょう。

接待のお礼として社外の方に送るメール
  • (ビジネスの話)プロジェクトの件を綿密に詰めることができ、本当に有意義な時間となりました。
  • (趣味の話)〇〇様と是非今度ゴルフでもご一緒できたら嬉しいです!

社外の方に送るお礼メールの書き方や例文⑤食事会

食事会のお礼として、社外の方に送るメールの例文になります。食事会のお礼メールは、社内の食事会のお礼メールに比べて少し気を遣った書き方になります。

食事会のお礼として社外の方に送るメール
  • (今後の進展)今日はお誘いいただいて本当に嬉しかったです。今度は私からもお誘いさせていただきたいです。
  • (エピソード)サプライズの演出には本当に感動して涙が止まりませんでした。お見苦しいところをお見せしましたが、◌◌様の御心遣いが本当に嬉しくて、言葉に詰まってしまいました。

社長や代表など偉い人へ|飲み会の後に送るお礼メールの書き方や例文3選

社長や代表など偉い人へのお礼メール例文①役員等経営層の上司

食事会や懇親会のお礼として、役員等経営層の上司に送るメールの例文になります。直属の上司の上の上司に当たりますので、自分のことをアピールする機会と捉えましょう。2つ目は許される会社の方が少ないかもしれませんが、若い人が活躍するような営業会社ならありかもしれません。使用の判断は自己責任でお願いします。

食事会等のお礼として役員等経営層の上司に送るメール
  • (自己アピール)半年後には係長昇進を目指して◌◌の勉強をしており、△△役員のお話は受験に向けて非常にモチベーションが上がるものでした。
  • (応用編)半年後には△△役員の右腕になっている◌◌と申します。現部署のメンバーを半年間でごぼう抜きして、お約束が現実になるように突き進んでいきます!

社長や代表など偉い人へのお礼メール例文②社長

食事会や懇親会のお礼として、社長に送るメールの例文になります。会社のトップであるというリスペクトを込めてメールを送りましょう。

食事会等のお礼として社長に送るメール
  • (雲の上の存在)社長とお食事をご一緒できたのは今でも本当に信じられません。私にとって一生の思い出です。
  • (感動を表現)私のような末端の社員まで社長自ら気にかけていただき、また素敵な贈り物までいただき、本当にこの会社に入って良かったと思っています。

社長や代表など偉い人へのお礼メール例文③社外の取締役以上の役職者

会食や忘年会のお礼として、社外の取締役以上の役職者に送るメールの例文になります。会社の顔としてメールを送っているという自覚を持つことが大切です。

会食等のお礼として社外の取締役以上の役職者に送るメール
  • (無難な内容1)今回の会食を機に貴社とのお付き合いがより良きものとなりますように尽力させていただきますので、ご意見やご要望がございましたら遠慮なくお申しつけください。
  • (無難な内容2)◌◌様のお陰で今までにない、内容の濃いお話をさせていただきました。個人的にも◌◌様からはこれからも色々と勉強をさせていただけたらと思っております。

お礼メールをきちんと送って一目置かれる存在になろう

食事会や懇親会、接待に忘年会と、様々な場面でのお礼メール例文を紹介してきましたが、お礼メールにおいて大切なのは、マナーを守ることとメールに心を込めて送るだけです。そうすることで、相手との親密で長い付き合いができて、ビジネスチャンスの展望が開けることでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。