INDEX

可愛くなりたい!と思った時にやめるべき習慣は?

可愛くなるには自分の悪習慣を見つけ出すところから!

「可愛くなりたい!」と思ったときには、まず自分の習慣や行動について見なおしてみましょう。「よく悪口や愚痴を吐いていませんか?」「背筋が曲がっていませんか?」「笑顔はしっかりと作れていますか?」

さまざまな質問を自分に投げかけることで、自分の悪いところ・やめるべき習慣が見えてくるはずです。可愛くなりたいを叶えるためにはこれらの質問によってやめるべき習慣をはっきりさせ、自らがついついやりがちな「おブス要素」となる行動を改善していく努力が必要です。

可愛くなりたい!可愛くなるには笑顔が重要!

「可愛くなりたい!」と思うのであれば、どんなものを身に付けるよりも「笑顔」が大切です。どれだけ顔が可愛くてもムスッとしているだけで、「ブス」に見えてしまうのです。笑顔とは可愛くなりたいを叶える「秘訣」となっているのです。

考えてはダメ!可愛くなるには「笑う」が鉄則!

「可愛くなりたい!」を叶えるための一番の近道は「笑顔」そのもので、女性に魔法をかけてくれるものとなっています。いつもニコニコと笑っている女性はとても魅力的で、可愛らしいという印象を与えやすくなるのです。「可愛くなるには?」と考えるよりも、「笑う」努力を心掛けましょう。

以下の記事では「笑顔」心得についても詳しく触れているので、「心得を習得したい」などと少しでも気になった場合はぜひチェックしてみてください!

Small thumb shutterstock 524899408
関連記事 いつもニコニコ笑ってる人の心理15選!笑顔の効果でハッピーに!

いつもニコニコ笑っている人ってなんだか羨ましいですよね。そんないつもニ

可愛くなりたい!一日で可愛くなる方法・コツ4つ

一日で可愛くなるコツは「意識」を持つこと!

たったの一日で「可愛くなりたい!」を叶える方法はないと思いがちですが、一日でも「可愛い」は作れます。ここでは、一日で可愛くなるための方法やコツをご紹介していきます。

一日で可愛くなる方法・コツ①口角を上げる

一日で「可愛くなりたい!」を叶えるには、口角を上げて柔らかい印象を作り出すことです。女性に魅力と言えば、なんといっても「笑顔」なのです。どんなに綺麗な人でも笑顔がなければ、美しさに欠けてしまいます。笑顔は可愛いを作り出すための最大の秘訣となっているのです。

口角が下がっていては、可愛らしい笑顔を作り出すことができません。クイッと両口の端を上げるように努力しましょう。また、割りばしを使って笑顔の練習をして笑顔を鍛える方法もあります。

割りばしを割らず歯に挟んだ状態で口にくわえ、口角をあげたまま三分ほどキープします。このとき、割りばしに口角が付かないようにしてあげるというところがポイントです。一日一回するだけでも顔の筋肉が刺激され、笑顔が作りやすくなるでしょう。

一日で可愛くなる方法・コツ②ポジティブになる

一日で「可愛くなりたい!」を叶えるためには、考えを「ポジティブ」に保つことです。「どうせ~」や「私なんて~」という後ろ向きの言葉は、知らず知らずのうちにネガティブオーラを出しています。

少しでも前向きに「私ならできる」「可愛くなる」とポジティブに考えるようにすると、自然と前を向けるようになるのです。前を向いて進んでいくことによって、これまで気づけなかったことやチャンスに巡り合う可能性が高まっていくでしょう。

一日で可愛くなる方法・コツ③言葉遣いを丁寧にする

言葉とはその人自身を映し出す鏡のようなもので、「心」のきれいさがはっきりとあらわれるものです。いつもの言葉遣いを少し丁寧なフレーズに直すだけでも、「可愛くなりたい!」を実現するための第一歩になります。

可愛くなるには「外見」の美しさだけではなく、「内面」にも気を付けておかなければなりません。特に、悪口や愚痴を吐いてばかりいると、言葉の汚さが脳に伝わりどんどんブスへと近づいていってしまいます。

コミュニケーションの要ともなる「言葉」からきれいなものへと変えていけるように、発言をするときには気を付けておきましょう。

一日で可愛くなる方法・コツ④姿勢を正す

どれだけ可愛い人でも背中が曲がっていれば、それだけで何十倍も損してしまいます。言い換えると、そこまで顔が可愛くなかったとしても、姿勢がよければ美しく見える効果があり何倍も得をするのです。

一番最悪なパターンは、決して可愛いわけでもないのに姿勢が悪いというパターンです。少しでも「可愛くなりたい!」を叶えるためにも、背筋をまっすぐにして姿勢を正す意識を持っておきましょう。

「可愛くなりたい!」を叶えるためには「姿勢」も大切な要素の一つです。姿勢が悪いとどうしてもシルエットが悪くなり、他人の目に美しく映ることはありません。

可愛くなりたい!一週間で可愛くなる方法・コツ4つ

一週間でも努力次第で可愛くなれる!

一週間、つまりは七日で「可愛くなりたい!」を叶える方法はないと思いがちですが、たったの一週間であっても可愛くなる方法は存在します。ここでは、一週間で可愛くなる方法やコツをご紹介していきます。

一週間で可愛くなる方法・コツ①生活リズムを正す

起きる・寝る・ご飯を食べるなど、生活リズムは「可愛い」を作るための土台として欠かせないものです。夜型になってしまうと、日光に当たっている時間が短かったり体内のサイクルが狂ったりして不調を呼び起こす可能性が高くなります。

可愛くなるには自身のライフスタイルを見直して、朝型タイプになれるようにまずは一週間しっかりと習慣づけられるように努力しましょう。

一週間で可愛くなる方法・コツ②「可愛い」と言い聞かせる

人間の脳は周囲からの言葉を聞いて、その内容によって気持ちや見た目を変化させていきます。その点を利用して、毎日自分に「可愛い」と言い聞かせるようにしましょう。

可愛くなるには毎日欠かさず可愛いと繰り返し声をかけることで、「私は可愛いんだ」と脳が錯覚しどんどん可愛い方へと意識や表情が注がれていくのです。

一週間で可愛くなる方法・コツ③お風呂の時間を大切にする

お風呂は面倒になりがちで、ついつい適当になってしまうという場合も多いでしょう。ただ、お風呂にはリラックス効果や発汗効果など、女性に必要な要素が詰め込まれています。

「今日はいいや」と軽くシャワーで済ましてしまったり少ししか浸からなかったりと手を抜かず、ゆっくりとお風呂に入る時間を確保するようにしましょう。

一週間で可愛くなる方法・コツ④自分についてよく知る

可愛くなるには、「自分」について知っておくことも大切です。自分がいつもどんな行動を取っているのか、いつ可愛くなりたいと思うのかについてしっかりと把握しておきましょう。

自分を知っておくだけでも、無意識の習慣に気付けたりモチベーション維持の方法がみつかったりするなど、プラスになる部分がたくさん出てくるでしょう。

可愛くなりたい!一ヶ月で可愛くなる方法・コツ4つ

一カ月が勝負!おブスとはサヨナラ!

一カ月という期間は、一見短く感じますが可愛くなるには最適な期間となっています。体の変化を感じやすかったり集中力が失われなかったりなど、「可愛くなりたい!」を叶えるにはピッタリな期間です。ここでは、一カ月で可愛くなる方法やコツをご紹介していきます。

一ヶ月で可愛くなる方法・コツ①ダイエットをする

一カ月で可愛くなる方法は、体型を変える「ダイエット」に取り組むことです。ダイエットの効果は、およそ1カ月から3ヶ月ほどで体にあらわれてきます。少し体がシュッとするだけでも、見た目は大きく変わってきます。

また、顔の印象を変えたいときにも効果的です。顔そのものは変えられなくても、ダイエットによる肉付きの変化で印象はガラリと変わる場合もあります。いつもより少しだけ食事の量を減らしてみたり運動やトレーニングをしてみたり、無理のない範囲でダイエットをするというのも一つの方法です。

だだし、ご飯を全く食べない・気持ちが悪くなるまで運動をするなど、無理なダイエット方法にならないようにだけは注意しておきましょう。

一ヶ月で可愛くなる方法・コツ②恋をする

可愛くなる方法には、「恋をする」というものもあります。恋愛は女性をとても美しく変化させる究極の魔法でもあるのです。エストロゲンという女性ホルモンが多く分泌されるため、ニキビができにくくなったり肌のターンオーバーが活性化されたりと女性には嬉しいことだらけなのです。

ただ、恋をするとは言っても相手がいなければ始まりません。日常の生活において常に恋愛センサーを張り巡らせ、良い男性と出会えるような場には積極的に参加するといいでしょう。

一ヶ月で可愛くなる方法・コツ③目標を作る

可愛くなる方法のコツとしては、はっきりとした「目標」を作っておくことです。なんとなく「~~なりたい」ではなく、いつまでにどうなりたいというきちんとした目標を立てておきます。

このとき、「なぜそうなりたいのか」や「目標を達成してなにがしたいのか」についても明確にしておくといいでしょう。可愛いに近づくモチベーションとなり、くじけそうになったときに頑張る意思を取り戻すものとなります。

一ヶ月で可愛くなる方法・コツ④毎日欠かさず取り組む

例えば、ダイエットをすると決めたのであれば、「今日は疲れたから」などと言い訳して休んではいけません。また、笑顔を忘れないと決めたときは、たとえつらい状況に陥ったとしても口角を上げておかなければなりません。

一度でも休んでしまうと「もういいや」と投げ出しやすくなるため、自分を奮い立たせてでも続けるように取り組んでいきましょう。

一カ月で可愛くなるには、自分で決めた取り組み内容を毎日欠かさずに続けていくということが大切です。途中で諦めてしまってはいけません。

顔が可愛くなりたい!メイクのやり方は?

可愛くなりたい!メイクで「可愛い」は作れる!

可愛くなる方法として欠かせない「メイク」ですが、抑えるべきポイントがあります。ここではパーツ別にメイク方法について見ていきます。

可愛くなるメイク法:アイメイク編

可愛くなるには、クリンとした大きな目を意識してメイクをしましょう。目を縦に大きく見せるためのポイントは、黒目の上下を強調するという方法です。マスカラは黒目の上の部分が一番長くなるようにしっかりと塗ります。このとき、目とまつ毛の隙間をアイライナーで埋めておくだけでもデカ目効果が期待できます。

また、黒目の下の部分にも黒目の幅に合わせて粘膜にアイライナーを仕込ませておくだけでデカ目効果があります。ちょっとしたメイク術が、大きな目を作るためには欠かせないポイントとなっています。

「可愛くなりたい!」を叶えるためのメイクとしてカギを握っているのが「アイメイク」です。目は口程に物を言うということわざがあるように、目は顔の印象を作り出すものとしてとても重要なパーツとなっているのです。

可愛くなるメイク法:ベースメイク編

「可愛くなりたい!」を叶えるベースメイクのポイントは、「ツヤ肌」を作ることです。素肌に近いベース作りが、可愛さを引き立てるためにも重要となります。

ファンデーションを顔全体に広げ、できるだけ薄くのばしていきます。どうしても隠したい部分があるときは、その部分にだけ少し濃い目にファンデーションを塗るようにしましょう。あくまでも気になる部分だけで、全体的に厚塗り感が出てしまわないように注意が必要です。

どうしても薄くしたくないという場合は、頬の高い位置や眉下にハイライトを仕込みツヤのある肌に見せましょう。スッピンのようなつるんとした肌は可愛くなる方法のポイントとなっています。

可愛くなるメイク法:リップ編

可愛くなるにはリップケアも欠かせず、プルンとした唇を保っておく必要があります。ガサガサ唇はおブスを作り出すもので、可愛いを作るためにはしっかりとケアをしておかなければなりません。

唇の乾燥を防ぐためにも、普段からリップクリームを塗るように気を付けておきましょう。メイクでプルンとした唇を作り出すためには、オイルが配合されたティントバームやリップグロスを用いります。

ティントタイプは色が落ちにくく血色のいい唇を演出してくれるメリットがあります。また、リップグロスには唇をきれいにプクッと見せてくれるメリットがあるため、自分の好みや塗りやすさによって選ぶといいでしょう。以下では可愛いメイクについて紹介しているので興味がある人はぜひチェックしてみてください!

Small thumb shutterstock 459771967
関連記事 可愛いピンクメイクのやり方は?ピンクアイメイク/ピンクアイシャドウ

メイクの中でアイシャドウは目を大きく見せたり、印象を変えたりと、とても

髪型も可愛くなりたい!ヘアメイクのやり方は?

可愛くなりたい!可愛いは髪型にもあらわれる!

可愛いを演出するために重要となる「ヘアメイク」ですが、垢抜け感を左右するポイントがあります。ここでは、髪の毛の長さ別に髪型のポイントをご紹介していきます。

可愛くなるヘアメイク:ショート編

可愛くなるためのヘアメイクのコツは、抜け感やこなれ感を出すことです。髪の毛が遊んでいるようなふんわりとしたヘアスタイルは、どこか垢ぬけないという印象がガラッと変わります。

ヘアワックスやオイルを使って髪の毛全体に馴染ませ、髪の毛に立体感を作り出します。髪の毛のパサつきも抑えられる効果があるため、全体的にまとまった印象を与えます。

ヘアカラーも重要なポイントで、流行りのアッシュ系カラーやくすみカラーを用いてこなれ感を演出すると一気におしゃれ度が高くなります。

可愛くなるヘアメイク:ミディアム編

ミディアムくらいの長さは一番ヘアアレンジがしやすく、まとめ髪にすることで小顔効果が狙えます。ヘアアレンジと言っても、初心者が簡単に取り組める方法もたくさんあります。「くるりんぱ」などは簡単なヘアアレンジの代表的なもので、一つに結んだ髪の毛をくるんとするだけでおしゃれなヘアスタイルが実現します。

画像のようにゴムとピンを使った簡単アレンジもたくさんあり、誰でも手軽にチャレンジできるものとなっています。髪の毛をおろして巻いておくだけのスタイルでも可愛く見えますが、もう少し手間を加えてハーフアップやまとめ髪にするとさらに可愛いヘアスタイルになるでしょう。

可愛くなるヘアメイク:ロング編

ロングヘアの可愛いヘアメイク方法には、ポニーテールなどがあります。頭の高い位置でくくりポニーテールを作るだけでも可愛さが際立ちます。さらに可愛くなるポイントとしては、髪をくくるまえにしっかりと巻いておくこと・くくり終わった後は緩さをだすことの2点があります。

くくる前にしっかりと髪の毛を巻いておくことで全体的にまとまりが出て、ピョンとはみ出す毛が少なくなります。また、くくり終わりに髪の毛を少しずつつまみ出して緩さを出すことで、こなれ感を出すことができて一気に垢ぬけた印象になります。

ロングの髪の毛をそのまま活かしてストレートや巻き髪にするアレンジも良いですが、たまにはアップスタイルなどに挑戦するのも可愛さを光らせる秘訣の一つとなっています。以下の記事では、長さ別にアレンジ方法を詳しく紹介しているので一緒にチェックしてみてください!

Small thumb shutterstock 380387038
関連記事 【髪の長さ別】三角クリップヘアアレンジ・使い方18選|くるりんぱ/ハーフアップ

三角クリップ(ヘアクリップ)はご存知ですか?使い方簡単の三角クリップは

内面も可愛くなりたい!振る舞いで可愛く見えるには?

顔だけよりも内面から可愛くなりたい!可愛い振る舞い①リアクションを取る

内面からの可愛くなりたい思いを叶えるためには、リアクションに気を付けることが大切です。嬉しいときには喜び、嫌なことがあったときには少し拗ねてみるなど、表情も工夫する努力をしましょう。あまり大きなリアクションを取りすぎると下品なイメージを持たれてしまうため、可愛くなる方法ではその点に注意が必要です。

顔だけよりも内面から可愛くなりたい!可愛い振る舞い②丁寧さを心掛ける

可愛くなる方法として、丁寧さを心掛けるという方法もあります。なにか持つときには両手を使ったり渡すときには手を添えたり、丁寧にものごとをおこなう努力を心掛けましょう。

みんながこっそりやっている可愛くなるための努力・秘訣は?

可愛くなりたい!なるための努力・秘訣①笑顔の練習

「笑顔」は可愛くなるには欠かせない秘訣の一つです。ニコニコしているだけでムスッとしているより何倍も・何十倍も自分を可愛く見せてくれます。とっておきの可愛い笑顔を作るためにも、口角を上げる意識をしたり毎日口角トレーニングを欠かさなかったりと努力をしているのです。

可愛くなりたい!なるための努力・秘訣②美の研究

可愛い人というのは「可愛くなりたい!」という一心で、周囲の可愛い人やモデル・女優さんの美を研究をするなど努力しています。どうやって体系を維持しているのか・どのようなメイクをしているのかなど可愛さの秘訣を徹底分析しているのです。

その中から真似のできそうなものや真似したいものなどをピックアップして、自分の可愛さを作りだす方法として取り入れているのです。

女の子は誰だって可愛くなれる!

女性は努力次第で誰しもが「可愛くなりたい!」を実現できるのです。私は無理だなんて諦めてしまわずに、自分なりに努力して可愛くなりたいという願望を実現させていきましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。