Large thumb shutterstock 181705322

ヘアゴム・ヘアアクセの収納方法・アイデア14選|おしゃれDIY&100均も

更新:2019.06.21

ヘアゴムって、多ければ多いほど困りませんが、その分収納方法に困ることってありますよね。そこで今回は、100均商品で簡単にできるヘアゴムやヘアアクセの収納・整理アイデアをまとめていきます!DIYで簡単に作れるおしゃれなヘアゴム収納ツールも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください!

ヘアゴム・ヘアアクセのおしゃれな収納・整理方法|アイデア4選【箱】

ヘアゴム・ヘアアクセの収納アイデア①|クリアケースを使った方法

ヘアゴムやヘアアクセは、いつの間にか本数が増えてしまっていることが多いですよね。ここでは、ダイソーで扱っている100均クリアケースを使ったヘアゴム・ヘアアクセの収納方法です。

100均のクリアケースには様々な種類がありますが、特にメディスンケースなどに使われる仕切りが多いタイプのクリアケースは、ヘアゴムとヘアアクセ、ヘアピンなども種類別に整理ができるためおすすめです。ケースのまま置くのも良し!棚に収納して必要な時に取り出すのも良し!簡単で安く収納できる定番のアイデアです。

ヘアゴム・ヘアアクセの収納アイデア②|開け閉めいらずBOXを使った方法

ヘアゴムやヘアアクセを収納する時に「使いたい時にすぐ使えるようにしたい!」という方には、100均の定番チェーン店の一つであるセリアの『開け閉めいらずBOX』がおすすめです。

『開け閉めいらずBOX』は、長方形・正方形・スリム型など、ケース自体のバリエーションが豊富であり収納したい物に合わせてケースの形を選べるのが特徴です。また、簡単に取り出せるだけでなく、十字型の取り出し口から中身が見えるようになっているため、中に何が入っているのかがすぐわかるようになっています。

特に、ヘアピンや細いヘアゴムなどといったすぐに失くしやすいヘアゴムやヘアアクセなどは『開け閉めいらずBOX』を使って収納すると、簡単にスッキリ整理できるので、気になる方はぜひ一度試してみてください!

ヘアゴム・ヘアアクセの収納アイデア③|マグネットケースを使った方法

「簡単に収納したいけど、大きなケースでスペースが取られるのは嫌!」という方には、大手100均チェーン店の一つであるダイソーやセリアから発売されている『マグネットケース』がおすすめです。

『マグネットケース』と聞くと、おしゃれで機能的だけど100均では買えないイメージを持つ方もいるかもしれません。しかし、100均の『マグネットケース』は、他のお店の物に劣らない機能性を持ってます。

ケースのフレームがシルバーであり、お部屋の雰囲気を邪魔しません。表面のガラスには文字を書くことができ、種類別で収納・整理したヘアゴムやヘアアクセがすぐわかるようにすることができます。また、裏一面がマグネットになっているため、冷蔵庫やホワイトボードなどに貼り付けることで、収納スペースも必要ありません。

ヘアゴム・ヘアアクセの収納アイデア④|ビーズ収納ケースを使った方法

「小さなヘアアクセを簡単に収納したい!」という方には、セリアやダイソーなどの100均で販売されているビーズ収納ケースがおすすめです。

特にヘアピンや小さなヘアアクセは失くしやすく、収納にもこまってしまいますよね。ビーズ収納ケースは、写真のようにタワー状に組み立てられるものかた、3つのケースが連結しているタイプなどがあります。収納スペースの大きさによって様々なビーズ収納ケースを使い分けると良いでしょう。

ヘアゴム・ヘアアクセのおしゃれな収納・整理方法|アイデア3選【棚】

ヘアゴム・ヘアアクセの収納アイデア①|ワンプッシュケースを用いた方法

棚などにヘアゴムやヘアアクセをそのまま収納していると、使っているうちに「何がどこにあるのかわからなくなってしまった」という方も多いことでしょう。そんな時には、セリアで販売されている『ワンプッシュ小物ケース』を使ったアイデアをおすすめします。

ワンプッシュタイプのケースと聞くと、ウェットティッシュなどのイメージが多いですが、実はヘアゴムやヘアアクセを収納する時にも役立つ便利なアイテムなのです。『ワンプッシュ小物ケース』にはフタが付いており、ヘアゴムやヘアアクセにホコリが付くのを防ぐことができます。

散らかりやすいヘアゴムやヘアピンなども『ワンプッシュ小物ケース』を使えば、取り出しも収納も簡単にできます。白を基調としたシンプルなケースであるため、お部屋のインテリアにも馴染みやすいのが特徴です。卓上に置いてもスペースを取らないため、デスクやドレッサーに置いてもおしゃれに整理できますよ!

ヘアゴム・ヘアアクセの収納アイデア②|粘土ケースを使った方法

View this post on Instagram

. #洗面台収納 について 洗面台下には とにかく細々としたものが多いので ダイソーの#粘土ケース に 仕分けしてます(下段) なんちゃって #シンデレラフィット 粘土ケースはセリアからも出てて 角角しいので 本当はセリアが好み(♥´꒳`*)(*´꒳`♥) 粘土ケースってシールもないやつもあって便利になりました ピンゴム歯間ブラシやカーラーや つけま…などなど 普段よく使うピンやシュシュは 透明の6つに仕切ってあるケースに 一個ずつしまってます(上段) ヘアゴムは 輪ゴムかけを 扉裏に吸盤でつけ 引っ掛けてます #ヘアゴム収納 スプレーやワックスなどは パッケージがうるさいから 左横のケースに立てて収納 その上に同じケースを かふせてます(下段) #100均で買ってよかったもの #洗面台のゴミガード です インスタでちらりほらりと 見かけてうちでも セットしてました ゴミ収集日に交換します ダイソーもセリアにも売ってて ダイソーの方は 色は白 セリアは黄色 分厚さはダイソーの方が 若干厚い感じです♪ 洗面台のゴミガードも 粘土ケースにしまいました(下段) あとはタオルをしまってます 白が洗面用 茶色が入浴用です(上段) コンタクトは 2week交換なので セリアの #ワンプッシュ小物ケース に入れ 粘土ケース横にしまってます(下段) #コンタクト収納 3面鏡裏にはドライヤーや歯ブラシ、 化粧水などを収納してます 入居からあまり変わらず まだなんかしっくりこないので これいいよなど教えてください♪ @mr06home では先週の常備菜詰め込みお弁当を 載せました 良かったらみてください♪ #100均#ダイソー#daiso#プチプラ#掃除#インテリア#interior#収納#マイホーム#洗面所#家#ニトリ#家事 #simple#life#モダン#整理整頓#暮らし#シンプルライフ#シンプルホーム#おうち記録#mariのお気に入り

A post shared by mari (@mr06home_life) on

工作などでも使われる『粘土ケース』は、100均でも手軽に購入できるアイテムですが、こちらもヘアゴムやヘアアクセを収納する時に便利なアイテムです。

『粘土ケース』はフタの部分と粘土を入れる部分の両方が、同じような作りになっています。ヘアゴムやヘアアクセを収納する時には、フタの部分と収納部分を2つに分けて使ったり、1つの小物ケースとしても使うことができます。

また、100均の『粘土ケース』の多くには、名前シールなどが付いていることがありますが、シールにヘアアクセの種類や「どのような時に使うものなのか」を書いておくと、使う時に一目でわかって便利ですよね!

ヘアゴム・ヘアアクセの収納アイデア③|100均の仕切り板を使った方法

棚にヘアゴムを収納していても、使っているうちにぐちゃぐちゃになってしまう場合もありますよね。そんな時にはセリアの『アイデア仕切り板』を使った収納方法がおすすめです。

ホームセンターなどの仕切り板になると、のこぎりやハサミなどを使ったり大きな力が必要になる場合が多いですが、セリアの『アイデア仕切り板』の特徴は、手の力だけで簡単に切り分けられるので、女性でも安心して使うことができます。

仕切り板にはスリットが入っており、組み合わせることによって、様々な収納方法を実践することができます。「ケースなどをあらためて買うのはちょっと…」という方や、棚のデッドスペースなどを活用して収納したいという方にはピッタリのアイデアの一つです!

ヘアゴム・ヘアアクセのおしゃれな収納・整理方法|アイデア4選【壁】

ヘアゴム・ヘアアクセの収納アイデア①|ウォールポケットを使った方法

「ヘアゴムやヘアアクセを収納したいけど、棚やケースに入れていたら失くしそう!」という方には、ダイソーやセリアなどの100均で販売されている『ウォールポケット』を使った収納方法やアイデアがおすすめです。

100均の『ウォールポケット』の多くはポケット部分がクリアになっており、それぞれのポケットにどんなヘアゴムやヘアアクセが入っているかが一目で確認できます。

また、ダイソーやセリアなどの店舗によってデザインや大きさが異なるため、大きめの髪留めなども簡単に収納できますし、お部屋のスタイルに合わせて選ぶことができるのもポイントです!「ヘアゴムやヘアアクセも可愛く収納・整理したい!」という方はぜひ試してみてください!

ヘアゴム・ヘアアクセの収納アイデア②|粘着フックを使った方法

「ヘアゴムやヘアアクセを整理したいけど、道具を用意するのが面倒!」という方には、100均で販売されている『粘着フック』を使った収納アイデアがおすすめです。

忙しい時などには、ヘアゴムやヘアアクセを何度もケースに収納するのが面倒になることも多いと思います。そんな時に『粘着フック』を使えば、忙しい時や疲れた時でもフックに引っ掛けるだけでヘアゴムやヘアアクセが散らかりません。

100均の『粘着フック』には、プラスチック製と金属製がありますが、多くの場合3~5個セットで販売されています。耐荷重量は約1キロ程度であり、あまり重いものを引っ掛けることはできませんが、ヘアゴムなどを整理するには適したアイテムです。

ヘアゴム・ヘアアクセの収納アイデア③|S字フックを使った方法

ヘアゴムやヘアアクセを収納する時に「デッドスペースを上手に使って収納したい!」という方には100均で販売されている『S字フック』を使った収納方法がおすすめです。

100均の『S字フック』にはストッパーが付いているものや、ユニークな形をしているものなど様々な種類があるため、収納スペースに合わせて選ぶと良いでしょう。

ヘアゴム・ヘアアクセの収納アイデア④|洗濯用ハンガーを使った方法

洗濯用ハンガーでも小型のものは、ヘアゴムやヘアアクセを収納する時に便利なアイテムです。特にシュシュなどの大き目のヘアアクセはケースなどに収まらない場合がありますが、洗濯用ハンガーを使えば、ハンガーの先に付いている洗濯バサミではさむだけで収納することができます。

100均の洗濯用ハンガーのなかには、可愛らしいものからシンプルなものなどもあるため、お部屋の雰囲気に合ったハンガーを選びましょう!

ヘアゴム・ヘアアクセの手作り収納|作り方・アイデア3選【DIY】

ヘアゴム・ヘアアクセの手作り収納①|フレームとポケットで髪留めを整理

「ヘアゴムやヘアアクセなどの収納も、オリジナルなものが良い!」という方は、ぜひ簡単にできるDIYで収納ボックスを作ってみましょう。ここでは100均で手に入るメッシュフレームとボックスでできるDIYをご紹介します。

必要なもの

  • メッシュフレーム…複数枚
  • バスケット…複数枚
  • S字フック…複数個

作り方

  1. メッシュフレームをつなげます。
  2. S字フックとバスケットにつなげ、メッシュフレームに引っ掛けます。

ヘアゴム・ヘアアクセの手作り収納②|スノコとフックでおしゃれにDIY

「ヘアゴムやヘアアクセの収納は、できればシンプルなものにしたい!」という方には、スノコと粘着フックを使った簡単DIYの収納を作ってみましょう!スノコと粘着フックは100均でも購入することができるうえ、難しい手順が全くないDIYですので、ぜひチャレンジしてみてください!

必要なもの

  • スノコ(100均とホームセンターのどちらでもOK)…1枚
  • 粘着フック(100均にてセットで販売されているものがお得です)…複数個

作り方

  1. 作りたい収納に合わせて、スノコの大きさを微調節します。
  2. ヘアゴムの種類や掛けたい数などに合わせて、粘着フックを貼り付けていきます。

ヘアゴム・ヘアアクセの手作り収納③|ワイヤーネットと結束バンドでDIY

「お部屋の雰囲気に合わせてヘアゴムやヘアアクセの収納スペースもアレンジしたい!」という方には、キッチンなどでよく使われている『ウォールネット』と結束バンドを使ったDIYでヘアゴム・ヘアアクセ収納を作ってみましょう。

必要なもの

  • 100均のワイヤーネット(大きさはお好みで!)…1枚
  • 結束バンド(100均にてセットで販売されています)…複数個
  • レースや飾りなどのデコレーション用パーツ(お好みで)…適量

作り方

  1. ウォールネットに結束バンドを結びつけます。
  2. お好みでレースや飾りなどのデコレーションをしましょう!

100均のアイテムでヘアゴム・ヘアアクセをおしゃれに整理しよう!

いかがでしたでしょうか?収納や整理が難しいヘアゴムやヘアアクセですが、100均で手に入る意外なアイテムを使えば、簡単に整理整頓ができるのです!今回ご紹介した方法・アイデアが気になった方は、ぜひ試してみて下さいね!

関連記事では、今回ご紹介した収納方法でも使っているアイテムについての、詳しい内容をまとめていますので、こちらもぜひご覧ください!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。