INDEX

手作りiPhoneケース・スマホケースの簡単作り方ポイント・コツは?

手作りiPhoneケース・スマホケースのポイント①直観に頼って

常に持ち歩くスマホだからこそ自分だけのケースに入れたい!

手作りiPhoneケース、スマホケースのいいところは、なんといっても自分の大好き!なものを作れるところです。買うとちょっと高い流行りのブランドのケースでも、真似して作ることだってできちゃいます。カラー、モチーフ、素材、あなたの大好きなものだけをとことん詰め込んでみましょう!

手作りiPhoneケース・スマホケースのポイント②市販パーツを活用

レースやリボン、可愛いパーツは世の中に溢れています。

自分で手作りすると、市販のケースのようにクオリティの高いものと比べると、なんだか物足りない!なんて思うことや、完成間近で、失敗!なんてこともあるかもしれません。でも大丈夫です!DIYが流行っている今、山ほどパーツも売られています。上手に使って、「それあなたが作ったの?」なんて言わせちゃいましょう。

簡単手作りiPhoneケース・スマホケースの共通の作り方・材料は?

手作りiPhoneケース・スマホケースの作り方

何色にする?何を描く?

基本的にiPhoneケース・スマホケースを自分ひとりでDIYする場合、スマホの背面に装着するタイプのプラスチックやシリコン製のケースにデコレーションを施していく作り方になります。スマホの背面のスペースはあなただけのキャンバスです。

基本的にデコレーションを施すのは、ケースの外側(手に触れる側)です。飽きっぽくてすぐ着せ替えたい!という方のためにケースの内側をデコレーションする方法も紹介しています。

手作りiPhoneケース・スマホケースの材料

DIYの準備をしよう!

お手持ちのスマートフォンのケースを用意してください。クリアケースで1から自作するのも、市販のケースをリメイクするのも、あなた次第です。

DIYにあるといいもの
  • お好みのデコレーション材料
  • ハサミ、デザインナイフ、アートナイフ、カッターなど
  • カッター用下敷き
  • 塗装料(絵具、マニキュアなど)
  • トップコート(マニキュア用、デコパージュ液、UVレジンなど)
  • 塗装料やトップコート用の筆

編集部一押し!簡単iPhoneケース・スマホケースの作り方3選!

第3位:簡単手作りケース|クリアケースにマニキュアで手描き

最近はずっとジェルネイルで、手持ちのマニキュアが古くなってきた…ネイルの画像を見たりするのも大好き!という方にお勧めなのがこちらの作り方です。クリアケースにマニキュアのつるっとした質感が涼しげで、これからの季節にもってこいです。ネイルとiPhoneケースをお揃いにしてみるのもかなりおしゃれですよね!

セルフネイルに使っていたラメ、シールなども一緒に使えば、手作りとは思えない洗練されたデザインになることでしょう。マニキュアは、ネイルリムーバーで何度でもやり直しがきくのも嬉しい点ですよね。色付きケースにリムーバーを使う場合、種類によってはケースの色も落ちてしまうことがあるので、気を付けましょう。

第2位:簡単手作りケース|マニキュアでウォーターマーブル柄作り

マニキュアで作るオリジナル柄の転写
  1. 洗面器に水を張る
  2. 好きな色のマニキュアを水に垂らし、つまようじなどで模様をつくる
  3. スマホケースの背面から水に浮かべて、柄を転写させる
  4. スマホケースの内側など、ついてほしくないところにマニキュアが付いたら乾く前にふき取る

こちらも使わなくなったマニキュアを有効活用できる方法です。上半分に転写したい時などは、あらかじめ下半分にマスキングテープなどで覆っておくと乾いた後にはがすこととできれいに区切ることができます。この転写法は、曲線や穴が多いスマホケースに柄を転写してくれるのでとても簡単にきれいに仕上げることができます。

こちらの方法は、ほかのデコレーションをする前に仕込んでおくだけでぐっとおしゃれに仕上がるので、自作ケースにとてもおすすめです。気になった方はリンク先の動画も見てみてくださいね!

第1位:簡単手作りケース|デコパージュ

上履きや石鹸ににペーパーナプキンのかわいい柄を張り付けたり、木製やプラスチック製の箱などに布を張り付けたりできる、デコパージュが流行っているのをご存知ですか?仕上がりは水に強く、濡れた手で触ってもiPhoneケース・スマホケースが濡れちゃう!と心配することなく使えます。

用意するもの
  • お手持ちのスマホのクリアケース(なるべく凹凸のないもの)
  • デコパージュ液
  • お好きな柄の布やペーパーナプキン
  • アートナイフやカッターナイフ
  • カッター用の下敷き

デコパージュ液によって張り付け方は様々です。カメラの部分を覆った紙や布を切るのに多少の慎重さがいりますが、かわいいけれどなかなか使い道のない包装紙を使ったり、もう着られなくなった洋服をよみがえらせたりすることもできます。手作りならではの可能性が広がりますね!

手作りiPhoneケース・スマホケース|アイデア3選【簡単初級編】

簡単自作ケースの作り方・アイデア①ステッカーを貼ってみる

好きなもののステッカーを詰め込もう!

好きなバンドのロゴを一つだけ貼るもよし、コスメ、スイーツなどをモチーフにしたステッカーを所狭しと並べるもよし、既製品のiPhoneケースだったとしても、自分の好きなステッカーを加えるだけであなたの手作りケースの出来上がりです。

簡単自作ケースの作り方・アイデア②好きな写真を入れてみる

自分で撮った写真もスマホケースに!?

作り方は、好きな写真をiPhoneケース・スマホケースの大きさに切り抜いて、クリアケースとスマホの間に挟み込むだけと、とっても簡単です。カメラなどの穴も切り抜けば、立派な手作りケースになります。

愛するペットの写真はもちろん、お子さん、奥さん、旦那さん、カップルフォト、なんでもスマホケースにしていつでもどこでもいっしょにいることができます。自作することによって、お子さんの成長に合わせて写真を変えられるのもいいところです。

もし、自分で切り抜くのに自信がない、ずっと長く使えるものがほしいということであれば、写真入りのオーダーメイドスマホケースを受注販売されている会社もあります。



簡単自作ケースの作り方・アイデア③お気に入りのロゴを挟む

こちらもクリアケースにはさむだけの簡単自作ケースです。海外のお菓子、某炭酸飲料のラベル、ブランドのショッパーからロゴを切り取ったりと、アイディアは自分次第で、ロゴに合わせてスパンコールやレースを挟んだり、かわいくなること間違いなしです!

手作りiPhoneケース・スマホケース|アイデア2選【中級編】

自作ケースの作り方・アイデア①コラージュをする

ステッカーに加えて、、

シールだけではなく布や雑誌の切り抜きなど、コラージュをしてクリアケースの内側に入れ込む方法も初心者にはおすすめです。作り方はとっても簡単です。自分の好きなようにコラージュをして、クリアケースの大きさに切り抜くだけで完成です。

布やリボン、ドライフラワーなど、厚みのあるものをコラージュした場合は、コラージュごとカラーコピーすると、厚みがなくなるのでおすすめです。セピアやモノクロなど、カラーコントロールをしてコピーすると配色を失敗したかなと思ってもおしゃれに仕上げることができます。

コラージュの手作りiPhoneケース・スマホケースのいいところは、ケース自体に加工するわけではないのでコラージュだけをたくさん作って、ケースのデザインを気分で変えたりできるところです。日替わりでデザインを変えちゃう、なんてこともできちゃいますよ!

自作ケースの作り方・アイデア②「クリケ」を利用する

手先の器用さには自信はないけど、自分だけのiPhoneケースが欲しいひとにはこちらのサイトがおすすめです。同じものがきれいにいくつも作れるので、友達やカップルでオリジナルのケースでお揃いができちゃいます。

また、自作のデザインは保存し、登録したうえで販売することもできます。これを機にiPhoneケースデザイナーになれるかもしれません!

手作りiPhoneケース・スマホケース|アイデア2選【上級編】

自作ケースの作り方・アイデア①UVレジンを使用する

UVレジンは、レジン液をUVライトで固める方法で、薄く塗り固めれば、デコパージュのような仕上がりになります。デコパージュよりもつるっとしていて透明度が高く、ラメやスパンコールが一層映え、「それ手作りなの!?」と言われる仕上がりになることでしょう。

デコパージュともう一つ違うところは、立体的に固められるところです。大き目のパーツや押し花を閉じ込めてスノードームのようにしたり、水滴のように見せたり、宝石のように見せたりまさに変幻自在です。

自作ケースの作り方・アイデア②グリッターケースを手作り

市販のグリッター入りのiPhoneケースやスマホケースを見て、「私が作るならこんな色にしたい」と思ったり、「自分のスマホの機種では市販品がない!」と思ったことがあるなら、ぜひ手作りしちゃいましょう。

自作グリッターケースの材料
  • 自分のスマホにあったケース
  • 型紙用の紙
  • ビニールシート(クリアファイルなどでも可)
  • お好みのグリッター・ラメ・ホログラムなど
  • ベビーオイル(色を付けたい場合は着色料)
  • お好みのテープ
  • ヘアアイロン、あて布
自作グリッターケースの作り方
  1. 自分が作りたい形に合わせて型紙を作る
  2. ヘアアイロンを使って、あて布を使い、アイロンにくっつかないようにしながらビニールシートを溶かして袋状にする
  3. ビニールシートで作った袋の中にベビーオイルやグリッター・ラメ・ホログラムを入れる。(オイルに色を付けたい場合は着色料も入れる)
  4. クリアケースに貼って、ふちをテープなどできれいに隠す

ヘアアイロンがなければ、洋服用のアイロンでも代用可能です。その場合裏表両方から加温してください。アイロンでやけどをしないように十分気を付けてくださいね!

手作りiPhoneケース・スマホケース|アイデア3選【100均編】

自作ケースの作り方・アイデア①転写シール

かわいくて様々なもののDIYに活用できると話題の商品に、100均Seriaの転写シールがあります。iPhoneケース・スマホケースの手作りにも最適です。かわいくて種類も豊富なので、きっと自分の好みシールが見つかるはずです。

自作ケースの作り方・アイデア②マスキングテープ

マスキングテープは各種メーカーからたくさんの種類が出ています。100均のマスキングテープとて、決して侮れません。作り方は、いろいろな種類を組み合わせて貼ったり、一種類のマスキングテープを並べて総柄風にしたり…10個買っても1080円、どれを使おうか迷ってしまいそうです…!

自作ケースの作り方・アイデア③スタッズ

洋服のリメイクやスニーカーのアレンジにも欠かせないスタッズ。税抜き100円で手に入っちゃいます!ケースだけでなく、手帳やパスケースもお揃いにすれば、おしゃれ上級者に認定されること間違いなしです。

手作りiPhoneケース・スマホケースで、毎日オシャレでハッピーに!

いかがでしたか?不器用さんでも、センスに自信がなくっても、自分だけの世界に1つだけのカワイイ手作りiPhoneケースは作れます!自分のやってみたい作り方で、きっと満足いくケースが作れるはずです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。