INDEX

烏森神社の基本情報について

烏森神社を簡単にご紹介!ご利益・特徴は?

烏森(からすもり)神社を簡単にご紹介します。古くから松林であったこの場所のことを「枯州の森」や「空州の森」と呼んでいました。そこには烏が多く集まり巣を作っていた為、「烏の森」とも呼ばれるようになりました。それが烏森の名の由来で、昭和7年までは町名としても使われていましたが、その後新橋に改名しました。

烏森神社は芸能の神様である「天細女命」をお祀りしている数少ない神社のひとつです。他にも「倉稲魂命」「瓊々杵尊」が祀られていて、「技芸上達」「商売繁盛」「家内安全」「当社の縁起から必勝祈願の成就」などのご利益があります。例年5月4~6日にかけて例大祭が行われ、神輿・山車踊りや練り物が練り歩きます。

全国的にも有名なお祭りで観光客も多くとても盛り上がる例大祭は、夏のはじめの風物詩となっています。また、この神社の御朱印はとてもカラフルなことで知られています。基本的に限定御朱印は「書置き」のみとなり、御朱印帳に直に書いていただくことはできません。しかしその御利益は変わりありませんのでご安心ください。

烏森神社の参拝時間・場所について!

烏森神社の参拝時間は特に決まりはなく、拝観料も無料です。しかし御朱印の受付時間は決まっていますので、御朱印集めでご参拝の際は、時間を確認して向かいましょう。新橋のど真ん中の場所で、ビルの合間にひょっこり現れたノスタルジックな空間は、夜になるとライトアップされ、その幻想的な様は見事なものです。

また、烏森神社の特徴のひとつとして、全国的にも珍しい形の鳥居があります。烏森神社の社殿の屋根と同じ形をしており、柱や貫などは「内宮源鳥居」に似ているとのことです。通常の鳥居で笠木や島木、貫の端部にあたる部分が簡略化されていて、狭小な場所に合わせた工夫を凝らしたデザインは、鳥居マニアの間でも人気です。

【烏森神社の参拝時間・場所】
参拝時間 24時間
拝観料 無料
住所 〒105-0004 東京都港区新橋2-15-5

ここまでは烏森神社について簡単にご紹介いたしました。下記の関連記事には、神社参拝の際のマナーや作法が丁寧に紹介されています。御朱印をいただく前に、まず予備知識としてご一緒にチェックしてみてください。

Small thub shutterstock 552164044
関連記事 神社での手水舎の作法やマナーをしっかり学ぼう!知らないと恥をかくかも

日本人の生活に馴染みの深い神社。ですが、参拝の作法は「本当にこれで合っ

烏森神社の御朱印|種類9選!限定御朱印も!~前編~

烏森神社の御朱印|種類①通常の御朱印

烏森神社の御朱印の1つ目は、通常の御朱印です。こちらのは「心願色みくじ」と一緒に購入すると、透かしが入った御朱印をいただけます。ほかにも特別授与品として「お守り」「幸飴」なども付いてきます。四隅にある三つ巴印が、赤色・水色・緑色・黄色ととってもカラフルで、見ているだけでワクワクしてしまいますね。

烏森神社の御朱印|種類②例大祭限定の御朱印

烏森神社の御朱印の2つ目は、例大祭限定の御朱印です。毎年5月4・5・6日だけ授与される御朱印で、こちらにもお守りが付いてきます。金色の文字で書かれており、通常版だとカラフルな四隅の三つ巴が青一色になり、同じく青で「例大祭奉拝」の限定印と烏印が押されています。また中央のカラスの印も特別な模様です。

烏森神社の御朱印|種類③神輿渡御年限定の御朱印

烏森神社の御朱印の3つ目は、神輿渡御年限定の御朱印です。「大祭本社神輿渡御」の印と青の烏の印という2つの限定印が施され、文字も金色で表現されています。神輿渡御年の本祭のときのみ授与され、こちらも5月4・5・6日だけの期間限定です。

烏森神社の御朱印|種類9選!限定御朱印も!~中編~

烏森神社の御朱印|種類④夏越大祓限定御朱印

烏森神社の御朱印の4つ目は、夏越大祓限定の御朱印です。6月24~30日に授与されるこの御朱印は、清々しい水色の文字で夏越大祓と書かれており、銀色のはっぴの刻印となっています。御朱印も銀色で表されていて、夏らしい涼しげな御朱印ですね。中央の印は茅の輪が入ったデザインになっています。

烏森神社の御朱印|種類⑤七夕まつり限定御朱印

烏森神社の御朱印の5つ目は、七夕まつり限定の御朱印です。七夕らしい星の印があしらわれ、とても可愛らしいデザインとなっています。こちらは多種類の御朱印の中でも御朱印帳に書いてもらえる1つですが、長蛇の列は覚悟が必要です。限定のお守りにはマスコットキャラクター「こい吉」と笹の葉がデザインされています。

烏森神社の御朱印|種類⑥こいち祭り限定御朱印

烏森神社の御朱印の6つ目は、こいち祭り限定御朱印です。7月23・24日に授与される御朱印です。新橋地区の活性化を目的としてはじまったものお祭りは、現在は「新橋こいち祭り」として地域の方々に愛される祭りとなっています。うちわを持ったこい吉のワンポイントも、他の限定御朱印の種類にはない特徴ですね。

烏森神社の御朱印|種類9選!限定御朱印も!~後編~

烏森神社の御朱印|種類⑦年越大祓限定御朱印

烏森神社の御朱印の7つ目は、年越大祓限定の御朱印です。毎年12月19日~12月31日までの授与で、年越しともなると参拝も御朱印も長蛇の列となります。他の種類とは授与時間が異なり9時~18時までとなっていますが、状況によっては御朱印の受付を早目に終了することもあるので、ほしい方はお早めに参拝ください。

通常は第一授与所で授与される御朱印ですが、混雑する時は第二授与所も開所されます。御朱印をいただく際は、授与所の場所の確認も事前にしておくことが大切ですね。

烏森神社の御朱印|種類⑧ひなまつり限定御朱印

烏森神社の御朱印の8つ目は、ひなまつり限定御朱印です。烏森神社の限定御朱印の種類の中でも一番人気のこの御朱印は、2月23日~3月11日まで授与されます。全体がピンクで統一され、まさに女の子のお祭りにふさわしいキュートなデザインとなっています。限定のお守りもひなまつり仕様で、とても可愛らしいですね。

ひなまつり限定御朱印は書置き・手書きのどちらも対応していただけますが、手書きの御朱印をご希望の場合は「申込証」をいただいて、決まった期間内に取りに行くというシステムです。「絶対に手書きの御朱印がほしい!」という方は、前もって申込証をGETしておくことをおすすめします。



烏森神社の御朱印|種類⑨節分限定御朱印

烏森神社の御朱印の9つ目は、節分限定の御朱印です。1月28日~2月3日(節分)までの授与御朱印です。デザインは通常の種類と同じですが、「節分奉拝」の印字と厄除けの鈴の刻印に変わります。また、セット授与品のお守りも「開運厄除御守」となり、この期間限定のお守りとなります。

烏森神社の御朱印|場所・時間・料金について

烏森神社の御朱印|頂ける場所

烏森神社の御朱印のいただける場所は、社殿向かって左手の第一授与所になります。立て看板で「神札・お守り・御朱印」と案内板が出ていますので、すぐに分かります。こぢんまりとした授与所ですが、お守りや神札が数多く販売されていて、その種類の多さにも劣らないお守りの美しいデザインも圧巻です。

限定御朱印授与期間中は、通常の第一授与所以外に、参道途中にある第二授与所も開所していることもあります。手書きの御朱印は第一授与所での授与が多いですので、列に並ぶ際はどちらの場所でも、書置きなのか手書きの列なのかをよく確認してからお並びくださいね。

烏森神社の御朱印|受付時間・待ち時間

烏森神社の御朱印の受付時間は、通常9時~16時までです。しかし期間限定の御朱印はこの通りとは限らず、早めに閉所する場合もあるそうです。また手書きの御朱印は希望者が多く、いつも長い列を作っています。お早めに参拝し、確実に授与できるよう準備万端で望まれることをおすすめします。

境内には御朱印の案内板が設置されてあり、手書きができる日がカレンダーで掲示されていて、それ以外の日は書置きのものになります。そして、何よりも参拝のマナーとして「先に参拝してから」が基本です。まずは御祭神にきちんと挨拶をして、目的の御朱印をいただきに行きましょう。

御朱印の待ち時間は、書置きの場合スムーズに行けば10分ほどで手に入れることができます。しかし限定御朱印授与期間中は早朝から長蛇の列となり、それは参道まで続くほどです。また、参拝と御朱印の列は別々となっていますので、誘導に従ってマナーを守ってご参拝ください。

烏森神社の御朱印|料金・値段

烏森神社の御朱印の料金は、初穂料500円です。御朱印・限定のお守り・梅茶などが授与品として付いてきます。期間限定の御朱印には幸飴やひなあられなどが付いてくることもあります。また、御朱印とともに人気の「心願色みくじ」を購入すると、特別な透かしが入った御朱印をいただくことができます。

烏森神社の御朱印帳|種類・場所・時間・料金について

烏森神社の御朱印帳|種類について

烏森神社の御朱印帳の種類についてご紹介します。現在取り扱っている御朱印帳は1種類のみで、深い藍色の生地に金の刺繍が施された、とても品のあるデザインです。表紙には紫の刺繍糸で社紋が丁寧に刺繍してあります。カラフルな御朱印とは対照的で、シックで高級感のある御朱印帳ですね。

烏森神社の御朱印帳|頂ける場所

烏森神社の御朱印帳のいただける場所は、御朱印と同じ授与所となります。御朱印をいただく際に一緒に購入するのもいいですし、お守り、幸運の鈴守、神札とともに授与いただくのもいいですね。拝殿の階段脇には「心願色みくじ」の願い札書き処と結び処があり、たくさんの参拝客の憩いの場となっています。

烏森神社の御朱印帳|受付時間

烏森神社の御朱印帳の受付時間は、9時~17時までです。御朱印の受付時間とは異なりますので、御朱印を目的として参拝される際は、受付時間に十分注意してください。御朱印をいただく際と同様に、御朱印帳やお守りなどを購入する際も、まずは神様に参拝してからにしましょう。

烏森神社の御朱印帳|料金・値段

烏森神社の御朱印帳の料金は、初穂料1,000円です。日本橋の椙森神社と神田の柳森神社とともに「江戸三森」として、たくさんの人々に昔から崇敬されてる「烏森神社」は、東京福めぐりの一社としても有名です。都営浅草線の沿線上にある八社をめぐる「御朱印めぐり」は、満願すると特別な御朱印をいただけます。

カラフルな御朱印で有名な烏森神社は、心願色みくじや御朱印めぐりも人気なんですね。下記の関連記事には、神社が夢に出てきた際の夢占いが掲載されています。一口に「神社の夢」と言っても、そのシチュエーションやシーンによって様々な意味があるそうです。とてもユニークな記事となっていますので、要チェックですよ!

Small thub shutterstock 111920714
関連記事 【夢占い】神社の夢の意味23選!階段/夜/雨/お守り/鳥居/参拝

神社の夢の夢占いでの解釈についてご紹介しています。神社の石段や階段、ま

烏森神社のアクセス|電車・車・駐車場について

烏森神社のアクセス|電車の場合

烏森神社へのアクセスは電車が便利です。都会のど真ん中・新橋にお社を構える烏森神社は、地下鉄銀座線・都営浅草線の「新橋駅」から徒歩3分、JR山手線・京浜東北線「新橋駅」の西口・日比谷口から徒歩3分、烏森口から徒歩3分と、交通機関にも恵まれています。

烏森神社のアクセス|車の場合!駐車場も

烏森神社へのアクセス方法として、車の場合は駐車場の確保が必要です。神社の敷地内に駐車場はありませんが、最寄りにコインパーキングがいくつかあります。その中で最も近い「ニュー新橋ビル駐車場」は、徒歩約120mの距離です。またこの一帯の道路は一方通行が主ですので、間違っても逆走はしないようにしてください。

烏森神社の御朱印はとてもカラフルで限定御朱印が多数ある!

いかがでしたでしょうか。由緒ある烏森神社について、御朱印の種類や参拝時間などをご紹介しました。とてもカラフルで見ているだけでも楽しくなる御朱印は、限定御朱印の種類の多さに圧倒されましたね。また、限定御朱印授与期間中は多くの参拝客で賑わい、たくさんのファンに愛される神社であることが分かりました。

烏森神社独自の色で叶えるユニークな願掛けみくじ「心願色みくじ」や、芸能の神と謳われる「天鈿女命」にあやかった烏森神社独自の御守「幸運の鈴守」(初穂料2,000円)など、ここでしか授与できない貴重なお守りも多数揃っていました。烏森神社へ参拝した際は、御朱印のみならずお守りも一緒に持ち帰りたいですね。

また、御朱印をいただく際は「まずは参拝してから」が絶対ルールです。神様にご挨拶してから御朱印をいただきましょう。また、御朱印は参拝した証でもあるためお一人様1枚限りです。ご家族用やお土産用には持ち帰れませんのでご注意ください。あなたもルールや作法を守って、気持ちよく御朱印集めに出かけてみませんか。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。