Large thumb shutterstock 572508526

自分に似合う口紅の選び方は?おすすめの商品イエローベース/ブルーベース

更新:2019.06.21

女性の印象を左右する大切なポイントである口紅ですが「自分に似合う色はどれだろう?」と悩むことってありますよね。ここでは、そんな人のために肌色から見た口紅の選び方についてまとめていきます!おすすめの商品や色についても記載していますので、是非参考にしてみてください。

自分に似合う口紅の選び方って?

肌の色がイエローベースかブルーベースかによる選び方が基本

肌や顔をより美しく、華やかに見せるためには、口紅の選び方も大切なポイントになります。自分に合った口紅の選び方として「肌の色」に着目するのもポイントの1つです。肌には、大きく分けて「イエローベース」と「ブルーベース」の2種類があり、ベースとなる肌の色味によって、相性の良い口紅の色は異なるのです!

イエローベースとブルーベースの見極め方については、様々な方法がありますが、一般的に「手を反らした時の手首から透けて見える血管の色」で判定する方法が取られることが多いです。血管の色が緑色に見える場合はイエローベース、青色に見える場合はブルーベースの可能性がそれぞれ高いといわれています。

ベースとなっている肌の色は、一生涯変わることがないといわれており、日焼けをしてもベースとなっている色味が変化することはありません。そのため、一度ベースカラーを知れば、今後の化粧品選びにも大いに役に立つのです。「自分はどっちなんだろう?」思ったら、コスメカウンターなどに相談してみてくださいね!

好みや色の選び方でイエローベースとブルーベースがわかる!

イエローベースとブルーベースの判定方法は、実際に肌を見て判断する方法だけでなく、自分の好みから判断する方法もあるのです。例えば、普段身に着けているアクセサリーでも「シルバーとゴールドのどちらが似合うと感じるか」という点で判断することができます。

他にも、洋服の色味やヘアカラーなど、普段何気なく選んでいる物からも自分の肌がどちらのベースカラーなのかを判断することができますよ!因みに、アクセサリーはシルバーがしっくり来る場合はブルーベース、ゴールドが似合うと思う場合はイエローベースである可能性が高いのです。

自分がどちらのベースカラーなのか悩んだら、一度自分のクローゼットなどから、普段自分が身に着けている洋服やアクセサリーなどのカラーがどのように偏っているかを調べてみるのも良いかもしれませんね!

肌色や似合う化粧品の選び方のポイントはカラー診断でも判断可能!

また、自分の肌に合った色を選ぶ時の有名な方法として「パーソナルカラー診断」というものがあります。専門家によって具体的な診断方法は異なりますが、一般的に顔の近くに様々な色の布を当てて、その人の顔が一番明るく、華やかに見える色をチェックする方法です。

「パーソナルカラー診断」は、デパートの化粧品コーナーや美容室などでも行っていることが多く、スタイリングや普段のコーデに困ったら、是非試してみてください。

そもそもイエローベースとブルーベースとは何か?

温かさがあり華やかなスタイルが似合うイエローベース

イエローベースはその名前の通り「黄味かかった色の肌」のことをいいます。クリーム系の肌をしており、日焼けをした時に小麦色になりやすいという面もあります。ヘアカラーは濃い色味よりも、ブラウン系の方がマッチしやすいのが特徴です。服装はベージュやキャメルなどの暖かい色の方が似合うと感じることが多いのです。

イエローベースの人の多くは、中間色に近いオークル系・ベージュ系の色味のものがマッチしやすいといわれており、特にベージュ系は明るめのファンデーションを付けた時に目立ってしまう黄味かかった色をおさえて、ナチュラルな印象を与えることができます。

また、イエローベースの人の唇はピーチ色やサーモンピンクなどの明るい色味をしているため、オレンジ色やコーラルピンクなどの鮮やかな色の口紅と組み合わせると肌なじみも良く、元気な印象を与えることもできます!

クールでシンプルなスタイルが似合うブルーベース

イエローベースに対して、ブルーベースは「青味かかった白色やピンク系の色などをした肌の色」のことをいいます。日焼けすると、小麦色になりやすいイエローベースとは異なり、ブルーベースは赤くなりやすいという特徴があります。ヘアカラーは黒やグレー系などの落ち着いた色が似合うと感じやすいともいわれています。

ブルーベースの人の多くは、ピンク系のファンデーションとの相性が良く、ピンクベージュやピンクオークルなどをチョイスすると、本来の肌色を生かすことができますよ。

また、口紅を選ぶ際にも、ブルーベースの人はもともと唇がローズ系の色ではっきりとしているため、ピンクベージュ系や落ち着いたトーンの色味を使うと、派手すぎないシャープで落ち着いた印象を与えることができますよ!

イエローベースに似合う口紅の色と商品6選

イエローベースに似合う口紅・リップの色と商品①|アスタリフトフラロッソ

アスタリフトフラロッソは、フジフィルムから販売されている化粧品ブランドであり、そのなかでも「ティラバーチリップステック」という口紅・リップはイエローベースの人の肌を明るく、魅力的に演出してくれる色味が豊富に揃っています。

「ティラバーチリップスティック」の色味のなかでも、特に「RD02レッド02」や「OR01オレンジ01」などの色はイエローベースの肌色に似合うことが多いため、おすすめです。保湿成分も配合されており、唇のうるおいを保ちながらおしゃれを楽しむことができますよ!

イエローベースに似合う口紅・リップの色と商品②|Dr.ハウシュカ

Dr.ハウシュカは、南ドイツにて製造されているコスメ・ケア商品ブランドであり、バイオダナミック農法という特徴的な農業方法で生産された上質な素材が魅力です。そんなDr.ハウシュカのリップスティックは、鮮やかな発色と自然なツヤが印象的であり、乾燥から唇を守りながら、唇の美しさを引き立てることができます!

なかでもDr.ハウシュカのリップスティックは、18種類という豊富な色味が魅力であり、イエローベースとブルーベースのどちらの肌色にも似合う色が多いのも特徴です。イエローベースの場合は特に「18ファイアーリリー」や「10ダリア」などの色がおすすめです!

イエローベースに似合う口紅・リップの色と商品③|コフレドール

コフレドールは、カネボウ化粧品から販売されている有名な化粧品ブランドの1つです。ゴールドや黒などの様々な色から、女性達の演出したい印象・イメージに合わせたスタイルと豊富なラインナップが魅力的です。

なかでも「プレミアムステイルージュ」は色・うるおい高密着処方が施されており、乾燥しがちな唇にもしっかりのるため、縦ジワが目立たず、ムラになりにくいのです!こちらも色が豊富であり、イエローベース・ブルーベースそれぞれに似合う色も揃っています。

イエローベースの場合「OR-115オレンジ」や「PK-302ピーチピンク」などの色を使うと、顔色が明るく、元気なイメージを演出することができますよ!

イエローベースに似合う口紅・リップの色と商品④|CHICCA

CHICCA(キッカ)はカネボウ化粧品から販売されている化粧品ブランドの1つであり、なかでも「メスメリックグロスオン」は、鮮やかな発色と自然な仕上がりが特徴的であり、口紅の選び方で悩んでいる女性の唇を、より魅力的に演出することができます。

「メスメリックグロスオン」のカラー一覧を見てみると、一見ベージュ系の色が多く、扱いが難しいのではと思う人も多いかもしれません。しかし、イエローベースの肌色には、赤みの入ったベージュやピンクベージュなどの色味を使うことによって優しげな印象を与えることができるため、まさに良く似合う色なのです。

イエローベースの人が「メスメリックグロスオン」を使う際には「14ポピーパピー」や「18シュリンプカクテル」などの色が派手になりすぎないため、おすすめですよ!

イエローベースに似合う口紅・リップの色と商品⑤|セザンヌ

セザンヌといえば、高品質・低価格が魅力的なプチプラコスメの代表格です。気軽におしゃれを楽しみたいという人にはぴったりのコスメ・スキンケア商品ブランドでもあります。低価格ではありますが、コストパフォーマンスはピカイチであり、他の口紅・リップに負けない発色の良さとバリエーションがあります。

ここでご紹介するのは、そんなセザンヌのリップメイク商品の1つである「ラスティングリップカラー」です。イエローベースの選び方のポイントとして、一見派手に見える色の口紅・リップでも浮きにくく、朱赤などの色とは相性ピッタリな場合が多いです。そのため「501番」や「402番」などの濃い目の色がおすすめです。

イエローベースに似合う口紅・リップの色と商品⑥|ルージュアリュール

イエローベースの肌色の人に是非おすすめしたい口紅・リップの1つとして、CHANEL(シャネル)の「ルージュアリュール」があります。色に深みがあり、ふっくらとした唇に仕上げてくれるうえ、色が細かく分かれているというイエローベースの肌色の方には嬉しい魅力があります!

オフィスシーンならば「90パンパント」「179ルミナス」などの落ち着いた色を使うと、肌なじみが良いため、元気で活気のある印象を与えることができます。また、パーティや女子会ならば「96エクサントリック」「182ヴィブランテ」などのオレンジ系の色でおしゃれに決めるのも良いですね!

イエローベースに似合う色には元気で明るい印象を受ける色が多いですが、ここでご紹介したものの他にも、イエローベースに似合う色や化粧方法があるのです!関連記事では自分に似合う化粧方法を探しているイエローベースの人に是非見て欲しい情報を掲載しておりますので、是非チェックしてみてくださいね!

イエローベースに似合わない口紅の色は?

ブルー系・パープル系は血色が悪く見えることも!

全体的に黄味かかっており、健康的な印象を受けるイエローベースは、青みがかった色の口紅・リップを使う際には注意が必要です!ブルー系やパープル系の口紅・リップは、ミステリアスで妖艶なイメージがあることから人気が高い傾向にあります。

しかし、イエローベースの肌色の場合、ブルー系やパープル系の色は血色が悪く見えたり、口紅の色が浮いて見えてしまったりする場合もあります。そのため、イエローベースの口紅の選び方として「レッド・オレンジ系やベージュ系の暖色」を基準にした選び方にする方が自分に似合う口紅を選びやすいことがあります。

暖色の口紅でも原色に近い色は浮くこともある!

基本的に暖色系の口紅が良く似合うイエローベースですが、オレンジ系のなかでもビビットな色味については、もともとの唇の色によっては浮いてしまう場合もあるのです。イエローベースのなかでも唇が赤みを帯びている場合は、コーラルオレンジなどの明るめの色がおすすめです。

ブルーベースに似合う口紅の色と商品6選

ブルーベースに似合う口紅・リップの色と商品①|オペラリップティント

ブルーベースの肌色をより華やかに演出したいという時には、imju(イミュ)から販売されている「オペラリップティント」がおすすめです。レッド系から赤みのあるピンク色まで豊富なカラーがありますが、なかでも「06ピンクレッド」や「05コーラルピンク」などは色白の肌から浮きにくく、良く似合う場合が多いです。

ブルーベースに似合う口紅・リップの色と商品②|アディクトリップグロウ

ファッションやコスメ商品などといった、女性のあらゆるおしゃれを支えてくれるブランドであるDior(ディオール)の口紅・リップもブルーベースの肌色の人には良く似合う場合が多いです。

なかでも「ディオールアディクトリップグロウ」は「007ラズベリー」や「005ライラック」などといったブルーベースの肌色にぴったりのピンク系の色が多く、オフィスやパーティーなどのシーンに合わせて使い分けるのも良いでしょう。オンラインブティック限定の色もあるため、是非チェックしてみてください!

ブルーベースに似合う口紅・リップの色と商品③|ステイルージュ

ブルーベースの肌色は、色が白色~ピンク系の色をしていることが多く、少し暗めのトーンでも洗練された雰囲気を演出することができるのです。そんなブルーベースの肌色の人にはコフレドールから販売されている「ステイルージュ」が良く似合う場合が多いです。

「ステイルージュ」は、他の口紅・リップと比べるとブルーベースに良く似合う色が多く、ローズ系やベージュ系などの普段使いとしてもぴったりです。水溶性コラーゲンも配合しているため、唇にも優しい口紅・リップです。

ブルーベースに似合う口紅・リップの色と商品④|ペリペラインクモイスト

Peripera(ペリペラ)とは、韓国の人気化粧品ブランドであり、発色の良さと様々なスタイルのリップメイクが楽しめるのが魅力の口紅・リップです。ガラスのような透明感と光沢があり、自分に似合う口紅の選び方で迷う女性達の唇を、より美しく引き立たせてくれます。

そんなPripera(プリペラ)のリップメイク商品のなかでも「ペリスインクモイスト」は、鮮やかな色を楽しむだけでなく、トントンと塗広げてグラデーションを楽しむこともできます!1号~5号までの5種類があり、ブルーベースの肌色の人には、派手すぎないピンク系の色の2号と4号が良く似合う場合が多いです。

ブルーベースに似合う口紅・リップの色と商品⑤|SUQQU

SUQQU(スック)とは、コスメ商品そのものの「旬」をコンセプトとしている化粧品ブランドであり、取り扱っている口紅・リップの色はどれも四季そのものを表現したような色味・ネーミングが特徴的です。白く、色が映えるブルーベースの肌色に似合う色が多いため、おすすめです!

ここでご紹介するのは、SUQQU(スック)のリップメイク商品のなかでも「エクストラグロウリップ」です。ブルーベースの選び方のポイントとして、明るすぎる色では派手になりやすいため「09宵果実」や「10映華」などをはじめとする落ち着いたトーンの色を使うと、より上品で知的な印象を与えることができますよ。

ブルーベースに似合う口紅・リップの色と商品⑥|ルージュルージュ

ブルーベースの肌色に似合う口紅・リップの1つに有名なコスメ・スキンケア商品ブランドである資生堂から販売されている「ルージュルージュ」があります。肌にフィットする塗ごこちと発色が白い肌にも良く似合います。なかでも「Bloodstone」などの暗めのピンク色はブルーベースの肌に持って来いの口紅です。

ブルーベースに似合う口紅についてまとめてきましたが、この他にもブルーベースだからこそ良さを引き立たせることができる色や方法があるのです!関連記事では化粧方法にお悩みのブルーベースの人が知っておいて損はない情報についてまとめていますので、是非ご覧ください!

ブルーベースに似合わない口紅の色は?

オレンジ系・イエロー系は肌がくすんで見えてしまうことも!

ブルー系やパープル系との相性が悪い傾向にあるイエローベースとは異なり、ブルーベースはオレンジやイエローなどの暖色系には注意が必要になります。もともと肌が色白の傾向が強いブルーベースではビビットな暖色系は肌がくすんで見えてしまう場合があるのです!

そのため、ブルーベースの口紅の選び方については「白さを際立たせたいならピンク・パープル系、ナチュラルに見せたいならピンクベージュ系」がポイントになります。また、少し暗めの色やくすんだ色の口紅・リップも違和感なく見えるのもポイントですよ!

レッド系は唇が浮いてみえることがある!

口紅・リップの定番色の1つでもある赤い口紅ですが、ブルーベースの人の場合、サーモンレッドや朱赤を使用すると唇だけが浮いてしまい、メイク全体のバランスが崩れてしまう場合もあります。そのため、ブルーベースの人による赤い口紅の選び方については、ローズ系や青みのかかったレッド系を選ぶと肌になじみやすいです。

口紅を塗る際の注意点・上手な塗り方は?

肌に似合う口紅の塗り方①|定番のピンク色は輪郭を意識した基本塗りで!

カラーバリエーションが豊富であり、ブルーベース・イエローベース問わず似合う人が多いピンク系の口紅・リップは、アプリケーターなどで唇の輪郭を取ってから内側を塗るとキレイに仕上げることができます。口紅が苦手な人でも使いやすいカラーであるため、使い慣れておいて損はない口紅のカラーです。

肌に似合う口紅の塗り方②|オレンジ色は重ね塗りが似合う!

イエローベースに良く似合う色であり、大人な印象を与える色でもあるオレンジ系は、口紅を塗る際にアプリケーターをしごいて、余分な口紅を落としながら塗り重ねると、より垢抜けたような演出することができ、アウトドアやカジュアル向きのスタイルになります。

肌に似合う口紅の塗り方③|ナチュラルに仕上げるなら指を使おう!

口紅はカラーだけでなく、塗り方でも印象は大きくことなるのです!そのため、自分に似合う口紅の色が肌から浮かないようにするためにも、ナチュラルに仕上げたいですよね。口紅で口元をナチュラルに仕上げるポイントは「指を使ってなじませること」です。口紅を塗った後の輪郭を指でなじませるだけで、ラフに仕上がります。

口紅の似合う色別おすすめのメイクは?

イエローベースは暖色で血色を与えよう!

イエローベースの肌色は、全体的に赤みが少ないという特徴があり、暖色系の口紅やメイクなどで血色を良くみせることがポイントとなります。ベースメイクはベージュ系・オークル系など、ナチュラルな色を使うことによって、首元などの他の部分の肌との違いが目立たなくなります。

また、イエローベースのアイメイクについては、瞳の色に合わせたブラウン系の色を使えば、色が浮かずにナチュラルな目元を演出することができますよ!

ブルーベースは寒色・無彩色でクールに決めよう!

ブルーベースはイエローベースのように暖色系の色を使ってしまうと、全体的に浮いてしまう場合があります。青みがあり、色白の傾向が強いブルーベースは、ピンクオークルなどのピンク系のファンデーションや化粧下地を使うことで血色が良く見えます。

また、ブルーベースのアイメイクについては寒色や無彩色が良く似合うことが多く、知的でミステリアスに演出したい場合はパープル系やブルー系、落ち着いた印象にしたい場合はグレー系などを選びましょう!

自分の肌の特徴を生かしておしゃれを楽しもう!

いかがでしたでしょうか?イエローベースとブルーベースでは似合う口紅・リップの色や選び方に違いがあり、それぞれの肌色特徴を生かすことによって様々な印象を与えることができるのです!オフィススタイルやパーティースタイルなど…あらゆるスタイルに合わせて、自分だけのおしゃれを楽しみましょう!

ここまで肌色ごとのリップメイクについてまとめてきましたが、メイク初心者や「キレイにメイクしたいけど、どうも上手にできない…」という方もいるかもしれませんね。そんな方のために、関連記事ではメイク初心者のための基本をまとめていますので、こちらも是非ご覧ください!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。