Large thumb shutterstock 549099997

フリンジピアス・イヤリングの作り方!革・スエードのタッセルは?

更新:2019.06.21

今DIYが好きな女子の中で人気のものといえば「フリンジ」。でも作り方はよく知らないという方も多いはず。今回は革やビーズのフリンジ(タッセル)ピアス・イヤリング、マフラーのフリンジの作り方をご紹介します。お洒落なフリンジをたくさん作って楽しみましょう!

フリンジ(タッセル)ピアス・イヤリングを手作りする時に用意するもの

アクセサリーを手作りする材料は100均か手芸店へ

アクセサリーを手作りしたいけれど、材料をどこで手に入れたらいいのかわからない人もいるでしょう。アクセサリーを手作りする材料は100均または手芸店で購入することができます。大きなホームセンターだとホビーコーナーがあって、そこで購入することができます。近くに手芸店が無い場合は100均に行ってみましょう。

手芸店に行くと、作り方のレシピや作り方が載っているテキストなども売っていますので、作り方がそもそもわからない!作り方を1から勉強したい!という方は手芸店でレシピや本を買ってみてもいいかもしれませんね。100均の手芸用品や可愛い小物の作り方については、以下記事も参照してみてくださいね。

刺繍糸

フリンジ(タッセル)の作り方は簡単!刺繍糸があれば作ることができます。欲しいフリンジの色があればその色の刺繍糸を用意しましょう。可能であれば数種類の色の刺繍糸を用意して、様々な色で作ってみると楽しいですよ!刺繍糸は100均でも売っているので、初めて作る方はまずは100均で材料を揃えてみましょう。

刺繍針

刺繍糸でフリンジ(タッセル)を作る時は刺繍針があると便利です。普通の縫い針では刺繍糸が針穴に通らないので、用意しておきましょう。こちらも100均で売っていますから刺繍糸と一緒に揃えておきましょう。また、糸を針に通すのが苦手な方は糸通しもあるといいでしょう。糸通しは私も愛用しています。

革やスエードの生地・紐

革やスエードでフリンジ(タッセル)を作りたい場合は、革やスエードの生地や紐を用意しておきましょう。手芸店やホームセンターのホビーコーナーでも取り扱っているので手に入れるのは難しくありませんよ。たくさん作りたい場合は大きな生地を買って自分で好みの大きさに切ってもいいですね。

革やスエードにも個性があったり、色や風合いが違っていたりするので気に入った革やスエードに出会えたら買っておきましょう。ピアス・イヤリング以外にもバッグのチャームなどを作っても可愛いですよね。

丸カン

刺繍糸や革・スエードをまとめてフリンジ(タッセル)を仕上げるのに使います。また、この、丸カンにピアス・イヤリングのパーツを通すので、丸カンは必需品といえるでしょう。こちらもお店によっては100均のハンドメイドコーナーに丸カンが置いてあることがありますので一度見てみましょう。

丸カンとピアス・イヤリングパーツはなるべくなら同じ色の方が統一感があり、仕上がりが綺麗です。同じ色を探して購入しましょう。もし、100均で同じ色が揃わない場合は無理に100均で揃えずに手芸店に行ってみるといいでしょう。

ピアス・イヤリングのパーツ

こちらもピアス・イヤリングを作るのには必需品。ピアスかイヤリングか、作りたいものによってパーツを選んでおきましょう。先ほども書きましたが丸カンと色を揃えておくと統一感があって綺麗です。ピアス・イヤリングパーツも100均で手に入る場合がありますので、ハンドメイドコーナーで探してみるといいですよ。

段ボールまたは厚紙(フォークなどで代用可)

作りたいフリンジの大きさに合わせて段ボールや厚紙をカットして使います。縦長の長方形にカットしておくと作りやすいです。この段ボールや厚紙に刺繍糸を巻きつけるので、割としっかりした素材の方がいいですよ。また、手元に厚紙や段ボールがない場合はフォークで代用することができます。

特に小さいフリンジ(タッセル)を作る場合ばフォークが役に立ちます。大小様々なフォークで大きさの違うフリンジ(タッセル)を作って楽しむこともできるでしょう。家に段ボールや厚紙はなくてもフォークが無い人はなかなかいないと思うので、家にあるもので作りたい方はまずはフォークを使ってみるといいですね。

ハサミ・カッター

フリンジ(タッセル)を作るためにはもちろんハサミも使います。巻きつけた刺繍糸を切る目的で使います。糸切りバサミだと使いにくいかもしれないので、普通のハサミもあるといいでしょう。また、革やスエードで作る場合は切り込みを入れるためにカッターがあると便利なので用意しておきましょう。

そのため用意しておくのはハサミ・糸切りバサミ・カッターの3点。どれもおそらく新たに買わなくても女子なら持っているであろう3点ですので特に買う必要はないと思いますが、買う場合は100均で調達できますので安心してくださいね。

ペンチ

丸カンやピアス・イヤリングパーツをつなぐ時など、細かい作業になるのでペンチがあると便利です。手作業だと爪を傷めたりしますし、ぺンチは100均でも売っていますので一緒に揃えておきましょう。できればラジオペンチなど先が細いものがあると理想的です。

流石にペンチはDIYやアクセサリー作りが趣味でないと持っていないかもしれませんね。でもペンチがあれば手持ちのアクセサリーを修理することもできますから、持っていると便利です。

ボンド

革やスエードでフリンジ(タッセル)を作る場合はボンドがあると便利です。革やスエード用のものがあるといいでしょう。こちらも手芸店やホームセンターなどで手に入りますので見てみましょう。

刺繍糸のフリンジ(タッセル)ピアス・イヤリングの作り方

作り方①刺繍糸を段ボールや厚紙に巻き付ける

まずは用意しておいた段ボールや厚紙に刺繍糸を巻き付けます。段ボールや厚紙が無い場合や、作るフリンジ(タッセル)の大きさが小さい場合などは家にあるフォークで代用することができます。巻き付ける回数ですが、特に決まりはないので作りたいフリンジ(タッセル)の太さになるまで巻いていきましょう。

ただし、作り方②で丸カンに刺繍糸の束を通しますので、丸カンを通るくらいの太さになったら巻くのをやめましょう。丸カンが無い場合は刺繍糸を輪にしてもいいので、適当な大きさの丸カンが無い場合は刺繍糸で代用するといいでしょう。

作り方②丸カンを通す

段ボールや厚紙に刺繍糸を巻き終わった作り方①を外す前に丸カンに通します。丸カンを通したら段ボールや厚紙から刺繍糸をそっと外します。刺繍糸を2本使って刺繍氏との束の上のほうを8〜10回ほどグルグル巻いて固結びをします。その後4本を合わせて刺繍針に通します。

作り方③糸の処理をする

作り方②の4本の刺繍糸を通した刺繍針を束の上の方で巻いた糸に通して引っ張り、固結びの結び目を中に入れます。この時刺繍針についている4本の刺繍糸は、下のフリンジ(タッセル)の長さに合わせて後ほど切りそろえますので今はこのままにしておいてください。

作り方④フリンジ(タッセル)部分の糸を切り揃える

作り方③の下の刺繍糸の束の真ん中より少し下あたりを刺繍糸で2回巻いて結びます。こうすると下の端を切り揃える時に綺麗に仕上がります。今巻いた糸の輪を下の端の切りたいところまで下げていきます。そして巻いてある糸のすぐ下で束を切ります。切った後、巻いた糸を下から外すとフリンジ(タッセル)の完成です。

作り方⑤フリンジ(タッセル)にピアス・イヤリングパーツを付ける

最後に、作り方④で出来たフリンジ(タッセル)の上につけておいた丸カンにピアス・イヤリングパーツを付けましょう。フリンジ(タッセル)だけでなく、丸カンの上にビーズのモチーフなどを組み合わせても可愛いですよ!また、100均アイテムで作るアクセサリーについては、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

革・スエードのフリンジ(タッセル)ピアス・イヤリングの作り方

作り方①革・スエードに切り込みを入れる

まずは作りたいフリンジ(タッセル)のサイズに合わせた大きさの革やスエード の生地を用意します。その生地の上の部分を1センチほど残して縦に切り込みを入れていきます。このとき切り込みを入れる幅によってフリンジ(タッセル)の1本1本の太さが変わるのでその違いを楽しむこともできます。

フリンジ(タッセル)の1本1本を太くするとざっくりしたフリンジ(タッセル)になりよりカジュアルな雰囲気になります。逆に1本1本を細くすると繊細なフリンジ(タッセル)になります。自分好みの太さに切り込みを入れていきましょう。

作り方②切り込みの上の部分にボンドを塗って巻いていく

作り方①で革やスエードに切り込みを入れる前にあらかじめ3ミリほどの幅の紐を1本切り出しておきましょう。革やスエードの生地に切り込みを入れ終わったら、残しておいた上の部分に革用のボンドを塗ります。この時に先ほど切り出した紐を輪にして巻き始めに置いて一緒にクルクル巻き込みます。

輪の大きさはあまり長いとかっこよくならないので、丸カンを通せるくらいの大きさの輪になるようにしてください。そうして革やスエードを巻き終わったら好みで切り込みを入れたところの境目にパーツをつけたり、革紐などを巻いても可愛いですよ。自分好みにアレンジしたらタッセル本体は完成です!

作り方③丸カンを通してピアス・イヤリングパーツを付ける

次は作り方②のタッセル本体の上の輪に丸カンを通します。この時にペンチがあると便利です。丸カンを通したらその先にピアス・イヤリングパーツを繋ぎます。パーツ同士を繋ぐ時はしっかり繋がないと輪が開いてパーツが取れてしまう恐れがありますので、しっかり留めましょう。

丸カンとタッセル本体、ピアス・イヤリングパーツと丸カンをしっかり繋げたらそれで革やスエードで作るフリンジ(タッセル)ピアスは完成です!また、丸カンとピアス・イヤリングパーツの間に好みのパーツを入れることで印象を変えることができます。色々な色やパーツを使って自分好みにアレンジして沢山作ってみましょう。

ビーズを使ったフリンジ(タッセル)ピアス・イヤリングの作り方

作り方①ピンにビーズを通したものを複数作る

まず、ビーズのフリンジ(タッセル)を何本作りたいかイメージします。イメージが浮かんだら、手芸店などで手に入るビーズ用のピンにビーズを通します。長さを同じにしなくても可愛いし、長さを揃えてもいいでしょう。長さを変えるにはピンも数種類必要になりますので、最初は同じ長さで作ってみましょう。

ピンにはTピンやIピンなど種類があり、長さも色々ありますので作りたいフリンジ(タッセル)に合わせてピンを選びましょう。ビーズもシードビーズや竹ビーズなど様々な種類や色がありますので、ビーズの種類の組み合わせや色合わせなどで全く違った印象になりますよ。その違いを楽しんで作るといいですね!

最初は簡単に作れるものからスタートしたほうがいいでしょう。材料も最初は懲りすぎず、慣れてきたら複雑なデザインに挑戦してみましょう。ビーズは細かい作業ですし、失くしてしまいやすいのでデスクの上にトレーなどを置いてその上で作業するといいですよ。

作り方②まとめてフリンジ(タッセル)にする

作り方①のビーズを通したピンを今度はまとめてフリンジ(タッセル)にしていきます。ピンの先端を丸カンのように曲げてキャップパーツなどとつなげます。キャップパーツに作ったビーズピンを1本1本繋げていきます。繋ぐ時は必ずペンチを使いましょう。

キャップパーツにビーズピンを繋ぎ終えたら、キャップパーツの上の丸カンのような輪にピアス・イヤリングパーツを繋ぎます。最後にしっかり留まっているか確認するのを忘れずに。これでビーズを使ったフリンジ(タッセル)ピアス・イヤリングの完成です!

こちらも革やスエードで作る場合と同じく、キャップパーツとピアス・イヤリングパーツの間に他のビーズパーツや異素材のパーツなどを繋いでアレンジすることができます。作り方をアレンジすることで新しい発見があったり、今までになかったデザインに出会えるかもしれませんね。

マフラーのフリンジの作り方・付け方は?

作り方①フリンジを付けたい本数分の毛糸を切る

マフラーにフリンジをつけたい場合は、フリンジを付けたい本数分毛糸を切ります。この時、後で長さを揃えられるように若干長めに切り出しておくといいでしょう。マフラーと同じ色の毛糸でもいいですし、違う色をつけてもいいでしょう。また、色をミックスして作るのもおしゃれですよ。

切り出す時は1本1本切っていると時間がかかるので、ダンボールなどにグルグル巻きつけて、片方の輪を切るようにすると早く作れます。フリンジは作り目3目〜5目おきにつけるといいでしょう。そのため、1つのフリンジに必要な本数×フリンジの全体数を計算して切り出しましょう。

作り方②フリンジを付ける

フリンジを付けるときはかぎ針を用意します。こちらも100均でかぎ針が売っているので、マフラーの編み地にあった太さを選びましょう。マフラーの編み地の端の目にかぎ針を通します。かぎ針の先に3〜5本の毛糸をかけて引き抜きましょう。このとき毛糸は2つ折りにしてその折り目にかぎ針をかけましょう。

その引き抜いた輪の中に反対側に残っている毛糸の束をかぎ針に引っ掛けて引き抜きます。かぎ針ではなく、指で引き抜くこともできます。そのあと毛糸の両端の長さをある程度合わせて、今引き抜いた毛糸の束を引っ張って引き締めます。引き締めが緩いとフリンジが安定しなかったり、解けてしまうことがあるので注意します。

次のフリンジは、隣に付けずに1、2目飛ばして付けると綺麗です。連続してフリンジを付けると編み地の端が堅くなるので気をつけてくださいね。そうして片方の編み地の端に全てのフリンジを付け終わったら、反対側の編み地の端にも同様にフリンジを付けていきます。全て付け終わったらマフラーのフリンジ付けは完了です。

手作りのフリンジ(タッセル)で楽しくDIY

いかがでしたか?フリンジ(タッセル)は作り方によってデザインや色が違うので、オリジナルのアクセサリーを作りやすいですね。人と同じものが嫌!という方は是非自分オリジナルのフリンジ(タッセル)ピアス・イヤリングを作ってみましょう。「それどこの?」と友達に聞かれたらちょっと嬉しいですよね。

DIYと聞くと日曜大工のようなイメージを持つ方もいると思いますが、こんな可愛らしいアクセサリー作りも立派なDIYの1つです。作ったピアスは今流行りのハンドメイドサイトなどで販売してもいいですね。あなたもフリンジ(タッセル)の作り方をマスターしてDIY・ハンドメイドデビューしてみませんか?

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。