INDEX

攻撃的な人の性格の特徴7つ

攻撃的な人の性格の特徴①:怒りっぽい

喧嘩する男女

攻撃的な人というのは、自分の思い通りにならなかったり、機嫌が悪い時などには相手のちょっとした言動が逆鱗に触れ、一気に沸点に達する事も多いので、周囲は驚く人も多いという特徴を持っています。それだけでなく、自分のストレス発散をする為に攻撃的になっている場合も多いのでターゲットになった人は厄介です。

攻撃的な人の性格の特徴②:すぐに落ち込んでしまう

悩む女性

メンタルの弱い人というのは、何か少しでも不安に思う事があったり、ストレスを感じた時にはそれに対する精神的な耐性を持っていないが為に周囲から心配されたいという気持ちが満たされない場合には周囲を攻撃する事でその不安を満たしていると言えます。極端な考え方しかできないので0か100の答えしか出せないのです。

その不安な気持ちをわかってもらえない、という事が結果として相手を攻撃する事で満たしているとも言えます。その後、冷静になると相手に対して申し訳ない、という感情を持つ事も多いですが、同様の事があった場合にはその時の感情のままに流されるのでまた同様の失敗をしがちです。

攻撃的な人の性格の特徴③:プライドが高い

男性

プライドが高い、という人は、自分が相手よりも勝っているという気持ちがある場合に、そう思っていた相手が自分よりも優れた能力を発揮した時に相手に対する嫉妬や劣等感が爆発し、イライラし始めます。自分の考え方が一番正しいと思っている節があるのでそこを指摘されると一気に機嫌が悪くなります。

自分が一番正しいと思っているので間違いを指摘された時には、見下していた相手に言われたという事がもう許せないのです。こう見ると理不尽のように感じますが、これを地で行っている所があるというのも攻撃的な人の性格であると言えます。プライドが高い男性の心理について述べている記事があるので参考にしてみて下さい。

Small thub shutterstock 551171755
関連記事 プライドが高い男との恋愛は相手の心理を上手くコントロールしよう

いざ付き合って見たらその彼氏がプライドの高い男だった!なんてことありま

攻撃的な人の性格の特徴④:自己顕示欲が強い

女性

「自分を認めてほしい」「自分に注目してほしい」という自己顕示欲が人一倍強い人というのも攻撃的な人の性格の特徴と言えます。注目される事が良い事であっても悪い事であっても注目されればいいのです。自分に注目される事であれば手段を選ばないというのも攻撃的な人の特徴の一つです。

攻撃的な人の性格の特徴⑤:責任転嫁する

怒る女性

責任転嫁する人というのは、その件が重大な事であればあるほどその失敗を受け入れる事ができずに、その恐怖心から逃れる為に相手に責任を押し付ける事で「自分は悪くないんだ」と自分に言い聞かせる事で自分を正当化して平然を装っている事も多いものです。

そういう人間性が垣間見えれば、周囲も何かあった場合には相手を攻撃する事で責任を押し付けてくる人、というレッテルを貼られてしまいます。こういう人というのは、何かあった場合には要注意人物になるので周囲は誰も一緒に仕事したくなくなると思う傾向もあります。

攻撃的な人の性格の特徴⑥:素直になれない

男性

自分の感情を素直に表に出せないという人は自分の感情を押し付けて生活しているのでそのストレスが結果として突然攻撃してくるような攻撃的な人間になってしまいます。自分の意見を否定される事をひどく嫌っているので否定されるくらいなら自分の意見を言わない方がいいといった考え方が結果としてストレスを招いています。

しかし、自分の意見を押し込んだまま生活していく、というのは想像以上に精神的にも辛いものです。相手が自分の意見を汲み取ってくれるのを待つのではなく、しっかりと自分の意見を言えるようになるというのも周囲からの自分に対しての評価を落とさない為には必要な事です。

攻撃的な人の性格の特徴⑦:神経質

怒る女性

神経質の人というのは、真面目人間に多く見られる性格の為、細かい性格なだけでなく融通が利かないので自分の思い通りに事が進まないという状況になった場合には徐々に攻撃的になるという性格を持ち併せています。神経質な人というのは、独自ルールを持っている事もあるのでちょっとした事が気になるという事も多いんです。

自分の中だけでのルールであれば問題ないのですがそれを他人にも押し付けてしまうのでそのルールから逸れてしまった人に対してイライラし、攻撃的な人として接してしまうのです。独自ルールを外れてしまった場合には、それに対処するだけの余裕もなくなってしまうのでパニックになり、殻に閉じこもってしまう事も多いです。

攻撃的な人の心理10つ

攻撃的な人の心理①:どうコミュニケーションを取ったらいいかわからない

指をさす女性

コミュニケーションを取る際、常に喧嘩越しの人っていませんか?そういう人というのは心理的な見解として挙げられるのがどう、他人とコミュニケーションを取ったらいいのかわからないというのが実際の所なんです。部下など自分よりも下の人に対して攻撃的になる事で言う事を聞かせるのが一番と思い込んでいる節があります。

攻撃的な人の心理②:自分の支配下に置きたい

男性

攻撃的な人というのは、支配欲も強いというのもポイントです。相手を攻撃する事により、自分の思い通りに動かす事こそがステータスのように感じている節もあります。支配欲が強い人にとって、自分に反発してくる人間というのは邪魔者の何ものでもありません。相手が余計に反発するようであればより強い姿勢で臨むだけです。

自分の意見を否定される事に対して恐怖感を抱いているという心理を持つ人も少なくないので、否定されない為に攻撃的になって相手を徹底的に痛めつける事で自分の思い通りに動かそうとする考えを持っているのです。こういう人は恋愛においても同様に考えている事も多いのでこの記事を参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 502355851 1
関連記事 恋愛で支配欲が強い男性心理は?征服欲と独占欲が強い理由にも迫る

恋愛で支配欲が強い男性がいます。欲はたくさんあって征服欲・独占欲が強い

攻撃的な人の心理③:自己防衛

ストップを掛ける男性

攻撃的な人というのは、実はメンタル的に弱いという部分を持っている事も多いものです。その為、自分が攻撃されるという事に対して人一倍恐怖感を抱いている事も多いのです。自分が攻撃される前に自分が先に攻撃して先手を打っておこう、という考えもあるので自己防衛に必死になるが為にあらゆる人に攻撃してしまうのです。

攻撃的な人の心理④:劣等感が強い

睨む男女

自分が人よりも勝りたい、という事があってもその願いがなかなか叶わない、という場合にはその欲求を満たす為に見境なく周囲に攻撃的になるという人は実は多くいます。よく、お金持ちの人に対して劣等感を抱く人というのは多くいますが、それは心が貧しく相手への劣等感しかない事が原因である事も多いものです。

攻撃的な人の心理⑤:情緒不安定

怒る女性

失恋したり、好きな人に振られた時というのは、自暴自棄になる事から周囲にも当たり散らして迷惑を掛けた経験をお持ちの方も少なくないと思います。普段、そういうタイプの性格でなくても自分に不都合な事や理不尽な事が起こった時というのは仕方ない事かもしれません。



攻撃的な人の心理⑥:ストレスが溜まっている

頭を抱える女性

ストレス社会と言われている現代では、ストレスが原因で攻撃的になってしまう人というのは案外多いものです。しかし今ではネット社会である事もあり普段の生活では言えないような事でもネットであれば自分の身分がバレる心配もないという考えから普段溜め込んでストレスを発散する場所として認識している人も多いものです。

攻撃的な人の心理⑦:思い込みが強い

悩む女性

自分が信じる事に対して良い事も悪い事も見境なく受け入れてしまい、その事が結果として攻撃的になってしまう、という事も多いものです。理屈で説明しても信じなかった人がある日、人が変わったようになってしまった事も実際にはあります。思い込みというのは恐ろしいもので、人格をも変えてしまいます。

特に、頑固な性格や融通の利かない人間というのは一度自分が信じてしまった事はとことん信じてしまうという傾向があります。マインドコントロールというのは、このような性格の人物が案外流されてしまうものなんです。ここに思い込みをなくす方法が書かれた記事があるので思い当たる節がある方は参考にしてみてください。

攻撃的な人の心理⑧:自分が一番でありたいと思っている

1

自分が常に一番でありたい、という心理が働いてその気持ちが強い人というのは、自分以外が他の人に注目される事をひどく嫌います。その為、自分以外がちやほやされているという現状が気にくわないので、周囲に攻撃的になる事で自分が立場的に上だと誇示していると言っても過言ではありません。

攻撃的な人の心理⑨:相手に心を開く事ができない

女性

自己主張を苦手としている攻撃的な人というのは、相手に心を開く事が出来ないという心理が働いているのも特徴の一つです。過去に、トラウマになるような出来事がきっかけで自分以外を信じる事が出来なくなっているという事も言えます。こういう人というのは、直接攻撃的な言葉を言ったりするような事はしません。

自分に今、近づくなというオーラを出している事も多いものです。その為、それを知らずに下手に関わってしまえば逆鱗に触れる事になってしまい、とばっちりを受けてしまう事もあります。攻撃的な人の心理状態を理解する事こそ重要な対処法と言えます。

攻撃的な人の心理⑩:自分に自信がない

悩む男性

攻撃的な人というのは、実は自分に自信がない人も多いんです。攻撃的な人というのは、見境なく自分以外の周囲に当たり散らすという性格からもわかるように、周囲の事を考える余裕を持ち併せていません。その為、攻撃される前に自ら攻撃する事で周囲に敵を作らないという事を徹底しているのです。

攻撃的な人の対処法は?

攻撃的な人の対処法①:受け流す

話す

人の事を攻撃するような人間に好かれたいと思いますか?そういう人は、攻撃する事でしか自分の存在を周囲にアピールできない可哀想な人なんです。その為、強い口調で何か言われてもハイハイと受け流すだけのスキルを身につけましょう。大抵の場合には、周囲もあなたと同様に感じています。

攻撃的な相手を下手に相手にすれば、自分が馬鹿を見るだけという事にもなりかねないのでそういう相手は相手にしないのが一番です。

攻撃的な人の対処法②:パワハラで会社に報告する

泣く女性

上司にパワハラの事実を報告するというのも一つの手です。それが、上司である場合にはそれよりも上の立場にいる上司に直談判するのもいいですし、会社によってはパワハラなどを専門に処理している部署があったりするのでそういう場所に報告するというのも効果的です。

パワハラをしてくる人というのは、仕事自体はできる人も多いので同僚などに相談してもあまり相手にしてもらえない事の方が多いという事も言えますので、公平な立場で判断してくれる場所の方が効果が高いと言えます。ここに職場内でのイジメなどについて紹介している記事があるので参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 328335041
関連記事 職場でいじめる人の特徴5選|無視や嫌がらせの対策・対処法も

職場内でいじめにあうのには原因があります。周りでいじめられている人がい

攻撃的な人の対処法③:哀れな人だと割り切る

悩む女性

攻撃的な人というのは人の事を信用できない事で攻撃的になる事でしか人と接する事ができない哀れな人なんです。そう割り切って付き合えば少しは自分自身も気が楽になりませんか?心の底から相手の事を哀れむ事が出来た時にはすでに、相手よりも優位に立ったも同然です。この対処法が一番簡単で効果が高いのかもしれません。

攻撃されやすい・言われやすい人の特徴は?

攻撃されやすい・言われやすい人の特徴①:オドオドしている

悩む男性

常に何かにオドオドしているような見るからに弱そうな人間というのは、攻撃的な人の格好の餌食です。支配欲の強い攻撃的な人には、願ってもない相手であると言っても過言ではありません。攻撃した時の態度を見て、オドオドして反撃してくるような事もなければ余計に相手の思う壺です。

攻撃されやすい・言われやすい人の特徴②:職場で孤立している

一人

職場で孤立しているような人というのは、何かあった時に助けてくれる人もいないのでそういう意味でも攻撃的な人から攻撃されやすいという特徴を持っています。その為、攻撃しても自分の味方に付いてくれる人の方が圧倒的に多いと感じた時にはストレス発散がてら孤立している人を攻撃している事も多いんです。

攻撃されやすい・言われやすい人の特徴③:仕事ができない

仕事

仕事ができない人というのも、ミスが多い事から攻撃的な人のストレス発散には攻撃しやすい相手であると言えます。特に、狙われやすいのが新入社員です。最初は、誰もがミスをしやすいという事も多いですがそれは仕事に慣れていないからこそです。これを解消する為には、早く仕事に慣れるほかありません。

Small thub shutterstock 287952731
関連記事 新人教育のコツは?イキイキとさせる方法とデキる部下にする育て方

新人教育。入社してある程度の年数になってくると誰でも経験したことあるは

攻撃的な人と上手く付き合っていくには可哀想な人だと割り切る事が大事

今回は、「攻撃的な人の性格や心理的特徴」や「攻撃的な人に言われやすい人とその対処法」などを紹介してきましたがいかがでしたか?攻撃的な人というのは、いわゆる自己中心的な考えの持ち主ですので、周囲の人からしてみれば理不尽な怒られ方をした、という経験をお持ちの方も少なくないと思います。

しかし、実は精神的に弱かったり、周囲に攻撃される事に対してひどく怯えているという事も多い為に可哀想な人と思えるような事も多いんです。この記事を参考に周囲に、攻撃的な人がいる場合には可哀想な人、と割り切って上手く付き合っていきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。