INDEX

冬でも暖かいおしゃれな厚手大判ストール・大判マフラーの巻き方5選

冬のおしゃれな厚手大判ストール・大判マフラーの巻き方①エディター巻き

一番簡単で基本的な、大判マフラー・大判ストールの巻き方といえばコレ!というくらい、王道な巻き方です。こちらは、日本では見た通り「一周巻き」と呼ばれることもありますが、「エディター巻き」と呼ぶのが一般的のようです。簡単で、暖かく、この巻き方が王道とされることも良く分かりますよね。

冬のおしゃれな厚手大判ストール・大判マフラーの巻き方②後ろ結び

後ろで結ぶ、この巻き方もみなさんやっている方も多いのではないでしょうか?ぐるぐると巻いて、後ろで結ぶだけでこちらも簡単で、良く見かける巻き方ですね。冬は何が1番って「暖かいこと!」ですよね。首元にボリュームが出て、大判マフラーでは顔を半分くらいうずめることが出来てしまいます!小顔効果もありますよ!

冬のおしゃれな厚手大判ストール・大判マフラーの巻き方③ミラノ巻き

こちらは、ミラノ巻きと呼ばれる巻き方です。少し難しそうにみえますが、凝っているように見えてとても簡単なので動画を載せておきますので、ぜひ参考にしてみてください。レディース・メンズのどちらからも人気のある大判スト巻き方で、女性ではミラノ巻きは、首元があいた服を着ている時も暖かいと特に人気があります!

冬のおしゃれな厚手大判ストール・大判マフラーの巻き方④ダブルクロス巻き

クロス巻き、ダブルクロス巻きと、あるのですが、今回はより暖かくおしゃれな巻き方を。ということでダブルクロス巻きをご紹介しています。馴れるまで少し難しいかも知れませんが、マスターしてしまえば、冬の大判ストール・マフラーをよりお洒落に楽しむことができるでしょう!

少し難しいダブルクロス巻きの巻き方が、とても分かりやすく、説明されている動画がありましたので、チャレンジする際は、ぜひ参考にしてみてください。

冬のおしゃれな厚手大判ストール・大判マフラーの巻き方⑤スヌード巻き

こちらは、大判ストールならスヌードの様にも巻くことが出来るという巻き方です。女性はもちろん、男性がしてもお洒落ですね。関連記事で冬のブラックコーデをご紹介しています。是非マフラーをポイント使いしてみて下さい!

Small thumb shutterstock 496348018
関連記事 冬の黒・ブラックコーデ34選|オススメの差し色やオールブラックコーデのコツ

冬は、シックな黒のファッションアイテムが映える季節です。しかし、一歩間

レディースにおすすめ!大判ストール・大判マフラーのおしゃれな巻き方5選

レディース大判ストール・大判マフラーの巻き方・羽織り方①カーディガン風

レディースコーデには、カーディガンの様にして大判ストールやマフラーも取り入れやすいですよね。さらっと羽織るだけで良いので、朝の準備に手間を取られる事もありませんし、秋から冬にかけての変わり目のシーズンにも丁度よく使えます。シンプルなコーデにプラスするだけでおしゃれ感が増します!

レディース大判ストール・大判マフラーの巻き方・羽織り方②ポンチョ風

こちら厚手の大判マフラーですが、フロント部分に金具が付いており、ポンチョとして使える様になっています。こちらの商品は元々このデザインですが、普通の物でも前の部分をおしゃれなクリップやピンで留めれば、簡単にポンチョになります。カーディガン風ですと落ちて来てしまうこともありますが、これなら大丈夫ですね!

レディース大判ストール・大判マフラーの巻き方・羽織り方③ベスト風

こちらはべスト風にアレンジしているものです。カーディガン風やポンチョ風の様に羽織り、ベルトで締めると簡単にベスト風になります。ポンチョ風やカーデガン風、ベスト風など女性の場合、巻き方の他に羽織り方もバリエーションがあり、冬だけの楽しみも多いですね。

レディース大判ストール・大判マフラーの巻き方・羽織り方④ポット巻き

こちらはポット巻きという巻き方です。手順は動画を参考にしてみて下さい!こちらは使われる素材や、ボリュームなどによって、印象がかなり変わります。自分の好みの大判ストールを手に入れて、チャレンジしてみてください!首元まで暖かいので女性に人気ですが、メンズコーデとしてもよく使われていますよ!

レディース大判ストール・大判マフラーの巻き方・羽織り方⑤リボン巻き

大きなリボンが印象的な巻き方ですが、筆者は若い人を中心に人気がある巻き方だと思っていましたが、調べてみると幅広い世代で、人気のある巻き方でした。ブラックでまとめたコーデに真っ赤なマフラーでリボン巻きなど、カジュアルながら可愛らしい印象で、フェアリーな印象がありましたがカジュアルにも使えそうです!

画像ではフロントでリボンを作っていますが、この状態のまま後ろに回し、後ろにリボンが来る様に巻く方法もあり、可愛くなりすぎないので、普段カジュアルな格好の方で、リボン巻きをしてみたい!という方は後ろに回した巻き方が抵抗なく、取り入れやすいでしょう。関連記事では短いマフラーの巻き方もご紹介しています!

Small thumb shutterstock 329901242
関連記事 短いマフラーの簡単可愛い巻き方10選!ショートマフラーで女子力UP!

短いマフラーの巻き方を10通り紹介します。長いマフラーも人気があります

メンズにおすすめ!大判ストール・大判マフラーのおしゃれな巻き方5選

メンズの大判ストール・大判マフラーのおしゃれな巻き方①アフガン巻き

メンズで大判ストールや、大判マフラーをコーデに取り入れるのはお洒落上級者で難しいというイメージがあり、若い人ではあまり取り入れない傾向にありますが、メンズのおしゃれな巻き方もたくさんあり、普段着に合わせる用からスールなどフォーマルな場面で使えるものまで様々あります。

こちらは、レディース、メンズ共にカジュアルな格好にも取り入れやすい、アフガン巻きと言われる巻き方です。アフガン巻きはコーデのメインともなり、大判ストールを無地のTシャツに合わせるだけでポイントになりますよね。アフガン巻きの巻き方は、動画からご覧ください!

メンズの大判ストール・大判マフラーのおしゃれな巻き方②ネクタイ巻き

こちらはネクタイ巻きです。普段ネクタイを使用する人なら、簡単に巻くことが出来ます!この様にジャケットなどに合わせると、アフガン巻きとは違い、エレガントな印象になり、素敵です。厚手の物ですと、ボリュームが出すぎてしまうため、大判ながら薄手のマフラーや、ストールを使用するとスッキリと見せられるでしょう。

メンズの大判ストール・大判マフラーのおしゃれな巻き方③ワンループ巻き

こちらはレディース・メンズどちらでも定番の巻き方ですね。定番ですが、暖かいですし、どんな格好にも合わせやすい為人気な巻き方です。大判マフラーやストールは長めの物が多いですが、ワンループ巻きなら短い物でも出来ますので、自宅にあるマフラーでも簡単に試すことが出来ますので、是非試して見てください!

メンズの大判ストール・大判マフラーのおしゃれな巻き方④ニューヨーク巻き

もう名前からおしゃれな巻き方ですが、特に男性の方に人気があるニューヨーク巻きと言われる巻き方です。画像の様にジャケットの下に入れると、かなりお洒落さんな印象になります。フォーマルな場面でもスタイリッシュに決まりそうですね!調べてみると、ニューヨーク巻きといっても巻き方は様々な様でした。

画像の様に胸下くらいで軽く結んだものや、動画で外人さんが紹介されている様な、首に1周巻きつけてから胸下で軽く結ぶ巻き方などがあり、素材や使う場面で巻き方も変えると良いでしょう。動画でも紹介されていますが、ニューヨーク巻きは胸下で結び、インナーを見せるのがおしゃれポイントです!

メンズの大判ストール・大判マフラーのおしゃれな巻き方⑤肩掛け

肩に垂らすだけの使い方です。こちらも薄手のストールやマフラーが良いでしょう。外国の方がよくこの様に使われていますね。だらしない様に見えない様にするには素材や合わせる服装などに注意が必要ですが、この使い方は縦長効果があり、スタイルをよく見せてくれたり、身長を高く見せてくれるなどの嬉しい効果もあります。

関連記事から、メンズのおしゃれでかっこいいTシャツのコーデや着こなしを見ることが出来ます。今年の夏はシンプルなTシャツスタイルに、是非ストールを肩掛けするだけでも、おしゃれ度アップ間違いなしです!

冬だけの大判ストール・大判マフラーのお洒落を楽しみましょう!

冬でも暖かいおしゃれな厚手大判ストール・大判マフラーの巻き方はいかがでしたか?レディース・メンズを合わせるとこんなにも巻き方のバリエーションがあります。また、ここでは紹介しきれなかった、おしゃれ上級者の巻き方やイタリア・アメリカなど国によっても独特の巻き方があります。

巻き方を覚えると、コーデにあった巻き方ができる様になり、普段のコーデがよりおしゃれに決まるでしょう。大判ストールや、大判マフラーは厚手のものは冬しか楽しむことが出来ませんが、薄手のストールなら同じ様な巻き方で1年中楽しむ事が出来ます。まずは挑戦しやすい冬の楽しみ方から挑戦してみてはいかがでしょうか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。