INDEX

ウザい人・鬱陶しい人の特徴・性格8選~前編~

ウザい人・鬱陶しい人の特徴①一方的に話したがる

一方的

ウザい人・鬱陶しい人の特徴として最も多いのが「一方的に話したがる」ということです。その内容は自慢話やうんちく、悪口まで多岐にわたります。特に自慢話やうんちく話をしがちな人は、「相手に対してマウントを取ろうとしている」性格でもあります。なにも言わないでいると、延々と話し続けるでしょう。

また、一方的に話をしたがる人にはもうひとつ共通点があります。それは話している内容に関して誇張しすぎている点です。その人に関する内容ならまだしも、誰かの悪口においても誇張することもあります。このタイプは「聞いて欲しい」気持ちだけが強いので、誇張したり、延々と話続けてしまうのです。

ウザい人・鬱陶しい人の特徴②なんでも聞きたがる

聞きたがる

一方的に話しがちな人をウザい人・鬱陶しい人の特徴として挙げましたが、逆に「なんでも聞きたがる」のも特徴のひとつとして挙げられます。「自分が知りたい、関心があること」についての知識欲がすごいので、その対象が「相手の情報」ならばなにがなんでも聞き出そうとしてきます。

それが例えプライベートであったとしても、ウザい人にとっては関係ありません。基本的にこのタイプは、一方的に話したがる時と同じように「会話」というものを望んでいません。知識欲を満たそうとするあまり超えてはいけない境界線を土足で軽々と踏み越えてしまいますから、相手は自衛しなくてはいけません。

ウザい人・鬱陶しい人の特徴③かまってほしがり

かまってほしがり

ウザい人・鬱陶しい人は、基本的にかまってほしがりです。相手の気を引くために、あらゆるアピールをします。例えば「体調が悪い」といって気遣ってもらおうとしてみたり、「こんなに頑張っているのに」と誰よりも努力家であることをアピールして、周囲に自分の頑張りを認めさせようとします。

そういったアピールは無視すればいいかもしれませんが、ウザい人というのは納得できる反応を得られなければ機嫌を悪くしてしまいます。機嫌を悪くするならまだいいですが、人によっては腹を立てて攻撃的な行動をとることもあるので、ウザい人の様子を見て適切な対処をしていかなければいけません。

ウザい人・鬱陶しい人の特徴④とにかくしつこい

しつこい

「とにかくしつこい」というのも、ウザい人・鬱陶しい人の特徴のひとつです。特に先に触れた「一方的に話したがる」性格や「なんでも聞きたがる」性格の人にも当てはまる要素となっています。基本的に自分本位な行動をしがちなので、納得のいく反応が得られるまでしつこく相手に付きまとうでしょう。

また、しつこいのは決して会話だけに限定するものではありません。とにかくしつこい人は、相手にどこまでもしつこく付きまとうこともあります。それは場合によっては、プライベートすら遠慮なく入り込んでくることもあります。拒絶されてもしつこくつきまとうこのタイプは、注意してください。

ウザい人・鬱陶しい人の特徴・性格8選~後編~

ウザい人・鬱陶しい人の特徴⑤悪口ばかり言う

悪口

ウザい人・鬱陶しい人は、悪口ばかり言うの人もいます。それは陰でこそこそと言うだけでなく、わざと本人に聴こえるように言うケースもあるので注意が必要です。先にも触れたとおり、ウザい人・鬱陶しい人は話す内容を誇張しやすい傾向にあります。それが原因で周囲を巻き込んで悪口大会になってしまうこともあるのです。

とにかくアピール力が高いので、巻き込まれないようにしましょう。また悪口ばかり言う人は、同時に他人には厳しいけれど自分には甘い性格でもあります。そのため、発言と行動が伴っていないことがしばしば見受けられ、あまり周囲から信頼を得ていないケースもあります。

ウザい人・鬱陶しい人の特徴⑥空気が読めない

空気が読めない

ウザい人・鬱陶しい人の性格で最も見受けられるのが、「空気が読めない」という点です。基本的にウザい人・鬱陶しい人というのは、自分の言動を客観的に見ることができません。また、周囲の雰囲気を察する能力が乏しいので、場にそぐわない言動をしてしまい雰囲気を悪くしてしまいます。

空気が読めない人は、基本的に場にそぐわない行動をしてはいけないことを理解できていません。更には、自分の行動によって場の空気を壊してしまったことにさえ気づかない人もいるので、誰かが注意してやらなければ改善は見込めないでしょう。特徴や性格のなかでも最も厄介なケースです。

ウザい人・鬱陶しい人の特徴⑦すぐにメールなどの返信を求める

返信

昨今は、コミュニケーションツールが発達しているお蔭で他者との連絡が取りやすい環境にあります。しかしメールやメッセージアプリにおいてもウザい人・鬱陶しい人の性格は顕著に表れます。なかでもわかりやすいのは、「相手に返信を求める」という特徴です。相手の都合を弁えずに、返事がないと怒ってしまう人もいます。

この性格の人は、基本的にメールやメッセージアプリを送るとかなり早いタイミングで返信が返ってきます。確かに社会において、早いレスポンスはマナーのひとつです。しかしだからといって「自分ができるから他人もできて当然」という考えで相手を慮れないのは、良くない傾向と言えます。

ウザい人・鬱陶しい人の特徴⑧度を越した節約家

節約家

会話やコミュニケーションの要素以外でウザい人・鬱陶しい人の特徴として挙げられるのが、「度を越した節約家」という点です。確かに生きる上で節制は必要ですが、ウザい人・鬱陶しい人というのはお金を使うことを極端に避けようとする傾向にあります。そのため、相手に対しておごってもらおうとする人もいます。

最もわかりやすい具体例としては、割り勘でのやりとりです。ウザい人・鬱陶しい人は1円単位まで細かく計算しようとします。それならば誰も損することはないかもしれません。しかしプレゼントなど自分だけが出費する場面では、できるだけ安く済ませようとすることもあります。

ウザい友達・鬱陶しい友達への対処法3選

対処法①友達と距離を置く

距離

ウザい友達・鬱陶しい友達との有効手段としてまず挙げられるのが、「距離を置く」方法です。どんな人間関係であれ、あまり関係が密すぎると人は心身を疲労してしまうことがあります。それに、強く拒絶してしまうとなんらかのトラブルに発展する可能性もありますし、関係に波風を立てたくない人はまず距離を置きましょう。

場合によってはウザい人が自分の行いが自分勝手であったことを自覚するかもしれません。そして距離を置くことで、なにより自分自身がウザい人によって負った精神的ダメージを回復することができます。メールの返事を遅らせたり、遊ぶ回数を減らしたり。少しだけでもいいので、距離を置いてみてください。



対処法②縁を切る

縁を切る

もしウザい友達・鬱陶しい友達が余りにも目に余る行為をするなら、「縁を切る」ことを手段のひとつです。ウザい人というのは、基本的に無自覚で相手を不快にさせる言動をする特徴があります。なかにはそのまま放置することで、更に態度が酷くなってしまうケースもあります。

相手が改善する見込みがなく、付き合いに苦痛を感じている人は無理をする必要はありません。縁を切ることで、自分を労わってあげましょう。

対処法③注意する

注意

ウザい友達・鬱陶しいは基本的に無自覚に自分勝手な振る舞いを行ってます。あなたが友達の立場であるなら、「注意する」のも有効な対処法です。場合によっては、良くない言動をしていることを自覚して、改善が見込めるでしょう。しかし、場合によってトラブルに発展する可能性もあるので、言い方には注意してください。

ウザい先輩・鬱陶しい先輩への対処法3選

対処法①無駄な話は聞き流す

聞き流す

ウザい先輩・鬱陶しい先輩のなかでも、一方的に話をしたがる特徴がある人には「無駄な話は聞き流す」方法が有効です。先にも触れたとおり、ウザい人はマウントをとりたがったり、注目を集め居たいといった心理を持っています。そのため、相手のレスポンスがなくても延々と話し続けようとするのです。

しかし人によっては「かまってほしがり」な体質ゆえに、満足な反応が得られないと不機嫌になるケースもあります。そういった場合も考えられる時には、適度に相槌を打つなどして、反応してあげましょう。そうして自分にとって不必要だと感じる内容は聞いている振りをして聞き流してしまいましょう。

対処法②先輩をうまく利用する

利用

ウザい先輩・鬱陶しい先輩のなかでも、「世話焼き」な人と出くわすケースがよく見られます。相手は好意で気にかけてくれているので、なかなか断りにくい困っている人が多いかもしれません。そんな時は、「うまく利用する」方法が有効です。相手の世話焼きな性質を利用して、自分の評価を高めてしまいましょう。

対処法③精神的に幼いことを認める

子ども

先輩という肩書きだけ見ると目上の人ですが、だからといって全員が、それ相応の振る舞いが出来るわけではありません。特にウザい人というのは、精神的に幼い言動をとりがちな点が特徴として挙げられます。ですから、「この人は精神的に幼いんだ」と認めてしまいましょう。

そうして事実を受け入れることで、相手への不快感が和らげることができます。人間は、必ずしも完璧である人は多くありません。ですから先輩など目上の立場であっても、「この人はこういう人なんだ」と受け入れてしまうことで、心持ちが楽になるでしょう。

ウザい女子・鬱陶しい女子への対処法3選

対処法①女子の欲求を満たしてあげる

満たす

ウザい女子・鬱陶しい女子というのは、「かまってほしい」などの欲求を満たそうとする言動が多いことが特徴です。そのため、対処法として「欲求を満たしてあげる」方法が有効です。具体例として、「話したいだけ話をさせる」、「適度に構ってあげる」などがあります。

基本的には、相手に沿った対応をしてあげれば納得してくれます。しかし人によっては、「この人ならなにをしても大丈夫だ」と勘違いして、更にエスカレートしてしまうケースもあります。この対処法を行う時は、自分が限界だと感じたら断固として拒絶できるようにしておくことも大切です。

対処法②はっきりものを伝える

伝える

何度か触れている通り、ウザい人は無自覚で自分勝手な振る舞いをしていることが特徴です。知らず知らずのうちに相手を不快にしていても、自覚することはありません。場合によっては、更に態度がエスカレートするケースもあります。そういったことにならないようにするには、「はっきりものを伝える」ことも大切です。

不快な行動をしているなら迷惑であることをはっきりと伝えましょう。しかし相手が親切心で世話を焼いてくれている場合は、理由や感謝の気持ちを一緒に述べておきましょう。特に後者は悪意を持っているわけではありませんから、そういった気持ちを理解していることをアピールすることも大切です。

対処法③みんな同じ気持ちだと理解する

みんな

ウザい女子・鬱陶しい女子の振る舞いは、なにもひとりに対して行われているわけではありません。あなた以外の人も「あの女子はウザい」と思っているケースが多くあります。ですから、「嫌な目にあっているのは自分だけではない」ことを理解することで、心持ちを楽にすることができるでしょう。

ウザい人・鬱陶しい人診断|実はあなたもウザい人?

あなたはいくつ当てはまる?

診断
ウザい人・鬱陶しい人診断
  • 相手の反応を待たずに話す
  • 相手の全て知ろうとする
  • かまってほしくてしかたがない
  • とにかくしつこく食い下がる
  • 話す内容のほとんどが悪口
  • 雰囲気を壊す言動が多い
  • メールなどの返信が来ないとイライラする
  • 他人にケチと言われたことがある

ウザい人・鬱陶しい人というのは、「知らないうちに相手を不快にしている」ことが多いことが特徴です。そのため、自分勝手な振る舞いが言動の端々に多く見受けられます。リストの項目が当て嵌まった数が多ければ多いほど、「ウザい人・鬱陶しい人」である可能性が高いので注意してください。

ウザい人・鬱陶しい人の特徴を知ってうまく付き合おう!

今回はウザい人・鬱陶しい人の特徴や性格について解説しました。内容からわかる通り、その人の性質によってはうまく切り抜けるためにテクニックが必要であることがわかります。それぞれの立場や状況の応じて対処法を駆使しながら、常時に付き合っていきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。