INDEX

「敬語」とは?|相手を尊重する日本の習慣

「敬語」は相手を尊重する日本語の文化

敬語は、相手を尊重することから生まれた日本語の使い方の文化です。目上の人に敬意を表する場合や、目上の人を前にして自分がへりくだる場合など、さまざまな場面で日本語は変換させる必要があります。

特にビジネスの場や、フォーマルな場において、適切な敬語を使うこなすことは重要です。敬語が適切に使われているかどうかは、日本人の品位に関わる部分でもあるからです。しかしながら、その敬語をよく理解していない、うまく使うことができていない人は大勢います。

実は敬語にはあまり自信がないという方は多いのではないでしょうか。これを機に今一度、敬語にはどういった種類があって、どういったシーンで使われるのが適切であるかについて見直してみましょう。そしてビジネスの場において、言葉で失敗することがないようにしていただきたいと思います。

敬語は基本的には3種類

敬語は、基本的には尊敬語・謙譲語・丁寧語の3種類です。具体的には次項で解説しますが、自分よりも目上の人を立てるための尊敬語と、目上の人に対して自分をへりくだって表現する謙譲語、さらに上下関係は関係なくだれにでも使える、コミュニケーションにおいて失礼がないようにするための丁寧語の3種類です。

しかし、2007年からこの謙譲語と丁寧語がさらに細分化されました。謙譲語は従来の謙譲語と、丁重語に分けられます。「申す」「参る」のように、敬う相手がいないときでも自分がへりくだるような表現をして会話を丁寧にするときに使う言葉が、丁重語として分類されました。

また丁寧語は、従来の丁寧語と美化語に分けられました。美化語とは、「お料理」「ご本」のように、名詞の頭に「ご」や「お」を付けて言葉を丁寧に表現するための言葉です。しかし、5種類に分けられましたが、一般的に重要とされているのは、尊敬語・謙譲語・丁寧語の3種類と覚えましょう。

「謙譲語」とは?|謙譲語・尊敬語・丁寧語・謙遜語の違い

「謙譲語」とは?

辞書

謙譲語とは、先生や上司などの目上の人を立てるために、自分の行動をへりくだるように表現する言葉のことです。例えば、「見る」という言葉であればその謙譲語は「拝見する」となります。また「聞く」という言葉であれば、その謙譲語は「お聞きする」となります。

尊敬語は目上の人を立てるために、目上の人の行動を尊敬表現するための言葉です。そのため、尊敬語の主体は必ず目上の人であり、一方で、謙譲語の主体は必ず「私」や「私ども」となります。

この「拝見する」のように元の言葉から大きく形が変わる言葉もあれば、「お聞きする」のように「お(動詞)する」のように表現できる言葉もあります。そのため、言葉ひとつひとつについて、その謙譲語をひとつずつマスターする必要があるのが、謙譲語の難しいポイントです。

「謙譲語」が使われる場面は?

謙譲語

謙譲語が使われる場面は、職場における上司との会話、レストランにおけるお客さんとウエイターとの会話などさまざまあります。以下に職場における会話での事例と、レストランにおける会話の事例とをご紹介しましょう。

【謙譲語】上司との会話
上司「先日君にすすめたプロジェクトのための参考書はもう読んだのか?」
部下「はい、週末に時間がとれたので、拝読しました」

このように、「読む」という言葉を「拝読する」という謙譲語で表現し、上司を立てるために自分の行動をへりくだる表現にしています。

【謙譲語】ウエイターとの会話
お客さん「さっき頼んだ塩がまだ来ていないよ」
ウエイター「失礼いたしました。すぐにお持ちします」

このように、「持ってくる」という表現を「お持ちします」と謙譲語および丁寧語で表現し、お客さんのことを立てるために、自分の行動を下げて表現しています。

間違いやすい謙譲語とそれぞれの違い

違い

仕事やプライベートで謙譲語を使うシーンにおいて、間違いやすい謙譲語があります。急に使わなければいけないシーンでは、敬意を払う対象がわからなくなってしまい、相手に敬意を払うつもりが自分に敬語を使う表現になってしまうのでしょう。

また、正しいと思って使っているつもりでも実は誤っているというパターンもあります。次の表を参考に、誤った例と正しい例との違いを明確に理解し、間違いやすい謙譲語には気を付けておくといいでしょう。

間違いやすい謙譲語
×
了解しました 承知しました・かしこまりました
田中にお伝えします 田中に申し伝えます
ご苦労様です お疲れ様です
ご返信していただけますか ご返信いただけますか
どちら様ですか お名前をお聞かせいただけますか
とんでもございません どんでもないです・どんでもないことでございます

「尊敬語」とは?|謙譲語・尊敬語・丁寧語・謙遜語の違い

「尊敬語」とは?

尊敬

尊敬語は、先生や上司などの目上の人を立てるために、その相手の行動を立てて表現する種類の敬語です。例えば、「聞く」という言葉は、尊敬語では「お聞きになる」という言葉になります。また、「言う」という言葉であれば、「おっしゃる」となります。

さらに、「出る」という言葉であれば、「お出になる」「出られる」という表現となります。この「お聞きになる」のように、「お(動詞)になる」という形で尊敬語に変換できる言葉もあれば、「おっしゃる」のように言葉自体が変わってしまうものもあります。

また、「出られる」のように、動詞の後ろに尊敬の意味を持つ助詞「れる・られる」をつけることにより尊敬語とする場合もあります。そのため、謙譲語と同様にひとつひとつの言葉の変化について覚えていく必要があります。

「尊敬語」が使われる場面は?

尊敬語

尊敬語が使われる場面としては、謙譲語と同じように職場やレストランなどでよく耳にすることがあります。また、テレビのキャスターの表現などからも尊敬語はよく聞こえてきます。以下にそれぞれの場合における例文についてご紹介しましょう。

【尊敬語】上司との会話
部下「今日の午後は本社で会議ですが、部長は何時に出られますか?」
上司「今日は14時には出るよ」


【尊敬語】レストランでのウエイターとの会話
ウエイター「お肉の焼き具合は、ウェルダン・ミディアム・レアのどちらになさいますか」
お客さん「ウェルダンでお願いします」

このように、上司が会社を出発するという表現を「出られる」という尊敬語で表現していることが分かります。ビジネスの場で上司との会話においては尊敬語はよく使われる表現です。また、レストランの会話では、お客さんがどれに「するか」という表現を、敬意を表して「なさいますか」という尊敬語で表現しています。

【尊敬語】テレビのキャスターの事例
「今日は全国的に大気が不安定で、午後には雨が降り出す地域が多いです。折りたたみ傘を持っていかれるといいでしょう。」

このように、テレビの前の視聴者に敬意をあらわし、「持っていく」という言葉を「持っていかれる」という尊敬表現にしています。

間違いやすい尊敬語とそれぞれの違い

違い

謙譲語と同様に、ビジネスの場において誤った尊敬語を使っている例はよくあります。敬意を表す対象が入れ替わっているような間違いもあれば、慣習的におかしな敬語を使っている例もよくあります。以下が間違いやすい尊敬語の一覧です。

間違っている例と、正しい例との違いを明確に理解し、覚えるようにしましょう。そして、おかしな尊敬語を使って、相手に失礼になることがないようにしましょう。また習慣になってしまっている言葉づかいは、意識して直すことが大切です。

間違いやすい尊敬語
×
お分かりいただけたでしょうか ご理解いただけたでしょうか
お座りください お掛けください
申されていました おっしゃっていました
お越しになられました いらっしゃいました・お見えになりました
〇〇様でございますね 〇〇様でいらっしゃいますね

「丁寧語」とは?|謙譲語・尊敬語・丁寧語・謙遜語の違い

「丁寧語」とは?

日本

丁寧語とは、語尾に「です・ます」を付けて、会話を丁寧に表現するための言葉です。また、「お茶」「ご立派」などの、名詞の頭に「ご」や「お」を付ける言葉も、美化語という丁寧語の一種です。敬語のうちで一番多く使われているのが、この丁寧語です。

「丁寧語」が使われる場面は?

面談

丁寧語は、親戚同士での会話、学校での先生との会話、知人との会話、同僚との会話など、あらゆるシーンで用いられます。家によっては、お母さんがお父さんに丁寧語を使ったり、また子どもが親や祖父母に丁寧語を使うこともあるでしょう。

また、お店の店員さんと話すときにも、尊敬語や謙譲語ではなく、あまり堅苦しくない丁寧語が好まれることもあります。相手の立場に関わらず使うことができる言葉で、使うことで失礼のないコミュニケーションをとることができます。

「謙遜語」とは?|謙譲語・尊敬語・丁寧語・謙遜語の違い

「謙遜語」は正式な敬語ではない

謙遜

謙遜語という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。謙遜語は正式な敬語ではありませんが、謙譲語の一種としてとらえられている場合があります。謙譲語の中でも、特に自分の行動や言動を控えめに表現するときの言葉が謙遜語として知られているようです。

「謙遜語」はでしゃばらないための役割

普通

謙遜語は、目上の人の立場を尊重し、自分が控えめであるための言葉です。とても日本人らしい、言葉であると言えるでしょう。しかし、場合によっては極端な謙譲語や謙遜語を使うことによって相手にくどさや嫌味に感じさせたりする場合もあります。場所や相手を選んで使う必要があるでしょう。

よく使われる敬語21選と変換一覧表

よく使われる敬語は?

よく使われる

よく使われる敬語は、特に仕事で使う敬語でしょう。その中でも取引先や上司との会話の中で、尊敬語や謙譲語を使うことはとても多いのではないでしょうか。また、取引先が顧客である場合には、失礼にあたらないように、より丁寧な敬語が必要になります。

よく使われる敬語21選&変換一覧表

敬語

よく使われる敬語を21種類と、その変換についてを一覧にしました。尊敬語や謙譲語を使うシーンは突然訪れるものです。急に使うときに分からなくならないよう、表を参考に敬語についてを確認しておくといいでしょう。特に、尊敬語と謙譲語の違いについては明確に理解しておくようにしましょう。

よく使われる敬語の変換一覧表
言葉 丁寧語 尊敬語 謙譲語
考える 考えます お考えになる 拝察する
言う 言います おっしゃる 申し上げる
居る(いる) います いらっしゃる おる
伝える 伝えます お伝えになる 申し伝える
です です・ございます - -
使う 使います お使いになる 使わせていただく
する します なさる・される いたす
行く 行きます いらっしゃる・おいでになる うかがう・参る
していきます していきます していかれます してまいります
している しています なさっています いたします
思う 思います おぼしめす 存じる・存じ上げる
来る 来ます いらっしゃる・お越しになる まいる
与える 与えます くださる・たまわる さしあげる
食べる 食べます 召し上がる いただく
見る 見ます ご覧になる 拝見する
寝る 寝ます おやすみになる やすませていただく
聞く 聞きます お耳に入る うかがう・拝聴する
もらう もらいます お受けになる いただく・頂戴する
知る 知ります ご存じ 存じる・存じ上げる
わかる 分かります ご承知 承知する・かしこまりました
会う 会います お会いする お目にかかる

謙譲語・尊敬語をマスターし心地よいコミュニケーションを!

関係

敬語の種類や具体的な使い方、またよく使われる動詞の敬語への変換についてご紹介してまいりました。いかがでしたでしょうか。特に尊敬語と謙譲語は使い方が難しく、言葉が大きく変わるものもあるため、使うのであればしっかりとマスターする必要があります。

また、わからないで適当に使って相手に失礼になるよりも、丁寧語で会話するほうが失礼にあたらない場合もあります。いずれにしても、コミュニケーションは敬語がしっかり使えるかどうかだけで判断されるものではありません。

コミュニケーションには声のトーンや表情なども重要です。人の雰囲気は、話している言葉よりも相手に大きな影響を与えることがあります。コミュニケーション方法を工夫しながら、相手の立場にたって、自分も相手も心地よいコミュニケーションを目指していくといいでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。