INDEX

高知の日本酒の特徴・選び方は?

高知の日本酒の特徴:甘口よりも辛口が主流

高知県は幕末の偉人坂本龍馬や、鰹の名産地としてのイメージを持たれている方が多いかもしれません。しかし、高知県は地酒の銘柄が豊富で、昔から数多くの日本酒を作っている土地なんです。古くから高知人は酒飲みが多いことで知られており、また気候も大変温暖な地域です。

高知の日本酒は温暖な地域性を活かした醸造法が特徴です。また辛口の日本酒は、有名どころだと新潟や富山などの北陸地域が代表的ですが、高知も古くから辛口の日本酒を主流として作っています。主な銘柄は酔鯨、司牡丹、丹亀泉などが有名です。

高知の日本酒の選び方:地方によって選ぶが吉

高知は県内に18の酒蔵が存在します。まず高知の日本酒を選ぶ際におすすめなのは高知県内のエリアから選ぶ事です。空港がある東部エリア、県の中心となる中部エリア、四万十川が流れる西部エリアです。この3つのエリアにばらける酒蔵から好みのものを選びましょう。

特にさかんに地酒づくりが行われているのが東部エリアです。県内の半分の酒蔵がここに密集しています。ここは全国的に人気のある銘柄が揃っているので、まず初心者の方におすすめなエリアです。中部エリアは司牡丹や酔鯨を製造する多規模な酒蔵が存在し、観光と併せて日本酒を楽しめます。

全国的にも有名な四万十川が流れる西部エリアは、この四万十川の伏流水を使用したコクのある地酒が特徴的です。またこのエリアは古くから豊かな水を使用した日本酒造りが盛んに行われてきた伝統的な地域となっています。

高知の日本酒・地酒|銘柄ランキング12位~10位

高知の日本酒・地酒|銘柄ランキング第12位:安芸虎

高知の日本酒・地酒おすすめランキング第12位の銘柄は、「安芸虎」です。こちらの日本酒は辛口でキレの良さが特徴的な地酒です。しかし、そのキレの良さの中にもフルーティな味わいと香りの良さが感じられます。

安芸虎(あきとら)
価格帯 1250円~2500円
蔵元 有光酒造
飲みやすさ ☆☆☆★★

高知の日本酒・地酒|銘柄ランキング第11位:司牡丹(土佐の超辛口)

高知の日本酒・地酒おすすめランキング第11位の銘柄は、「司牡丹」です。こちらは「土佐の超辛口」というキャッチフレーズで全国的にも有名な地酒です。古くから製造されており、あの坂本龍馬も愛したとされています。淡麗辛口ながらも呑みこんだ後も口の中に余韻が残り後引く純米酒です。

司牡丹(つかさぼたん)
価格帯 1500円~3000円
蔵元 司牡丹酒造
飲みやすさ ☆☆☆★★

高知の日本酒・地酒|銘柄ランキング第10位:桂月

高知の日本酒・地酒おすすめランキング第10位の銘柄は、「桂月」です。こちらは土佐酒造が製造している地酒となります。辛口ですが、味が濃い目なのが特徴の日本酒です。高知の名物である鰹をはじめとした魚介類のおともに大変ぴったりなお酒となっています。

桂月(けいげつ)
価格帯 500円~3000円
蔵元 土佐酒造
飲みやすさ ☆☆☆★★

高知の日本酒・地酒|銘柄ランキング9位~7位

高知の日本酒・地酒|銘柄ランキング第9位:土佐鶴

高知の日本酒・地酒おすすめランキング第9位の銘柄は、「土佐鶴」です。高知県東部エリアにある県内最大級の土佐鶴酒造で製造されているこちらの地酒は、酒ぐらの近くにある清流から汲み上げる室の良い水によって仕込まれた全国的にも良質な日本酒です。

華やかで豊かな香りを持ち、てんぷらやお刺身だけでなく、洋食にもぴったりな地酒です。高知のお酒らしく辛口だと言われていますが、そんなにドライさを感じさせないので普段甘口の日本酒が好きな方でもたのしんでいただけますよ。

土佐鶴(とさづる)
価格帯 1000円~5000円
蔵元 土佐鶴酒造
飲みやすさ ☆☆☆★★

高知の日本酒・地酒|銘柄ランキング第8位:船中八策

高知の日本酒・地酒おすすめランキング第8位の銘柄は、「船中八策」です。名酒「司牡丹」でも使用する湧水と多くの日本酒で使用される山田錦を原料とした超辛口の日本酒です。珍しい銘柄名は坂本龍馬が明治維新の大綱として造った草案に基づいており、味わいも高知の鰹にピッタリななんともご当地感あふれる地酒。

こちらの「船中八策」は淡麗辛口とされていますが、その中にも旨みがあり、かなりバランスのとれた地酒です。食中酒としておすすめしたい高知を代表する地酒です。

船中八策(せんちゅうはっさく)
価格帯 669円~3000円
蔵元 司牡丹酒造
飲みやすさ ☆☆☆★★

高知の日本酒・地酒|銘柄ランキング第7位:文佳人

高知の日本酒・地酒おすすめランキング第7位の銘柄は、「文佳人」です。酒蔵で、無ろ過。しかも少量しか仕込まないという製造法を徹底しているこちらの地酒。希少なお酒だと言っても良いでしょう。セメダイン・果実系の香りが特徴的です。濃い目の味なので赤味の魚や揚げ物にまで相性のいい地酒です。

最近流行している、微炭酸なスパークリング系の日本酒もこちらの銘柄からは販売されており、珍しいのでお土産としても人気のある日本酒銘柄です。

文佳人(ぶんかじん)
価格帯 1400円~2500円
蔵元 アリサワ酒造
飲みやすさ ☆☆★★★

高知の日本酒・地酒|銘柄ランキング6位~4位

高知の日本酒・地酒|銘柄ランキング第6位:美丈夫

高知の日本酒・地酒おすすめランキング第6位の銘柄は、「美丈夫」です。こちらは高知県の浜川酒造という酒蔵で製造、販売されています。さっぱりとした味わいとすっきりした飲み心地から、食事のおともだけでなく、そのまま飲む事もおすすめな日本酒となっています。

都内ではあまりお見かけする事の出来ない希少性のある日本酒なので、日本酒通の方のお土産には「司牡丹や」「酔鯨」のように高知県を代表する地酒よりも、この「美丈夫」のようにあまり全国に流通してない日本酒を選ぶといいかもしれませんね!

美丈夫(びじょうぶ)
価格帯 1188円~7000円
蔵元 浜川酒造
飲みやすさ ☆☆★★★

高知の日本酒・地酒|銘柄ランキング第5位:南

高知の日本酒・地酒おすすめランキング第5位の銘柄は、「南」です。土佐の安芸地方というエリアで作られているこちらの地酒は、地元では「玉の井」という銘柄で古くから親しまれています。この「南」という銘柄は東京向けのブランドなんですね。60%以上精米の特定名称酒で、小規模な製造を行っています。

爽やかな香りとわずかに感じられる塩気は、冷酒としてぴったりであり、思わず飲み過ぎてしまう日本酒dえす。小規模製造で、希少性が高いので見つけた際や高知に立ち寄った際は是非ゲットしておきたい日本酒ですよ。

南(みなみ)
価格帯 1225円~9336円
蔵元 南酒造
飲みやすさ ☆☆★★★

高知の日本酒・地酒|銘柄ランキング第4位:酔鯨

高知の日本酒・地酒おすすめランキング第4位の銘柄は、「酔鯨」です。幕末の土佐藩主「山内容堂」にちなんでつけられたこちらの地酒は、上質な伏流水と高品質なお米を使用した伝統的な地酒です。お土産にも最高です。程よく感じる酸味と柑橘を彷彿とさせるフルーティーな香りで人気が高いです。

今までご紹介してきた地酒もそうですが、古くから酒飲みの多い高知県はお酒を食事と一緒に楽しむ文化があります。なので高知県のお酒は食中酒であることが前提となっているんですね。こちらの「酔鯨」も食中酒にぴったりなお酒です。魚介系はもいろん、キリっとした飲み口なのでこってりめな料理にもあいますよ。



酔鯨(すいげい)
価格帯 1134円~16200円
蔵元 酔鯨酒造
飲みやすさ ☆☆★★★

高知の日本酒・地酒|銘柄ランキング3位~1位

高知の日本酒・地酒|銘柄ランキング第3位:久礼

高知の日本酒・地酒おすすめランキング第12位の銘柄は、「久礼」です。こちらは1781年創業の歴史ある「西岡酒造店」によって製造販売されています。仕込み水は全国的にも有名な四万十川の地下湧水。地元の良質な水によって作られる名酒です。こちらの「久礼」は少量生産の限定酒シリーズ。

つまり見つけたら即買い!な地酒なのです。日本酒らしい香りと奥の深いコク。独特な酸味が特徴的な地酒です。ほのかにガス感が感じられるので苦味と甘みが共存しているのも特筆すべき点ですね。口に含むとまず感じるのは苦味。その後甘みが口いっぱいに広がり、最後はガス感のある渋みを残す珍しいお酒です。

つまりは、うまみと苦みが共存するため人によっては好き嫌いが分かれそうですが、高知の特産物にぴったり合いますし、何といってもランキング第3位に入る程ですから、その人気の具合は伺えるかと思います。また、開封してから日数が経つと甘みが強調されるなんていう口コミも見受けられました。

久礼(くれ)
価格帯 1242円~4311円
蔵元 西岡酒造
飲みやすさ ☆★★★★

高知の日本酒・地酒|銘柄ランキング第2位:土佐しらぎく

高知の日本酒・地酒おすすめランキング第2位の銘柄は、「土佐しらぎく」です。土佐の日本酒らしい爽やかで清涼感溢れる飲み口は、食中酒として多くの人々を楽しませてきました。仕込み水は四国山脈の伏流水を使用しており、ジューシーな果実感を楽しめます。

また、こちらの地酒は全国でも初めて海洋深層水を仕込み水に使用したとしても有名であり、全国の日本酒の草分け的な存在でもある名酒です。お米は山田錦を使用しており、山田錦特有のしっかりとした旨みが閉じ込められた淡麗辛口の地酒です。

高知の地酒は、いい意味でも悪い意味でも日本酒らしい、辛口の太さのあるものが多いですが、こちらの「土佐しらぎく」は辛口ながらも繊細な味わいが感じられると人気があります。飲み飽きることがないので、長年に渡って多くの酒好きを魅了する地酒です。

土佐しらぎく(とさしらぎく)
価格帯 1269円~6000円
蔵元 仙頭酒造
飲みやすさ ☆★★★★

高知の日本酒・地酒|銘柄ランキング第1位:亀泉

高知の日本酒・地酒おすすめランキング第1位の銘柄は、「亀泉」です。幕末の偉人坂本竜馬も愛したとされるこちらの銘柄は古くから高知の人々に愛される地酒です。湧水を仕込み水に使用しており、干ばつでもかれることがなかったことから万年の泉だとされこの名前が付けられました。

また、こちらの銘柄は高知県産の酒米を積極的に使用しており、「土佐錦」「吟の夢」「風鳴子」などを使っています。「メロンジュースだ」と表現する人もいるほどフルーティーさが際立つ香りであり、しかしながらもその甘みの強い香りに反するキレの良い辛口加減が人気の秘密です。

口コミでも、その果物のような甘みのある香りを特徴として挙げる人が多いのですが、甘だれしない酸味や爽やかさがついつい呑み進めてしまうと評判でした。また、瓶を開封してから時間が経てばたつほど甘味が増し、同時にまろやかさも増えてくるとのことです。お土産にもぴったりの一品です。

亀泉(かめいずみ)
価格帯 1404円~7020円
蔵元 亀泉酒造
飲みやすさ ★★★★★

高知の日本酒を変える場所3選!お土産にも

高知の日本酒|お土産店・居酒屋①:酔鯨酒造酒蔵

高知で日本酒を変えるお土産店・酒屋1つ目は、「酔鯨酒造株式会社」です。まず最初にご紹介するのはランキングにも入っていた「酔鯨」を製造販売している、「酔鯨酒造株式会社」です。こちらは会社に直売所が併設されています。

ベロベロになってしまうのではというくらいに、たくさん試飲させて下さるので自分が本当に気に行った日本酒を選んで購入することができます。たくさんの種類が並ぶ酒屋さんやお土産屋さんもいいですが、やはり直売所だと知識に詳しい人も多いですし、種類もたくさんありますから観光の際はいいですよね。

酔鯨酒造株式会社
住所 高知県高知市長浜566-1
営業時間 10時~17時(日曜・祝日休業)

高知の日本酒|お土産店・居酒屋②:司牡丹酒造

高知で日本酒を変えるお土産店・酒屋2つ目は、「司牡丹酒造」ですこちらは全国的にも有名で高い人気を誇る銘柄、「司牡丹」の製造販売をしている場所です。酒蔵を見学できるようになっていますが、日にちやアポが事前に必要の可能性がありますので、要注意です。

司牡丹酒造は、なんと慶長8年の創業だと言われているくらいの老舗酒蔵。建物自体もかなり貴重な昔ながらの造りとなっています。高知出身の総理大臣吉田茂も司牡丹の大ファンだったそうで、写真が飾ってあったりします。売店が併設されており、この酒蔵限定の「司牡丹しぼりたて」も販売されているのでお土産にいいですよ。

司牡丹酒造
住所 高知県高岡郡佐川町甲1299
営業時間 9時30分~13時 13時45分~16時30分(月曜定休日)

高知の日本酒|お土産店・居酒屋③:高木酒造

高知で日本酒を変えるお土産店・酒屋3つ目は、「高木酒造」です。高知の酒蔵はあまり観光や見学を前提としていないものが多く、事前に蔵への連絡が必要だったりするのですが、こちらの高木酒造さんは事前予約すれば必ず見学させてもらえます。

パネルが用意されているなど、しっかりと日本酒の酒蔵を見学できますよ!また、しぼりたてを試飲させて下さる時もあるそうです。遭遇できたらラッキーですね!もちろん酒蔵見学の後は高木酒造さんで作られている日本酒をお土産用に購入することも可能です。また、高木酒造がある赤岡は有名な浮世絵師の街でもあるんですよ。

高木酒造
住所 高知県香南市赤岡町443
営業時間 8時~17時(土日定休)

高知で日本酒・地酒を飲める居酒屋3選!

高知で日本酒を飲める居酒屋①:蔵の和Barフクワウチ

高知で日本酒・地酒を飲める居酒屋1つ目は「蔵の和Barフクワウチ」です。高知に旅行にいったのなら、素敵なお店で地酒を飲みたいですよね!まず最初にご紹介するのは「蔵の和Barフクワウチ」です。こちらはレトロで素敵な空間で高知の地酒を堪能できる素敵なBarです。

日本酒だけでなく、国産にこだわった洋酒やお酒が楽しめます。普段はなかなかお目にかかる事が出来ないお酒にも出会えますよ。雰囲気が抜群なので、是非デートに使いたい一軒ですね。

蔵の和Barフクワウチ
住所 高知県高知市はりやま町アルコ1階
営業時間 19時~1時(金・土は2時まで)(火曜日定休)

高知で日本酒を飲める居酒屋②:一本釣り

高知で日本酒・地酒を飲める居酒屋1つ目は「一本釣り」です。高知に訪れたのなら美味しい地酒と鰹のたたきを食べたいところですよね!この居酒屋さんは地元に根付いた古くからある居酒屋なんです。庶民的な雰囲気と優しい店員さんに常連さん、おいしいお酒とお料理に心温まること間違いなしです。

一本釣り
住所 高知県高知市帯屋町1-5-5サンシャイン藤本ビル2階
営業時間 17時~23時15分

高知で日本酒を飲める居酒屋③:土佐酒バル

高知で日本酒・地酒を飲める居酒屋3つ目は「土佐酒バル」です。こちらは高知の地酒が勢ぞろいした居酒屋なので、高知に観光に訪れた際はぜひとも立ち寄りたい居酒屋の一つとなっています。マスターは高知の地酒を知り尽くしているお方なので、日本酒初心者の方でも安心して訪れる事ができますよ!

土佐酒バル
住所 高知県高知市追手筋1-9-5
営業時間 18時~23時59分(月曜定休日)

豊富な銘柄と良質な日本酒が楽しめる高知!

いかがでしたか?高知は古くから酒好きの人が多く、四万十川の良質な水も豊富なため日本酒造りがさかんに行われてきた土地です。今でも多くの酒蔵でおいしい日本酒造りがされていますから、酒好きのかたは是非一度訪れてみてくださいね。以下の記事では北海道の日本酒についてまとめてます。併せてご覧になってみてください

Small thub shutterstock 524398663
関連記事 北海道の日本酒・地酒12選!銘柄ランキング!おすすめの居酒屋は?お土産にも

北海道はその気候を活かして美味しい日本酒をたくさん作っています。今回は

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。