INDEX

一般的なスーツやスラックスの洗濯・クリーニングの頻度は?

一般的なスーツやスラックスの洗濯・クリーニングの頻度①春夏は2週間

一般的なスーツやスラックスの洗濯・クリーニングの頻度1つ目は、春夏シーズンは2週間に1度です。春夏シーズンは汗をかく機会が多くなるので、最低でも1カ月に1度は洗濯やクリーニングをするのが良いでしょう。また、2~3着のスーツを着回している方は、最低でも2週間に1度洗濯やクリーニングを利用しましょう。

一般的なスーツやスラックスの洗濯・クリーニングの頻度②秋冬は3カ月

一般的なスーツやスラックスの洗濯・クリーニングの頻度2つ目は、秋冬シーズンは3カ月に1度です。秋冬シーズンは汗をかく量も減り、スーツ生地も厚手になりますので、ワンシーズンに1度洗濯やクリーニングを利用しましょう。しかし、汗かきの方や少ないスーツ数で着まわしている方は、頻度を増やしましょう。

一般的なスーツやスラックスの洗濯・クリーニングの頻度③ズボンは7回

一般的なスーツやスラックスの洗濯・クリーニングの頻度3つ目は、ズボンは7回着用したら1回です。しかし、一般的にスーツのスラックスは、スーツのジャケットと同じ頻度で洗濯やクリーニングを利用しましょう。そのため、汚れやすいスーツのズボンを履く際には、ズボンの下にアンダーウェアを履くのがおすすめです。

スーツやスラックスの洗濯やクリーニング頻度が気になる方は、ワイシャツの洗濯やクリーニングについても気になる方が多いのではないでしょうか。そこで、下記記事ではワイシャツやカッターシャツの洗濯・洗い方、手洗いの方法やクリーニングについて詳しく紹介していますので、ぜひ下記記事もチェックしてください。

スーツやスラックスの洗濯方法・洗い方|洗う前の準備・注意点は?

スーツやスラックスの洗う前の準備・注意点①洗濯表示タグのチェック

スーツやスラックスの洗う前の準備・注意点1つ目は、洗濯表示タグのチェックです。スーツの内側には、洗濯表示タグが付いています。洗濯表示タグをチェックし、洗濯機が使用できるか、水洗いできるか、ドライクリーニングをするのかなどをチェックしましょう。

スーツやスラックスの洗う前の準備・注意点②色落ちチェック

スーツやスラックスの洗う前の準備・注意点2つ目は、色落ちチェックです。スーツやスラックスを自宅で洗濯する際には、使用する洗剤の原液をスーツやスラックスの目立たない場所に付けて5分程度置きます。その後、乾いた布を洗剤部分にあてて、色落ちしないかどうかをチェックしましょう。

スーツやスラックスの洗う前の準備・注意点③ポケット・穴・ほつれチェック

スーツやスラックスの洗う前の準備・注意点3つ目は、ポケット・穴・ほつれのチェックです。スーツやスラックスのポケットの中身が全て空になっているかどうかをチェックします。また、スーツやスラックスに穴やほつれがないかどうかもチェックしておきましょう。穴やほつれがある場合は、自宅でのお手入れは不向きです。

スーツやスラックスを自宅で洗濯する方の中には、洗濯機の買い替え時期を迎えている方もいるのではないでしょうか。そこで、下記記事では2018年度版のコストコのおすすめ洗濯機を紹介していきます。下記記事では、ドラム式乾燥機能付き洗濯機など、海外大型スーパー「コストコ」で人気の洗濯機をチェック可能です。

Small thumb shutterstock 510916726
関連記事 【2018年】おすすめ洗濯機はコストコで!ドラム式洗濯乾燥機がいい?

毎日のお洗濯は面倒な時もありますよね。でも最近発売されているおすすめ洗

スーツやスラックスのシミや汚れ落としの手順は?

スーツやズボンのシミや汚れ落としの手順①水・油溶性の汚れか調べる

スーツやスラックスのシミや汚れ落としの手順
水溶性・油溶性の汚れかを調べる
  1. きれいな水を入れた霧吹きで、スーツやズボンのシミや汚れ部分に水を拭きかけます。
  2. 1を10秒程度放置し、拭きかけた水の状態をチェックしましょう。
  3. シミや汚れ部分に霧吹きで水を拭きかけ、水がしみ込んだら水溶性の汚れで、水をはじいていたら油溶性の汚れやシミです。

スーツやズボンのシミや汚れ落としの手順1つ目は、水溶性の汚れか油溶性の汚れかを調べます。水溶性・油溶性の汚れはそれぞれ落とし方が異なるので、シミや汚れが水溶性か油溶性かを最初にチェックしましょう。

スーツやズボンのシミや汚れ落としの手順②水はお湯・油は洗剤で落とす

油汚れは洗剤で落とす
水溶性・油溶性の汚れやシミの落とし方
  1. 水溶性の汚れやシミを落とす場合は、きれいなタオルにぬるま湯を含ませ固く絞ります。
  2. 水溶性のシミや汚れ部分の下にあて布をし、1のタオルでポンポンと叩いて汚れやシミを落とし完成です。
  3. 油溶性の汚れやシミを落とす場合は、中性洗剤を溶かしたぬるま湯をタオルに含ませます。
  4. 油溶性のシミや汚れ部分の下にあて布をし、3のタオルでポンポンと叩いて汚れやシミを落としましょう。
  5. あて布をしたまま、4で叩いた部分をきれいなぬるま湯を含ませたタオルで優しくポンポンと叩いていきます。
  6. 4で付いた洗剤が、5でしっかりと落ちたら完成です。

スーツやズボンのシミや汚れ落としの手順2つ目は、水はお湯・油は洗剤で落とす。水の汚れやシミはお湯で、油の汚れやシミは中性洗剤を利用して落としていきましょう。洗濯機や手洗いで丸洗いする前にも、気になるシミや汚れを落としてから洗濯するのがおすすめです。

スーツやスラックスの洗濯機での洗濯方法・洗い方|汚れ落としの手順は?

スーツやスラックスの洗濯機での洗濯方法・洗い方①畳んでネットに入れる

スーツやスラックスの洗濯機での洗濯方法・洗い方1つ目は、畳んでネットに入れるです。スーツのジャケットはボタンを全て開け、形を整えた後、縦半分に二つ折にします。スラックスは、ファスナーやボタンを全て留め、プリーツラインに沿って形を整え、二つ折りか三つ折りにしましょう。それぞれ、洗濯ネットに入れます。

スーツやスラックスの洗濯機での洗濯方法・洗い方②中性洗剤で洗濯する

スーツやスラックスの洗濯機での洗濯方法・洗い方2つ目は、中性洗剤で洗濯するです。洗濯機にネットに入れたスーツを入れ、中性洗剤(おしゃれ着用洗剤)を使用し、手洗い・ソフト・ドライ・弱などのコースで洗っていきましょう。1分程度脱水をおこなった後、ハンガーにかけて叩いてシワを伸ばし、影干しすると完成です。

スーツやスラックスの手洗いでの洗濯方法・洗い方|汚れ落としの手順は?

スーツやズボンの手洗いでの洗濯方法・洗い方①漬け置きする

スーツやズボンの手洗いでの洗濯方法・洗い方1つ目は、漬け置きするです。40度以下のぬるま湯に中性洗剤(おしゃれ着用洗剤)を溶かし、洗濯機の洗い方と同様にスーツを畳んで、洗剤液に30分程度漬けていきましょう。その後で、手のひらを使って、30回程度優しく押して・持ち上げて洗っていきましょう。

スーツやズボンの手洗いでの洗濯方法・洗い方②すすぎをして干す

すすぎをして干す

スーツやズボンの手洗いでの洗濯方法・洗い方2つ目は、すすぎをして干すです。きれいなぬるま湯にスーツを入れ、押し洗いと同様のやり方ですすいでいきましょう。約4回ほど繰り返し、ぬるま湯が透明になるまでお湯を入れ替えながらすすぎます。スーツをネットに入れ、洗濯機で約1分脱水し、影干しすると完成です。

スーツやスラックスの洗濯におすすめな洗剤は?

洗濯機・手洗いでのスーツやスラックスの洗濯におすすめな洗剤①エマール

洗濯機・手洗いでのスーツやスラックスの洗濯におすすめな洗剤1つ目は、エマールです。花王のエマールは、爽やかな香りや型崩れのしにくさに定評があるおしゃれ着用洗剤で、スーツの臭いや汚れをしっかりと落としてくれます。繊維ケア処方が、生地の毛羽立ちなども抑えてくれます。

洗濯機・手洗いでのスーツやスラックスの洗濯におすすめな洗剤②アクロン

洗濯機・手洗いでのスーツやスラックスの洗濯におすすめな洗剤2つ目は、アクロンです。ライオンのアクロンは、汚れや臭いを取り除くだけでなく、着用中のすれダメージなども軽減してくれます。そのため、すれなどが原因の毛玉や毛羽立ちができにくく、スラックスのテカリなどもおさえてくれるおしゃれ着用洗剤です。

洗濯機・手洗いでのスーツやスラックスの洗濯におすすめな洗剤③エコベール

洗濯機・手洗いでのスーツやスラックスの洗濯におすすめな洗剤3つ目は、エコベールのデリケートウォッシュです。ベルギーのブランド「エコベール」のデリケートウォッシュは、ウールやシルクなどにも使用できる植物由来のおしゃれ着用洗剤です。敏感肌の方からも人気で、ウォーターリリーの香りも人気を集めています。

スーツやスラックスの洗濯に柔軟剤は必要?重曹の効果は?

スーツやスラックスの自宅洗濯では柔軟剤の使用を避ける

スーツやスラックスの自宅洗濯では、柔軟剤の使用を避けます。スーツやスラックスを自宅で洗濯する場合は、スーツやスラックスの生地の風合いが変わってしまう場合があるので、柔軟剤の使用は避けた方が良いでしょう。また、汚れや黄ばみが気になる場合でも、漂白剤の使用は避けるのが大事なポイントです。

スーツやスラックスの洗い方に重曹をプラスすると汚れや臭いがより落ちる

スーツやスラックスの洗い方に重曹をプラスすると、汚れや臭いがより落ちます。洗い方は、洗剤と一緒に小さじ1杯の重曹を入れて洗濯するだけです。洗剤のみで洗った場合よりも洗浄力や消臭力がUPしますが、ウール素材のスーツの洗濯では使用を避けましょう。重曹は、皮脂汚れや気になる臭いの解消などに役立ちます。

スーツやスラックスの洗濯が終わった後の干し方|乾燥機はOK?NG?

スーツやスラックスの洗濯が終わった後の干し方では基本的に乾燥機はNG

乾燥機はNG

スーツやスラックスの洗濯が終わった後の干し方では、乾燥機は基本的にNGです。スーツやスラックスの乾燥に乾燥機を使用すると、スーツやスラックスが縮む恐れや生地が傷む原因にもなります。しかし、乾燥機能付きドラム式洗濯機で乾燥する場合は、低温で5分程度乾燥させるとシワが付きにくくなると言われています。

スーツやスラックスの丸洗い洗濯が終わった後の干し方①すぐに取り出し干す

スーツやスラックスの丸洗い洗濯が終わった後の干し方1つ目は、すぐに取り出して干します。ジャケットを肩幅の合った太目のハンガーにかけて形を整え、スラックスプリーツラインに沿って形を整えピンチハンガーに挟みましょう。続いて、両手の平でスーツやスラックスを挟んで優しく叩き、シワを伸ばしていきます。

スーツやスラックスの丸洗い洗濯が終わった後の干し方②陰干し

スーツやスラックスの丸洗い洗濯が終わった後の干し方2つ目は、陰干しです。スーツやスラックスをハンガーにかけて形を整えシワを伸ばしたら、風通しの良い場所で1日程度陰干ししましょう。

スーツやスラックスの洗濯が終わった後のシワの取り方やアイロンがけのコツ

スーツやスラックスの洗濯が終わった後のシワの取り方はアイロンをかける

スーツやスラックスの洗濯が終わった後のシワの取り方は、アイロンをかける事です。スーツやスラックスを干した後にシワが目立つ場合は、あて布をしてアイロンをかけていきます。スラックスは裏返してアイロンをかけて大きなシワを伸ばし、表向きにして股~裾に向けてアイロンをかけ、細かなシワを伸ばしていきましょう。

ジャケットにアイロンをかける場合は、あて布をあてながらアイロンをかけていきます。肩部分にアイロンをかける場合は、折り畳んだタオルを肩部分に詰めてアイロンをかけると、より美しく仕上がります。肩・前身頃・襟・背中・腕など、パーツごとに分けてアイロンをかけていくのがおすすめです。

スーツやスラックスのアイロンがけのコツは素材によって温度を変える

スーツやスラックスのアイロンがけのコツは、素材によって温度を変える事です。スーツやスラックスの素材&アイロンの温度は、綿・麻が200℃、ナイロン・アクリルが130℃、ウールが160℃程度に設定しましょう。また、片手で生地を引っ張りながらアイロンをかけ、縫い目やラインに沿ってアイロンがけしていきます。

クリーニング店でスーツやスラックスのアイロンや消臭だけ利用できるの?

1部のクリーニング店ではスーツやスラックスのアイロンのみの使用も可能

1部のクリーニング店では、スーツやスラックスのアイロンのみの使用も可能です。しかし、プレス(アイロン)のみの利用ができないクリーニング店も多くあるので、事前に電話などで確認しておきましょう。スーツやスラックスの洗濯後のアイロンがけは、時間がかかる場合が多いので、クリーニング店の利用もおすすめです。

1部のクリーニング店ではスーツやスラックスの消臭のみの使用も可能

消臭のみの使用も可能

1部のクリーニング店では、スーツやスラックスの消臭のみの使用も可能です。スーツやスラックスを自宅で洗濯しても臭いがとれない場合は、衣類の消臭に対応しているクリーニング店を探してみましょう。しかし、宅配などでスーツやスラックスを送り、消臭後に返送してもらうお店が多いので、時間がかかる場合が多いです。

スーツやスラックスの汚れ予防の方法

スーツやスラックスの汚れ予防の方法①インナーを着用する

スーツやスラックスの汚れ予防の方法1つ目は、インナーを着用するです。スラックスを着る際にインナーを着用すると、皮脂や汗などによる汚れを軽減できます。春夏にはステテコとも呼ばれる短い丈のインナーも人気ですし、秋冬には保温性に優れるくるぶし丈インナーも人気です。スポーツタイツなどもおすすめです。

スーツやスラックスの汚れ予防の方法②複数のスーツを着まわす

スーツやスラックスの汚れ予防の方法2つ目は、複数のスーツを着まわす事です。スーツやスラックスの使用頻度が減ると、汚れが付く機会も減ります。また、スーツを長持ちさせるためにも、できる事なら最低でも3着のスーツを着回しましょう。1日スーツやスラックスを着用したら、お手入れをして2日休ませます。

スーツやスラックスの汚れ予防の方法③使用後のブラッシング

スーツやスラックスの汚れ予防の方法3つ目は、使用後のブラッシングです。1日着用したスーツには目に見えないほこりなどが沢山ついていますので、ハンガーにかけて上から下方向へブラッシングしていきましょう。スラックスは裾を上にしてハンガーに挟み、裾からウエストに向かってブラッシングします。

スーツやスラックスの臭いが気になる場合の対処法

スーツやスラックスの臭いが気になる場合の対処法①スチームアイロンを利用

スーツやスラックスの臭いが気になる場合の対処法1つ目は、スチームアイロンを利用する方法です。大量のスチームが噴き出すスチームアイロンは、消臭効果だけでなく、シワを伸ばす効果や除菌効果なども期待できます。また、通常のアイロンがけが苦手な方でも扱いやすく、ハンガーにかけたまま使える点も魅力です。

スーツやスラックスの臭いが気になる場合の対処法②重曹スプレーを利用

スーツやスラックスの臭いが気になる場合の対処法2つ目は、重曹スプレーを利用する方法です。スプレーボトルにぬるま湯100mlを入れ、重曹小さじ1を溶かします。スーツやスラックスをブラッシングした後、スーツやスラックスの臭いが気になる箇所に重曹水をスプレーし、陰干しでしっかりと乾かして完成です。

スーツやスラックスの臭いが気になる場合の対処法③使用後のお風呂を利用

使用後のお風呂を利用

スーツやスラックスの臭いが気になる場合の対処法3つ目は、使用後のお風呂を利用する方法です。使用後のお風呂は、蒸気がたっぷりあります。使用後のお風呂で1時間程度スーツやスラックスを干し、風通しの良い場所で影干しすると完成です。乾燥の際に、扇風機やサーキュレーターなどの風を利用するのもおすすめです。

一般的なYシャツやネクタイの水洗い洗濯・ドライクリーニングの頻度は?

一般的なYシャツの水洗い洗濯・ドライクリーニングの頻度は使用したら1回

一般的なYシャツの水洗い洗濯・ドライクリーニングの頻度は、使用したら1回です。クリーニング店を利用する方は、5枚のシャツを週末にまとめてクリーニング店に出す方が多く見られます。また、自宅で洗濯する方は1回使用するたびに1度洗濯し、1シーズンに1回クリーニング店を利用する方が多いです。

一般的なネクタイの洗濯・クリーニングの頻度は3カ月に1回

一般的なネクタイの水洗い洗濯・ドライクリーニングの頻度は、3カ月に1回です。ネクタイは、ワンシーズンに1度程度ドライクリーニングや水洗い洗濯をする方が多いと言えます。自宅で水洗い洗濯をする場合の洗い方は、手洗いでゆすり洗いした後タオルで脱水し、陰干し後にスチームのみでアイロンをかけましょう。

スーツやズボン、ワイシャツ、ネクタイは、定期的に洗濯やクリーニングをして清潔感をキープしましょう。そこで、下記記事ではネクタイの洗濯機や手洗いの洗濯方法を紹介しています。また、ネクタイの汚れの落とし方やクリーニングの利用などについてもチェックしていますので、ぜひ下記記事もご覧ください。

スーツやスラックスの洗濯やクリーニングを定期的におこなおう

スーツやスラックスはビジネスシーンでかかせないアイテムですので、定期的に洗濯やクリーニングをおこなって清潔感や美しい見た目を維持するのが大事です。自宅で洗濯する際には、上記の洗い方や注意点なども参考にしてください。また、ワイシャツやネクタイのお手入れも忘れずにおこないましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。