Large thumb shutterstock 566248510

自宅でのコートの洗濯・洗い方|ウール・モッズ・ダッフルの手洗い・洗濯機は?

更新:2019.06.21

自宅でもコートが洗濯出来るのをご存知ですか?洗い方は、洗濯機なのか手洗いなのか、手間はどれくらいの物なのか気になりますよね。また、コートの種類(ウールコート・モッズコート・ダッフルコートなど)によっても洗濯の仕方は変わってきます。ここでは、そんなあなたのコートの洗い方の疑問にお答えします!

一般的なコートの洗濯・クリーニングの頻度は?

コートの洗濯・クリーニングの頻度

コートの洗濯頻度は「ワンシーズンに一度」という方が多いようです。コートはコート自体のお値段がするものなので、自分で洗うことは不安だという方が大半です。クリーニング代も値が張るので、頻繁にクリーニングに出すのは難しいですよね。下手をしたら、コート代よりもクリーニング代の方が高くなってしまうことも。

また冬は、乾燥した空気で静電気が起きホコリが付きやすいですし、咳やくしゃみなどの多い季節ですから見た目は大丈夫でも汚れているのです。コートの洗濯の理想は、「ワンシーズンに二度」です。シーズンが終わるときには、クリーニングに出すことをおすすめします。

シーズンの間で一度、家庭で洗えるものは洗いたいですね。コートを洗濯したら、今度は収納です。コートはシーズンの時しか着ないものなので、収納に困る方が多いようです。コートの収納について詳しくお知りになりたい方は、以下の記事も併せてご覧ください。

部分的な汚れが気になる

コートを丸ごと洗濯するのはワンシーズンに一度~二度であっても、それでも気になるのが「部分的な汚れ」です。うっかりつけてしまったシミや、襟など直接肌に触れる部分、手を出し入れするポケットの部分、袖口など、目に見える汚れが気になることがあります。

そんな時は、部分的に洗濯することも可能です。コート丸ごとの洗濯は大変ですが、部分洗いであればこまめに行えますね。詳しい洗い方は、この記事の「コートの汚れ落とし|すぐに何とかしたいときの対処法」をご覧ください。

コートの洗濯方法・洗い方|洗う前の準備・注意点は?

洗濯機ではなく「手洗い」が基本

コートの洗い方の基本は「手洗い」です。洗濯機洗いOKと記載のあるコートは、洗濯機洗いでも大丈夫です。洗濯機でコートを洗う場合は必ず、軽くたたんで洗濯ネットに入れて、おしゃれ着洗いモード(クリーニングモード)で洗いましょう。必ず、ボタンやファスナーは閉めてください。

それでも、コートを洗濯機で洗うと、縮んでしまったり傷みやすいというトラブルがありますから、大切なコートの場合はやはり手洗いで優しく洗うことをおすすめします。手洗いの洗い方は、この記事の「コートの洗濯方法・洗い方・汚れ落としの手順」をご覧ください。

手洗いなのに、洗濯ネットがいるの?と思う方もいるでしょう。手洗いの際にも、脱水は洗濯機を使用するので、洗濯ネットに必ず入れてください。しかし、洗濯ネットは片付けにくいですよね。洗濯ネットの収納方法が気になるという方は、以下の記事も併せて読んでみてください。

必ず「洗濯表示」のチェックをしよう!

コートを洗濯するときには、必ず「洗濯表示」をチェックしてください。上記の写真のように、洗面器に水を張ったイラストにバツマークが付いていた場合は、「家庭での洗濯禁止」という意味です。Fのマークは石油系溶剤のドライクリーニングという意味です。コートについている表記に従いましょう。

「ドライクリーニング」マークのものは、ドライクリーニングしかできないという意味ではありません。手洗いマークが付いていれば、家庭で洗濯することが出来ます。ただし、通常の洗濯ではなく、ドライクリーニング用の洗剤を使用して、クリーニングモードで洗濯してください。

使用する洗剤によって、「この洗濯表示の物が洗えます」と表示されているものがあります。洗剤の表示もチェックしましょう。洗濯表示では、「洗濯のしかた」「漂白のしかた」「乾燥のしかた」「アイロンのかけかた」「クリーニングの種類」「絞り方」等がわかります。詳しくは、下記リンクでご確認ください。

消費者庁:洗濯表示

ホコリなどはブラッシングで落とす

コートを洗濯する前に、もう一つしておくことがあります。それは「ブラッシング」です。コート専用のコートブラシでコートをブラッシングすることで、表面や繊維の奥に入り込んでしまったホコリなどを落とすことが出来ます。まず、コートの毛の流れに逆らってブラッシングしてホコリを落とします。

最後にコートの毛の流れに合わせてブラッシングをして整えます。目立つ汚れでなければ、選択をしなくてもブラッシングでお手入れをするだけでもだいぶキレイになります。ブラシには硬さや毛の量など、様々な種類があるので、あなたのコートに合わせたブラシをチョイスすることをおすすめします。

コートの洗濯方法・洗い方・汚れ落としの手順

ウールコートの洗濯方法・洗い方の手順

ウールコートの洗濯方法・洗い方の手順

  1. 洗濯表示を必ずチェックして、家庭で洗えるかどうかを確認する。
  2. ウールコートをブラッシングします。ボタンなどは全て閉めます。ポケットの中の物も出しましょう。
  3. ウールコートを裏返し、軽くたたみ洗濯ネットに入れます。
  4. 洗濯表示の温度のお湯に、洗剤(おしゃれ着用の中性洗剤)を入れ溶かします。
  5. 軽く、押し洗いし、2度すすぎもします。極力、水の中の時間を少なくできるようにしてください。
  6. 脱水は洗濯機で行います。ネットに入れたまま手洗いモードで脱水します。時間は1分以内です。
  7. しっかりとしたハンガーに掛けて、形を整えます。
  8. タオルで押さえ、タオルドライします。
  9. 陰干しで、時間をかけて乾かします。
  10. 乾かしながらブラッシングをして、毛並みを整えましょう。

ウールコートの洗い方は、絶対に手洗いにしましょう。しかし、ウールという素材は縮みやすい素材ですし、なかなか乾かなくてカビ臭さを感じる方もいるようです。アイロンも当てられないため、家庭で洗うには非常に難しい素材です。またほとんどのウールコートは、家庭での洗濯禁止表示になっています。

以上のことから、ウールコートはクリーニングに出して洗濯することをおすすめします。どうしてもウールコートを自宅で洗いたいという場合には、洗濯表示に従い、上記の方法で洗えます。家庭での洗自宅でのコートのお手入れは、ブラッシングで整えホコリを落とす程度にとどめたほうが無難です。

モッズコートの洗濯方法・洗い方の手順

モッズコートの洗濯方法・洗い方の手順

  1. 洗濯表示を必ずチェックして、家庭で洗えるかどうかを確認する。
  2. モッズコートをブラッシングします。ファスナーなどは全て閉めます。ポケットの中の物も出しましょう。
  3. ファーなどが付いている場合、取り外せるものは外します。
  4. 洗濯表示の温度のお湯に、洗剤(おしゃれ着用の中性洗剤)を入れ溶かします。
  5. モッズコートをたたんでネットに入れ、押し洗いします。
  6. 2度すすぎをしたら、洗濯機で脱水します。時間は1分程度です。
  7. しっかりとしたハンガーに掛けて、形を整えます。
  8. タオルで押さえ、タオルドライします。
  9. 陰干しで、時間をかけて乾かします。

モッズコートの洗い方は、手洗いがおすすめです。しかし、モッズコートはポリエステルや綿、レーヨン素材の物が多く耐久性があるので、洗濯機で洗濯出来るタイプも多くあります。洗濯表示で確認してください。ファーなどの飾りがついている場合は、必ず取り外しましょう。

家庭での洗濯では、ファーの質感が損なわれてしまう可能性があります。モッズコートは、おしゃれでヴィンテージ加工して、汚れをわざと出しているものもあります。その場合、洗ってしまうとモッズコートの商品価値が下がってしまう場合がありますので、注意してください。

ダッフルコートの洗濯方法・洗い方の手順

ダッフルコートの洗濯方法・洗い方の手順

  1. 洗濯表示を必ずチェックして、家庭で洗えるかどうかを確認する。
  2. ダッフルコートをブラッシングします。ボタンなどは全て閉めます。ポケットの中の物も出しましょう。
  3. 洗濯表示の温度のお湯に、洗剤(おしゃれ着用の中性洗剤)を入れ溶かします。
  4. ダッフルコートをたたんでネットに入れ、押し洗いします。
  5. 軽く、押し洗いし、2度すすぎもします。極力、水の中の時間を少なくできるようにしてください。
  6. 脱水は洗濯機で行います。ネットに入れたまま手洗いモードで脱水します。時間は1分以内です。
  7. しっかりとしたハンガーに掛けて、形を整えます。
  8. タオルで押さえ、タオルドライします。
  9. 陰干しで、時間をかけて乾かします。

ダッフルコートの洗い方は、絶対に手洗いにしましょう。素材がウールだった場合は、ウールコートと同じく縮みやすくなかなか乾かないので、クリーニングに出すことをおすすめします。ポリエステルや羊毛を使用したダッフルコートだった場合、洗濯表示を確認して家庭で洗えるものは上記の手順で洗ってください。

素材によって、洗濯機での洗濯が可能なものもあります。表示をよく確認してください。洗濯機で洗う際も、たたんでネットに入れることを忘れないでください。また、ダッフルコートは大きなボタンが特徴です。洗濯するときに傷がつかないように気を付けましょう。

ダウンコートの洗濯方法・洗い方の手順

ダウンコートの洗濯方法・洗い方の手順

  1. 洗濯表示を必ずチェックして、家庭で洗えるかどうかを確認する。
  2. ファスナーなどは全て閉めます。ポケットの中の物も出しましょう。
  3. 洗濯表示の温度のお湯に、洗剤(おしゃれ着用の中性洗剤)を入れ溶かします。
  4. ダウンコートをたたんで押し洗いします。
  5. 30秒程度度脱水し、2回すすぎます。(2回目のすすぎで柔軟剤を入れてもOK)
  6. 30秒~1分程度脱水します。
  7. しっかりとしたハンガーに掛けて、たたいて形を整えます。
  8. 陰干しで、時間をかけて乾かします。

ダウンコートの洗い方は手洗いがおすすめです。洗濯機で洗えるタイプの物も多くあります。洗濯表示で確認しましょう。軽い着心地が人気のダウンコートは、袖口の汚れが目立ちやすいので、部分的に汚れが気になるときには、この記事の「コートの汚れ落とし|すぐに何とかしたいときの対処法」の部分洗いを行いましょう。

ダウンコートは家庭で頻繁に洗えるコートなので、小さいお子さんなど汚すことが多い場合おすすめのコートです。2回目のすすぎで柔軟剤を入れると、ダウンがフワッと仕上がりおすすめです。いい香りの柔軟剤に興味のある方は、以下の柔軟剤ダウニーの記事をご覧ください。また、詳しい洗い方は以下の動画をご覧ください。

コートの汚れ落とし|すぐに何とかしたいときの対処法

コートのニオイが気になるときには衣類用消臭スプレーで

コートの洗濯は、結構骨の折れる作業です。汚れではなく、タバコや食べ物のニオイがコートについてしまい気になるという場合には、洗濯ではなく衣類用の消臭スプレーで対応しましょう。この場合も、いきなりスプレーをかけるのではなく、コートブラシでホコリなどを落とし、コートの毛並みを整えてからスプレーしましょう。

消臭スプレーの注意書きを見ると、衣類の表面が全体的に湿り気を帯びる程度にスプレーするように書かれているものが多く、消臭スプレーをした後すぐに着用するというのは難しそうです。朝には乾いて着用できる状態になるように、夜のうちに消臭スプレーをしておくといいでしょう。

コートの部分的な汚れの洗い方

コートの部分的な汚れの洗い方

  1. おしゃれ着用の中性洗剤を薄め、タオルに浸し固く絞ります。
  2. 汚れの気になる部分にトントンと当てながら、叩き拭きします。(ゴシゴシこすらないでください)
  3. 汚れが落ちたら、別のタオルを濡らして固く絞り、2回すすぎ拭きします。
  4. 陰干しで乾かします。

コートの洗濯で部分的な汚れが気になる場合、上記の方法で部分洗いを行います。すすぎ拭きの2回目の時、柔軟剤を薄めたものをトントンと馴染ませると、柔らかく仕上がるのでおすすめです。コート全体を濡らしてしまうと、乾かすのに数日かかります。この方法でしたら、夜のうちに洗濯を行えば次の日には着用できます。

コートの部分汚れやシミだけでなく、洗っていたら時間がない、すぐに何とかしたいときの対処法として、部分洗いの方法を覚えておくと便利です。

コートの洗濯におすすめな洗剤は?

おしゃれ着用の中性洗剤「アクロン」

コートの洗濯におすすめな洗剤は、おしゃれ着用の中性洗剤「アクロン」です。「シルキータッチ成分」が、コートを着ているときに出来るこすれ毛玉や、毛羽立ち、色あせ、型崩れを防いでくれる効果があります。また、首元や袖口のヨレを整えながら洗濯してくれます。

香りも、女性に人気の硬いフローラルブーケの香りです。洗濯中に華やぐステキな香りがしたら、面倒な洗濯も少し楽しくなりそうですね!

ドライマーク用洗濯洗剤「ウールシャンプー」

コートの洗濯におすすめな洗剤は、ドライマーク用洗濯洗剤「ウールシャンプー」です。洗濯表示にドライマークがついていて、家庭での洗濯が可能だった場合、こちらの洗剤がおすすめです。獣毛繊維の洗濯に向いています。シワが出来にくいので、アイロンのできない素材のコート場合とても嬉しい効果です。

家庭での洗濯なのに、クリーニングに出したようなプロ並みの仕上がりだという口コミもあります。大切なコートだから、普通のおしゃれ着用の中性洗剤ではなく本格的にキレイにしたい、そんな方におすすめの洗濯洗剤です。ウールシャンプーの詳しい使い方については、以下の動画をご覧ください。

コートの洗濯が終わった後の干し方|乾燥機はOK?NG?

コートに乾燥機はNG!

コートを洗濯したときには、早く乾かしたくても乾燥機は絶対に使用しないでください。乾燥機は生地へのダメージが大きく、熱くなったときに生地が縮みやすくなります。時間をかけて陰干しでゆっくり乾かすことがベストですが、カビ臭さなどが気になるという場合は、扇風機やエアコンなどで調整して乾かしましょう。

また、急激に乾かすと、シワのまま乾いてしまったり毛並みが崩れやすくなります。定期的にたたいてしわを伸ばしたらブラッシングを行いましょう。水着も、縮みやすい素材のため乾燥機はNGです。水着の洗い方も気になるという方は、以下の記事もぜひ読んでみてください。

コートは陰干しが基本

コートを洗濯したときには、陰干しが基本です。早く乾かしたいからと天日干ししてしまうと、コートの素材の質感が変わってしまう可能性があります。テカテカしてしまったり、毛並みが固くなってしまったり、色あせが生じてしまうこともあります。

焦った分だけ失敗する、コートを洗うときには乾かすのに時間がかかるものだということを頭に入れておきましょう。それでも、少しでも早く乾かしたい場合には、上記でご紹介したように、扇風機やエアコンで調整して乾かしましょう。

コートの洗濯は洗濯表示が重要!

いかがでしたでしょうか?コートは、洗濯表示によりますが家庭でも洗濯できるものだということがわかりました。コートの部分洗いも役に立ちそうです。しかし同時に、コートの洗濯は家庭では難しいものだということもわかりましたね。あなたの大切なコートとよく相談して、洗濯してみてください!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。