INDEX

明治神宮の基本情報について|ご利益・参拝時間・場所について

日本で一番参拝者の多い東京の明治神宮を簡単にご紹介!ご利益・特徴は?

明治神宮とは明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社です。明治45年7月30日に明治天皇さまが、大正3年4月11日には昭憲皇太后さまが崩御になり、御神霊をおまつりしたいという国民の熱意によって大正9年11月1日に明治神宮が創建されました。

都会の中にあるとは思えないほどの緑の中にある明治神宮の中にはいくつかのパワースポットがありますので天気の良い午前中に時間がある時には巡ってみるのも良いでしょう。明治神宮参拝のご利益としては、縁結び、家内安全、夫婦円満、交通安全、浄化、生命力が挙げられます。

パワースポットは、幸運の「清正の井戸」、本殿左側にある縁結び・夫婦円満の「夫婦楠」、宝物殿入り口前の石からパワーが出ていると言われている「亀石」などがあります。せっかく明治神宮まで参拝に訪れたら、是非こういったパワースポットもめぐってみましょう。マナーについての記事も行く前にチェックしましょう。

Small thub shutterstock 552164044
関連記事 神社での手水舎の作法やマナーをしっかり学ぼう!知らないと恥をかくかも

日本人の生活に馴染みの深い神社。ですが、参拝の作法は「本当にこれで合っ

明治神宮の参拝時間(正月限定の時間も)・場所について!

明治神宮の参拝時間は、日の出と共に開門し日の入りと同時に閉門となりますので月により時間がことなりますので予め調べてから行くようにしましょう。12月31日は終夜参拝ができます。参拝、祈願の受付場所は、本殿に向かって右側の神楽殿の正面受付で行われています。

厄払いや合格祈願、家内安全や商売繁盛など、年始だけではなく随時承っています。また、明治神宮の本殿北側には芝生が広がっていて、天気が良ければ参拝後にそこでゆっくりと休むこともできるそうです。月ごとの参拝時間と、お正月限定の参拝時間をご案内いたしますので参考にしてください。

【明治神宮】の参拝時間
1月 6:40~16:20
2月 6:20~16:50
3月 5:40~17:20
4月 5:10~17:50
5月 5:00~18:10
6月 5:00~18:30
7月 5:00~18:20
8月 5:00~18:00
9月 5:20~17:20
10月 5:40~16:40
11月 6:10~16:10
12月 6:40~16:00
【明治神宮】の参拝時間「元旦・三が日」
大晦日 6:40~0:00
元日 0:00~19:00
2日 6:40~18:30
3日 6:40~18:30
4日 6:40~18:00

明治神宮の御朱印|種類・場所・時間・料金について

明治神宮の御朱印|種類について

明治神宮の御朱印は1種類です。中央に大きく明治神宮と書かれていて、明治神宮の朱印と明治神宮の神紋の朱印が押印されています。明治神宮の巫女さんや神職の方が丁寧に一枚一枚手で書いてくれる貴重な御朱印になります。御朱印とは、そもそも写経をお寺に納めた時にいただくことができるものでした。

印=朱印(寺社の印鑑)が御朱印と呼ばれている、印鑑ということです。これがいつからか参拝をするといただけるものに変化していきました。いくつか御朱印の種類がある神社も多いのですが、明治神宮ではこちらの1種類の御朱印です。

明治神宮の御朱印|頂ける場所

場所は本殿向かって右手側の「神楽殿」で社務所が開いている時間帯に御朱印をいただくことができます。「長殿」でいただける事もありますが、混雑する週末や祝日、初詣の時期に限り対応しています。ちなみに、公共交通機関で行く場合は各駅から本殿まで徒歩10~12分程かかりますので時間に余裕を持って参拝しましょう。

神楽殿とは明治神宮のご祈願祭が行われる場所で、お宮参りの受付やご祈祷、お祓いを行う場所なのです。神楽殿に入ると、右横すぐに授与所があるのでそこで御朱印をいただくことができます。

明治神宮の御朱印|受付時間・待ち時間

明治神宮の御朱印は神楽殿で、神楽殿が開いている時間帯にいただくことができます。受付時間は午前8時から閉門までとなります。開門したばかりの早い時間帯は開いていませんが、神職さんが居てお願いをすれば御朱印をいただけるようです。

御朱印をいただく際の待ち時間は平均で大体15分程度です。ただ学生の修学旅行シーズン(4月~6月、9月~11月9や年末年始はかなり混み合う事がありますので、時間にはかなり余裕を持っていきましょう。御朱印は1枚1枚丁寧に手書きで書いてくれているので、時間がかかることを予め理解しておきましょう。

明治神宮の御朱印|料金・値段

明治神宮の御朱印は、初穂料500円となります。神楽殿に入って御朱印受付と書いてあるところで、御朱印をいただきます。御朱印と一緒に、明治神宮のハガキもいただくことができます。御朱印の初穂料はだいたい300円~500円位のところが一般的です。



しかし値段が設定されていない寺社もありますので、そういった場合は相場程度の300円~500円をお渡しすれば良いようです。

明治神宮の御朱印帳|種類・購入できる場所・料金について

明治神宮の御朱印帳|種類は1つ

明治神宮限定の御朱印張は1種類で、画像のような紫色と白の蛇腹模様です。落ち着いた雰囲気ですが少し光沢があり、とても気品があふれる人気の御朱印張のようです。最近では御朱印ガールとも呼ばれる、御朱印を集める女性がとても増えてきています。

人によって価値観は様々ですが、御朱印はとても神聖で貴重なものなので、いただく機会があれば是非様々なところでいただいてみましょう。今や御朱印帳は、御朱印帳の専門店があったりネットで購入も可能です。しかし、その寺社の限定の御朱印帳というのは特別なものなので、持っていたいですよね。

明治神宮の御朱印帳|購入できる場所

明治神宮限定の御朱印帳は、御朱印と同様本殿向かって右手側にある神楽殿で購入することができます。また御朱印がいただける時間帯のみ販売されていて、閉門時間が月ごとに異なりますのでお気を付けください。また、公共交通機関を利用した場合、明治神宮本殿や神楽殿まで徒歩で10分~12分かかります。

参拝をして御朱印をいただくまでに時間がかかりますので、お時間には余裕をもって参拝に訪れましょう。駅から参道を通って本殿まで、自然にあふれた明治神宮の中でとても癒されることができますので、時間をかけて参拝しに行くことをおすすめします。

明治神宮の御朱印帳|料金・値段

御朱印張と言えば相場は1,000円~1,500円程度ですが、明治神宮では御朱印と合わせて初穂料が1,000円です。御朱印の初穂料が500円なので、御朱印帳の料金としては実質500円ということになります。お財布にも優しくて、素敵な御朱印帳をいただくことができますね。

近年御朱印をいただくことがブームとなり、様々なタイプの御朱印帳を購入することができます。御朱印を集める御朱印ガールが出てくるほどの、ブームが密かに始まっています。御朱印帳も色々な種類の物があるようです。可愛い人気の御朱印帳の関連記事がありますので、是非チェックしてみてください。

Small thub shutterstock 111920714
関連記事 御朱印帳とは?可愛い人気の御朱印帳コレクション23選をご紹介!

今密かなブームになっている御朱印帳。御朱印帳とは、全国のお寺や神社で貰

明治神宮へのアクセス|電車・車・駐車場について

明治神宮のアクセス|電車の場合

明治神宮への電車でのアクセスですが、いくつかルートがあります。東京メトロ千代田線、副都心線の明治神宮前駅をご利用の場合は2番出口を利用します。2番出口から南参道を通り、社殿までは徒歩約12分です。JR原宿駅をご利用の場合、表参道口の跨線橋を渡れば明治神宮南参道の入り口に着きます。

そこから社殿まで、南参道を通り徒歩約12分です。JR代々木駅からも行くことができます。JR代々木駅の西口から北参道を通って、社殿までは徒歩約10分です。東京メトロ副都心線の北参道駅からはA1出口を出て北参道を通り、社殿までは徒歩約10分です。

小田急線参宮橋駅をご利用の場合は、西参道を通り社殿まで徒歩約10分です。ルートが北参道(代々木口)、西参道(参宮橋口)、南参道(原宿口)とありますので、それぞれアクセスの良い所を選びましょう。どの参道を選んでも、駅から社殿まではだいたい徒歩10~12分程度です。ゆっくり歩いて参拝の準備をしましょう。

明治神宮のアクセス|車の場合!駐車場も

明治神宮への車でのアクセスは、首都高速4号新宿線代々木ICが最寄りとなります。首都高速4号新宿線代々木ICを降りてから駐車場までは約5分ですが、駐車場が境内を挟んで反対側なのでぐるっとまわる必要があります。境内へは原宿口と代々木口から入れますが、参宮橋側(西参道側)からは入ることができません。

明治神宮内にいくつか駐車場はありますが、駐車場の場所までの周辺道路は大変混み合う上にたくさんの人が歩いています。駐車場もそこまで大きくはないので、基本的には公共交通機関を利用する方が良いようです。

明治神宮を参拝して御朱印と御朱印帳を一緒にいただいてみよう

明治神宮を参拝するのは、お正月だけではなくいつでも行くことができます。神様に見守っていただいているので、良いことがあればお礼参りをすることもできます。都会の中にある緑豊かなパワースポットに行って、いつでも参拝してみましょう。そしてその時は、是非御朱印と御朱印帳をいただいてみてください。

参拝時間は月ごとに変わりますので、そこだけ十分気を付けてください。参拝は晴れた日の午前中にするのが良いとされていますので、できれば朝早くから参拝をして神楽殿で御朱印がいただける時間頃に行くと、混み合わずにスムーズにまわることができます。良い運気を作っていけるように、定期的に参拝しにいきましょう。

また、明治神宮内にはたくさんのパワースポットがあり、緑も多いので散歩するだけでも気持ちが良くとても癒されます。参拝に行く際には、是非たっぷりと時間を使って歩き回りましょう。ゆっくりと流れる時間を感じながら参拝すれば、良い運気も一緒に付いてくるはずです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。