Large thumb shutterstock 725832922

カルダモンの効能・効果と使い方!香りの特徴とカレー以外のレシピ8選も

更新:2019.06.21

カルダモンといえば、カレーに入っているスパイスのひとつです。独特のさわやかで上品な香りが特徴で、スパイスの女王とも呼ばれています。そんなカルダモン、実は驚きの効能があり、古代には生薬としても使われていました。その効能、効果はどのように取り入れれば良いのでしょうか?簡単レシピとあわせてご紹介します。

カルダモンってどんなスパイス?

インド原産のショウガの仲間

カルダモンは、主にインド(およびスリランカ、マレー半島)原産のショウガ科の多年草すぁう。その実が熟す前の青い状態で収穫して乾燥させた緑のシワシワのものが、私たちがよく目にするカルダモンです。和名は「小荳蒄(しょうずく)」。漢方薬にも使われていて、そこにはこの「小荳蒄」という表記が使われます。

世界最古のスパイス

さわやかで上品な香りが特徴的なスパイスで、インドや中東、エジプトで古来から様々な使い方をされてきました。世界最古のスパイスともいわれ、古代の人々は儀式の際のお香に使ったり、解毒剤としても使っていたそうですが、一部ではショウガ科のハーブ全般をカルダモンと呼んでいたともいわれています。

名前の由来は?

カルダモンという名前の由来は、ラテン語の「kardia」と「amomon」。それぞれ「心臓」「生薬」を意味します。この二語がひとつになって現在の英語表記「cardamon」となったという説が有力です。このことから、人々が古代からいかにカルダモンに生薬としての効能を感じていたかを伺い知れます。

どんな状態で手に入る?

ホール(さやのまま)ごと潰して粉状にしたものが、カルダモンパウダーです。使い方が簡単で生活に取り入れやすいはこのタイプです。カルダモン初心者におすすめのアイテムといえます。ただし香りが多少弱くはなってしまうので、豊かな香りをしっかり楽しみたい方はホールの状態で購入することをおすすめします。

カルダモンの効能・効果6つ

1.消化器官を助ける

カルダモンは胃腸に良いといわれています。胃腸のガス排出を助けてくれるほか、胃酸の出すぎや胃のむかつき、もたれといった症状を緩和してくれます。その効果で消化がスムーズになるので、食後の摂取がおすすめです。インドでは食後の口直しとして、料理店のレジ横にシュガーコーティングされた粒が置いてあるそうですよ。

2.食後におすすめな口臭予防効果

インド料理店のレジ横に置いてある理由は、前述の消化促進だけではありません。口臭の予防にも効果があるからなのです。カルダモンは独特な強い香りを持つだけではなく、菌を抑制するという効能があります。また、前述の胃腸に働きかける効能もありますので、根本的な口臭の原因を抑えることが出来るというわけです。

3.体をあたためる効能で冷え性に効果あり

冷え性に苦しむ女性は多いと思いますが、カルダモンには体をあたためる効果があります。血行促進と発汗作用があるといわれていて、冷え性体質の改善に加えて風邪の引きはじめにも良いといわれています。仲間であるショウガや相性の良いシナモンも同じく体をあたためる効果があります。ブレンドして使うのも良さそうですね。

4.精神安定と疲労回復効果

カルダモンに含まれる香気成分は「α-テルピネオール」と「1,8-シネオール」です。この2つには精神を落ち着かせ、疲労を回復する効能があるといわれます。古代の人々が儀式に使ったのは、これらの効果を感じてのことだったのかもしれませんね。アロマオイルにもよく含まれている成分で、癒しをもたらしてくれます。

5.脳機能UPの効能

カルダモンには脳機能をUPさせ、集中力が高まるという効果があります。その理由は前述の精神安定効果をもたらす成分、「α-テルピネオール」と「1,8-シネオール」という2つの香気成分が脳をリフレッシュして活性化させてくれるからです。香りに脳まで働きかける効能があるとは、驚きですよね。

6.抗酸化作用でアンチエイジング効果

テルペノイドなどの抗酸化物質が多く含まれるため、カルダモンにはデトックス効果や美肌効果も期待されます。その解毒作用は、古代の人々が解毒剤としても使用していたほどです。冷え性改善といい、カルダモンには女性に嬉しい効能が多いですね。デトックス効果のある「杜仲茶」については、以下の記事もどうぞ。

カルダモンの注意点2つ

1.妊婦さんと乳幼児は要注意!

妊娠中の体は通常とは状態が異なりますので、カルダモンはじめスパイスやハーブ類の摂取量には注意しましょう。少量であれば影響は少ないと思われますが、摂取量が多いとその効能がどのように妊婦さんの体に作用するか分かりません。心配であれば事前に医師に相談しましょう。乳幼児への摂取も控えた方が良いでしょう。

2.胆石や胆嚢疾患のある方は要注意!

カルダモンには痛みを和らげる効果があるため、胆石や胆嚢疾患のある方は使用を控えて下さい。過剰摂取すると痛みに鈍感になり、悪化に気付きにくくなるためです。そもそも症状を悪化させるものではないので少量であればさほど問題視する必要はなさそうですが、注意が必要です。心配であれば医師に相談して下さい。

おすすめカルダモンレシピ8選

1.カルダモンの香りのスパイスチャイ

チャイは日本でも人気が高い飲みものです。カルダモンの使い方として、カレーの次に思い浮かぶのではないでしょうか。シナモンやジンジャーに加えてカルダモンを使うことで、味と香りに深みが増します。ホールを潰して煮出すのですが、気軽に楽しむなら濃いめに淹れたミルクティーにパウダーの簡単レシピがおすすめです。

2.中東で人気!カルダモンコーヒーのレシピ

中東ではポピュラーなのがカルダモンコーヒーです。ホールを煮出したお湯を使ってコーヒーをドリップしたり、チャイと同じくパウダーを振りかけたりします。コーヒーの粉とホールごとすり潰したカルダモンを一緒に煮出し、茶漉しで漉す方法もあります。カルダモンを入れ過ぎるとまずくなるので、量にはご注意下さい。

ちなみに、コーヒーには体を冷やす効果があります。そのため、逆に体をあたためる効果のあるカルダモンを加えることで、コーヒーの体への悪影響を中和するという側面もあるのがこのカルダモンコーヒーです。消化器官を助ける作用もありますし、食後の1杯にぴったりですね。

3.カルダモンロール

カルダモンはエスニックなものと思われがちですが、実は北欧でもよく使われているスパイスです。特にスウェーデンではシナモンロールを上回るほどの人気菓子となっているのが「カルダモンロール」です。シナモンと合わせたレシピも多くあります。カルダモンの高貴な香りでカフェタイムがより豊かなものになりそうですね。

かもめ食堂風シナモンロール☆

4.いつものレシピを簡単アレンジ!バナナブレッド

カルダモンはバナナとの相性も抜群です。普通のバナナブレッドに飽きたら、カルダモンの上品な香り漂う大人のバナナブレッドに挑戦してみてはいかがでしょうか。こちらのレシピに使われているスパイスはカルダモンのみですが、シナモンと組み合わせても美味しいですよ。

カルダモン風味バナナブレッド

5.フルーツのカルダモンマリネ

お好きなフルーツをカットして、レモン汁とハチミツ(お好みでアガペシロップなどでもOK)で和えます。あとはカルダモンパウダーをささっと振りかけるだけの簡単レシピです。食欲の出ない日の朝食などにおすすめします。さわやかな香りでリフレッシュできますし、脳も活性化されて気持ちよく一日を過ごせそうですね。

6.カルダモンアイス

お手軽に市販のバニラアイスやチョコアイスなど、お好みのアイスにカルダモンパウダーをかけるだけです。ホールカルダモンを使ってアイスもいちから手作りすると風味豊かでよりおいしいですが、市販のものでも十分楽しめますよ。アイスだけではなく、マスカルポーネにちょいかけもおすすめです。

7.お肉料理への使い方

ブラックペッパーを使うような感覚で、お肉料理にカルダモンを使うのもおすすめです。ローストビーフや赤身のグリル、ポークソテー、鴨肉なんかにもよく合います。こだわりの塩とカルダモン、そのほかお気に入りのスパイスがあるだけで、まるでレストランの味になります。ソースに混ぜるという使い方もありますよ。

8.かぼちゃのポタージュちょい足しレシピ

かぼちゃにはシナモンが合いますが、カルダモンも好相性です。いつものポタージュにカルダモンパウダーをひと振りするするだけのちょい足しレシピです。ポタージュは濃厚につくると少々しつこくなる時がありますが、カルダモンのさわやかな香りでさっぱり頂けます。かぼちゃのグリルにささっとかけてもおいしいですよ。

カレーだけなんてもったいない!カルダモンを使いこなそう

いかがでしたか?たくさんの体にいい効能、効果があるカルダモンをご紹介しました。カレー以外にも様々な使い方を試して、ぜひ気軽に取り入れてみて下さいね。ただし、スパイスの女王といわれるほどの香りですので、使い過ぎると香りがきつくなります。少しずつ試して、お好みの使い方をマスターしましょう。

また、私たちの生活に馴染みのあるハーブ「ラベンダー」は、リラックス効果や鎮痛効果など、女性に嬉しい効果・効能があります!以下記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。