INDEX

「承る」と「賜る」の意味

「承る」の意味

承る

「承る」は「受ける」「いただく」「聞く」の謙譲語で、自分よりも目上の人に使う敬語です。自分自身をへりくだって言い、相手を立てるときに使います。「受理する」「引き受ける」などの意味合いを含み、「慎んで受けます」を丁寧に言った言葉です。

同じ意味合いの「了解した」は丁寧語で、同僚や自分と同じ立場の人間に使用します。目上の人に使ってしまうと失礼にあたりますので、注意しましょう。受動的な言葉で、相手の指示などを理解したときにビジネスシーンでよく使われる言葉です。

「賜る」の意味

賜る

「賜る」は「目上の人から物をいただく」という「もらう」の謙譲語であり、「目上の人が物をくださる」という「与える」の尊敬語でもあります。「もらう」と「与える」では全く逆の言葉ですが、「賜る」というひとつの言葉で両方の意味合いを表現するのが特徴的です。

主に会社の取引先やかしこまったシーンで使う言葉であり、日常生活で使用する言葉ではありません。また、親しい間柄でも使用するのは不自然です。ただし、「賜る」の乱用に注意してください。乱用してしまうと軽率な印象を相手に与えてしまい、かえって不快感を与えてしまうでしょう。

承ると賜るの違い

「承る」は厚意や助言に対して使用する

助言

「承る」は注文や依頼を受けたときに使用する言葉であり、品物に対しては使用しません。そのため主語は自分になり、「引き受けました」や客や目上の人からの指示を「了承しました」という意味で使われます。

また、「承る」も「賜る」も「聞く」謙譲語となりますが、そのニュアンスは少々違います。例えば、「話を承りました」という言葉はその話を聞いて対応いたしますという意味です。話を聞くことがメインで、事務的な対応の言葉となります。「承る」の方が「賜る」よりも、範囲が広くビジネスシーンではよく使われる言葉です。

「賜る」は品物や厚意に対して使用する

物

「賜る」は、「承る」が厚意や助言に使用するのに対し、品物や行為に対して使用します。そのため主語は相手となり、「承る」よりも厳粛なシーンで使われ、よりかしこまったニュアンスを与えます。目上の人から品物やありがたい言葉をもらったり、お願いして何かをしてもらったときなどに使用します。

「承る」と同様に「聞く」の謙譲語でもあります。例えば、「話を賜りました」という言葉はただ話を聞いたというだけではなく、ありがたい話や素敵な話を聞かせていただいたという感謝の意味が含まれています。「承る」が話を聞くことがメインだったのに対し、「賜る」は話自体がメインとなるのです。

承るの使い方・例文10選

「承る」の使い方・例文①確かに承りました

ビジネス

何かを依頼したり注文した際に「確かに承りました」と言われることが多いです。耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。「引き受けました」「了解です」などの意味で使われます。お店のスタッフがお客様に対して使うのがポピュラーな使い方です。

「承る」の使い方・例文②ご意見を承りたい

会議

「ご意見を承りたい」の「承る」は「聞く」の謙譲語です。「意見を聞きたい」を丁寧に言った言葉が「ご意見を承りたい」です。「ご意見を賜る」という言葉もありますが、ちょっとニュアンスが違います。

「ご意見を賜りたい」という言葉には相手に対しての敬意が込められています。それに対して、「ご意見を承りたい」は、事務的なニュアンスがあり、「あなたの意見を参考にしたい」という意味になるのです。

「承る」の使い方・例文③ご主人が療養中だと承りましたが

ビジネス

「ご主人が療養中だと承りたましたが」という使い方は、「聞く」の謙譲語です。言い換えると、「ご主人が療養中だとお聞きしましたが」となります。「お聞きしましたが」でも十分丁寧ですが、「承りましたが」の方がより丁寧になり自分よりも上の立場の人に対してはふさわしい言葉でしょう。

「承る」の使い方・例文④ご予約を承りました

予約

「ご予約を承りました」この言葉は、恐らく一番耳にする言葉かもしれません。ホテルやレストランなどに予約をした際に、お店のスタッフから言われる言葉です。「了解しました」「引き受けました」の意味があります。

「承る」の使い方・例文⑤ご注文を承ります

注文

「ご注文を承ります」は、「ご予約を承りました」のほぼ同じ使い方です。この場合の「承る」は、「受ける」「引き受ける」の謙譲語です。「ご注文を受け付けます」という言い方よりも、丁寧でかしこまった表現となります。

「承る」の使い方・例文⑥ご用件を承ります

ビジネス

「ご用件を承ります」この使い方も、ビジネスシーンで多く耳にします。主に電話対応で聞かれる言葉です。担当者不在の際の電話で、取引先などの相手の方に対して「よろしければご用件を伝言いたしましょうか」という意味で使われます。

「承る」の使い方・例文⑦ご要望を承ります

ビジネス

「何か希望や要望はありますか?」という際には、「ご要望を承ります」という使い方をします。相手の希望を叶えるために対応いたしますといった意味合いが込められた言葉です。

「承る」の使い方・例文⑧○○店の佐藤が承りました

店

「○○店の佐藤が承りました」こちらもよく聞く言葉です。お店に用件を伝えるために電話した際、電話を切る前に電話口の担当の人が自らの名前を名乗ります。「佐藤がお伺いしました」「佐藤が引き受けました」という意味です。

「承る」の使い方・例文⑨ご要望を承ることができません

拒否

「ご要望を承ることができません」こちらは「承る」を使った否定文です。断る際にも「承る」を使って丁寧な言葉遣いにすることで、相手も嫌な気持ちにはならないはずです。

「承る」の使い方・例文⑩ご用件を承りましょうか?

店

「ご用件を承りましょうか?」こちらは「承る」を使った疑問文です。何かお困りの方を見つけた際に、「ご用件を承りましょうか?」とお声がけをすれば相手も安心するでしょう。

承るの言い換え5選

「承る」の言い換え①お受けします

ビジネス

「承る」は、「お受けします」と言い換えることができます。「お受けします」は「引き受ける」の謙譲語で、頭の「慎んで」という言葉をつけて用いることが多いです。よりかしこまった表現になります。

依頼や取引先とのやり取りでしばしば使われる言葉です。また、プロポーズを受ける際にも「お受けします」と言うことがあります。厳粛なシーンで使うと、より真剣な想いが伝わるでしょう。

「承る」の言い換え②了解しました

ビジネス

「了解しました」も「承る」を言い換えた表現です。相手の言っていることを「理解した」「OKです」という意味で用いられます。老若男女問わず日常的によく使われる言葉です。

友達同士でも使用しますし、あまり親しくない人との間でも使うことができる言葉です。ただし、目上の人にはふさわしくありません。くだけた表現ですので、上司や先輩に使うと失礼にあたります。同じ立場の人や目上の人が目下の人に使う表現です。

「承る」の言い換え③お聞きする

ビジネス

「承る」は「聞く」の謙譲語でもありますので、同じく「聞く」の謙譲語の「お聞きする」は「承る」の類語になります。「先日承った件は」という言い方をビジネスシーンでよく耳にするでしょう。

これは、「先日あなたから聞いた話は」という意味ですので、「先日お聞きした件は」と言い換えることができます。「承る」よりもくだけた印象の表現です。

「承る」の言い換え④かしこまりました

ビジネス

ビジネスシーンでよく使用される「かしこまりました」も「承る」の類語です。「了解しました」「わかりました」「あなたの指示に従います」などの意味合いがあります。

自分が客として訪れたお店で、店員から「かしこまりました」と言われたことがある人は多いでしょう。敬語の中でも比較的ポピュラーな言葉です。相手を立てなければいけない状況で使用しましょう。

「承る」の言い換え⑤拝承いたしました

ビジネス

「承る」の言い換えで「拝承いたしました」という言葉があります。聞きなれない言葉かもしれませんが、「拝承いたしました」も「承る」と同様の意味合いを含んでいます。

「拝承」は、「聞く」「承知する」の謙譲語です。「承知しました」よりもかたい表現になり、謙遜の意が込められています。「拝承」自体が敬語となり、「いたしました」を重ねることによって二重表現となります。厳粛な文書などに使用される敬語です。

承るの類語・対義語5選

「承る」の類語・対義語①「了解」

ビジネス

「承る」の類語で「了解」というものがあります。どちらも「わかりました」「承知しました」という意味ですが、シーンによっては使い分ける必要がある言葉です。

「承る」という言葉は、謙譲語であるため取引先や上司など目上の方に使用します。対して、「了解」という言葉は目上の方に使用すると失礼にあたります。同僚や友達、部下や後輩など対等の立場の人間や目下の人に対して使用しましょう。

「承る」の類語・対義語②「了承」

ビジネス

「了承」も「承る」の類語です。どちらも「わかりました」という意味ですが、そのニュアンスは少々違ってきます。「ご了承ください」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。

これは、「納得してください」という意味です。先輩や目上の方に対して使ってしまうと、失礼にあたり不快な思いをさせてしまいます。目上の方に対しては「承る」を、目下の人に対しては「了承」を使うようにしましょう。

「承る」の類語・対義語③「承諾」

ビジネス

聞き慣れた言葉の「承諾」も「承る」の類語です。「承諾」の「承」の字は「承る」の意味があり、「諾」の字は「引き受ける」という意味があります。

「結婚の承諾を得る」という使い方をし、「OKの返事をもらう」という意味合いがあります。個人の行動にたいして使う敬語ですので、厳粛な場や文書などで用いることは少ないでしょう。

「承る」の類語・対義語④「拒否」

ビジネス

「承る」の対義語として、「拒否」があります。「拒否」は、要求や注文、依頼などを聞き入れずに断るという意味です。「承知した」「了解した」という「承る」とは全く逆の意味になります。

「承る」の類語・対義語⑤「拒絶」

拒絶

「拒否」と似たような言葉で、「拒絶」というものがあります。こちらも「承る」の対義語です。「拒否」よりも強いニュアンスを持ち、「断る」という意味の他に「受け付けない」「受け入れられない」という意味が込められています。

「したくてもできない」という不可能の意味があるのが「拒絶」です。「拒否」よりも「いやだ」という思いが強くなってくる言葉で、生理的に受け付けない際に使用します。

「承る」の使い方をマスターしよう!

パソコン

「承る」の意味と「賜る」との違い、例文や使い方、類語や対義語を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?ビジネスシーンで多く耳にする「承る」は、様々なところで活用されている言葉です。

意味や使い方を知らずに使ってしまうと、恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。この機会に「承る」の意味と正しい使い方をマスターしておきましょう。きっとこれから先役立てる日が来るはずです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。