Large thumb shutterstock 181758998

新月で願い事を叶える方法・書き方|2018年のボイドタイムも

更新:2019.09.02

新月に願い事をすると叶うというのをご存知ですか?月には、地球や人間に与える効果があり、つながりを強くすることで願いを叶える力を貸してくれます。新月に願い事をするには、その方法やおまじない、願い事の書き方などさまざまなポイントがあります。2018年の新月カレンダーも参考になさってください。

月への願い事やおまじないは叶う?

信じるパワーが大切

願い

月への願い事が叶うかどうかは、自分自身がどれくらい月の力を信じることができているかによるでしょう。西洋占星術に代表されるように、人々は古来から広い宇宙の星々からたくさんのインスピレーションを受け、宇宙と共に生きてきました。

占いやおまじないで政治が決まる時代の歴史も、多くの国で残されているほどです。それが実現してきた歴史は、まさに人々の星や月の動きを信じる力があったからだと言えるでしょう。

願い事やおまじないの方法が大切

方法

そして、月への願い事をより叶えるためには、信じる力のほかに願い事をするときの方法がとても大切です。せっかく月の力を借りるのであれば、より願いが叶いやすい方法をとった方がいいでしょう。また、以下の月へのおまじないについても、ぜひ参考にしていただくといいでしょう。

新月の日に効くおまじない|準備編

新月の日に効果抜群なおまじないの準備①:新月を確認する

カレンダー

新月の日に効果抜群なおまじないの準備の1つ目は、まず新月がいつであるかを確認することです。月は約1か月のサイクルでその姿を変えているため、基本的にはひと月に1度、新月の日が訪れます。2018年の新月の日については、次項の2018年新月カレンダーでご紹介しています。

新月の日に効果抜群なおまじないの準備②:ノートとペンを用意

新月の日に効果抜群なおまじないの準備の2つ目は、お気に入りのノートとペンを用意することです。どんな願い事もそれを書くノートが、チラシの裏だったり、ペンも使い古したボールペンではその効力は半減します。自分が最高にワクワクするコンディションで新月を迎えるために、お気に入りを用意することをおすすめします。

新月の日に効果抜群なおまじないの準備③:体調

お酒

新月の日に効果抜群なおまじないの準備の3つ目は、自分の体調を最善の状態に整えておくことです。これは、風邪をひかないようにするというのは当然のことながら、それ以外に自分の体の中がクリアになっていることが重要です。

例えば、便秘などのように自分の中に老廃物がたまっていると感じる場合にはできるだけ解消しておくことをおすすめします。また、お酒を飲んでいる場合や、食事を必要以上に食べ過ぎている場合なども、新月の願い事をする日としては、いいとは言えません。便秘解消については、以下の記事もご覧ください。

2018年の新月はいつ?

2018年の新月カレンダー

カレンダー

2018年の新月は、以下のように巡ってきます。月に1回ではあるものの、気が付くとあっという間に巡ってきます。ぜひ願い事やおまじないをするタイミングを、2018年のスケジュールなどにメモしておくといいでしょう。

2018年新月カレンダー

日付 時間 ボイドタイム 星座
2018年1月17日 11時17分 なし やぎ座
2018年2月16日 6時5分 新月から16日11時41分まで みずがめ座
2018年3月17日 22時11分 新月から18日3時56分まで うお座
2018年4月16日 10時57分 なし おひつじ座
2018年5月15日 20時47分 なし おうし座
2018年6月14日 4時43分 新月から14日16時19分まで ふたご座
2018年7月13日 11時47分 新月から14日2時30分まで かに座
2018年8月11日 18時57分 新月から12日12時58分まで しし座
2018年9月10日 3時1分 なし おとめ座
2018年11月8日 1時1分 なし さそり座
2018年12月7日 16時20分 なし  いて座

2018年も残り半分!

カレンダー

2018年も残り半分となりました。2018年のはじめに立てた目標や願いで、まだ叶っていないことがあるのではないでしょうか。これまで新月への願い事について興味がなかった方も、ぜひ残りの半年で願いを叶えてみましょう。

2018年の願いを叶える方法として、ぜひ次の記事も参考にしていただくといいでしょう。幸運を呼ぶ待ち受け画像を合わせて取り入れることで、より願いが叶いやすくなります。

新月の日に効くおまじない|注意事項編

新月の日に効果抜群なおまじないの注意事項①:願い事は10個まで

願い

新月の願い事やおまじないは、たくさんすればいいというものではありません。今の自分の心が受け止められるような願い事にするといいでしょう。数としては10個以内が目安と言われています。願いの数があまりに多いと、願いに対する自分の思いが分散され、効果が出づらくなります。

また、願い事は分散して書くようにしましょう。例えば、「たくさんのお金を手に入れて、素敵なマンションを買いたい」と新月にお願いする場合、「たくさんのお金がほしい」という願いと、「素敵なマンションがほしい」という願いを、それぞれ願うことが必要です。

新月の日に効果抜群なおまじないの注意事項②:新月と満月で別の願い事

新月にする願い事やおまじないは叶うと言われています。迷信だと思っていたり、信じていない方も多いでしょう。しかし、月は地球に大きな影響を与えている惑星であり、その地球に住むわたしたちは月の影響を多く受けながら生きています。

一方、満月の願い事としては、自分の中で捨てたい感情や人間関係、手放したいものごとへの執着を解放するための願いやおまじないが届きやすいと言われています。あきらめられない復縁や、欲しいのに手に入らないお金、ずっと持ち続けているプライドなど、自分の中で何かを手放したいときは満月の日にお願いしましょう。

新月の日に効果抜群なおまじないの注意事項③:願い事のタイミングが大切

新月の願い事は、そのタイミングが重要となります。新月になったのち、8時間以内に願い事をするのが一番効果的です。しかし、新月というと常に夜であるかのような気になりますが、実は新月になる瞬間はその月によってさまざまです。前項の2018年新月カレンダーを参考にしていただくといいでしょう。

新月の願い事やおまじないは、このそれぞれの新月になった瞬間から8時間以内に行うのが理想的ですが、難しい場合には48時以内でもいいと言われています。

新月の日に効果抜群なおまじないの注意事項④:ボイドタイムを避けよう

新月にはボイドタイムと呼ばれる時間帯があります。2018年新月カレンダーの項目に記載されているように、ボイドタイムはその月によって長さが異なる上に、ある月とない月があります。新月の願い事は、できればこのボイドタイムを避けて行ったほうがいいでしょう。次に、ボイドタイムについて詳しく解説します。

また、2018年の新月の願い事についてをもっと詳しく知りたい場合は、ぜひ次の記事も参考にしていただくといいでしょう。さまざまな方法で効果を試してみてください。

ボイドタイムとは?

ボイドタイムの意味

辞書

ボイドタイムのボイドは「void」と表記します。英語で、邪魔をする、効果のないというような意味合いを持っています。この英単語がもつ意味と同様に、月にはその影響力が発揮されない時間帯があります。

新月に願い事をする場合には、このボイドタイムを避けた方がいいというのは、せっかくかける願い事が月の位置によって遮断されてしまうため、叶えられなくなってしまうためです。

ボイドタイムに月の力の効果がなくなる理由

ボイドタイムに月の力が無効になるのは、月がそのほかの星座から影響を受けなくなるためです。少し専門的な解説となりますが、西洋占星術いわゆる星占いは、ひとつの星からすべてを知るものではなく、星と星とが影響をお互いに受け合うことから、さまざまな解釈をしていく占星術です。

星と星とが形成する角度を、西洋占星術ではアスペクトと言いますが、そのアスペクトの角度が何度であるかによってもその解釈はことなります。ボイドタイムとは、その時間帯に月がほかのどの惑星ともアスペクトを形成しない時間帯のことを指します。

星は、自身だけではなくほかの星や星座から影響を受けることで効力を発揮しますから、ボイドタイムに月に願い事をしても月が他の星から力を得ることがないため、効力を受け取ることができないということです。2018年の新月のボイドタイムについては、ぜひ前項の2018年新月カレンダーを参考になさってください。

ボイドタイムの具体的な影響と2018年のボイドタイム

喧嘩

ボイドタイムは「魔の時間帯」と呼ばれることもあるくらい、現実の生活にも影響を与えると言われています。例えば、自分の感情のコントロールが効かない、人と人との間におけるコミュニケーションがうまくいかないという現象も起こります。過去には、ボイドタイムに大事な会議を設定しないという国があったほどです。

もし、自分の調子が良くない時期が定期的に訪れるという場合には、それはボイドタイムであるという可能性があります。前項の2018年新月カレンダーで2018年のボイドタイムを確認してみるといいでしょう。しかし、あくまでも月への願い事は、月の力を借りるということでありすべてを委ねるということではありません。

また、ボイドタイムを必要以上に恐れることなく、月とつながりを持ちながらも、依存しすぎないようなかかわり方ができるといいでしょう。ボイドタイムをはじめとした西洋占星術をより詳しく知りたい方は、次の記事も参考にされるといいでしょう。

新月の日に効くおまじない|願い事の書き方編

新月の日に効果抜群なおまじないの書き方①:すでに願いが叶ったように書く

叶った

新月の願い事の効果的な書き方のポイントは、願いがすでに叶ったかのような書き方です。例えば、「今付き合っている彼と結婚したい」という願いの場合、「彼と結婚することができました」と表現します。「今付き合っている彼と結婚したい」のように願うと、今の結婚できていない現実も願いと一緒に月に届いてしまいます。

いくら前向きな気持ちで「結婚したい」と言ったとしても、その願いには同時に「結婚できないかもしれない」という不安や、「いつになったら結婚してくれるのだろう」という焦りがのってしまうことになります。結婚していないのに、「彼と結婚することができました」と言うのは気がとがめるということもあるでしょう。

その場合には、自分の中にある時間の感覚を止めてみるといいでしょう。今の自分にはその現実は起きていませんが、3か月後の自分には起きているかもしれません。その願いが心の中にあるということは、必ず実現可能であるということです。

新月の日に効果抜群なおまじないの書き方②:願い事の描写は具体的に

結婚

新月の願い事の効果的な書き方のポイントの2つ目は、願い事の描写を具体的にするということです。「彼と結婚することができました」という結果だけではなく、「思い出のレストランでプロポーズされました」「憧れの●●で結婚式をあげることができました」というように、具体的にイメージすることが大切です。

何か願いを実現させたいというときに、理想の姿を細やかに自分の中にイメージすることはとても大切です。そのイメージがリアリティにあふれていればいるほど、そのイメージする姿がそのまま現実に引き寄せられることになります。

そのため、願い事は絵にすることもおすすめします。もしくは、インターネット上の画像や、雑誌の切り抜きなどで理想とするイメージがある場合には、そういった画像などもノートに張り付けておくといいでしょう。そのように、頭の中でイメージを徐々に膨らませていくことで、理想が現実に近づいていきます。

新月の日に効果抜群なおまじないの書き方③:叶ったときの感情を書く

安心

新月の願い事の効果的な書き方のポイントの3つ目は、叶ったときの感情を感じながら書くということです。ここでは、その願いを通してどんな自分になりたいかをしっかりと分かっておく必要があります。「彼と結婚したい」ということを願う場合に、彼と結婚することが目的であるのは当然のことです。

しかし、彼と結婚することで自分が得たいものは、その先にある「幸せな気持ち」や「安心している感覚」ではないでしょうか。実は、願いが叶わない原因はここにあることが多いのです。ものがほしいと思ったり、だれかに気持ちが届いてほしいという願いが先行することによって、願いの本質が分からなくなりがちです。

つまり、新月の願い事を書くときは「憧れの●●で結婚式を挙げることができました。今までにないくらい幸せで安心感に包まれています」というように、自分自身が本来感じたいと思っている、そのものを手に入れた自分の幸せな気持ちや、相手から愛されることで自分の中に湧き上がる安心の感情を一緒に書くようにしましょう。

新月の日に効果抜群なおまじないの書き方④:叶ったことへ感謝を書く

ありがとう

新月の願い事の効果的な書き方のポイントの4つ目は、叶ったことへの感謝の気持ちもあわせて書くという書き方です。人間が発するエネルギーの中で、一番質の高いエネルギーは感謝からあらわれるエネルギーです。質の高いエネルギーを発している人は、願いが叶いやすく、理想とする現実も引き寄せやすくなります。

そのため、「憧れの●●で結婚式を挙げることができました。今までにないくらい、幸せで安心感に包まれています。本当にありがとうございます」のような書き方をして、感謝のエネルギーを願い事にのせるようにしましょう。

ちなみに、感謝のエネルギーとは反対に、願いが叶いづらくなる低いエネルギーとは、自己嫌悪や劣等感、罪悪感などのように、自分のことを自分で傷つけるようなエネルギーです。自分が発しているエネルギーには注意する必要があります。

新月の日に効果抜群なおまじないの書き方⑤:他人を変える書き方をしない

喧嘩

新月の願い事の効果的な書き方のポイントの5つ目は、他人を変えようとしたり、悪く言うような書き方をしないということです。月への願い事の主語は、すべて自分自身です。願いは、自分が変わることによってのみ叶います。

そのため、「彼が浮気をやめてくれました」というような願いは、月には届きません。こういう場合には、浮気をする彼に執着する自分を手放したり、彼の浮気で傷ついて劣等感を抱えている自分のことを癒すことが、月に対してお願いできることでしょう。そのため、手放す願いが届きやすい満月のほうが向いていると言えます。

もしくは、「彼の浮気への執着を手放して、自分らしくやりたいことをして生きることができています」というような願いにしてみるのもいいでしょう。とにかく、他人を変えたり、悪く言うような書き方ではなく、あくまでも自分がどう行動するか、どう変容していきたいかについてを願いの重点に置くようにしましょう。

新月の日に効果抜群なおまじないの書き方⑥:願い事を書いたノートは保管を

ノート

新月の願い事の効果的な書き方のポイントの6つ目は、願いを書いた紙やノートは保管しておくということです。満月の願い事のように燃やしたりはしません。

新月の願い事は、できるだけ自分のお気に入りのノートに書き貯められるようにするといいでしょう。そして自分が過去にどんなことを願ったかをいつでも見られるようにしておき、そして実際にどれくらいのことが叶っているのかを把握することをおすすめします。

願いが叶うスピードや量が高まっているということは、自分がいいエネルギーを発していて月とのつながりもより強まっているという証拠です。ノートを振り返ることによって、自分のスピリチュアル性をも理解できるでしょう。月への願い事以外にも、いい事が起こるおまじないもあります。ぜひ次の記事を参考にしてください。

新月の日に「超」効果抜群なおまじない|上級編

新月の日に「超」効果抜群なおまじない①:星座のパワーを借りる

新月の日に「超」効果抜群なおまじないの1つ目は、星座のパワーを借りて願い事をすることです。月は天体の中で常にその位置を変えており、2018年の新月カレンダーに記載されている星座が、新月がその月に位置する場所となります。

例えば、牡牛座に新月が位置する月には、牡牛座が得意とする「お金」についての願いが叶いやすくなります。また、家庭の象徴である蟹座に位置するときには、夫婦間や親との関係、また子どもに関することについての願いが叶いやすくなります。

このように、その月に新月が位置する星座の力を借りて、より効果が期待できる願い事をされるのはとてもおすすめです。ぜひ、その星座が得意とするものを調べて願い事を考えてみるといいでしょう。

新月の日に「超」効果抜群なおまじない②:自分を浄化する

浄化

新月の日に「超」効果抜群なおまじないの2つ目は、月へ願い事をすると同時に自分自身も浄化するということです。浄化の方法は、多くの水を飲むことや、よく睡眠をとることなどさまざまありますが、効果的な方法を一つご紹介しましょう。

お風呂に、日本酒1杯と荒塩を一握り入れます。そして十分に温まったあと、全身をシャワーで洗い流します。このとき、お風呂のお湯はしっかりと捨てるようにしましょう。残り湯で体を洗ったり、洗濯をするのはNGです。

これにより、自分自身が浄化されることになり、心も体もクリアになるため、より願い事が叶いやすくなります。可能であれば、毎晩続けてみるといいでしょう。1か月も経つと、効果が実感できるようになります。自分自身を浄化することについて興味がある方は、ぜひ次の記事も参考にしていただくといいでしょう。

新月の日に「超」効果抜群なおまじない③:満月とのサイクルを意識する

新月の日に「超」効果抜群なおまじないの3つ目は、満月とのサイクルを意識するということです。満月は自分の中の不要なものを手放すのに最適のタイミングであるとご紹介しました。

新月のサイクルで自分の叶えたいことを願い、そして満月のサイクルでもう不要になったものを自分の中からしっかり手放し、自分の中を常に循環させることが大切です。そのためには、満月のサイクルも意識しながら、月とのつながりを強めることが効果的です。常に新しい自分で在れるように過ごしていたいですね。

叶いやすい新月の願い事

叶いやすい新月の願い事①:自分と周りを幸せにする願い

みんな

叶いやすい願い事の1つ目は、自分だけではなくその願いが叶うことによって周りの人たちも幸せにするという願いです。例えば、自分がだけの得になるようにという願いや、自分の願いが叶うことによってだれかが傷つく思いをするような願いは、月には届かないと思っておいた方がいいでしょう。

願い事の書き方の項でもご紹介したとおり、自分がほしいと思っているものや、自分がそうなりたいと思っていることイメージし、幸せに感じることができれば願いは叶いやすくなります。そのため、人を変えようとしたり、人を悪く言うような願い事でなければ叶うと考えていいでしょう。

叶いやすい新月の願い事②:願い事が自分の本心であること

本心

叶いやすい願い事の2つ目は、自分の本心から生まれている願い事です。今自分が月にお願いしたい願い事は本当に自分自身が叶えたいと思っていることでしょうか。例えば、今ほしいと思っているバッグは、ライバルの同僚が持っているから競争心でほしいと思っているものではありませんか。

付き合いたいと思っている彼は、本当に好きな相手ではなく人気者だから夢中になっているというだけではありませんか。上司から認められたいという願いは、本当に心から自分が望んでいることでしょうか。わたしたちは、日々まわりから影響を受け、ときには否定され、またときには評価されながら生きています。

その過程の中で、周りから押し付けられた期待やあるべき姿を、自分の望みで思い込んでしまっていませんか。そういう人ほど、自分の本当の望みが分からなくなっているものです。自分の本当の望みが分かるようになるまでは、自分の心がクリアで素直になることを月に願うといいでしょう。本当の願いはその後に叶っていきます。

叶いやすい新月の願い事③:自分の器にあった願い事であること

器

叶いやすい願い事の3つ目は、自分の器にあった願い事やおまじないであることです。何の前触れもないにも関わらず、「大企業の社長になりたい」という願いや、「億万長者になりたい」という願いをかけてもすぐには叶いません。願い事はステップアップさせていく必要があります。

だからと言って、そのような願い事をしてはいけないということではありません。時間がかかる大きな願いは、また別に願いとして記しておいて問題ありません。月は、最終的な理想の自分になるために、少しずつ願いを叶えてくれるはずです。大きな願いを胸に刻みながらも、その願いを細かく分解して書けるようにしましょう。

わたしたちが願うことはすべて叶います。真摯な態度で月に願い事をし、あきらめずに繰り返すことが大切です。また、自分ができることから勇気を出して第一歩を踏み出し、行動に移すことも大切です。月の力、そして自分の力を信じて、願いを叶えていきましょう。素直な自分になるための記事も参考にしてください。

新月の願い事でどんどん理想の自分になろう!

happy

新月の願い事の方法についてご紹介してまいりました。いかがでしたでしょうか。願いが叶いやすい方法や、叶いやすい書き方などさまざまなテクニックはありますが、基本的に一番大切なことは、自分自身が月のパワーをしっかりと信じることです。そして、月とのつながりを自分の中で実感することが大切と言えるでしょう。

人生は決まり切っているものではなく、自分の在り方や生き方によって創り上げていくものです。何度願っても叶わず、あきらめたくなることもあるでしょう。落ち込むのは悪い事ではありません。落ち込んだらまた元気を取り戻して、もう一度月に願いをかけてみましょう。

最後にもう一度、思い出してください。自分がイメージできること、自分がなりたいと思う姿で、実現しないものはありません。自分の願いの強さや信じるパワー、そして一歩を踏み出す勇気で、現実は大きく変わっていきます。ぜひ、2018年は次の新月から願い事を書き始めてみてはいかがでしょうか。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。