INDEX

長野の日本酒の特徴・選び方は?

長野の日本酒の特徴:甘口辛口ともに濃厚な銘柄が多い!

長野の日本酒の特徴は、とにかく濃厚で芳醇な香りのものが多いということです。ただ濃厚なだけでなく、後味がさっぱりしていたり淡麗のものが多いので、最後まで飽きることなく楽しむことができますよ。

長野の日本酒の選び方:人気の銘柄から攻めるのもアリ!

日本酒の銘柄はたくさんあって、どれから飲んだらいいか迷いますよね。長野の日本酒を選ぶ際は、人気のものから選んでみるのもアリですよ。やはり人気のものには、理由もあるので飲みやすいものに当たる確率が高くなるのでおすすめです。

長野の日本酒・地酒|銘柄ランキング15位〜13位

長野の日本酒・地酒|ランキング第15位:北安大國(ほくあんだいこく)

長野の日本酒・地酒おすすめランキング第15位の銘柄は、「北安大國(ほくあんだいこく)」です。黒部ダムの玄関口である、長野県大町市に蔵を構える「北安醸造株式会社」が製造・販売している銘柄の日本酒です。創業は大正12年で、安曇野のお米を主に使った酒造りをしている会社でもあります。

「北安大國(ほくあんだいこく)」は、南国フルーツであるパイナップルのようなジューシーでフルーティーな香りが花を突き抜ける日本酒です。ですが、そんな甘い匂いとは裏腹に、口当たりは軽く、甘口ですがクドすぎないので意外とすっきりとしています。

【北安大國(ほくあんだいこく)の基本情報】
価格帯 2592円〜4158円
蔵元 北安醸造株式会社
飲みやすさ ★★★☆☆

長野の日本酒・地酒|ランキング第14位:澤の花(さわのはな)

長野の日本酒・地酒おすすめランキング第14位の銘柄は、「澤の花(さわのはな)」です。長野県佐久市に蔵を構える「伴野酒造株式会社」が製造している銘柄の日本酒です。創業は明治時代である1901年で、「一盃が“旨い”、二盃が“心地良い” 清らかな酒」をコンセプトに酒造りを行っています。

「澤の花(さわのはな)」は、そんなコンセプト通りの清らかな味わいのお酒です。飲んだ瞬間にスッと口に入ってくるので、非常に軽やかな口当たりですが、お米の甘みや日本酒独自の酸味もきちんと味わうことができるバランスの取れた銘柄です。食中酒だけでなく、よく冷やして食前酒にもおすすめですよ。

【澤の花(さわのはな)の基本情報】
価格帯 1080円〜3780円
蔵元 伴野酒造株式会社
飲みやすさ ★★★☆☆

長野の日本酒・地酒|ランキング第13位:鼎(かなえ)

長野の日本酒・地酒おすすめランキング第13位の銘柄は、「鼎(かなえ)」です。長野県上田市に蔵を構える「信州銘醸株式会社」が製造している銘柄の日本酒です。信州の地にて伝統ある4つの蔵が、昭和33年に一つになって出来上がった会社です。昔ながらの手法で酒造りを行っている会社でもあります。

「鼎(かなえ)」は、「信州銘醸株式会社」のホームページや雑誌にも紹介されていない、知る人ぞ知る銘柄のお酒です。メロンのような芳醇な香りに、コクが深い味わいの「鼎(かなえ)」は一度飲んだら病みつきになること間違いなしの逸品です。日本酒好きの方に、お土産としてチョイスしても喜ばれますよ。

【鼎(かなえ)の基本情報】
価格帯 1490円〜3377円
蔵元 信州銘醸株式会社
飲みやすさ ★★★☆☆

長野の日本酒・地酒|銘柄ランキング12位〜10位

長野の日本酒・地酒|ランキング第12位:十九(じゅうく)

長野の日本酒・地酒おすすめランキング第12位の銘柄は、「十九(じゅうく)」です。長野県長野市に蔵を構える「株式会社尾澤酒造場」が製造している銘柄の日本酒です。江戸時代である1820年頃に創業し、地元向けに日本酒を製造している会社です。実は全国にある酒蔵の中で最も小さい規模でもあります。

「十九(じゅうく)」は、日本では二十歳で一人前と言いますが、「日本酒造りではまだまだ一人前ではない」という謙虚な思いから「十九(じゅうく)」と名付けられた銘柄です。辛口で、酸味が特徴のお酒です。刺激的ではありますが、それがたまらないというファンも多い銘柄でもあります。

【十九(じゅうく)の基本情報】
価格帯 1100円〜51624円
蔵元 株式会社尾澤酒造場
飲みやすさ ★★★☆☆

長野の日本酒・地酒|ランキング第11位:九郎右衛門(くろうえもん)

長野の日本酒・地酒おすすめランキング第11位の銘柄は、「九郎右衛門(くろうえもん)」です。長野県木曽郡木祖村に蔵を構える「株式会社湯川酒造店」が製造している日本酒です。標高936メートルのところに蔵があるので、「日本で最も星に近い酒蔵」とも言われています。創業は1650年です。

「九郎右衛門(くろうえもん)」は、「造り手の感性とともに、記憶に残る酒を」をモットーに造られた日本酒です。まるで桃を食べているかのようなジューシーさは、女性にも好評で人気があります。お米の旨味がしっかりしており、お酒単独で飲んでも飲みごたえを感じられる逸品です。

【九郎右衛門(くろうえもんの基本情報】
価格帯 1350円〜8640円
蔵元 株式会社湯川酒造店
飲みやすさ ★★★☆☆

長野の日本酒・地酒|ランキング第10位:美寿々(みすず)

長野の日本酒・地酒おすすめランキング第10位の銘柄は、「美寿々(みすず)」です。長野県塩尻市に蔵を構える「美寿々酒造株式会社」が製造している銘柄の日本酒です。明治26年に創業し、小さな蔵ではありますが品質を非常に大事にしながら日々酒造りを行っている会社でもあります。

「美寿々(みすず)」は、奈良井川水系である軟水を酒造りに使用しているので、非常になめらかな口当たりをしているのが特徴です。濃厚な味わいで、非常にどっしりとしており飲みごたえは抜群です。まるでブドウのようなみずみずしい香りがした後に、力強い旨味がやってきます。

【美寿々(みすず)の基本情報】
価格帯 1954円〜3240円
蔵元 美寿々酒造株式会社
飲みやすさ ★★★★☆

長野の日本酒・地酒|銘柄ランキング9位〜7位

長野の日本酒・地酒|ランキング第9位:佐久乃花(さくのはな)

長野の日本酒・地酒おすすめランキング第9位の銘柄は、「佐久乃花(さくのはな)」です。長野県佐久市に蔵を構える「佐久の花酒造株式会社」が製造している銘柄の日本酒です。明治時代である1892年に創業し、「爽やかさを感じられるお酒」をコンセプトにお酒作りを行っている会社です。

「佐久乃花(さくのはな)」は、市場になかなか出回らない非常にレアな銘柄でもありますが、信州を代表するお酒としてもよく知られています。みずみずしさの中にも、お米の味がしっかりとしているのが特徴なので、和食や肉料理との相性がかなりいいです。

【佐久乃花(さくのはな)の基本情報】
価格帯 1440円〜5400円
蔵元 佐久の花酒造株式会社
飲みやすさ ★★★★☆

長野の日本酒・地酒|ランキング第8位:黒澤(くろさわ)

長野の日本酒・地酒おすすめランキング第8位の銘柄は、「黒澤(くろさわ)」です。長野県南佐久郡佐久穂町に蔵を構える「黒澤酒造株式会社」が製造している銘柄の日本酒です。1858年に創業し、八ヶ岳と千曲川の雄大な自然環境の恩恵を生かした酒造りをしている会社です。また、海外各国にも輸出しています。

「黒澤(くろさわ)」は、信州で生産されたお米を100パーセントしており、ふっくらとしたお米の味を感じることができます。クリアな飲み口なので、最後まで飽きることなく楽しむことができます。また、開栓してから1日目・2日目と味わいや香りが変化していくので、飲み比べてみるのもおすすめです。

【黒澤(くろさわ)の基本情報】
価格帯 1188円〜10800円
蔵元 黒澤酒造株式会社
飲みやすさ ★★★★☆

長野の日本酒・地酒|ランキング第7位:明鏡止水(めいきょうしすい)

長野の日本酒・地酒おすすめランキング第7位の銘柄は、「明鏡止水(めいきょうしすい)」です。長野県佐久市に蔵を構える「大澤酒造株式会社」が製造している銘柄の日本酒です。1689年に創業し歴史のある会社でもあります。今では現存しないのですが、280年前の日本最古のお酒が保存されていた事としても有名です。

「明鏡止水(めいきょうしすい)」は、1989年に誕生した銘柄で、名前の通り飲み口は非常にクリアで澄み切っています。お米の味とフルーティーな香りがふわっと駆け抜けていきます。軽やかな口当たりですので、夏に冷やして飲んでも美味しくいただく事ができますよ。

【明鏡止水(めいきょうしすい)の基本情報】
価格帯 1166円〜12960円
蔵元 大澤酒造株式会社
飲みやすさ ★★★★☆

長野の日本酒・地酒|銘柄ランキング6位〜4位

長野の日本酒・地酒|ランキング第6位:御湖鶴(みこつる)



長野の日本酒・地酒おすすめランキング第6位の銘柄は、「御湖鶴(みこつる)」です。長野県諏訪郡下諏訪町に蔵を構える「菱友醸造株式会社」が製造している銘柄の日本酒です。1912年に創業し、数々の品評会にて賞を受賞してきた歴史ある蔵でもあります。

「御湖鶴(みこつる)」は、日本酒の世界では「雑味」とも表現される「酸味」にあえて着目し、基調とした銘柄のお酒でもあります。さらっとした飲み口で、まろやかな酸味なのであっさりとしています。残念な事に昨年倒産してしまったので、見かけたらその時に是非飲んで欲しい銘柄でもあります。

【御湖鶴(みこつる)の基本情報】
価格帯 1,944円〜10800円
蔵元 菱友醸造株式会社
飲みやすさ ★★★★☆

長野の日本酒・地酒|ランキング第5位:和田龍登水(わだりゅうとすい)

長野の日本酒・地酒おすすめランキング第5位の銘柄は、「和田龍登水(わだりゅうとすい)」です。長野県上田市に蔵を構える「和田龍酒造株式会社」が製造している銘柄の日本酒です。明治20年に創業し、「個性ある味わいのお酒」を目指してお酒作りをしている会社です。

「和田龍登水(わだりゅうとすい)」は、香りが非常に豊かなお酒で、口に含むとまるでパッと花が咲くように香りが弾けます。クセが少ないながらも、ピリッと辛口で喉元を熱くしてくれます。また酸味もあるので、濃い味付けのおつまみや料理と一緒に飲むと一層美味しくいただく事ができます。

【和田龍登水(わだりゅうとすい)の基本情報】
価格帯 1512円〜3456円
蔵元 和田龍酒造株式会社
飲みやすさ ★★★★☆

長野の日本酒・地酒|ランキング第4位:大信州(だいしんしゅう)

長野の日本酒・地酒おすすめランキング第4位の銘柄は、「大信州(だいしんしゅう)」です。北アルプスなどに囲まれる、自然豊かな長野県松本市に蔵を構える「大信州酒造株式会社」が製造している銘柄の日本酒です。明治21年に創業し、手造りに強いこだわりを持って製造している会社でもあります。

「大信州(だいしんしゅう)」は、長野県産のお米を100パーセント使用したお酒で、辛口でありながらも口当たりが柔らかい銘柄です。りんごのようなフレッシュな香りとお米の旨味のバランスは非常に良く、冷たく冷やすとワインのように洋食との相性も良くなりますよ。

【大信州(だいしんしゅう)の基本情報】
価格帯 1620円〜10800円
蔵元 大信州酒造株式会社
飲みやすさ ★★★★★

長野の日本酒・地酒|銘柄ランキング3位〜1位

長野の日本酒・地酒|ランキング第3位:信州亀齢(きれい)

長野の日本酒・地酒おすすめランキング第3位の銘柄は、「信州亀齢(きれい)」です。長野県上田市に蔵を構える「岡崎酒造株式会社」が製造している銘柄の日本酒です。真田家のお膝元でもある上田市にて1665年に創業し、信州の自然を余す事なく生かした伝統的な酒造りをしています。

「信州亀齢(きれい)」は、すっきりとした飲み心地が特徴のお酒で、脂っこい料理や肉料理との相性がいいのが特徴です。口に含むと、ほのかな炭酸も感じる事ができシュワシュワと口いっぱいに香りや旨味が広がっていきます。

【信州亀齢(きれい)の基本情報】
価格帯 1434円〜7658円
蔵元 岡崎酒造株式会社
飲みやすさ ★★★★★

長野の日本酒・地酒|ランキング第2位:ソガペールエフィス

長野の日本酒・地酒おすすめランキング第2位の銘柄は、「ソガペールエフィス」です。長野県上高井郡小布施町にあるワイナリー「小布施ワイナリー」が製造している銘柄の日本酒です。1942年にワインの製造を始め、現在ではワイン造りが終わった冬限定で日本酒を製造するようにもなりました。

そんなワイナリーが手がける日本酒「ソガペールエフィス」は、長野県産の「美山錦」を使用し、とろりとしたテクスチャーが特徴のお酒です。甘酸っぱくジューシーな味わいで、シャンパンのようなおしゃれな見た目のラベルは、女性の方にも人気です。意外とお寿司なんかとも相性がいいですよ。

【ソガペールエフィスの基本情報】
価格帯 2700円〜7560円
蔵元 小布施ワイナリー
飲みやすさ ★★★★★

長野の日本酒・地酒|ランキング第1位:川中島幻舞(かわなかじまげんぶ)

長野の日本酒・地酒おすすめランキング第1位の銘柄は、「川中島幻舞(かわなかじまげんぶ)」です。長野県長野市に蔵を構える「株式会社酒千蔵野」が製造している銘柄の日本酒です。創業はなんと1540年にまで遡ります。長野県では、最も古い歴史を持つ酒蔵でもあります。

「川中島幻舞(かわなかじまげんぶ)」は、全国新酒鑑評会での金賞受賞をはじめ、数々の受賞歴がある銘柄でもあります。洋梨のようなフルーティーの香りで、完熟したフルーツ感のある味わいをしています。甘口ですが、キレが良くスイスイと飲めてしまうお酒でもあります。

【川中島幻舞(かわなかじまげんぶ)の基本情報】
価格帯 1162円〜10800円
蔵元 株式会社酒千蔵野
飲みやすさ ★★★★★

長野の日本酒を買える場所3選!お土産にも

長野の日本酒|お土産店・酒屋①:はとや

長野で日本酒を買えるお土産店・酒屋1つ目は、「はとや」です。きき酒師・焼酎アドバイザーが選ぶ銘酒がずらりと並ぶ酒屋さんです。長野の地酒をお土産として買うならここ!と口を揃えて言われるほど品揃えがいいです。お気に入りがきっと見つかるはずですよ。

【はとやの基本情報】
住所 長野県長野市高田643-2
営業時間 9時〜19時半

長野の日本酒|お土産店・酒屋②:地酒屋「宮島」

長野で日本酒を買えるお土産店・酒屋2つ目は、地酒屋「宮島」です。地元と地酒をこよなく愛する酒屋さんで、こだわりの美味しい地酒を取り扱っています。のどかな土地にある酒屋さんとは考えられないほどの種類を置いています。お土産を購入される際は、是非知識豊かな店長さんに聞きながら選ぶのがおすすめです。

【地酒屋「宮島」の基本情報】
住所 長野県上田市真田町 長 5913-1
営業時間 9時〜19時

長野の日本酒|お土産店・酒屋③:酒舗清水屋

長野で日本酒を買えるお土産店・酒屋3つ目は、「酒舗清水屋」です。「信念のある本物の酒」を自らセレクトして取り扱っている酒屋さんです。人気のお酒だけでなく、レアなお酒や普段見かけないお酒も置いていたりするので、お土産にもぴったりですよ。

【酒舗清水屋の基本情報】
住所 長野県南佐久郡小海町大字小海4285
営業時間 9時半〜19時

長野で日本酒・地酒を飲める居酒屋3選!

長野で日本酒を飲める居酒屋①:くつかけダイニング

長野で日本酒・地酒を飲める居酒屋1つ目は、「くつかけダイニング」です。趣溢れる古民家の中には、モダンなダイニングが広がるお店です。地元・長野の食材を使ったメニューに加え、地酒も豊富に取り揃えているお店です。

【くつかけダイニングの基本情報】
住所 長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉3294-1
営業時間 17時〜21時半

長野で日本酒を飲める居酒屋②:そば介

長野で日本酒・地酒を飲める居酒屋2つ目は、「そば介」です。長野といえば「信州そば」ですよね。「そば介」では、そんな地元グルメであるお蕎麦と一緒に地酒を楽しむ事ができます。お店に入った瞬間からお蕎麦のいい香りがしてきて食欲がそそられますよ。

【そば介の基本情報】
住所 長野県諏訪市諏訪1-2-3
営業時間 17時〜22時半

長野で日本酒を飲める居酒屋③:旬菜茶々や

長野で日本酒・地酒を飲める居酒屋3つ目は、「旬菜茶々や」です。昔ながらの畳を使用した店内は入るとほっとする気になります。新鮮な魚介類と蔵元直送の長野の地酒を一緒に楽しむ事ができる居酒屋さんです。

【旬菜茶々やの基本情報】
住所 長野県長野市青木島町大塚976-4
営業時間 17時〜22時

長野の地酒は甘口も辛口もレベルが高い!

長野の日本酒・地酒15選、いかがだったでしょうか。今回はランキング形式で銘柄をご紹介しました。自然豊かな長野で作られる日本酒は、どれも非常にレベルが高いです。お土産として購入可能な酒屋さんや、飲んで楽しめるお店などもご紹介したので、是非参考にしてみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。