Large thumb shutterstock 552164044

浅草寺の御朱印3選!御朱印帳も!受付時間・混雑状況は?場所/種類/料金

更新:2019.06.21

今回は、「浅草寺の御朱印3選」を中心に受付時間や混雑状況なども併せて紹介していきます。また、詳しい場所や御朱印の種類、料金など浅草寺の詳しいポイントについて紹介していきますので御朱印帳を持っている、御朱印集めが趣味という方には参考になる事ばかりと思います。

浅草寺の基本情報について|ご利益・参拝時間・場所について

浅草寺を簡単にご紹介!ご利益・特徴は?

全国的にも有名な「浅草寺」は、毎年3000万人もの人が訪れるパワースポットとしても有名です。浅草寺のご利益というのは、「所願成就」です。他の神社で言うと、商売繁盛や縁結びなどその神社ごとにご利益がありますが、浅草寺は特定の願いだけでなく願い事全般にご利益があるスポットです。

ここに、お寺や神社に参拝する事で運気上昇につながるという内容の記事がありますので、御朱印を頂く際に同時に除霊やお祓いをするというのもおすすめです。

浅草寺の参拝時間・場所について!

まず、浅草寺の場所ですが様々な交通アクセスが便利な場所です。東武スカイツリーライン浅草駅から徒歩5分、東京メトロ銀座線徒歩5分、つくばエクスプレス浅草駅より徒歩5分と様々な公共の交通機関からも比較的近くでバスなどで行くにも困りません。参拝時間においても24時間いつでも入る事ができます。

しかし、観光で訪れたのであればやはり正門である雷門から入りたいですよね。開門時間は6:00(10~3月6:30開門)、閉門時間は17:00となっているのでその点だけは注意してください。参拝は本堂の外からも行えるので本堂の中に入らなければ24時間いつでも参拝可能となっています。

浅草寺の参拝時間

通年 24時間いつでも可能

浅草寺の御朱印|種類3選!

浅草寺の御朱印|種類①聖観世音菩薩

浅草寺で頂ける御朱印1つ目は、浅草寺のご本尊でもある「聖観世音菩薩」の御朱印です。浅草寺のご本尊が観音様であるという事は案外知らない人も多いのではないでしょうか?浅草寺の観音様は年に一度だけ拝見する事ができます。12月13日だけ年に一度観音様を拝見できるのです。

その為、その日に合わせて行くというのもおすすめです。そして、右上に書かれている坂東十三番というのは「坂東三十三観音霊場」「江戸三十三観音霊場」を表しています。御朱印を頂く時には、このような御朱印の意味を理解して頂く事でより、御朱印の有難みがわかります。

浅草寺の御朱印|種類②大黒天

浅草寺で頂ける御朱印2つ目は、七福神めぐりの一つにも数えられる「大黒天」の御朱印です。浅草寺の大黒天の御朱印は1年間いつでも頂く事ができます。

「浅草名所七福神」の御朱印の大黒天の御朱印は、御朱印の授与所にもなっている「影向堂」に大黒天が祀られているという事も関係しています。七福神巡りというのは、全国的にも年始に七福神の御朱印を頂く事でご利益があると言われていますが、浅草寺の大黒天の御朱印というのは通年頂けるというのもポイントです。

浅草寺には、大黒天が祀られていますが浅草七福神というのは9か所で頂く事ができるようです。しかし、すべて回るには4時間ほど掛かるので、時間に余裕がある時にはぜひ徒歩で回ってみて下さい。

浅草寺の御朱印|種類③御詠歌

浅草寺で頂ける御朱印3つ目は、御詠歌の御朱印です。多くの人は上記の2種類の御朱印を頂ける事は知っていても御詠歌の御朱印がある事を知らない人も多いと思います。三十三観音すべてに御詠歌がありもちろん、浅草寺にも御詠歌が存在しています。

御詠歌というのは仏教の教えを和歌で表し、節を付けて唱える事を言います。巡礼歌とも呼ばれているので三十三観音それぞれに用意されているのです。

浅草寺の御詠歌は、「過去の深い罪は浅草寺に参拝する事でこの世からなくなる」という内容の歌であり、浅草寺の御朱印ならではの有難い内容です。ここに、浅草の人気お土産についての記事がありますので浅草寺に行った際には人気のお土産も購入してみて下さい。

浅草寺の御朱印|場所・時間・料金について

浅草寺の御朱印|頂ける場所

浅草寺の御朱印を頂ける場所というのは、「影向堂」という場所で頂く事ができます。影向堂というのは、本堂の左側に位置するお堂の中にあります。「朱印所」という木製の大きな看板も出ているので比較的わかりやすいかと思います。この場所で3種類すべて頂く事ができるのでここで3種類集める事ができます。

浅草寺の御朱印|受付時間・待ち時間

浅草寺の御朱印を頂ける時間帯というのは、午前9時~午後5時までとなっています。浅草寺というのは、海外からの観光客も多く訪れる事から平日も土日同様混雑している事が考えられます。その為、浅草寺の御朱印を頂ける影向堂に到着するまでにもかなりの時間が掛かる事が予想されます。

また、浅草寺の御朱印というのはどれも手の込んだ御朱印となっているのでその分、一人に掛かる時間がかなりかかるという事も考慮したうえで、30分以上列に並ぶ、という事もあります。一番混雑を避ける事ができる時間帯というのは、受付終了間際です。休日でも比較的混雑していない時間帯です。

浅草寺の御朱印|料金・値段

浅草寺の御朱印というのは、3種類あるというお話は先ほどしましたがすべての御朱印は「影向堂」で頂けるという事もあり、1種類頂くごとに300円の料金が掛かります。ここに、可愛い御朱印帳を集めた記事があるので参考にして下さい。自分のお気に入りのデザインの御朱印帳というのは見る度にテンションも上がります。

浅草寺の御朱印帳|種類3選!

浅草寺の御朱印帳|種類①紺地に金龍柄御朱印帳

浅草寺で頂ける御朱印帳1つ目は、紺の金龍デザインの御朱印帳です。浅草寺の中でも一番スタンダードな御朱印帳というのは、「ご本尊観世音菩薩像」が発見された時に現れたという金龍がデザインされたこの御朱印帳です。

落ち着いた印象の紺のカラーで金の龍が映えるデザインですよね。男女ともに使えるデザインになっているので、使う人を選ばないですね。

浅草寺の御朱印帳|種類②緑の無地御朱印帳

浅草寺で頂ける御朱印帳2つ目は、深い緑のデザインの御朱印帳です。浅草寺の御朱印帳の中でも一番シンプルなデザインなのがこちらの深い緑が印象的な御朱印帳です。金龍のデザインのものに比べると地味に感じる人もいるかもしれませんが、シンプルな物を探している方にはもってこいのアイテムです。

浅草寺の御朱印帳|種類③赤の金龍柄御朱印帳

浅草寺で頂ける御朱印帳3つ目は、朱の金龍デザインの御朱印帳です。この御朱印帳は、先ほど紹介した紺色の金龍デザインの色違いです。大きさも紺色の金龍デザインの物が約12×18㎝なのに比べて、こちらの金龍デザインの物は16×11㎝と少し小さめの大きさとなっているのでどちらかというと女性向けです。

浅草寺の代表的な3種類の御朱印帳を紹介してきましたが、他にも御朱印帳を取り揃えているだけでなく、落とした時やカバンの中でも中身が広がらないようにする為に便利な「御朱印帳留め梅結び」なども購入する事ができます。ぜひ、浅草寺に行った際にはオリジナルの御朱印帳を自作してみて下さい。

こちらに明治神宮の御朱印や御朱印帳の情報をまとめた記事がありますので、観光で東京を訪れた際などには明治神宮にも足を運んでみて下さい。

浅草寺の御朱印帳|購入できる場所・料金について

浅草寺の御朱印|購入できる場所

浅草寺で御朱印帳が買える場所というのは、御朱印を頂く事のできる場所と同じ「影向堂」です。浅草寺に参拝した後には、御朱印集めが趣味の方やこれから御朱印集めをしたい、という方も多いと思いますので、その時には早めの行動でできるだけ短時間で御朱印を頂けるような工夫も必要です。

浅草寺の御朱印帳|料金・値段

浅草寺で購入できる御朱印帳を先ほど3種類紹介してきましたが、それぞれ少しずつ価格が違います。紺地の金龍デザインの御朱印帳は、少し大きめのデザインという事もあり1,500円となっています。そして、シンプルな深い緑の御朱印帳は、1,000円で購入できます。

最後に、紺地の色違いである朱色の御朱印帳は紺地の御朱印帳よりもサイズが小さめですので1,300円となっています。それぞれサイズや見た目も違いますので自分の気に入ったデザインの物を購入して、そのまま浅草寺の御朱印を頂きましょう。ここに東京大神宮の御朱印の情報をまとめた記事があるので併せて読んで下さい。

浅草寺のアクセス|電車・車・駐車場について

浅草寺のアクセス|電車の場合

浅草寺に電車で行く場合、一番早い出口を紹介していきます。浅草寺に行く際には、やはり正門である雷門をくぐって行きたいと考える人も多いと思います。そして、雷門から仲見世通り、そして浅草寺に行くというのが一番メジャーな行き方であるという事から雷門に一番早く行けるルートでご紹介していきます。

浅草寺を訪れる際に、一番便利で利用者が一番多いのが東京メトロ銀座線の浅草駅を利用する事です。特に、観光で訪れている方は、渋谷や銀座、上野という観光地を訪れる人も多いですよね。その最寄駅から1本で行けるのでその点でも便利です。

また、新たな観光地でもある東京スカイツリーに行く際に便利なのが東武スカイツリーラインの浅草駅を利用するという方法です。東京スカイツリーを訪れた後に、浅草寺に行く予定がある方はこの線が一番便利です。

浅草寺のアクセス|車の場合!駐車場も

浅草寺に行く際に便利な都市高速出口は、首都高速6号向島線の駒形ICまたは首都高速1号線上野IC、入谷ICが便利だと言えます。一般道で来る場合には、国道6号線で来る江戸通りが便利ですが、観光地でもあるという事から大変周囲は混雑する事が予想される事や抜け道があまりない、という点でもおすすめできません。

また、上野や秋葉原といった都市部からの渋滞に巻き込まれる事も考えられますのでそういう意味でも一番スムーズに行くにはやはり、公共の交通機関で行くというのがおすすめです。特に、土日は身動きが取れなくなる可能性も否めませんので車で行くというのはあまりおすすめしません。

ここに、東京のお土産をまとめた記事がありますので観光で東京を訪れている際には参考にしてみて下さい。きっと、役に立つと思います。

浅草寺の御朱印を頂くには早めの行動を心掛けましょう

今回は、「浅草寺の御朱印や御朱印帳の種類」などを中心にご紹介してきましたがいかがでしたか?浅草寺というのは、全国的にも有名な観光名所であるという事もあり、御朱印を頂く事が目的でない場合であってもなるべく早めの行動が功を奏す、という事も多いです。もちろん、御朱印を頂くのを目的にする場合も同様です。

その為、浅草寺に行く際にはできるだけスムーズに目的地まで着けるようなアクセスを利用するだけでなく、しっかりと下調べしていく事がおすすめです。この記事を参考に、浅草寺に行く際には早めの行動を心掛けて下さい。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。