Large thumb shutterstock 584553520

ペットボトルの手作りおもちゃ・工作15選!赤ちゃん・幼児と遊ぶ際の注意点は?

更新:2019.06.21

赤ちゃん・幼児のいるお母さん、お父さん必見!捨ててしまうペットボトルが赤ちゃん・幼児が楽しめるおもちゃに大変身!今回は簡単に作れる手作りおもちゃをご紹介します。お休みの日に手作り工作してみませんか?知育玩具だって作れちゃいます!

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ【聴覚編】

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ①ガラガラ

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃの聴覚編1個目はガラガラです。ガラガラは赤ちゃんが最初に触れることが多いとされているおもちゃの1つです。小さな赤ちゃんは音に反応します。赤ちゃんは視力がそれほどでもありません。

音と色で楽しめるので赤ちゃんにとって、とても良いおもちゃになります。赤ちゃん・幼児の手はとても小さいので、ガラガラを作るのであれば130mlや200mlの細めのペットボトルを使う方が良いです。作り方はとても簡単ですし、お家にある物で作ることが出来ます。

ペットボトルで作るガラガラの材料・道具

  • 空のペットボトル(180ml・200ml):1本
  • 家にあるボタンやビーズなど:適量
  • ビニールテープ:20㎝ほど
  • マスキングテープやシール(飾り用)

ペットボトルで作るガラガラの作り方

  1. ペットボトルの中にボタンやビーズなどを入れる
  2. ペットボトルのキャップが開かないようにシッカリとビニールテープで留める
  3. ビニールテープの上にマスキングテープを貼る
  4. ペットボトルにシールなどを貼って飾り付けて完成

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ②マラカス

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃの聴覚編2個目はマラカスになります。幼稚園などの遊戯会などでも使われることが多いのがマラカスです。お家でもテレビを見ながらマラカスを振っているお子さんも多いです。

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ③ポットン

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃの聴覚編3個目はポットン落としです。ポットン落としはペットボトルに大きな穴を開け、その口にペットボトルのキャップで作ったボールをポットンと落とすおもちゃです。

口に入れたり出したりするので、ポットン落としでお片付けも覚えてくれるかもしれませんね。ボールを落とす度にポットンと音がするので、その音を楽しむことも出来ます。繰り返しが楽しくなってくる時期にオススメのおもちゃですし、赤ちゃんでも安心に遊べますよね。

ペットボトルで作るポットン落としの材料・道具

  • ペットボトル(2L):1本
  • ペットボトルのキャップ:適量
  • ビニールテープ
  • シールや画用紙に書いたキャラクター
  • カッター
  • ハサミ

ペットボトルで作るポットン落としの作り方

  1. ペットボトルの真ん中より少し上の部分をカッターで四角に切り取る
  2. ビニールテープで切り取ったところを補強する
  3. キャラクターの顔やシールを貼って飾る
  4. 2個のペットボトルのキャップをビニールテープで貼り合わせる
  5. ペットボトルのキャップを本体の口に落として完成

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ【視覚編】

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ①スノードーム

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃの視覚編1個目はスノードームです。スノードームはキラキラと綺麗に光るので、赤ちゃん・幼児も視覚で楽しむことが出来ます。ただ、水を使うので重くなってしまいます。なので、赤ちゃん・幼児の近くに置く場合は注意が必要となります。

スノードームに使うペットボトルはシッカリと中を洗うことが重要です。中に入っていた飲み物を洗っておかないと水が混ざってしまい、綺麗なスノードームが出来ません。ガラガラの作り方と同じように作ることが出来ます。色とりどりのビーズと水をペットボトルに入れるだけになります。

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ②シャワー

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃの視覚編2個目はお風呂場やプールで遊べるシャワーです。画像はタコさんやイカさんにアレンジしたシャワーになります。年月が経つと幼児がプールで遊んだりしますよね。そんな時にシャワーで楽しむことが出来ます。またお風呂でもおもちゃとして活躍します。

ペットボトルにキリなどで穴を開けて水を入れるだけで簡単にシャワーを作ることが出来るので、とても簡単に作ることができます。また幼児の年齢に合わせてペットボトルの大きさを選んであげてください。赤ちゃんと一緒に使用する際には、お父さん・お母さんが使って見せてあげてくださいね。

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ③玉入れ

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃの視覚編3個目は玉入れゲームです。色の付いたビー玉が自由にペットボトルの中を動き回り、紙に穴を開けることで移動するのも赤ちゃん・幼児にとっては見た目にも楽しいですよね。

ペットボトルで作る玉入れの材料・道具

  • ペットボトル:1本
  • 厚紙
  • ビー玉やスーパーボール:1個
  • 油性マジック
  • ビニールテープやマスキングテープ
  • カッター

ペットボトルで作る玉入れの作り方

  1. ペットボトルを長さに合わせて半分か三等分に切る
  2. ペットボトルの底面の大きさに合わせて厚紙を切り抜く
  3. 切り抜いた厚紙にイラストやキャラクターを書く
  4. 中心にビー玉やスーパーボールが入るくらいの穴を開ける
  5. 1本のペットボトルに戻すように組み立て間に厚紙とビー玉やスーパーボールを入れる
  6. ビニールテープやマスキングテープで結合部を固定して完成

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ④風鈴

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃの視覚編4個目は風鈴です。夏にピッタリの風鈴はペットボトルをカットし、ビーズや好きなパーツを吊り下げてお好みの飾りつけをすれば、キラキラと光る風鈴を作ることが出来ます。

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ【手持ち編】

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ①電車

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃの手持ち編1個目は電車・新幹線です。ペットボトルの電車・新幹線は穴を開けて紐を通したりすることで、引っ張ったりすることも出来ます。紐を通さなくても1本分でも電車のおもちゃになります。

ビニールテープで色を付けたりすることによってより電車っぽくなります。綺麗に洗って乾かしたペットボトルにビニールテープでコーティングし窓をつけて、好きなキャラクターのシールを貼ってあげるだけでも十分なおもちゃとなります。私がご紹介する作り方と分かりやすい動画があったのでご紹介します。

ペットボトルで作る新幹線の材料・道具

  • ペットボトル(2L):2本
  • アルミホイル:適量
  • マグネット:5個
  • 新聞紙・広告のチラシ:適量
  • 両面テープ
  • ガムテープ
  • ビニールテープ

ペットボトルで作る新幹線の作り方

  1. 1本のペットボトルの上部を平行に切る
  2. 1本のペットボトルの上部を斜めに切る
  3. 斜めに切った部分をひっくり返しはめ込む
  4. 細いビニールテープを使って形を整える
  5. 強度を上げるために新聞紙や広告を丸めて詰め込む
  6. 先頭車両・運転席になるようにテープで留めていく
  7. 新聞紙を丸め黒のビニールテ―プでコーティングし運転席部分に貼り付ける
  8. 平行に切ったペットボトルを先頭部分の後ろに結合させる
  9. 布テープで補強する
  10. 好きな新幹線の塗装になるようにビニールテープや布テープを貼り付けて完成

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ②バトン

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃの手持ち編2個目はバトンです。ペットボトルや新聞紙、飾りつけのリボンなどで可愛くもカッコよくも作ることが出来ます。カラフルでキラキラしているので、赤ちゃん・幼児も視覚的に楽しめます。

中に音が出る材料を入れておけば、聴覚的にも楽しむことが出来ます。実際に作って、幼稚園などのバザーに出しているお母さんもいらっしゃいます。可愛いですしバトンで遊ぶのが好きなので、お子さんも喜びますよね。

ペットボトルで作るバトンの材料・道具

  • ペットボトル(500ml):1本
  • 新聞紙:3・4枚
  • 包装紙:1枚
  • リボン
  • ビニールテープ
  • 柄テープ
  • 油性マジック
  • ビーズやボタンなど(飾り用)
  • ビーズやストローなど(音が鳴る用)

ペットボトルで作るバトンの作り方

  1. ペットボトルは3つに切り分ける(上の部分と下の部分を使う)
  2. 中を装飾する場合は油性マジックで塗っておく
  3. 新聞紙を端からくるくる巻いて棒状にした物をテープで留める
  4. 棒状にした新聞紙に包装紙を巻き付ける
  5. ペットボトルの上の部分の口に棒を差し込みテープで留める
  6. 下の部分を上の部分に結合させてシッカリとテープで留める
  7. リボンや柄テープで装飾をしたら完成

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ③マイク

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃの手持ち編3個目はマイクです。何かを持ったりするのが好きな赤ちゃん、そしてアニメや見ているテレビののモノマネをして歌手になりきったりするのが好きな幼児にはピッタリのおもちゃです。

ペットボトルで作るマイクの材料・道具

  • ペットボトル(500ml):1本
  • ガチャガチャの容器:1個
  • トイレットペーパーの芯:1本
  • カッター
  • ビニールテープ

ペットボトルで作るマイクの作り方

  1. ペットボトルの飲み口から5㎝くらいのところをカッターで切る(ガチャガチャの容器が入る大きさに切る)
  2. トイレットペーパーの芯を縦に開くように切る
  3. くしゃくしゃにした紙を開いたトイレットペーパーの芯で包む
  4. ビニールテープでコーティングしてペットボトルの飲み口に結合して固定する
  5. ペットボトルの飲み口と逆の方にガチャガチャの容器を結合しテープで固定する
  6. 全体にビニールテープでコーティングして完成

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ【ゲーム編】

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ①空気砲

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃのゲーム編1個目は空気砲です。空気砲はトイレットペーパーの芯などをボウリングのピン替わりにして空気で倒すことが出来ます。点数やイラストを描いた紙をピン替わりにしても良いですよね。

風船を使って空気を押し出すことになるので赤ちゃんには難しいかもしれません。空気砲の材料や道具、作り方をご紹介します。今回ご紹介する作り方は持ち手のない空気砲になります。持ち手のある空気砲の作り方の動画を見つけましたので、私のご紹介する作り方の後にご紹介します。

ペットボトルで作る空気砲の材料・道具

  • ペットボトル(500ml):1本
  • 大きい風船:1個
  • ビニールテープ
  • ハサミ
  • カッター

ペットボトルで作る空気砲の作り方

  1. ペットボトルの底の部分をカッターで切る
  2. 風船の3分の1くらいの所をハサミで切る
  3. 風船をペットボトルの切った底にかぶせる
  4. 風船が取れないようにビニールテープで留めて完成

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ②ボウリング

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃのゲーム編2個目はボウリングです。ペットボトルのボウリングは同じ大きさのペットボトルで作るボウリングのピンです。500mlのペットボトル10本と中に入れるビーズや鈴、イラストを描いた紙とビニールテープだけで作ることが出来ます。

赤ちゃん・幼児はボールを持ったり投げたりするのが好きなので、ボウリングはもってこいです。飛び散るのが嫌な方は段ボールに乗せ、ペットボトルのピンの後ろにガムテ―プを貼っておくと飛ばなくて便利です。中に入れるビーズや鈴は重り程度なので、多く入れすぎないことがポイントです。

ペットボトルの収納って悩みませんか?どうやって片付ければ良いのか分からないですよね。次の記事ではペットボトルの収納方法とアイデアをご紹介していますのでご覧ください。

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ③けん玉

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃのゲーム編の3個目はけん玉です。けん玉もペットボトルで作ることが出来るんです。小さいお子さんはガチャガチャも好きですし、材料はすぐ揃っちゃいます。けん玉の玉は新聞紙を丸めて作ったボールやペットボトルのキャップでも代用出来ます。

ペットボトルで作るけん玉の材料・道具

  • ペットボトル(500ml):2本
  • ヒモ:40㎝ほど
  • ビニールテープ
  • マジック
  • カッター
  • ハサミ

ペットボトルで作るけん玉の作り方

  1. 2個のペットボトルのキャップをビニールテープで留める
  2. 2㎝ほどヒモを出してペットボトルのキャップに貼り付ける
  3. ヒモを折り全体が少し重くなるように5週くらいビニールテープを巻く
  4. ペットボトルの上の部分を切り離す
  5. 切ったところは危ないのでビニールテープで補強と保護をしておく
  6. ペットボトルの飲み口を合わせるようにしてビニールテープで留める
  7. キャップを付けたヒモを飲み口合わせビニールテープで留めて完成

POINT

ペットボトルの形を変えるのがベスト!

ペットボトルの形を変えるとけん玉のお皿部分が変わるので、より一層楽しめますよ!

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ④カエル

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃのゲーム編の4個目はカエルのおもちゃです。ぴょこぴょこと飛び跳ねるカエルの行方を追ったり、押すだけで遊べるので赤ちゃん・幼児でも簡単に遊ぶことが出来ます。お子さんと一緒にどちらが遠くに飛ばせるのかゲームをするのも良いですね。

ペットボトルで作るカエルのおもちゃの材料・道具

  • ペットボトル(500ml):1本
  • 油性マジック
  • ビニールテープ
  • カッター
  • ハサミ

ペットボトルで作るカエルのおもちゃの作り方

  1. マジックでペットボトルにカエルを描く
  2. ペットボトルの底をカッターで切り取ってハサミでカエルのラインに沿って切る
  3. ビニールテープでシッカリと保護とコーティングする
  4. 切り取ったカエルを半分にシッカリと折り目を付ける(山折り)
  5. 足になる部分を手前に半分に折る(谷折り)
  6. 横から見て【Z】のような形になれば完成

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃ⑤輪投げ

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトル工作・手作りおもちゃのゲーム編5個目は輪投げです。輪投げは輪っかを投げるだけになるので赤ちゃん・幼児でも楽しめるおもちゃです。簡単に倒れないようにペットボトルに水を入れたりして重くするのがポイントになります。

ペットボトルで作る輪投げの材料・道具

  • ペットボトル:9本
  • 新聞紙:適量
  • ビニールテープ
  • 油性マジックやシール

ペットボトルで作る輪投げの作り方

  1. 新聞紙を丸めて細い棒を作ってその棒で輪を作る
  2. 重ねた部分からビニールテープを巻いてコーティングする
  3. 空のペットボトルに水を入れてシールやマジックでデコレーションして完成

赤ちゃん・幼児が遊ぶペットボトルおもちゃを手作りする際の注意点

ビニールテープやマスキングテープで切り口を保護しよう!

赤ちゃんと遊ぼう

赤ちゃん・幼児が遊ぶペットボトルおもちゃを手作りする際に注意する点がいくつかあります。その1つ目が細工する際にカッターやハサミでペットボトルを切った後に、切り口などを必ず保護することです。その時に使える道具がビニールテープです。

100均などで購入することも出来ますし、ビニールテープはカラーバリエーションもあるのでデコレーションにも使えます。またマスキングテープも代用出来ますので、お好みで使い分けてくださいね。次の記事で100均のマスキングテープをご紹介していますので、参考にご覧ください。

パーツは頑丈にシッカリと固定しましょう!

シッカリと固定しよう!

注意点の2つ目はパーツは必ずシッカリと固定し、小さいおもちゃを避けるようにすることです。手作りのおもちゃは好きなようにリボンやパーツを飾り付けることが出来ますが、取れやすいのも難点です。なので、飾りはテープや接着剤でシッカリと固定しましょう。また外れないか、壊れないかをチェックすることが大事です。

簡単な作り方でも作った人のぬくもりが伝わる!

ぬくもりが伝わるおもちゃを作ろう

最後の注意点は手作りのおもちゃは作った人のぬくもりや思いが伝わるので、シッカリと気持ちを込めて作ることです。既製品は多くありますが、お家にある身近な物を使うことで経済的にも負担がなく、気持ちを込めて作ることが出来ます。

手作りのペットボトルおもちゃで赤ちゃん・幼児と遊ぶ際の注意点

小さいおもちゃは口に入れないように注意する!

赤ちゃんがおもちゃを口に入れないように気を付けましょう

赤ちゃん・幼児の口に入るような大きさのおもちゃを作ってしまうと喉に詰まらせてしまう可能性があります。喉を詰まらせてしまうと窒息してしまうので、そんな事故が無いように小さいおもちゃは口に入れないように注意しましょう。

材料や道具に気を付ける!

ハサミなどはすぐ片付ける

また作った後にすぐ遊ぶ時には使った道具などはすぐに片付けるようにしましょう。思わぬ事故が起こるかもしれません。どうしてもホッチキスを使わなければいけない場合は針に気を付けるようにしましょう。

おもちゃ以外にも赤ちゃんのベッドに使えるモビールも手作りすることが出来ます。モビールの作り方やアイデアをご紹介していますので、ご一緒にご覧ください。

ペットボトルのおもちゃは手作りでも簡単に出来る

赤ちゃん・幼児が楽しめるペットボトルのおもちゃの作り方やオススメをご紹介しましたが、いかがでしたか?ペットボトルのおもちゃは簡単に作ることが出来ます。手作りのおもちゃは作った人のぬくもりや思いも伝わります。気持ちを込めて作ってみてくださいね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。