INDEX

先延ばしにする心理10つ!

先延ばしにする心理①:面倒くさい

面倒くさそうな男性

先延ばしにする心理は、面倒くさい事です。「面倒くさいなぁ…」と感じた時、体の力は抜けて気分も沈みますよね。何かをするためには、それなりにエネルギーがいるものです。面倒くさいと感じている時、気力が失われています。

そうすると、何かをしよう!目の前の事に取り組もう!という気持ちは沸いてきにくいものです。その結果、先延ばしにするようになります。

先延ばしにする心理②:失敗を恐れている

怖がる女性

先延ばしにする心理は、失敗を恐れています。これは、完璧主義な人に多いです。できなかった時の事を考えて、もし失敗して傷つきたくないと思う余り、課題に取り組もうとしないのです。

やる気がない訳ではないですが、失敗した時に感じる負の感情から逃れたいために先延ばしにしてしまうのです。以下は、完璧主義についての記事です。完璧主義が原因で先延ばしにしている人は、完璧主義を緩和する事で先延ばし癖もやめられる可能性が上がります。合わせて参考にしてみて下さい。

Small thub shutterstock 416926126
関連記事 完璧主義の特徴・原因とは?完璧主義の診断ポイントと治し方も

皆さんは完璧主義ですか?今、抱えている悩みも実は完璧主義が原因となって

先延ばしにする心理③:向き合いたくないものがある

目を背ける女性

先延ばしにする心理は、向き合いたくないものがあります。向き合いたくないものがあるから先延ばしにするというより、課題と向き合う事を避けるために必然的に先延ばしになってしまうパターンです。

臭いものには蓋をするというような感覚ですね。蓋を開けようとしない限り、向き合う事はありませんが、向き合う事を避けている間、進展はありません。その結果、どんどん先延ばしになっているのです。

先延ばしにする心理④:苦手意識

苦手意識のある女性

先延ばしにする心理は、苦手意識です。やらなくていけない課題に対して、何か苦手意識があれば取り組む事で不快に感じます。人間の脳は、快を好み不快を嫌うため、不快を感じさせる課題から無意識に遠ざかるようになるのです。

気分が良く、向上心の強い時はむしろ積極的に取り組めるかもしれません。ですが、結局は楽しくてやっている訳ではありませんね。そういった無理をする行動は長くは続きません。そして、手をつけなくなり、先延ばしをしてしまうようになるのです。

先延ばしにする心理⑤:楽しくないと感じている

楽しくない二人

先延ばしにする心理は、楽しくない事です。皆さん、やりたい事やウキウキする事って自分にとって楽しい事ですよね。自分にとって楽しくない事・辛い事ばかりがしたいという人はいないと思います。

ですが、楽しい事ばかりしていては成り立たないものもあります。仕事など嫌でも取り組まなければいけないものがありますね。そういうものは、理性で考える優先順位は上なのですが、その瞬間あなたを楽しませてくれるという観点では後回しになってしまいます。その結果、先延ばしになってしまうのです。

先延ばしにする心理⑥:なんとかなると思っている

なんとかなると思っている女性

先延ばしにする心理は、なんとかなると思っています。例えば、家が火事になった・野生のクマと遭遇したというようなピンチの状況があるとしますね。その時、必ず逃げる・回避するという事が最優先され、他のものに興味をうつす余裕などないはずです。

まず、第一に逃げなくては!と、疲れていても一気にエネルギーが湧いてきます。大切な事であっても、さすがに緊急時のように一気にやる気が湧いてくる事は難しいですが、先延ばしにするという事は、どこかで先延ばしにしてもなんとかなると思っているのです。

先延ばしにする心理⑦:飽きている

飽きている女性

先延ばしにする心理は、飽きています。何かをしようと思う時、少なからずその対象に興味がないと実行しようと思えませんよね。自分の目的のために必要なものだと思えないとやる気というのはなかなか湧いてこないものです。

必要なものではないと思い、興味もなくなれば取り組む事すらしなくなりますが、必要なものなのだけど、興味が薄れてしまって飽きている場合、なかなかやる気のスイッチが入りません。やらなくては…と思いつつも後回しにしてしまう結果、先延ばしになるのです。

先延ばしにする心理⑧:不安を感じている

不安な男性

先延ばしにする心理は、不安です。苦手意識があるものと向き合う時、不安を感じますね。不安は、なるべく感じたくない感情ですよね。そうなると、不安を感じさせるものから逃れようとする心理が働きます。

そして、無意識的に、より楽しそうなものを見つけてそちらを優先する事で、本来やるべき事をどんどん先延ばしにしてしまうのです。

先延ばしにする心理⑨:混乱している

混乱する女性

先延ばしにする心理は、混乱しています。取り組む課題が複雑なもの・苦手意識の強いものであった場合、冷静に分析して紐解いていく事が困難な時がありますね。何から手をつけたらいいのか分からなくなっている状態です。

何から手をつけたらいいのか分からず混乱しているので、もちろん上手に取り組む事も出来ません。そのため、先延ばしにするようになるのです。

先延ばしにする心理⑩:無意味に思っている

退屈する人達

先延ばしにする心理は、無意味に思っています。課題に対して、こんな事やって何になるんだろう…どうせ大した結果が得られないだろう…あまり必要ではないなどと、価値を十分に感じられていない状態です。

やるべきものに対して得られるものが少ないと感じると、人は何となくやる気が出ずに、無気力になる事があります。その結果、先延ばしにしてしまうのです。



デッドライン症候群とは?

デッドライン症候群・先延ばし症候群について

退屈する女性

デッドライン症候群という言葉を聞いた事がありますか?別名、先延ばし症候群とも言われます。デッドライン症候群・先延ばし症候群とは、期日ギリギリになるまでやる気になれない・締切がないと取り組む事が出来ない状態の事を言います。

恐らく誰でも陥った事のある状態だと思いますが、休みを入れたり別の日に取り組んだりすればスムーズに出来たという事も多いと思います。ですが、ほとんど毎日やる気になれず、やるべき事に手が付けられない・周りに迷惑をかけるとなると深刻な問題です。

デッドライン症候群・先延ばし症候群の原因

退屈する女性

デッドライン症候群・先延ばし症候群の原因は、やるべき物事に対してのモチベーションが低い事があります。もちろん、原因は一つだけではありません。ですが、モチベーションというのは、その場で人間をやる気にも無気力にもさせる原因となります。

先延ばしにしてしまう心理でも、ご紹介したように「やる気」「重要性」などを物事に対して感じられていない状態が常に続くと、日常的に無気力に陥りやすくなります。

気持ちの問題だけでなく、周りの環境を整える事で外側からやる気を出させる方法もあります。以下は、勉強のやる気を出させる方法についての記事です。応用すれば、仕事や課題についてのモチベーションを出す参考にもなりますよ。合わせて参考にしてみて下さい。

Small thub shutterstock 378848479
関連記事 勉強のやる気を出す方法は?原因や環境など集中する方法&おすすめの曲も

勉強しなければいけないのにやる気が出ないと悩んだことはありませんか?学

デッドライン症候群・先延ばし症候群の対策

やる気を出す女性

デッドライン症候群・先延ばし症候群というのは、様々なパターンからなります。先延ばし症候群になる人のパターンの代表は、「完璧主義者」「不安感の強い人」「理想主義者」「生真面目すぎる人」などがいます。

それぞれに求められるのは、「適度な妥協」「失敗を恐れない」「今を感じる」という事です。完璧にやろうとしたり失敗がいけない事だと思うと、どうしてもプレッシャーを感じます。プレッシャーを回避したいという気持ちから物事に集中するエネルギーが削がれるのです。

また、いつかきっと!という考え方ではなく、今という瞬間をきちんと見る癖をつける必要があります。いつかきっと!というのは、一瞬気分が上がるものですが、その瞬間には何も出来上がっていません。行動する事が形を作り出すのです。この事を日頃から意識するようにしてみて下さい。

先延ばしを絶対になくす方法は?

先延ばしをなくす方法①:ご褒美をつくる

プレゼント

先延ばしをなくすには、ご褒美をつくる事です。先延ばしにする心理からも分かるように、課題に取り組む事のメリットとデメリットを考えた場合、長い目で見ればメリットが大きいのですが、その瞬間の事を考えるとデメリットが大きく感じてしまっているのですね。

不快である事を無理やりして得がない・快楽の大きい方に逃げたいと無意識に思ってしまっています。そのバランスをとるために、何かご褒美を用意するのです。これを終えたらご褒美をあげるというように、きちんと快楽を感じられ、した事の成果をその場で出してあげる事でやる気に違いが出ます。

先延ばしをなくす方法②:周りに宣言する

仲間に宣言する女性

先延ばしをなくすには、周りに宣言する事です。やろうと決めていても、あとでもいい・できなくてもいいと思ってしまうと、なかなか取り組めません。自分との約束は平気で破ってしまいがちなのですね。

ですが、それを周りの人にも宣言していたらどうでしょう?プライドや責任感などから、「出来なかった」とは、なかなか言えないのではないでしょうか。また、周りに宣言する事で、応援してもらえたりサポートしてもらえたりする事もあるでしょう。一人では難しかった事も誰かの力を借りればスムーズに行く事もあるのです。

先延ばしをなくす方法③:小さな事から始める

楽しそうな女性

先延ばしをなくすには、小さな事から始めます。やらなくてはと思った時に、取り組むべき事が大きい場合、その分大きなエネルギーが必要になります。とてもやる気に満ち溢れている時は良いのですが、いつもそう元気な時ばかりではありませんね。

まず、踏み出すファーストステップを小さくする事で、抵抗をなるべく少なくするのです。机に座る・パソコンを立ち上げる・5分だけやるなど、疲れていても出来そうな事だけをやります。そうすると、不思議とせっかくだからもう少ししておこうかと出来てしまう事が多いのです。

もちろん、本当に5分でやめてしまっても構いません。大切なのは、結局やらなくてはいけないという事でなく、何か行動を起こしたという事です。それにより、先延ばしを抜け出す癖をつけるのです。以下はやる気についての記事です。どうしてもやる気になれない人は、合わせて参考にしてみて下さい。

先延ばし癖をそのままにしていい理由は?

先延ばし癖をそのままにしていい理由:逆効果になる可能性がある

ありのままの女性

この記事を読んでくれているという事は、自分の先延ばし癖に悩んでいるのかもしれませんね。先延ばし癖を悪い事だと思い、無くさなくてならないものだと思っている事でしょう。確かに先延ばし癖は良いものかと言われれば、物事の停滞を生んだり妨げになったりする事も多いと思います。

ですが、先延ばし癖が悪いものだ・無くさなくてはいけないと思うと、変な力が入りませんか?その力は、エネルギーとして消費されています。本来やるべきはずの事に使うエネルギーを先延ばし癖を治すために使ってしまうのですね。先延ばし癖を直さないと、そもそもやる気にもならない!と思うかもしれませんね。

先延ばしにしてしまうのはエネルギーの浪費によりやる気が削がれている事が原因です。エネルギーの浪費を抑えるには、自分は今のままでいいと認める事なのです。先延ばし癖がある自分でも良い・出来る事から取り組めば良いと力を抜いてあげる事で、案外効率が上がる事もあるのです。以下の記事も参考にしてみて下さい。

Small thub shutterstock 242605918
関連記事 自己嫌悪に陥る人の特徴7選!克服&自分を好きになる方法は?意味・心理も

毎日の生活の中で自己嫌悪に陥ってしまうことは多くの方が経験しているでし

先延ばしをやめて効率をあげよう!

いかがでしたか?このままではいけないという自己否定など、更なるマイナスを生んでしまうのが先延ばし癖の厄介な所ですね。頭で分かっていても、今まではなかなか抜け出せなくて悩んでいたかもしれませんが、効果的な方法を取り入れる事でずっと楽に物事に取り組めるようになりますよ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。