INDEX

コンビニで履歴書は買える?

コンビニで購入できる履歴書は主に4種類!

今では便利なお店でおなじみのコンビニ。もちろん、コンビニにも履歴書は販売しています。コンビニの強みは何といっても店舗数の多さと24時間営業です。深夜に履歴書を書き損じて用紙が足りなくなってしまった場合でも、手軽に買いに行けるのが便利ですよね。

そんな履歴書ですが、実は4種類あり、用途に合わせて購入しなくてはならないのです。でもコンビニには1~2種類しか陳列されていないような気がすると思ったあなたは鋭いです。今回は気軽に購入できるコンビニの履歴書と、履歴書の種類について解説していきます。

4種類の内訳は、JIS規格・一般用・転職&新卒用・パート&アルバイト用です。いずれも価格帯に差はそれほどありません。なので自分がどのような雇用形態で働きたいか、どういう立場での就職活動であるのかを踏まえたうえで購入しましょう。それでは、それぞれの特徴と価格について解説していきます。

履歴書の種類と値段は?【JIS規格】

まず始めに紹介するのは「JIS規格」履歴書です。自己PR欄が小さくなっており、その分学歴・職務欄が大きいです。よって、職務経歴を多く書くことができます。1つの会社で長く勤務してきた方はアピールポイントになるのでおすすめです。通常のコンビニであれば必ず販売されているほど普及された履歴書です!

コンビニでの値段は履歴書のサイズによって変動します。B5サイズだと約200円、A4サイズだと約300円で販売されています。コンビニ各社によって数円の違いはありますが、封筒付きでこのお値段なので良心的な値段といえます。

履歴書の種類と値段は?【一般用】

2つ目に紹介するのは「一般用」履歴書です。「一般用」と名前がつくだけあり、どんな人でも使用できるシンプルな構成になっています。1つ目に紹介したJIS規格のタイプよりも、自己PR欄が大きくアピール項目も多いです。その分職務経歴欄が小さいので、経歴が浅い人向けになっています。

第二新卒や、アルバイトから正社員になりたい人におすすめです。値段もJIS同様、サイズで変動します。B5サイズだと約200円、A4サイズだと約300円ほどの値段で販売されています。しかし、一般用を扱うコンビニは少ないので、もし欲しい場合は文房具屋や専門店に行った方が確実に購入できます。

履歴書の種類と値段は?【新卒&転職用】

3つ目に紹介するのは「新卒&転職用」の履歴書です。こちらは職務経歴書の用紙も同封されています。値段も約300円からの販売となります。職務経歴書は企業から企業へ転職する際に使用する書類になりますので、本格的に転職を考えている方には必要な書類です。

なので、コンビニではあまり扱っておらず、文房具屋や専門店で購入しなくてはなりません。職務経歴書には、今まで自分がやってきた仕事の経歴を詳細に書いていきます。新卒採用に向けて頑張っている就活生もこちらの履歴書を使用することはできます。職務経歴書にはアルバイトの経歴を書くとよいでしょう。

履歴書の種類と値段は?【パート・アルバイト用】

最後にご紹介するのは「パート・アルバイト用」履歴書です。こちらの特徴は希望職種・希望曜日時間欄の項目があることです。希望のシフトに印をつけて提出することができるので、面接官にも分かりやすい様式となってます。

パート・アルバイト用履歴書はコンビニに置いてあることが多いです。基本的にはサイズはB5のものしか販売されておらず、値段は約200円です。コンビニによって項目の違いや数円の値段差はありますが、比較的安く購入することができる履歴書の1つです。

コンビニで販売・購入できる履歴書を面接に使用しても良い?

もちろん面接に使用して大丈夫

コンビニで販売・購入できる履歴書は面接に使用しても大丈夫です。用途に合わせた履歴書があるということは分かったので、自身の希望する雇用形態や就職の仕方に合わせて使用しましょう。ただし、履歴書の項目によっては、規定通りに書かなくてはならない項目があったり、提出する用紙が増えたりするので注意しましょう。

正社員に応募するときは職務経歴書が必要

正社員として面接する場合は「職務経歴書」を一緒に提出する必要があります。転職の場合は、自身の今までの経歴を面接官に知らせる必要があります。選考を有利に進めるためにも、詳細に経歴をアピールしましょう。

履歴書内の【扶養家族】の書き方

履歴書には扶養家族欄があります。扶養家族がいない人は「無」に〇をつけてください。いる場合は「有」に〇をしましょう。面接官は履歴書をしっかり見て面接をします。扶養家族欄が空白であれば、面接官は応募者に「扶養している家族はいらっしゃいますか?」と逆に質問をすることになります。

面接を受けにきた立場なのに、面接官の手数をとらせてしまいます。空欄の項目はないように見直してから面接官に提出するようにしましょう。

Small thub shutterstock 552619234
関連記事 【家族構成・家族状況の書き方】履歴書に書く順番や本人・妻の職業は?

履歴書などの書類に書く家族構成や家族状況の正しい書き方って知っておきた

履歴書の【住所】の書き方



履歴書の住所は、必ず正しく記載しましょう。履歴書の中でもまず最初に面接官が見る項目です。マンション名を省いたり、町名を省略したりすることは避けましょう。それに、履歴書の住所というのは正式な書類になりますので、面接してそのまま採用になった場合はその住所を会社に申告することになります。

履歴書の住所が間違っていると、会社に迷惑がかかってしまうことが予想されます。住所が長くて住所欄に書ききれない方は、2行になっても大丈夫なのでしっかり記入してください。あらかじめ練習してから記入するとうまく書けますよ。

コンビニ以外で履歴書を購入できる場所は?

コンビニ以外で履歴書を購入できる場所は?【100円ショップ】

安くて便利な100円ショップ。もちろん履歴書は販売されています。100円だから用紙が薄いなんてこともありません。書き損じが多い人でも安く購入して予備を備蓄できます。

高コスパの100円履歴書はまさにまとめ買いにおすすめです。ただし、商品によっては付属の封筒がなかったり、写真シールが入っていなかったりする場合があります。100円ショップで一緒に買ってしまえば問題ありませんが、付属品がない場合があることは年頭に置いておきましょう。

コンビニ以外で履歴書を購入できる場所は?【文房具屋・書店】

本来、履歴書というのは専門店や文房具屋、書店のみで取り扱っていた商品でした。お店の事務用品のコーナーに行くと、豊富な種類の履歴書が陳列されています。自分に合った履歴書を見つけたいという方に断然おすすめです!各メーカーごとの履歴書を比較してみるのも楽しいですよ。

コンビニ以外で履歴書を購入できる場所は?【専門学校・大学】

実は学校にも履歴書はあります。多くの大学や専門学校、短大では学校オリジナルの履歴書が販売されています。学校名等が印刷されている履歴書になっていて、自分がどこの学生かが一目で分かるようになっています。

学校指定の履歴書は、就活生にとって書きやすい構成になっています。自己PR欄が豊富で、学生時代に学んだことをアピールしやすくなっています。また、会社が学校指定の履歴書で提出するようにと指定してくる場合もあります。

就活生の方はコンビニで購入するよりは、基本的には学校オリジナルの履歴書を購入した方がよいでしょう。学校の売店で販売されているので、購入する際は在庫を意識しながら買うようにしましょう。

すぐ履歴書を書くために準備すべきものは?

履歴書を書くために準備すべきものは【証明写真】

履歴書を完成させるために必要なもの1つ目は「証明写真」です。面接官が履歴書を受け取って、最初に見る箇所です。白黒の履歴書の中で、唯一カラーの部分ではないでしょうか。証明写真に写っている人物と、面接に来た人物が同一人物であるかを確認します。

写真屋さんに行って撮影してもらってもよいですし、街中によくある証明写真ボックスでささっと撮ってもよいです。最近ではデジカメで撮影したものをプリンターで印刷できるようにもなりました。コンビニでは証明写真サービスといって、データさえあれば証明写真を印刷してくれるサービスも展開しています。

履歴書を書くために準備すべきものは【ボールペン】

履歴書を完成させるために必要なもの2つ目は「ボールペン」です。たかがボールペン?と思った方もいると思いますが、実はボールペンひとつで履歴書の印象が変わるのです。自分が書きやすいボールペンで書くと、履歴書の文字は滑らかで、面接官が読みやすい書体になります。

何よりもお気に入りのボールペンで書くことで、気分も上がり、履歴書を書くやる気もアップしますよ!ちなみに私はずっと粗品のボールペンを使用していましたが、ある日文房具屋で購入したお高めのボールペンで履歴書を書いてみた途端、すらすらミスなく文字を書けた自分に驚きました。なので、本当におすすめです!

履歴書を書くために準備すべきものは【パソコン】

履歴書を何度も手書きで書くのは手が疲れるという思いをしたことはありませんか。ワードでデータ化して、いつでも印刷できるようにしたいという気持ち、とても分かります。印刷は文字の大きさと濃さが均一なので文字が読みやすいですし、PCに保存されたデータを管理すれば半永久的に使用できます。

実は、応募先の会社によって印刷した履歴書でもOKな場合があります。日本だと履歴書は手書きであるべきと考える方は多いですが、世界的に見ると時代遅れの考え方です。PCで入力して印刷した方が圧倒的に効率がよいので、効率の良さを求めるIT業界や、外資系の企業は手書きの履歴書ではない方が印象がよいのです。

効率が悪いと思われてしまっては選考に不利です。とはいえ、悲しいことにまだまだ日本では手書きの履歴書の方が好まれる傾向にあります。印刷した履歴書を使用する場合は、企業の社風などを見てから実行に移しましょう。

コンビニで履歴書を購入する場合はTPOに配慮すればOK!

仕事に就きたいときには、必ず用意しなければならないのが履歴書。身近にあるコンビニで調達できれば、とっても楽ちんですよね。お値段も「コンビニだから高いのかな?」と不安に思っていた方もいるはず。意外と良心的な価格で買いやすく、それに履歴書の記入にミスをしても、予備をささっと購入できるので便利です。

基本的にはパート・アルバイト希望の方であれば、コンビニに置いてある履歴書のおおよそ全てのものが対応しています。新卒採用、転職に失敗したくないというこだわりがある方は、専門店で購入した方が自分の希望に合った履歴書に出会えると思います。TPOに合わせて購入してください。

コンビニは、専門用品を扱う文房具屋などに比べて圧倒的に陳列スペースは小さいですが、今はコンビニが街にひしめき合う時代です。ここのコンビニはなかったけど、すぐ隣のコンビニには豊富に置いてあるということもあります。履歴書をコンビニで購入する場合は、色々な店舗を見比べてみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。