INDEX

夏の窓の断熱プチプチシートの効果は?

暑い外気を窓でシャットアウト

夏の部屋の温度を上げる原因ひとつは、窓から入ってくる熱です。その割合は、家全体に入ってくる熱の7割を占めているということですから、驚きです。熱は入ってしまうと、なかなか出て行ってくれませんので、入れないことが大切です。つまり、夏の部屋を快適に過ごすポイントは、窓の断熱対策にあるということです。

エアコンの冷気を窓から逃がさない

部屋の温度を上げる原因は、エアコンで冷えた部屋の空気が、窓から逃げてしまうことにもあります。せっかく電気代を使って冷やした空気を外へ逃がすのは、もったいないですよね。この冷たい空気を外へ逃がさないことが、節約へとつながるというわけです。エアコンの温度を1度下げる前に、窓の断熱対策をしてみませんか?

夏の窓の断熱対策に断熱プチプチシート

夏の窓の断熱対策として、断熱シート、すだれ、遮光カーテン、いろいろありますが、外からの熱の侵入を抑え、エアコンなどで冷えた部屋の空気を外へ逃がしにくい、断熱プチプチシートが効果的です。プチプチシートを貼ると、窓とシートの間に空気の層ができるため、外から中、中から外への温度が伝わりにくくなります。

断熱プチプチシートの効果を上げる方法

断熱プチプチシートは空気の層を作るため、熱の影響を受けにくくしてくれますが、夏の部屋を快適に過ごすには、すだれや、緑のカーテンと言われる、ツルが伸びる植物などをプラスすることを、おすすめします。すだれや緑のカーテンは、太陽光を遮るため、窓に熱が当たりにくくなり、さらに良い効果がうまれるからです。

冬の窓の断熱プチプチシートの効果は?

暖房の温度を上げる必要がなくなる

冬の部屋の温度を下げる理由のひとつは、窓から入ってくる冷気です。冬の窓を触ってみると、外気にキンキンに冷やされ、冷たくなっているのがわかります。冬の部屋を暖かく過ごすための防寒ポイントも、窓にあるということです。暖房器具の設定温度を1度上げる前に、窓の断熱対策をおすすめします。

シートで防寒すればお財布にも優しい

冬の窓の断熱対策として、断熱プチプチシートを貼ると効果的です。窓にシートを貼ることで、窓とシートの間に空気の層ができるため、夏と同様に外から中、中から外への温度が影響しにくくなるからです。暖房器具の設定温度を上げなくても、部屋を暖かくキープできるため、お財布も部屋も暖かくなりそうですね。

窓の断熱以外の効果は?

冬の窓のお悩み結露

冬の窓の悩みと言えば、結露ではないでしょうか?結露は外気と部屋の温度差や、洗濯物を室内干しすることが原因となって発生します。結露を放っておくとカビが発生し、感染症やアレルギーなど健康被害が起こるかもしれません。かと言って、毎日窓を拭くのはたいへんですので、結露を発生させない対策が必要となります。

冬の窓の結露対策にも断熱プチプチシートが効果的

冬の窓の悩みである結露対策にも、プチプチシートが効果的です。結露は、外気と部屋の温度差が大きくなると発生しますが、プチプチシートを貼ることによってできる、空気の層が温度差を少なくし、結露を抑えやすくしてくれます。全く結露が発生しなくなる、というわけではありませんので、チェックを忘れずにお願いします。

断熱プチプチシートには防音効果も!

断熱プチプチシートを貼ると、もしかして防音効果があるのでは?と疑問がわいてきますが、プチプチシートには空気が含まれているため、窓に貼ると防音にも効果があります。ただ、音は窓以外からも漏れてしまうため、窓の対策だけでは完全とはいかないようです。試しに貼ってみて、効果を見てみるのも良いかもしれませんね。

断熱プチプチシートはどんな種類があるの?

断熱プチプチシートの種類①気泡緩衝材

荷物などの梱包に使われている気泡緩衝材は、一枚のシートとプチプチの面でできていて、断熱専用として作られたわけではありません。気泡緩衝材の貼り方のポイントは、窓側にシート面ではなく、プチプチの面をあてるようにして、窓とプチプチシートの間に空気の層を作ることです。すると、十分断熱用として使用できます。

断熱プチプチシートの種類②窓の断熱専用シート

プチプチシートには、窓の断熱専用に作られたものがあります。二枚のシートでプチプチを挟み込んでいるため、すでに空気の層が作られていて、断熱効果は気泡緩衝材より高くなります。また、透明度が高いため明るさをキープしてくれます。水で貼るタイプ、糊が付いていて簡単に貼れるシートタイプなどがあります。

断熱プチプチシートの種類③アルミ加工シート

断熱プチプチシートには、アルミ加工されたプチプチシートもあります。保温性、断熱性が高く、紫外線もカットしてくれる優れものですが、窓全体に貼ると、部屋が暗くなってしまいますので、貼り方を工夫した方が良いかもしれませんね。吸盤が付いてるタイプもあり、取り付けが簡単で便利に使うことができます。

断熱プチプチシートの種類④おしゃれなプリントシート

断熱プチプチシートは100均や、ホームセンター、ネット販売などで手に入れることができます。中には、かわいいアニマル柄や、雪の結晶などがプリントされた、おしゃれなプチプチシートもあります。窓にプチプチシート、見た目はどうなの?と思案している方には、試しやすいです。他にも下記の記事で紹介しています。

Small thumb shutterstock 597213389
関連記事 100均のプチプチ10選!ダイソー・セリア別!梱包や緩衝材に!

ものを送る時に役立つプチプチが、ダイソーやセリアなどの100均で手に入

断熱プチプチシートの貼り方は?

断熱プチプチシートの貼り方①両面テープで貼る

断熱プチプチシートの貼り方として、両面テープを使う方法があります。ポイントは両面テープをシートの端全体に貼り付けて、隙間を作らないようにすることです。賃貸住宅など、両面テープをはがした跡が気になる方は、マスキングテープを窓に貼り、その上から両面テープを貼ると、きれいにはがせて跡が残りにくくなります。

断熱プチプチシートの貼り方②水で貼る

断熱プチプチシートには、霧吹きなどに入れた水を窓に吹き付けて、貼ることができるものがあります。窓が汚れていると、はがれやすくなるため、汚れをしっかりと落としてから水を吹き付けることを、おすすめします。ただし、すりガラスやデコボコしているガラスには貼ることができませんので、ご注意ください。

断熱プチプチシートの貼り方③テープタイプ

断熱プチプチシートには、最初から糊が付いているテープタイプのものがあります。水を準備する必要がなく、必要な大きさにカットするだけで貼ることができるため便利ですが、何度も貼り直しをすると、粘着力が弱くなってしまいます。また、長期間貼っていると、糊跡が窓に残ることもありますので、注意が必要となります。

プチプチシートのカット方法

サイズの測り方は?

プチプチシートのサイズを測る方法は、プチプチシートを直接窓にあてて、マジックなどでしるしをつけます。その際はズレないように、マスキングテープを貼ると良いです。他には、窓に合わせた型紙を新聞紙などで作っておくと、作業がスムーズにいきます。

ハサミやカッターで簡単に!

プチプチシートは、どの種類も柔らかい素材でできていますので、ハサミや、カッターなどで簡単に切ることができます。きれいに切るコツは、平らな面を内側にして折り、ハサミを開いたまま押しながら切ると、切り口がギザギザになりません。カッターを使う場合は、力を入れすぎない方がきれいに切ることができます。

今日から断熱対策を始めよう!

断熱プチプチシートを窓に貼ると、夏の暑さ対策、防寒、結露の防止、防音と、夏から冬まで季節を問わず一年中活躍してくれます。値段はお手頃で、貼り方も簡単、もう何も迷うことなく気軽に試すことができそうですね。快適な空間を作るために、早速今日から始めてみませんか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。