INDEX

「併せて」の意味|併せてと合わせての違い

「併せて」の意味|併せてと合わせての違い

「併せて」の意味|併せてと合わせての違い

「あわせて」と読む場合、「併せて」と「合わせて」があります。最近ではパソコン打ちがメインになりますので、うっかり変換をしてしまった方を使っている、ということは少なくないのではないでしょうか。しかしながらこの2つの言葉はまったく意味が違う言葉になります。

この2つの言葉には漢字の違いもありますし、意味の違いもあります。特にビジネスでは漢字の誤字があるとそれだけで信用を失ったり、あなたの能力が低く評価されてしまうリスクすらあります。そういった間違いを犯さないように、違いをしっかり見ていきましょう。

まず、「併せて」については「2つ(の物事)を同時並行で」という意味があります。簡単な例文を上げると「パスポートの手続きとビザの手続きを併せてお願いできますでしょうか」という場合に使います。この場合は2つの手続きを同時並行で進めてほしい、という意味になります。

「併せて」の読み方|併せてと合わせての違い

「併せて」の読み方|併せてと合わせての違い

「併せて」「合わせて」これは両方とも「あわせて」と読みますが、それぞれ読み方が違っています。ただし両方とも似たような意味合いはあり、「合併(がっぺい)」という熟語もあります。これは「会社の吸収合併」などという形で使われる単語になり、よく使われる単語になります。

「併せて」については「併」を「へい」と読み、意味合いとしては2つのものを両方とも立てながら進める意味合いがあります。つまり先ほど説明した同時並行の意味合いになります。「併せて」の「併」については2つ以上のものが成立しながら進んでいる様をイメージすると、分かりやすいのではないかと思います。

「併せて」の類語・反対語|併せてと合わせての違い

「併せて」の類語

「併せて」の類語

「併せて」の類語としては「同時に」があり、これがしっくり来る類義語と思われます。「パスポートの取得と同時に、ビザの手続きも一緒にしていただくことは可能でしょうか」というように、先ほどの例文も言葉を置き換えてもきちんと同じ意味合いを伝えることが可能になっています。

「併せて」の反対語

「併せて」の反対語

「併せて」の反対語は「別」「別々」「別段」「追って」になります。「パスポートの手続きを一旦していただき、完了してから追ってビザの手続きを進めていただけますでしょうか」という話になると、2つの手続きは別々になります。今までの例文とはまったく逆を意味しています。

「併せて」を使う場面(「併せてご確認」など)

「併せて」を使う場面(「併せてご確認」など)

「併せて」の使い方は例文で追って説明をしていきますが、「併せて」を使うシーンとしては物理的な物品ではなく何か事象が2つ以上ある場合に使う可能性が出てきます。ビジネスの場ではいちいち個別に連絡をするとお互いに手間になってしまうので、一緒に伝達をしようという配慮になります。

例えば「パスポートの申請完了のご連絡をいただきありがとうございます。ビザの件の進捗も併せてご確認をいただけましたら幸いでございます」という形になり、例文全体が非常にビジネス感をまとった文章になります。類義語を使った文章よりも相手方にすっきりと伝えることができるようになります。

「合わせて」意味|併せてと合わせての違い

「合わせて」の意味|併せてと合わせての違い

「合わせて」の意味|併せてと合わせての違い

次に「合わせて」の使い方を見ていきましょう。「併せて」と「合わせて」の2つがそもそも類義語の組になっていますが、非常に間違いやすい言葉になっていますので、その違いを明確に認識していくことが必要です。

「合わせて」を見ていく時にイメージしてほしい言葉が「合致(がっち)」「合体(がったい)」になります。これは2つの物が完全もしくは不完全に融合する様を意味します。

「合わせて」の読み方|併せてと合わせての違い

併せてと合わせての違い

「併せて」については、2つ以上の事象を同時並行で行っていくような意味合いがあるのに対して、「合わせて」については物理的な意味合いが強くなります。例えば「ジーンズに無地の白Tシャツを合わせるにはスタイルを保つことが大切だ」というような形で、2つのものを物理的に合わせる場合に使用をします。

また「あなたのスケジュールに合わせて行動します」という場合にも使います。これは他人のスケジュールに「合致をさせて」行動をする、という意味合いになりますので、このような例文も成り立ちます。「併せて」についてはこういった使い方はできないので、物理的なものか事象に対して使うのかで変わってきます。

「合わせて」の類語・反対語は?|併せてと合わせての違い

「合わせて」の類語

「合わせて」の類語

「合わせて」の類語としては「重ねて」が挙げられます。「ジーンズに無地の白Tシャツを重ねるにはスタイルを保つことが大切だ」というように、同じ文章の一部を変えても意味はまったく同じように通じます。このように「合わせて」と「重ねて」は類義語であり、これらが類義語と認識することで言葉への理解が深まります。

「合わせて」の反対語

「合わせて」の反対語

「合わせて」の反対語は「離れる」「分ける」になります。「ジーンズに無地の白Tシャツを合わないので、それぞれ別の日に分けて着ようと思う」というような形で使うと、例文も反対の意味を指すようになります。このように「離れる」「分ける」は「合わせて(合わせる)」の反対語になります。

「合わせて」を使う場面(「重ねて」と違い)

「合わせて」を使う場面(「重ねて」と違い)

「合わせて」は物理的に「合致させる」「合体させる」意味合いを示したい場合に使う言葉になります。「明日のデートはジーンズに無地の白Tシャツを合わせてみよう」「時計の時間がずれているようなので、時報を聞いて合わせよう」といった形で、使うシーンは日常のシーンを含めて多くなることでしょう。

また、「明日のデートはジーンズに無地の白Tシャツを重ねてみよう」は「重ねて」を使えますが、「時計の時間がずれているようなので、時報を聞いて合わせよう」に「重ねて」は使えません。何故なら類義語であっても「重ねて」の方が、物事の融合性が弱いため完全に合致させる時間等に関しては意味が異なるためになります。

「併せて」の使い方の実例11選

「併せて」の使い方の実例11選①基本編

「併せて」の使い方の実例11選①基本編

「併せて」については特にビジネスの場で使うことが多い言葉になります。また「合わせて」に比べると言葉自体の難易度が高い言葉になりますので、例文を見ながらしっかり使い方をマスターしていきましょう。特にビジネスの場では間違った使い方をしないように正しい使い方をマスターすることが大切です。

「併せて」の使い方の実例11選①
  • 課長のスケジュールに併せて部長のスケジュールも確認していただけますでしょうか。

これは課長と部長両方のスケジュールを把握してほしいという要望になりますがここで「合わせて」を使うとまったく違った意味合いになってしまいます。

「併せて」の使い方の実例11選②応用編

「併せて」の使い方の実例11選②応用編

「併せて」の基本的な使い方としては「同時並行」という意味合いになりますので、そのニュアンスが感じ取れる場合は常に「併せて」を使うことが大切になります。

「併せて」の使い方の実例11選②
  • この食器セットをいただきたいのですが、併せてそれらを収納できる食器棚もいただけないでしょうか。

食器を食器棚に「合わせる」という意味合いも連想してしまい、間違いが起きやすい例文にはなりますが、「併せて」しか使うことができません。食器と食器棚の買い物はこの場合、別々のタイミングでもできますので、それを想像することで間違いが起きにくくなることでしょう。

「併せて」の使い方の実例11選③「合わせて」と間違えやすい例文

「合わせて」と間違えやすい例文

「併せて」については必ず2つ以上の物事の成立が必要になります。逆に1つの物事を指す場合は「併せて」は使えませんので注意が必要になります。

「併せて」の使い方の実例11選③
  • (悪い例文)食器棚を併せていただきたいのですがよろしいでしょうか。
  • (いい例文)食器棚と併せてタンスもいただきたいのですがよろしいでしょうか。

前に何かを買い物して一緒にそれが欲しい、という意味合いであれば「併せて」が使えますが、「食器棚」1つに対して唐突に「併せて」と言ってしまっているのでこの場合は「併せて」が使えず、「タンス」という2つ目の買い物の事象が発生することで初めて「併せて」が使えるようになります。

「併せて」の使い方の実例11選④過去の事象

過去の事象

「併せて」を使えるのは2つ以上の事象になりますが、これは過去の事象に対しても使うことができる言葉になります。ビジネス用語には未来に対して繋がるものに限定して使える言葉もありますが、これは過去未来関係なく使うことができます。

「併せて」の使い方の実例11選④
  • 部長の訓示と併せて、社長の訓示も賜ることができた。
  • 食器と併せて立派な食器棚も見つけたので併せて購入した。

「併せて」の使い方の実例11選⑤未来の事象

未来の事象

前項の続きになりますが、「併せて」は未来の事象に対しても使うことができる言葉になります。未来の事象に使う場合の注意点も過去や現在の事象に対しての注意点と同じで、2つ以上の事象の登場が条件になります。

「併せて」の使い方の実例11選⑤
  • ラオスへの視察に併せて、インドとブータンへの視察も画策する予定だ。

「併せて」の使い方の実例11選⑥両方を使う場合の例文

両方を使う場合の例文

物理的な要素よりもそれが事象と認識される要素が強い場合は「合わせて」ではなく「併せて」を使うこととなります。少しややこしい例文を見ていきたいと思います。

「併せて」の使い方の実例11選⑥
  • 明日のデートはジーンズに無地の白Tシャツを合わせてみよう。併せてジャケットも用意していこうかな。


この場合はジーンズにTシャツはセットなので「合わせて」ですが、ジャケットは「着用」するのではなく「用意」をするだけなので「併せて」になります。非常に使い方を迷う例文だと思います。

「併せて」の使い方の実例11選⑦ビジネスシーン

「併せて」の使い方の実例11選⑦ビジネスシーン

また、「併せて」が使える事象については非常に幅広くなっているので、ここからはその例文をいくつか見ていきましょう。まずは自社内でよく使われるパターンになります。

「併せて」の使い方の実例11選⑦
  • 次回の研修内容についてはビジネスマナーと併せて言葉遣いの研修もお願いします。

「併せて」の使い方の実例11選⑧取引先に対しての例文

取引先に対しての例文

また、取引先を相手にする場合にも「併せて」を使うことで失礼に当たるようなことはありませんので積極的に使っていきたいものです。

「併せて」の使い方の実例11選⑧
  • 大変恐れ入りますがPDFの資料と併せてエクセルのファイルも同時にいただけましたら幸いでございます。

「併せて」の使い方の実例11選⑨報告書の場合

報告書の場合

さらに、両方向的なコミュニケーションに限らず報告書等の文書でも「併せて」を活用することは可能になります。こちらの意図がスマートに伝わるため、この場合も積極的に使っていきたいものです。

「併せて」の使い方の実例11選⑨
  • 先日のメキシコシティでは既知の傷害事件と併せて、強盗事件の発生もあった模様です。

「併せて」の使い方の実例11選⑩3つ以上の事象に対しての例文

「併せて」の使い方の実例11選⑩3つ以上の事象に対しての例文

ただし、「併せて」については3つ以上の事象を説明する場合、次々と「併せて」を使うと文章に稚拙な感が出てしまうため、工夫が必要になります。「併せて」という単語が重ならないように、下記のパターンのように工夫をしてみましょう。

「併せて」の使い方の実例11選⑩
  • 食器に併せて小さな食器棚もいただこうかな。加えて食器洗浄機もいただけますか。
  • 食器と小さな食器棚もいただこうかな。併せて食器洗浄機もいただけますか。

「併せて」の使い方の実例11選⑪4つ以上の事象に対しての例文

「併せて」の使い方の実例11選⑪4つ以上の事象に対しての例文

また、4つ以上になるパターンの場合は重ならないようにしなければ何度か「併せて」を使うことも可能になりますので、その例文も見ていきましょう。

「併せて」の使い方の実例11選⑪
  • このジーンズをいただけますか。それと併せてあちらのスカートもお願いします。あ、カタログのトレーナーも素敵なのでこちらもいただけますか。ついでに靴下の方も併せて見繕っていただけたらありがたい。

「合わせて」の使い方の実例11選

「合わせて」の使い方の実例11選①合体の意味合い

「合わせて」の使い方の実例11選①合体の意味合い

次に「合わせて」の使い方を見ていきましょう。「合わせて」については物理的に2つ以上の物が合致もしくは合体する場合に使います。

「合わせて」の使い方の実例11選①
  • ジーンズにあのセーターを合わせたら5歳くらいは若く見えますよ。

「合わせて」の使い方の実例11選②合致の意味合い

「合わせて」の使い方の実例11選②合致の意味合い

2つ以上の物が「合体」する場合だけではなく「合致」する場合も「合わせて」を使うことができます。時計に関する例文を見ていきます。

「合わせて」の使い方の実例11選②
  • 腕時計の時間がずれてきているので、時報に合わせてみる。

「合わせて」の使い方の実例11選③「併せて」と間違えやすい例文

「合わせて」の使い方の実例11選③

「合わせて」を使うべきではあるが、「併せて」と間違いやすい例文も見ていきましょう。そもそもが類義語になるので、例文のような間違いやすいパターンも往々にしてあるのです。

「合わせて」の使い方の実例11選③
  • 明日のデートはジーンズに無地の白Tシャツを合わせてみよう。ジャケットも合わせてみようかな。

「合わせて」の使い方の実例11選④過去の事象

「合わせて」の使い方の実例11選④

「合わせて」については「併せて」と同じく、過去の事象に対してもその意味合いさえ合っていれば使うことができる言葉になります。

「合わせて」の使い方の実例11選④
  • おばあちゃんのお墓参りに行って、墓前で手を合わせて祈った。

「合わせて」の使い方の実例11選⑤未来の事象

「合わせて」の使い方の実例11選⑤

「合わせて」についてはもちろん未来の事象についても使用が可能になります。注意点としては過去同様に「併せて」と混同しないように使っていく必要がある点になります。

「合わせて」の使い方の実例11選⑤
  • 頑張っていこうよ。ここからみんなで力を合わせればきっと目標が達成できるよ。

「合わせて」の使い方の実例11選⑥併せてと合わせて両方を使う

「合わせて」の使い方の実例11選⑥

「合わせて」「併せて」の両方を使う例文を見ていきましょう。ここまでの例文をしっかり見ていただければこんな文章も間違えずに作成をすることが可能です。

「合わせて」の使い方の実例11選⑥
  • 既存の案に加えて、社長の案にある集荷案も合わせた新案の作成を急ごう。併せて新案を実施するための人集めも急務だ。

「合わせて」の使い方の実例11選⑦ビジネスシーン

「合わせて」の使い方の実例11選⑦

「合わせて」をビジネスのシーンで使う場合には「併せて」と使い間違えないように、くれぐれも注意をして使うようにしましょう。

「合わせて」の使い方の実例11選⑦
  • 総務部と人事部の社員を合わせて10名、一致団結して今月の業務を何としても終わらせよう。

「合わせて」の使い方の実例11選⑧報告書の場合

「合わせて」の使い方の実例11選⑧

報告書の際には特に感じのミスが目に見える形で出てしまいますので「併せて」「合わせて」の使い分けを正確に行えるようにしましょう。

「合わせて」の使い方の実例11選⑧
  • 〇〇のミスと××のミスを合わせて300万円の損失になりますので、その損失を補てんする案を提案させていただきたく存じます。

「合わせて」の使い方の実例11選⑨類義語を使った方がスムーズな場合

「合わせて」の使い方の実例11選⑨

「合わせて」を使う場合にはその類義語を使った方がスムーズに伝わる場合があるので例文を見ていきましょう。例文は「合算」を「合わせて」に置き換えることもできる文章になります。

「合わせて」の使い方の実例11選⑨
  • A社の資産と弊社の資産を合算したところ、今回のプロジェクトの予算は1000万円に到達した。

「合わせて」の使い方の実例11選⑩3つのものに対して使う

「合わせて」の使い方の実例11選⑩

「合わせて」は3つのものに対して使うことも可能であり、「併せて」の場合は工夫が必要でしたが「合わせて」の場合は基本的にそのまま使うことが可能になります。

「合わせて」の使い方の実例11選⑩
  • A社とB社の社員は合わせて100人になる。C社の社員も合わせたら200人になる。

「合わせて」の使い方の実例11選⑪合わせてを重ねないように工夫した例文

「合わせて」の使い方の実例11選11

「併せて」と違い「合わせて」は数が多くなっても使いやすい言葉にはなりますが、4つ以上が重なる場合は工夫が必要になるので、例文を参考に文章を組み立てるようにしましょう。

「合わせて」の使い方の実例11選⑪
  • A社とB社の社員は合わせて100人になる。加えてC社の社員も加入する場合は200人になる。さらにD社の社員も合わせたら400人になる。E社が加われば500人だ。

「併せて」と「合わせて」を使い分けて表現の厚みを増していこう

「合わせて」「併せて」のそれぞれに対して事細かに例文を見ていきましたので、これで使い分けはばっちりだと思います。それ自体が類義語でややこしい「合わせて」「併せて」の使い分けに今後は自信を持って、言葉の厚みをさらに増やしていきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。