INDEX

パートの特徴は?|アルバイトとの違い

パート・パートタイマーの特徴

パート

まず、一般的に使われる「パート」、所謂パートタイマーについてご説明します。パートは、英語の「part time」(パートタイム)の略です。つまりパートタイマー=パートです。「part time」は「full time」の対義語です。勤務時間がフルタイムではなく、一部の短時間であるということです。

「パートタイム職員」として、主婦を中心に雇用されたことがきっかけで、一部の短時間で労働する主婦を「パート」と呼ぶようになりました。つまりパートは、一般的に「平日の日中の時間帯に勤務する主婦」という認識で呼ばれています。さらに、アルバイトより出入りが少ないパートは、長期雇用されることが多くあります。

パート・パートタイマーとアルバイトの違い

違い

「パート」「パートタイマー」とは何かご説明しましたが、次は「アルバイト」の違いについてご説明します。パートとアルバイトは、「どのような人が働くか」というところに違いがあります。一般的には、「パート」「パートタイマー」は主婦を指し、「アルバイト」はフリーターや学生を指しているのです。

学生やフリーターは進学や就職などの事情によって、入れ替わりが多くありますが、パートタイマーは「辞めなければいけない事情」が少ないため、企業側としては長期に渡って勤務してくれるという期待があります。企業によっては「長期」か「短期」かというところも、パートタイマーとアルバイトに違いが生じています。

長期に渡っての勤務が期待されるパートタイマーは、シフト制の職場でもシフトを固定されることが多くあります。それだけ、人材として重宝されているとも言えます。時給が上がったり、ある程度固定の収入が得られるのは良いことですが、「自由がきく」と思って入社したのに、あまり自由がきかないという声もあります。

パート・パートタイマーと正社員が同格扱い

仕事

学業が本業の「アルバイト」と違い、限りなく本業として勤務してくれる「パート」「パートタイマー」は、企業側としてもとてもありがたい存在です。そのため「パートは社員より勤務時間が短いだけ」と捉えている企業もあるようです。正社員ではなくても、正社員と同等で責任ある仕事を任せ、大きな信頼を寄せられます。

少し前までは、主婦が働くのが難しい時代でしたが、今は主婦でも大いに歓迎される世の中です。どういった仕事で稼げるのか、下の記事をぜひ参考にしてみてください。主婦が稼げる仕事ランキングを掲載していますよ。

Small thub shutterstock 166600271
関連記事 女性必見!稼げる仕事ランキング13選|主婦・妊婦でも高収入の職業は?

今の時代女性でも稼げる時代となっています。そこで、今回は女性でも稼げる

アルバイトの特徴は?|バイトとの違い

アルバイトの特徴

学生

続いて、「アルバイト」の特徴をご説明します。「アルバイト」は「仕事」という意味のドイツ語「albeit」からきている言葉です。日本では明治時代から使われている言葉で、「学業の片手間で行う仕事」という意味で使われ、広がったとされています。意外と長く日本で使われている言葉なのです。

つまり「アルバイト」とは、学業が本業の学生が学校のない時間や休日に働くことを指しています。今は学生だけではなく、フリーターが働くことも「アルバイト」と呼んでいます。企業側も、忙しい時間帯の夜や、深夜、土日祝日や大型連休などの繁忙期に人手を確保するために募集することが多いです。

もちろん、「長期アルバイト」として雇用し、正社員同等の仕事を任せる企業もあります。今では、社員登用できるアルバイトの募集も多く見かけますよね。実際、学生のアルバイトを正社員にスカウトするという企業も多くあります。アルバイトのうちに一通りの仕事を覚えるて、そのまま就職するというのも良い方法と言えます。

アルバイトとバイトの違い

バイト

「アルバイト」の他に、「バイト」という言葉もよく耳にしますが、「アルバイト」と「バイト」に違いはあるのでしょうか?実は、違いはありません。「バイト」は「アルバイト」の略称なので意味も全く同じで違いはありません。面接のときや、上司と話すときには「バイト」と言うよりは「アルバイト」と言うのが適切です。

学生にとって「アルバイト」は出会いの場だったりもします。筆者も学生時代、バイト先で恋人を見つけたことが度々ありました。出会えるバイトランキングを参考に、バイト探しをするのもアリではないでしょうか。

Small thub shutterstock 540638545
関連記事 出会えるバイトランキング!大学生に人気・おすすめのTOP10

出会えるバイトランキングをご存知ですか?大学生に人気のある、おすすめの

パート・アルバイトの人は社会保険に加入できるの?

パート・アルバイトの労働者としての定義

パート

ここまで「パート・パートタイマー」と「アルバイト」の違いをご説明しましたが、法律上「パート」も「アルバイト」も違いはありません。「パートタイム労働者」として「パートタイム労働法」に定義されています。

Q web

パートタイム労働法(「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」)の対象である「短時間労働者(パートタイム労働者)」は、「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」とされています。

引用元:http://www.mhlw.go.jp/topics/2007/06/tp0605-1e.html

「通常の労働者」とは正社員のことを指しますので、正社員より短い時間を勤務する労働者はパートでもアルバイトでも「パートタイム労働者」であるのです。労働することは、賃金をもらうことです。おススメのバイトも紹介していますので、下の記事も参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 411809797
関連記事 お金が欲しい時に考えるべきこと・やるべきことは?|おすすめバイト8選!

生きているとさまざまな場面でお金が欲しいという状況に遭遇するものです。

パート・アルバイトの社会保険

社会保険

「パート」や「アルバイト」は社会保険に加入できるのかご説明します。結論から言うと、「パート」も「アルバイト」も条件を満たせば社会保険に加入できます。条件は下記の通りです。

社会保険に加入できる条件
  • ・週の労働時間が20時間以上
  • ・賃金が月8.8万円(年106万円)以上
  • ・1年以上の勤務が見込まれる
  • ・学生ではない(定時制や夜間、通信制などの場合は可能)

この条件にプラスして、従業員数が501人以上の会社であること、または従業員数500人以下でも社会保険への加入が会社側と同意できているという条件を満たせば、「パート」でも「アルバイト」でも社会保険に加入できるのです。詳しくは、政府が公開している社会保険加入条件に関するページをご参照ください。

「パート」も「アルバイト」も「パートタイム労働者」は、「正社員」より労働時間が短い労働者です。それでも労働者であることは変わりないので、社会保険や有給休暇、扶養控除の条件も同じです。ただ、労働期間が短い場合に社会保険に加入しようとすると手続きに時間がかかってしまうため加入しないのが一般的です。

派遣社員や契約社員も社会保険に加入できる

派遣

ここまで「パート」「アルバイト」の社会保険加入についてご説明しましたが、「派遣社員」や「契約社員」は社会保険に加入できるかご存知ですか?「派遣社員」や「契約社員」も「パート」「アルバイト」と同じ「非正規雇用」に分類されます。

つまり「パートタイム労働者」として「パートタイム労働法」が適応されるので、「派遣社員」や「契約社員」も社会保険に加入できるのです。もちろん有給休暇の取得もできます。企業によって条件が異なりますので、雇用契約を結ぶ際に確認しましょう。

パート・アルバイト希望の人が履歴書に書くべき内容やポイント①



パート・アルバイト希望の履歴書に書くべき内容

面接

次は、いざ「パート」「アルバイト」の応募をしようとしたときに役立つ、履歴書に書くべき内容をご説明します。履歴書を書くときに、ぜひ参考にしてください。まずは、名前、住所、連絡先といった個人情報を記入しましょう。これはもう当然書くべき内容ですね。

次に、学歴と職歴を記入します。ここは一番重要視されるポイントです。大袈裟かもしれませんが、自分の人生を相手に伝えるようなものです。小学校の卒業から現在に至るまで、書けるだけのことは書きましょう。職歴は、時系列だけではなく、どのような会社でどのような仕事をしていたかも記入します。

そして、持っている資格、志望動機、自己PR、趣味・特技、通勤時間と手段、同居家族の有無を記入します。志望動機が頭を抱えるポイントになる人も多いですが、自分の興味や経験が生かせると思った理由を書くのが良いでしょう。通勤時間と手段は、企業側には交通費の発生など重要項目になるので忘れずに記入しましょう。

履歴書を書くときのポイント①「字は丁寧に」

字

続いて、履歴書を書くポイントをご紹介します。まず1つ目のポイントは「字は丁寧に」です。パソコンで作成する人も増えていますが、手書きで履歴書を書く人もまだまだ多くいますよね。履歴書は他人が見るものです。適当に書いた字では企業側に良い印象を与えません。たとえ汚くても丁寧に書くことを心がけましょう。

履歴書を書くときのポイント②「学歴・職歴は細かく丁寧に」

仕事

2つ目の履歴書を書くときのポイントは「学歴・職歴は細かく丁寧に」です。学校名や会社名は正式名称をしっかり丁寧に書きましょう。高校名を書くときは「○○高校」ではなく「○○高等学校」と書きます。たとえば県立の高校の場合は、「○○県立○○高等学校○○科」と書きましょう。

短大や大学を書くときは、「○○大学○○学部○○学科○○コース」と学部・学科・専攻まで細かく書きましょう。職歴を書くときは、「(株)」のように略さず、「株式会社○○」「○○株式会社」と記入します。会社の職種や従業員数を書き、その中で自分がどのような仕事に就いていたのかも細かく書きましょう。

履歴書を書くときのポイント③「年号を統一」

数字

履歴書を書くときのポイント3つ目は「年号の統一」です。学歴や職歴を書くときはもちろんですが、生年月日や履歴書の一番上に日付を書く欄もありますよね。すべての年号を統一しましょう。西暦で書くならすべて西暦で書き、元号を使うなら元号ですべて統一しましょう。相手側が読みにくくなってしまいます。

履歴書を書くときのポイント④「パート・アルバイトの経験も職歴に書く」

仕事

履歴書を書くときのポイント2つ目は「パート・アルバイトの経験も職歴に書く」です。正社員として就職した経験だけではなく、「パート」「アルバイト」の経験も職歴に書いて問題ありません。書く時には「株式会社○○入社(パートタイム)」というように、後ろに「パート」「アルバイト」であることを記入しましょう。

もちろんどのような仕事に就いていたかを記入することも大事です。「パート」「アルバイト」の応募をするなら、「パート」や「アルバイト」の経験は企業側も気になるポイントです。即戦力になるかどうかをアピールすることもできるので、仕事として経験したことはしっかり書きましょう。

履歴書を書くときのポイント⑤「趣味・特技で人柄を見せる」

趣味

5つ目の履歴書を書くときのポイントは「趣味・特技で人柄を見せる」です。趣味・特技の欄は、相手に自分の人柄を知らせるために書くものです。たとえば、自分で小物を作るのが好きなら、「小物づくり」と書きましょう。手先の器用さを相手に伝えることができます。器用さが必要な職種には、歓迎される趣味・特技ですよね。

「趣味・特技」に関することは、面接担当者に面接時の話題の1つとしても取り上げられます。その受け答えも、面接担当者は評価する基準として見ています。趣味や特技が特になくても、自分の好きなことを書きましょう。心配なら面接で質問されたときの答えも用意しておくとよいでしょう。

パート・アルバイト希望の人が履歴書に書くべき内容やポイント②

履歴書を書くときのポイント⑥「自己PRは積極的に」

PR

履歴書を書くときのポイント6つ目は「自己PRは積極的に」です。自分のことをアピールするってなんだか恥ずかしくて上手に書けないという人いませんか?筆者はまさにそのタイプだったのですが、自己PRは先方に対して、自分の人柄とスキルを伝えるというだと気づきました。

紙1枚の履歴書と、たった数十分の面接で、自分のことを知ってもらうのは難しいですよね。だからこそ、自己PRを積極的に書いて、多くの情報を伝えるのです。まずは、自分の経験やスキルがどれだけ仕事に役立つかを伝えることができれば成功と言えます。そして何より、自分の熱意を伝えるにも自己PRは効果的と言えます。

履歴書を書くときのポイント⑦「専業主婦もアピールポイント」

主婦

履歴書を書くときのポイント3つ目は「専業主婦もアピールポイント」です。結婚を機に退職し、そのまま専業主婦だった場合など、職歴にブランクができてしまいますよね。そういった場合は、自己PRの欄に、「〇年~現在に至るまで、主婦業に専念しておりました」と書きましょう。

「専業主婦」だって立派なアピールポイントです。例えば、調理をするような仕事なら主婦は大歓迎です。さらに「主婦はながら作業ができる」というイメージを持っている企業もあります。掃除をしながら洗濯をしたりと、主婦は毎日「ながら作業」で家事を進めますよね。

「ながら作業」は仕事場でも求められるスキルでもありますし、「効率良く仕事ができる」というアピールにもなります。専業主婦であったことをネガティブに捉える人もいますが、専業主婦であることもアピールポイントにできることを覚えておきましょう。

履歴書を書くときのポイント⑧「志望動機はうまく発展させる」

仕事

最後の履歴書を書くときのポイントは、「志望動機はうまく発展させる」です。履歴書に書く項目の中で、一番悩ませるポイントと言われるほどの「志望動機」ですが、特に「パート」「アルバイト」となるとさらに難しいですよね。ただ単純に「家から近い」という理由で選んだときのように、深い志望動機がないと尚更です。

しかし「志望動機」は、ようは「書き様」です。たとえば、「家から近い」という動機だったとしても「自宅から近いため、長期に渡り勤務できると思いました」と書けば、それなりの志望動機に見えます。単純な動機をうまく発展させるのがコツです。発展させることで、熱意が伝わると頭に入れておくと良いでしょう。

仕事の選び方は人それぞれですから、志望動機も人それぞれです。「家から近い」「楽そう」という理由や、「自分のスキルを活かせる」「過去に経験がある」など様々です。仕事の選び方も重要になってきますので、ぜひ下の記事を参考にしてください。「これ!」という仕事に出会えれば、志望動機にも自然と熱が入るでしょう。

Small thub shutterstock 507679744
関連記事 楽しい仕事ランキング15選!楽しい仕事の選び方と楽しめる人の特徴も紹介

自分にとって楽しい仕事というのは「天職」ということです。しかし、なかな

履歴書を上手に書いてより良い「パート」「アルバイト」ライフを

「パート」「アルバイト」もあくまでもお金を稼ぐ手段ですが、そこには新しい出会いもあるはずです。お金を稼ぐことだけに執着するのではなく、ぜひ自分のためになるような「新しい何か」を見つけてください!そのためには、希望した職場に採用されることが大事です。採用されるためのまず最初のポイントは履歴書です。

履歴書を書く作業は少し面倒くさいですが、ご紹介したポイントをおさえておけば、ある程度上手に書けるはずです。面倒な先にある「パート」「アルバイト」ライフにちょっと胸を弾ませながら書くのも良いかもしれません。思ってるより履歴書も良く書けるかもしれませんよ!

そして、「パート」「アルバイト」だからといって弱気にならず、社会保険にも加入しましょう!「パート」も「アルバイト」も「正社員」も同じ労働者であることを忘れないでください!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。