INDEX

スピーチや演説が上手になるコツや仕方3選|構成を考える時

スピーチや演説の構成を考える時のコツや仕方①鉄板の構成を考える

結婚式などでスピーチを頼まれた際にはつまらない内容であれば誰も聞いていないという事にもなりかねませんので、より、人が食いつきやすい内容の構成を考えるのも演説のコツです。その為、スピーチを頼まれる事が多い場合には1つでも自分の中で鉄板というべき内容の構成がある場合にはそれを持ってくるのもおすすめです。

人前で話すのが苦手、という場合には、初めて話す内容である場合にはつい、言う事を忘れてしまうという事も十分考えられます。その為、演説で鉄板の構成を話すというのもスピーチで話す際のコツです。

スピーチや演説の構成を考える時のコツや仕方②テーマを1つに絞る

スピーチがつまらないと周囲が感じるという点の一つに、テーマが一つに絞られていない事から話の内容がバラバラで何を言いたいのかが伝わらない、という事が影響していると言えます。その為、メインで話すテーマは1つに絞るという事は鉄則です。そして、そのテーマに沿って徐々に肉付けしていくというのがおすすめです。

1つのテーマに対して2~3つほどの結論を考えておくと、指定された時間内でぴったり収まるようなスピーチを作りやすいと言えます。最後まで相手に話を飽きさせないという話し方がスピーチの仕方のコツです。冒頭で結論付けた事を再度、最後に言葉を変えて話すというのもおすすめのコツと言えます。

スピーチや演説の構成を考える時のコツや仕方③わかりやすさを重視する

スピーチがつまらない、と感じられる原因の最大のポイントは、難しい言葉を並べて話してしまう、という事です。これは、よく結婚式などでありがちなのですが、専門職などの場合に専門用語が並べられているような内容の話というのは、その職業の人であればわかっても、それ以外の人には意味がわかりませんよね。

それどころかそういう内容の場合には同じような内容の話がダラダラと長時間続く事が多いので、聞いている側も徐々に飽き始め、結果として誰も聞いていないという事も多いものです。その為、できるだけ内容はわかりやすく、という事を意識して内容を考える事もスピーチの仕方のコツです。

子供に話す内容までは行かなくても、それくらいわかりやすい内容で構成を考える事がまず話し手を惹きつけやすい構成にする魅力的なスピーチの仕方と言えます。ここに、演説の構成を考える際のポイントになる事をまとめた記事がありますので参考にして下さい。

Small thub shutterstock 551810083
関連記事 成功する3分間スピーチ!コツや構成の書き方、ネタ12選!例文あり!

会社の朝礼などでおなじみの3分間スピーチ。苦手な人も多いのではないでし

スピーチや演説が上手になるコツや仕方3選|練習方法

練習方法のコツや仕方①大袈裟に表現する練習をしておく

男性

話す際に、できるだけ大袈裟に表現できるようになっておく事は、スピーチや演説が上手になる練習方法のコツです。声のトーンだけでなく、抑揚などを付けながら話す事ができるようにしておきましょう。練習でできても、本番で必ずできるという保証はありませんが、スピーチや演説は練習あってこその成果です。

何度も練習を繰り返しておく事で本番でも練習の成果が発揮される事は大いに期待されます。緊張で声が出なくなってしまったり、震えたりする事が多い方は、練習を積み重ねる事で克服できる事も多いのでその事が最大の練習方法といっても過言ではありません。

練習方法のコツや仕方②緊張して当たり前と考えておく

お風呂

大勢の前での演説やスピーチをするのは緊張するのは当たり前です。その為緊張している状態を無理に押さえつけようとすると却って、逆効果となってしまう事も多いのも特徴です。その為、より本番に近い状態で練習を積み重ねるというのも功を奏します。実際に、人に見られながらスピーチをするという練習方法がおすすめです。

練習相手がいない、という場合には、鏡を見ながら一人で練習するという練習方法もできますよね。より、リアリティを追求した状況での練習が本番でも緊張せずに、大役をこなす事のできる重要なポイントでもあります。

練習方法のコツや仕方③セロトニンを強化する

女性

人前で話す事が苦手な人というのは、どれだけ練習しても常に大きな不安や緊張状態から抜け出すという事は難しいかもしれません。そういう場合におすすめなのが「セロトニン」という脳内物質を増やす練習方法です。セロトニンが不足してしまうと不安や緊張、憂鬱な症状が出やすくなるのでセロトニン強化は大事だと言えます。

不安で眠れないなどという症状がある場合には、もしかしたらセロトニンが不足しているのかもしれません。その為、この記事を参考に良質な睡眠を取る練習方法を実践して、本番に備えてください。

スピーチや演説が上手になるコツや仕方3選|実際のスピーチ

実際のスピーチでのコツや仕方①メモに頼り過ぎない

メモ

メモを見ながら話す、という方法もありますが、敢えてそのメモを見ないように話しをているうちに話が止まってしまっては元もこうもありません。その為、メモを持って見ながら話すというのも一つの手段です。しかし、メモに頼り過ぎてしまうのも考えものです。メモだけを見ながら言えば、聞き手も内容に食いつきません。

その為、メモには話す内容のポイントとなる事だけを書き留めるというのもメモの仕方の一つです。箇条書きにしておくとわかりやすいです。文章にしてしまうと、一字でも間違うとそこですべてが崩れてしまうという事も考えられますので箇条書きにしておくというのが最大のメモの仕方のコツと言えます。

実際のスピーチでのコツや仕方②効果的なジェスチャーを入れる

ジェスチャー

スピーチをする際におすすめなのが、ただ直立不動で淡々と話すよりも適度に効果的にジェスチャーを取り入れながら話すという仕方です。そうする事で、生き生きとした姿に映り、身振り手振りをしながら話すという事で聞き手の興味を惹きつける効果もあります。そして、ジェスチャーにも抑揚を付けましょう。

そうする事で、スピーチをマンネリにさせる事を防ぐ事ができます。位置を移動するようなジェスチャーは、そちらの方に意識が集中してしまい、肝心なスピーチの内容を忘れてしまう、という事にもなってしまいますので、あくまで身振り手振りで抑えておきましょう。

実際のスピーチでのコツや仕方③時間は短く端的に

時計


スピーチの時間というのは、あらかじめ何分という風に決められている事が多いと思いますが、できるだけ短く端的に相手に伝えるという事を意識した構成で話す事が大事です。よく、ダラダラと同じような内容をスピーチで話す人がいますが、そうなると言いたい主旨がわからなくなってしまうだけでなく、飽きてしまいます。

その為、与えられた時間よりも早めに終わるように話し、内容に膨らみを持たせる事を意識しましょう。ここに、スピーチのコツについての記事がありますので、この記事を参考にスピーチの練習をしてみて下さい。

Small thub shutterstock 551810083
関連記事 成功する3分間スピーチ!コツや構成の書き方、ネタ12選!例文あり!

会社の朝礼などでおなじみの3分間スピーチ。苦手な人も多いのではないでし

1分間スピーチのコツは?

聞き手の気持ちを上手く汲み取るのが書き方のコツ

聞き手

1分間スピーチというのは、文字数にしてみれば300文字程度とされています。その為、300文字の中に聞き手の興味を惹きつけるような構成を考える必要があるのです。そして、相手の表情を見ながらスピーチするという事も大事な事です。笑顔で話しながら間の取り方やレスポンスなどの書き方にも気を付ける事がコツです。

聞き手と感情のキャッチボールをする

会話

スピーチというのは、一方的に話し手が聞き手に対して話をぶつけるという印象をお持ちの方も多いと思います。しかし、それでは聞き手も徐々に話に飽きてきます。

その為、1分間スピーチの中で上手く聞き手の興味を惹きつける事のできる人というのは、話ながら聞き手の感情を汲み取り、それに対してしっかり訴えかける事が出来るという人です。相手が自分の話に対して何を感じているのか、という事を瞬時に判断し、それに対する対応を話の中で対処していくのです。

ここに、1分間スピーチのコツについてまとめた記事がありますのでこの記事を参考に構成を考えてみて下さい。きっと、聞き手の興味を惹きつけるような話ができるようになるはずです。

Small thub shutterstock 289448900
関連記事 朝礼での1分間スピーチのテーマ・例文9選!ネタ探し・構成のコツは?

会社や学校など朝礼で1分間スピーチを任される機会は少なからずあるでしょ

シチュエーション別のスピーチのコツやテクニックは?

朝礼

職場

朝礼でのスピーチのコツというのは朝というシチュエーションを意識した内容の構成を考えるのがコツと言えます。その為、できるだけ前向きになるような内容にするのもコツの一つです。

職場の指揮を高める為にも、ポジティブな内容にするだけでなく、夏場などであれば暑いので体調には気を付けましょうなど気遣いも忘れないようにしましょう。また、スピーチを通して、時事ネタなど仕事に役立つような内容にするというのもおすすめです。聞き手が聞く価値があったと思えるような内容にする事がポイントです。

結婚式

結婚式

結婚式でのスピーチは、注意しなければいけないポイントが多くあります。特に、話す内容については言ってはいけないキーワードなども多数ありますのでより、細心の注意が必要となります。そして、スピーチの所要時間は5分を目安とし、当たり前ですがスピーチ前はお酒は極力飲まないようにしましょう。

そして、様々な年代の方が来ている場所という事もあり、ゆっくりできるだけ早口にならないようにする事も結婚式でのスピーチのコツです。真っすぐと正面を見て、会場全体を見渡すように目線を配りながらのスピーチであれば、堂々としてより落ち着いて見えますよ。そして、場合によっては砕けた内容でもいいでしょう。

結婚式での一番のポイントは、「お祝いの気持ちを素直に伝える」という事です。その事を意識した構成を心がけるようにしてください。ここに、友人として出席した場合の結婚式でのスピーチのコツについてまとめた記事がありますので参考にして下さい。

Small thub shutterstock 384450757
関連記事 友人の結婚式のスピーチに使える例文7選!文良・決まり文句・NGワードは?

大切な友人の結婚式のスピーチを頼まれたのはいいけれど、何を言おうか決ま

英語のスピーチのコツは?

英語のスピーチのコツ①スピーチの内容の丸覚えはしない

メモ

英語のスピーチでよくあるのが原稿の丸覚えで話すという事です。丸覚えした英語のスピーチというのは、丸覚えしたのが聞き手にもわかるという事だけでなく、自分の言葉で伝える訓練として意味を成さないという事にもなってしまいます。英語のスピーチで大事なのは、丸覚えではなく伝えたい事を整理するという事です。

英語のスピーチでは、あらかじめメモを見ながらのスピーチでも良いとされているので、文章でメモを取るのではなく、伝えたい事をキーワードとして書いておくという事を意識しましょう。

英語のスピーチのコツ②自分が理解できていない言葉をチョイスしない

女性

英語でスピーチする、というのは、一見するとかっこよく見えるのでより、かっこいい言葉を入れながらスピーチしたい、という方もいると思いますが、自分の知らない単語を入れてのスピーチは危険です。誰が聞いてもわかる内容で話す、という事が英語のスピーチでの最大のポイントです。

その為、自分のレベルをしっかりと意識した言葉選びというのも大事だと言えます。緊張すると早口になってしまう、というのも英語でのスピーチのあるあるですが、なるべく落ち着いてリズムを忘れないように話す、という事も英語でのスピーチのコツと言えます。

ここに、英語でのスピーチをするにあたってのコツをまとめた記事がありますので、英語でのスピーチを控えている方はこの記事を参考にしてみて下さい。

スピーチのコツは聞き手の感情を汲み取る事

今回は「スピーチや演説のコツや仕方、構成を考える際のポイントや練習方法」などをご紹介してきました。また、朝礼や結婚式、英語でのスピーチなど様々なシーン別にスピーチする際のコツなどをまとめてお話してきました。しかし、どんなシーンでも共通している事は聞き手の感情を汲み取りながらスピーチするという事です。

そうする事で、聞き手の興味を惹きつけながらスピーチする事ができるようになります。もし、これからスピーチの機会がある場合や控えているという方は、この記事を参考にスピーチのコツを取り入れながら話の構成を考えてみて下さい。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。