INDEX

【扉をつけるDIY】カラーボックスの改造リメイク・活用方法4選

扉リメイク・活用方法①カラーボックスに転写シールの木材でリメイク

カラーボックスに扉をつけてDIYするリメイク方法はたくさんありますが、写真のような転写シールを使った扉はおしゃれで活用方法の幅も広がって素敵ですよね。カラーボックスは扉がなくても使用することができますが、扉があればなお使いやすいアイテムに変身します。

転写シールは100均にたくさんありますし、木材も100均で売っています。カラーボックスの扉として大きさの合う木材に転写シールを貼って、カラーボックスに取り付ければ簡単にリメイクすることができますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

100均にはたくさんの転写シールがあります。下記の関連記事では、100均の転写シールについて詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

Small thumb shutterstock 540890020
関連記事 100均の転写シール22選!ダイソー・セリア別!おすすめのステッカーは?

100均で転写シールが購入できるのをご存知ですか?ダイソー・セリア・キ

扉リメイク・活用方法②100均木材をアンティーク風扉にDIY

カラーボックスに扉をつけてDIYするなら、ぜひ木材を使ってアンティーク風のリメイクしてみましょう。写真のように、長年使い続けてきたようなアンティーク感のある扉にリメイクすれば、とてもおしゃれな雰囲気になりますよね。

このような扉は、100均の木材を使用すれば簡単にリメイクすることができます。100均の木材に塗装をしたり、長年寝かせておいたりすると、色が変化して素敵な雰囲気になりますよ。あとはカラーボックスの取り付けてDIYするだけなので、とても簡単です。

扉リメイク・活用方法③コルクボードの扉を活用すれば使い勝手もアップ

カラーボックスに扉をつけてDIYするなら、コルクボードも一緒に活用してみてはどうでしょうか。カラーボックスの大きさに合わせた扉にコルクボードを取り付けるだけなので、簡単です。コルクボードは100均でも取り扱っているので、調達しやすいですよね。

カラーボックスのコルクボードを扉とし手取り付けてリメイクすれば、コルクボードの部分にいろんな書類や写真などを取り付けることができるので、活用方法もアップします。家族の写真を貼っておくと、楽しい思い出をいつでも目にすることができるので、とてもおすすめです。

扉リメイク・活用方法④上に開ける扉をDIYすれば見た目もおしゃれに

扉と言えば左右に開くものが一般的ですが、カラーボックスに扉を取り付けてDIYするなら、上に開く扉を使ってリメイクするのもおすすめです。カラーボックスと同じ色の扉にすれば、統一感もあって素敵ですよね。また、上に開く際に取っ手をつけておくのもおすすめです。

取っ手は、雑貨屋さんに行けばいろんな種類のものが置いています。また、雑貨屋さんや家具屋さん以外にも、100均にもいろいろな取っ手があります。100均で取り扱っている取っ手のことをもっと詳しく知りたい人は、下記の関連記事も参考にしてみましょう。

Small thumb shutterstock 357490304
関連記事 100均の取っ手14選!ダイソー・セリア別!引き出しに使おう!

ダイソーやセリアなどの100均で販売されている取っ手がおしゃれで便利と

【収納DIY】カラーボックスの改造リメイク・活用方法3選

収納リメイク・活用方法①ボックスを使ってカラーボックスに収納がプラス

カラーボックスは収納力抜群ですよね、もっと収納量を増やせるようにDIYしたりリメイクしたりするなら、ボックスを使って収納してみましょう。写真のように、カラーボックスの大きさにぴたっとはまるボックスを活用すればよいのです。

カラーボックスの小物を収納するときは、見せたくないものもありますよね。そんな時はボックスの中の小物を収納してしまえば、見せたくないものもしっりと収納することができます。とても素敵な活用方法ですよ。

収納リメイク・活用方法②カラーボックスにサイズ違いのボックスで収納

収納リメイク・活用方法の2つ目は、サイズ違いのボックスを活用するという方法です。先ほどは、カラーボックスのサイズに合うボックスを活用するご紹介をしましたが、今回はいろんなボックスを使用するリメイク方法をご紹介いたします。

写真は100均のダイソーにあるスクエアボックスですが、カラフルでとてもいろんな大きさのスクエアボックスがあるので、使い勝手抜群です。写真のように、カラーボックスの1つの収納スペースの中にいくつもスクエアボックスを使用できるので、小分けにしての収納が可能です。

Small thumb shutterstock 134640329
関連記事 【100均】ダイソーのスクエアボックスの活用法!収納ボックスでお部屋を可愛く!

現在、ダイソーのスクエアボックスという商品が大ヒットしています。スクエ

収納リメイク・活用方法③カラーボックスを収納ケースでDIYしてすっきり

カラーボックスの収納リメイク・活用方法3つ目は、収納ケースを使用してリメイクする方法です。写真の収納ケースはニトリにあるものです。取っ手がついているので、引き出しやすくてとても使いやすいアイテムです。

このニトリの収納ケースを使ってDIYしたりリメイクしたりすれば、きれいに整理して収納をすることができます。浅型タイプから薄型タイプまで大きさも様々あるので、カラーボックスの大きさに合わせて活用してみましょう。

【DIY塗装】カラーボックスの改造リメイク・活用方法3選

塗装リメイク・活用方法①カラーボックスをアンティーク風のDIY塗装!

カラーボックスをDIYしたりリメイクしたりするなら、塗装をするという方法もあります。一般的に売られているカラーボックスは、白色やナチュラルな木材の色が多いですよね。でも自分で塗装をしてDIYしたりリメイクすれば、好きな雰囲気に変えることができます。

写真のように濃いブラウンに塗装をすれば、アンティークな雰囲気になってとっても素敵ですよね。塗装をしてリメイクしたカラーボックスに、対照的な白いボックスを収納すると、メリハリがついてかっこいい雰囲気になって素敵ですよね。

塗装リメイク・活用方法②子供別に色分け塗装をして改造リメイク

塗装をしてDIYやリメイク、活用方法の2つ目は、カラーボックスを色分けして改造リメイクをするという方法です。子供によって色分けしてあげると、子供たちも自分専用の収納ができるので、喜んでくれるはずです。

写真のように、ピンクやブルーの塗装をしてDIYしたりリメイクすれば、カラーボックスも一気に可愛くなりますよね。塗装をするなら、100均にたくさんのスプレーや塗装グッズがあります。また、オイルステインはカラーボックスを塗装するのに持ってこいのアイテムですよ。

Small thumb shutterstock 302396483
関連記事 オイルステインとはどんな塗料?塗装して家具を簡単DIY!

オイルステインをご存じですか?オイルステインとはどのような塗料なのでし

塗装リメイク・活用方法③お部屋のカラーに合わせてカラーボックスを塗装

カラーボックスの塗装DIY、リメイク、活用方法の3つ目は、お部屋の雰囲気に合わせてカラーボックスを塗装するということです。写真のカラーボックスは、塗装をしてリメイクしたものです。ちょっと擦れた感じの色合いがとても素敵ですよね。こんなカラーボックスは見たことがありません。

写真のお部屋は、ブルーテイストの雑貨や食器などをたくさん取り揃えているお部屋なので、カラーボックスも同じ色合いで統一して塗装DIYしています。扉をつけるとさらに高級感がアップして、元がカラーボックスだとは思えませんよね。

【テレビ台DIY】カラーボックスの改造リメイク・活用方法3選

テレビ台リメイク・活用方法①カラーボックスをテレビ台風にDIY!

みなさんはどのようなテレビ台を使っていますか?テレビ台は普通に購入すればとても高価なアイテムですよね。しかし、カラーボックスを使ってDIYしたりリメイクすれば、低コストで素敵なテレビ台を作ることができます。活用方法の幅も広がってとてもお得ですよ。

写真は、IKEAのお得な机の上のテレビを置いて、その両脇にカラーボックスを置いてテレビ台としてDIYしたものです。カラーボックスには扉をつけてリメイクしていますので、中の見せたくないものを隠せて素敵ですよね。

実はテレビ台は、100均のアイテムを使ってDIYすることもできます。下記の関連記事がありますので、ぜひ参考にしてみましょう。

Small thumb shutterstock 191517686
関連記事 テレビ台を手作りDIY!100均グッズを使った自作テレビボードの作り方

リビングの雰囲気やサイズがぴったりと合うテレビ台、既製品だとなかなか見

テレビ台リメイク・活用方法②カラーボックスを積み上げてテレビ台が完成

テレビ台をDIYしたりリメイクするなら、カラーボックスを積み上げるという活用方法もあります。カラーボックスには、いろいろなサイズのものがありますが、たいてい3段になっているものが多いかと思います。そのカラーボックスを積み上げて固定すれば、立派なテレビ台として活用することができます。

カラーボックスを積み上げて固定するのは全然難しいことではありません。積み上げたつなぎ目をビスで止めておけば簡単です。誰でもできる簡単リメイクですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

テレビ台リメイク・活用方法③カラーボックスを横に使って大型テレビも

テレビ台をDIYしたりリメイクするなら、カラーボックスを横長する活用方法もおすすめです。人によって家にあるテレビのサイズは違いますが、カラーボックスをリメイクしてテレビ台として使用するなら、縦型よりも横型の方が安定感がありますよね。

また、お部屋に家具を配置する際は、縦長に配置するよりも、背を低くして配置してあげる方がお部屋が広く見えるとも言われています。ですので、カラーボックスをテレビ台としてDIYするなら、ぜひ横長に活用してリメイクしてみましょう。

【机DIY】カラーボックスの改造リメイク・活用方法3選

机リメイク・活用方法①カラーボックスの上にボードを置いて机に

カラーボックスを改造すれば、机にリメイクできるんですよ。カラーボックスと言えば、収納に大活躍するアイテムの1つで大人気のアイテムですが、ひと手間加えてDIYするだけで机として使用することができます。

写真は、カラーボックスの上にボードを置いて机にリメイクしたものです。ボードがあれば、子供ならその上でおもちゃで遊んだりできるので、とても重宝します。おもちゃはボードの下のカラーボックスに収納すれば良いので、とても便利ですよね。

机リメイク・活用方法②カラーボックスの上に天板を置いて机に改造

カラーボックスを使って机をDIYしたりリメイクしたりするなら、天板を使ってリメイクするという活用方法があります。カラーボックスを使えば簡単に机に改造することもできますが、天板を使う場合は、2個のカラーボックスを使用します。

写真のように、両端にカラーボックスを置いて、その上に木の天板を置いて固定するだけです。それだけで素敵な机をして生まれ変わることができます。初心者でも簡単にできるリメイク方法なので、ぜひチャレンジしてみましょう。

机リメイク・活用方法③カラーボックスを3つ以上使えばL字の机にDIY

先ほどは2つのカラーボックスを使用しましたが、3個以上のカラーボックスを使用すれば、写真のようにL字型の机にリメイクすることができます。これもカラーボックスの上に天板を置けば完成です。L字型ならより広く机として使うことができますので、とてもおすすめです。

【本棚DIY】カラーボックスの改造リメイク・活用方法3選

本棚リメイク・活用方法①カラーボックスは本棚として大活躍

カラーボックスの一般的な使い方は、やはり本棚ですよね。本棚を家具屋さんで購入すると、とても高価なのでなかなか手が出ない人もいると思います。そんな時はカラーボックスを活用すれば簡単です。本棚としての収納量がたっぷり取れますので、ぜひ活用してみましょう。

本棚リメイク・活用方法②カラーボックスと収納ケースでDIYして本棚に

カラーボックスを本棚としてリメイク・DIYするなら、収納ケースを使って本棚にするという活用方法があります。収納ケースを使うと見せたくないものを収納できるとお伝えしましたが、あまり人に見せたくない本や書類を収納ケースに入れてカラーボックスに収納リメイクすれば、とても役立ちます。

本棚リメイク・活用方法③高さ調節のカラーボックスで本の収納もすっきり

カラボックスを使って本棚にリメイクしたりDIYしたりするなら、高さ調節ができるようにリメイクすると活用方法も広がります。カラーボックスの中には、高さが調節できないものもあります。ですので、穴をあけて中板の高さを調節できるようにリメイクすれば、高さのある本の収納もできちゃいます。

本棚を自分で作りたいなら、下記の関連記事もぜひ参考にしてみましょう。100均のアイテムを使って本棚を自作できるアイデアが満載です。

Small thumb shutterstock 162582707
関連記事 【100均】本棚の自作アイデア11選!手作り・作り方も!ダイソー/セリア

本棚って買うしかないって思ってませんか?実は100均の材料で手作りの本

【キッチンDIY】カラーボックスの改造リメイク・活用方法3選

キッチンリメイク・活用方法①パントリーは白黒収納でかっこよくリメイク

カラーボックスはどんな場所でも活用できますが、やはりキッチンでも活用している人がたくさんいるようです。写真のように、白や黒のモノトーンで揃えると、とてもかっこいいキッチンスペースになりますよね。

また、カラーボックスの中には、ごみ箱を入れたり収納ケースの中を食品庫として活用したりと、いろんなことに使うことができるので、カラーボックスはキッチンリメイクに最適です。

キッチンリメイク・活用方法②リビング側収納もカラーボックスでDIY

キッチンでカラーボックスを使ってリメイクしたりDIYをするなら、キッチンカウンターのダイニング側スペースに活用するのもおすすめです。活用方法は様々ありますが、カウンターの下にカラーボックスを置くことで、収納量がぐんと多くなります。

カウンター裏をリメイクして収納スペースになれば、カラーボックスの中に食器を入れたり、ランチョンマットなどを入れたりすることができるので、食事の際もさっと取り出すことができてとても便利ですよ。

キッチンリメイク・活用方法③カラーボックスで収納付きダイニングに

キッチンでカラーボックスを使ってリメイクしたりDIYをするなら、カラーボックスをダイニングテーブルにしてしまうという活用方法はどうでしょうか。カラーボックスを並べて、その上に天板をおくだけで机になりますよね。

また、カラーボックスは収納として活用できますので、一石二鳥です。DIYをするにしても、カラーボックスを並べて天板を置くだけという簡単な方法なので、チャレンジしがいがありますよね。

【リメイクシートDIY】カラーボックスの改造リメイク・活用方法3選

活用方法①セリアのリメイクシートでおしゃれなウッドスタイルにリメイク

カラーボックスをリメイクするなら、やはりリメイクシートが手っ取り早いですよね。写真はセリアのリメイクシートです。オールドウッドのデザインがとてもおしゃれですよね。このようなデザインがあるだけで、お部屋がぐんとかっこよくなります。おすすめの100均リメイクシートについては、以下記事もどうぞ。

Small thumb shutterstock 601046063
関連記事 100均のリメイクシート9選!ダイソー・セリア別!壁紙の種類・サイズも

100均のリメイクシートはとっても大人気です。ダイソーやセリア、キャン

活用方法②カラーボックスをタイル調のリメイクシートでかっこよく

カラーボックスをリメイクシートでリメイクするなら、タイル調のリメイクシートを使っても素敵です。タイル調のリメイクシートなら、ガラッと雰囲気を変えることもできますので、キッチンや洗面、トイレなどの水回りで使う際にも重宝しますよ。

活用方法③レンガ調のリメイクシートで洋風のカラーボックスに変身

カラーボックスをリメイクシートでアレンジするなら、レンガ調もおすすめです。お部屋の中にレンガのデザインを取り込みたくても、取り込み方が難しいですよね。そんな時こそリメイクシートを使えば簡単にリメイクすることができますので、ぜひ活用してみましょう。

カラーボックスで作るおしゃれインテリア

一人暮らしの部屋ならロフト下を活用しておしゃれインテリアに

カラーボックスを使えば、おしゃれなインテリアを簡単に作ることができます。1人暮らしのお部屋は収納量も少なく、お部屋も狭いことが多いので、あまり家具を置くことができませんよね。そんな時こそカラーボックスが重宝します。

特にロフト付きのお部屋なら、階段下にカラーボックスを置けば、デッドスペースがたちまちたくさんの収納スペースに変身しちゃいます。これならいろんなものを収納することができるので、とてもおすすめです。

ホワイトのカラーボックスで揃えて統一感のある清潔インテリア

カラーボックスのイメージと言えばやはり白色でしょうか。お部屋を広く見せたいときや清潔感を出したいときなどは、白いカラーボックスがおすすめです。また、お部屋のイメージに合わせて白い家具で統一すれば、清潔感や統一感のあるインテリアになります。

カラーボックスは結構お手頃な価格なものが多いのですが、写真のようにお部屋のインテリアを白で統一すると、とても高級感がありますよね。

おもちゃ収納や子供部屋はカラーボックスに決まり!

カラーボックスのキュートなカーテンをつければ子供部屋も一気におしゃれに

カラーボックスは子供部屋やおもちゃの収納に大活躍するアイテムです。子供部屋で学校の教科書などの本を収納する際には、ぜひカラーボックスがおすすめです。もし見せたくないものなどがあれば、写真のようにお気に入りのキュートなカーテンをつければ、一気におしゃれになりますよ。

カラーボックスは子供のクローゼット代わりに最適

カラーボックスは、おもちゃや本を収納するだけが活用方法ではありません。クローゼット代わりにもなります。写真のように、カラーボックスの中につっぱり棒を取り付ければ、子供の洋服をつるしてクローゼットにできるんですよ。帽子などの小物の収納にも最適ですね。

カラーボックスをリメイクして素敵なお部屋を作ろう

いかがでしたか?カラーボックスのリメイク方法は無限大にありますよね。また、カラーボックスを使ってDIYをするのも、全然難しくはありません。並べたり、上に天板を置いたりと簡単なものばかりです。あなたもカラーボックスを使ってぜひ、素敵なお部屋を作ってみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。