INDEX

人を見下す人の特徴7つ

特徴①年下に教えを請うことができない

子供

人を見下す人は自分よりも年下に教えを請うことができない、というのがベースとしてあります。それは自分よりも後に生まれてきた人が、自分よりも優れているはずがないと思いこんでいるからです。

何か分からない事があったとしても、年下の人に頼るという事はありません。そもそも年下の人に教えを請うという選択肢が存在しないのです。そんな相手に分からなかったり、迷っている姿を見せるのはご法度ものと考えています。

特徴②人をけなしたりバカにする

友達

人を見下す人は、よく人の事をけなします。言わなくても良い事をわざわざ人がいる場所で言ってきたり、笑い者にしたりなどがあります。他にも「バカ」「アホ」「頭大丈夫?」など、直接的な言葉を使って人をけなす事もあります。

他にも「だからおばさんは(おじさんは)…」「若い子は何も知らないの?」と、年齢は関係ないはずなのに、あえてそれを出してくるのも特徴です。言っている側は罪悪感は無く、自分が言っている事は正しいと思っているので指摘してもなかなか理解され辛い傾向があります。

特徴③マウントをとってくる

仕事

マウントをとるというのは、簡単に言うと人よりも自分の方が上だと言動で示したり内心で優劣を付ける事です。マウンティングとも言います。例えば「~ちゃんの方が可愛い!」「メイク上手で羨ましい!私は化粧下手だからいつもすっぴんっぽくしかできない。」などの発言があったとします。

これは言った事に対して、人からそれを否定する言葉を言わせるように仕向けたり、暗に自分は元が良いと言っているようなものです。一見柔らかく聞こえますが、実際は裏で自分の方が上だとアピールしています。

特徴④見下す人はプライドが高い

男性

人を見下す人の中で多いとされるのは、プライドが高い事です。自分よりも仕事や勉強が出来ない人などに対して、バカにしたり見下す発言をしたりします。自分を否定したり、悪く言われる事に対して絶対に許す事ができない所があります。

自分が優位に立っていないと許せないので、見栄をはったり嘘を付く事も多いです。それで自分は他人よりも優れ、価値ある人間だと示しています。またプライドが高いので、自分にも厳しく人にも厳しい面もあります。

特徴⑤よくパシリを使う

女性

本来ならば自分でするべき事を、めんどくさいから、楽をしたいから人にやらせるというのは完全に人をなめているという証拠です。目に見えてパシリに人を使う人もいれば、ちょっとした小さな頼み事を頻繁にする人もそれに当てはまる場合があります。心当たりがある人は注意をしてみてはいかがでしょうか?

特徴⑥甘い家庭環境

子供

蝶よ花よと甘やかされた家庭環境で育った人も、人を見下す人の特徴です。自分がする事に対して誰も咎めず否定もせず、ダメな事をしてもあまり怒られなかったり、全て親が後始末をしてくれていたり。自分がする事は正しい、一番なんだと基盤になってしまっている状態です。

なので人が自分より劣っているから見下しているというよりは、そもそも自分が一番で正しいと思っているので、人に気を遣ったり尊敬をしたりはあまりする事はありません。

特徴⑦見下す人は自慢マン

自慢

他人と比較して自分の方が上、優れていると思いたいので見下す人は自慢話が多いです。金銭的余裕を匂わせたければブランド物を身に着けたり、旅行に行った話をしたり。恋人夫婦自慢で幸せアピールや、仕事や勉強での功績を自慢気に語ったりなどがあります。

他にも付き合った人数がどれくらいだとか、率先して恋愛レクチャーをしたがる人も遠回しに自慢しています。また年齢が上がると、過去の栄光や昔の悪だった話などをして下の世代に嫌がられるなどはよく耳にする話です。このような自慢話をしたがる人の事がまとめられた記事があるので、是非今後の参考にしてみて下さい。

Small thub shutterstock 472821505
関連記事 自慢話をする人の心理って?4つの対処法で上手なコミュニケーションを

自慢話ばかりする人って本当にうんざりしてしまいますよね。どうすればそう

人を見下す人の心理7つ

心理①見下すのは自信が持てないから

女性

実は小心者と言われる人が多いです。心理的に本当は自信が持てないから自分を大きく、強く見せる為に強気な態度や見下す発言をします。本心は弱い自分に劣等感があり、他人にそんな姿は見せたくないという思いが強い傾向があります。

自信が無いのを偽る為に、人を見下して自分が優れていると言い聞かせている部分もあります。色々な葛藤の末に行き着いた方法ですが、だからといって人を見下していいという事にはなりません。そんな人の為に、心理や対処法がまとめられた記事があるのでご紹介します。

Small thub shutterstock 642778027
関連記事 自尊心が低い人の原因と特徴とは?自尊心を高める方法を心理トレーナーがご紹介

「自分に自信がない」「自分を好きになれない」...。そんな方はきっと、

心理②自意識過剰

女性

本当は自信が持てない人とは対照的な、自分に自信がありすぎる自意識過剰なタイプもいます。甘い環境で育ってきた人に共通する所があるかもしれません。幼い頃から褒められ、天才だ出来る子だと言い聞かされた人はそう思い込んで成長した為にそのような人格が形成されている可能性が大きいです。

また自意識過剰な人は自分の言動や、人からどう見られているかを非常に気にします。その為より良く見られたいという心理的欲求が強いので、自分の中でもどんどんハードルが高くなります。

心理③負けず嫌い

仕事

あの人には負けたくない、全てにおいて一番じゃないと嫌だという負けず嫌いから人を見下してしまう人もいます。例えば小物やファッションなど、人が他人から評価されているのが気に食わないと思った時などに「凄く可愛いと思うけどこれとは合わないね」など、センスを指摘して自分の方がわかっている風を装ったりします。

スポーツや仕事をする上で一人はいる負けず嫌いタイプですが、それが人を見下すような人だと厄介です。集団生活やプレー中は協力が必要となります。ですが自分の力を過信し、自分が目立てればいい、勝てればいいと思っていると個人プレーになりがちです。そうなると場の空気がギクシャクする元となります。

心理④見下す人は嫉妬心も強い

女性

自分には無いものに嫉妬して人を見下すという心理があります。なんで自分には恋人ができずにあの人はいるのか、自分の方が頑張っているはずなのに何故他の人が評価されるのか、仕事ができるのは自分なのにあいつは上司に可愛がられているなど嫉妬の理由は様々あります。

心理⑤人を見下すのが楽しい

女性

人を見下す事が楽しい、面白いと感じる人もいます。所謂嫌な人、いじめる人だと分類されたりもします。このようなタイプは人を見下す事で、優越感や快感を得ています。自分よりも下の地位にいる人間だと認識させたり、笑い者にしてあたかも自分が輪の中心で回しているかのように振る舞ったりしている事が多いです。

またこのタイプには上記のような意識してやっているタイプと、意識していないタイプの二つに分かれます。後者の意識していない場合は、場の空気を盛り上げる為に良かれと人を見下す発言やキャラクターを演じたりします。そして両者は弄られタイプや気弱な人をピックアップするのも得意です。

瞬時にターゲットを見つけ、頭の中でどう言えば人は笑うのか、そして自分が中心となれるのかの組み立てができます。心理的に見下す事自体が楽しいと思っているのと同時に、脳内でゲーム感覚でやっている場合もあります。

心理⑥人ではなく自分が絶対

女性

一般的な常識を述べたとしても、自分が違うと思えば正しいのは絶対的に自分だと思いこんでいます。また、自分にできて他人ができない事がなかなか理解できません。それが簡単であればある程、その人の事を見下す言動をしてしまいます。

自分が絶対だと思っているあまり、物事を見る視野も狭い傾向があります。自分が知らない事を突っ込まれたりすると、人によっては逆上する場合もあるので指摘する際は注意しましょう。逆に自分が知っている事を相手が知らなかった場合は、優越感を得て饒舌に物事を語るようになります。

心理⑦過去の経験や失敗

子供

過去に人から受けた酷いトラウマがあったり、誰かに見下された経験のある人がその悔しさや辛さから同じ行動を取ってしまう事があります。この事から、「自分は人から見下されている」と認識しています。なので自分を見下す人に対し、「もう見下されたくない」「これ以上惨めな思いはしたくない」と思い込んでいます。



見下される人に対して、弱い人だからかっこ悪い、見下されるのはいけない事だという印象を持っています。また、そんな姿を他人に見られたくないという思いから強い人間であるように演じています。

人を見下す人の対処法は?

対処法①受け流す

女性

人を見下す人に対して有効な対処法の一つは「受け流す」という事です。且つ「笑って受け流す」事ができればポイントは更に高いです。職場や学校など、集団生活をしていく中で波風はできるだけ立てたくはありません。なので露骨に避けたりはねのけるのは逆効果になります。

最悪の場合、自分の立場を悪くする事にもなりかねません。なので表面上は対応してあげているように見せておき、内心では「はいはい」くらいに思うといいでしょう。

対処法②人を見下す人とは関わらない

帰宅

そもそも必要最低限の関わりは持たないようにする、というのが一番の対処法です。そうする事が可能であれば、不要な時間を割く事もありませんし、自分も嫌な思いはしません。

見下す人側も、取り合ってくれない相手はおもしろくありません。初めこそ執拗に絡んでくる事もあるかもしれませんが、頑なに関わりを持とうとしない姿勢を崩さなければ、次第に相手から離れていきます。このように対処法は他にも様々あります。細かく記載された記事があるので、是非参考にしてみて下さい。

Small thub shutterstock 500393680
関連記事 陰口を言う人・言わない人の特徴10選|愚痴や悪口ばかりの人の心理とは?

陰口を言いふらす人が職場にいると気になりますね。愚痴や悪口を言う人が発

対処法③逆手に取って上手く扱う

仕事

人を見下す人は他人より優位に立ちたい、優れていると思われたいというタイプが多いです。なのでそれを上手く利用してあげれば、時に大きな戦力になる事もあります。例えば「そんなに出来るなんて凄いね!じゃあきっとこんな事もできるんじゃない?」と、仕事を任せるとそれにこたえる為に力を発揮します。

言動には引っかかるものがあるかもしれませんが、味方に付ける事ができれば意外と自分にとってお釣りが返ってくるような逸材に変わる可能性もあります。

\ POINT /

見下す人の対処法をマスターすると見方が変わる!

今まで「人を見下す嫌な人」という目で見ていたのも、見方を変えてみるとそれがその人の性格で個性だと思えるようになる事もあります。本当は人一倍頑張り屋さんで、人にそれがバレるのが恥ずかしいから強気な言動をしていたのだと思うと、少し可愛く思えたりしませんか?こちら側からその人の見方の角度を変えて見ると、今まで見えてこなかった部分が見えてくるようになります。一旦歩み寄ってみる、というのがポイントです。

人に見下されると思う瞬間は?

会話中上の空だった時

恋人

自分が会話しているのに、相手が上の空状態なのは気分が良いものではありません。言葉のキャッチボールは、相手がしっかりと受け止めてからボールを返してくれる事で成り立ちます。

自分が話していた時は返事も適当だったのに、他の人が話すと楽しそうに会話が弾んでいる。それを目の当たりにすると余計に見下されているかもしれないと感じるようになります。

\ POINT /

直接聞いてみるのもいいかも!

会話はとても大事なものです。空返事だったり、意識がこっちに向いていない事があるともしかして見下されてる?と感じてしまいますが、勇気を出して直接聞いてみるのもいいでしょう。「聞いてる?」「何か取り込み中?」など、もしかすると相手は何かに手一杯になっていて上の空状態になっているだけかもしれません。

他の人との温度差がある

女性

近年は色々な技術が発展していき、今では遠くにいてもリアルタイムを共有できる手段がたくさんできました。アプリで言うとグループLINEでは複数人で会話が楽しめます。例えばその中で自分の発言に対しては返事が無かったり、反応してくれてもどこか微妙だったり。でも他の人だと既読も付くし、色んな人が答えている。

こんな事をされると、見下されているのかも?という心理状態になってしまいます。他にもTwitterやInstagramなどで、自分と遊んだ時の写真や記念日にあげたプレゼントは載せてくれないのに他の人はあげているなどもあります。便利で気軽に人の目に付くツールが故に、その温度差が気になるものです。

鼻で笑われる

男性

笑い方にも色んなものが含まれた笑い方があります。通常笑う行為は楽しかったり、面白いという時のものが多いです。ですが場合によっては人を見下す時やバカにしたりする時に嫌味っぽく使う事もあります。

「え?こんな事もできないの?」や、「大変だね」と気遣う言葉であっても鼻で笑われながらだと聞こえ方は違います。上から目線で言っているように聞こえるので気をつけましょう。

人の呼び方が「お前」

夫婦

人に対しての呼び方が「お前」になると、途端に見下された気分になります。言い方や声音にもよりますが、「お前」という言い方は上から目線にきこえますし、高圧的に感じます。上司や親、先生などの場合は別ですが、同僚や友達などに使われると気分は良くありません。

「お前」という言い方は、女性よりは男性に多い印象があります。もし偉そうな言い方の男性と出会った時に役立つ記事がありますので、是非一度読んで対処法を学んでみてはいかがでしょうか?

Small thub shutterstock 276803912
関連記事 マンスプレイニング男子の特徴12選!偉そうでムカつく特徴を発表

マンスプレイニング男子とは、どんなことでも説明したがる特徴の男性のこと

どうしても人を見下してしまう...直す方法は?

柔軟な考え方

外

人を見下す人は視野が狭いと述べた通り、物事を柔軟に色んな角度から見る事ができていません。自分ならこうするが、実は他にもっと良い方法があるかもしれない。考え方は一つではない、という事に気付くのが重要です。

他人を認めてあげる

仕事

自分が絶対だと思って、今まで一人だけで頑張っていませんでしたか?人を頼る事は恥ずかしい事でも、いけない事でもありません。一人よりも二人、もっと人が増えれば知識もアイディアも増えます。

困った事があれば助けになってくれたり、対処法を教えてくれたりします。自分以外の人を認めてあげ、味方にする事ができれば今以上に有意義な時間を過ごせるようになります。

色んな人と交流する

仕事

今まで関わることがなかった人と交流を持つのも、人を見下すのを直す良い対処法の一つです。様々な刺激を貰うことで、自分に無かったものを再認識する事ができます。

またいかに自分が井の中の蛙状態であったのかを知るのも重要な事です。しかしどうやって新たに人と話せばいいのかわからない、という人のために盛り上がる話のネタが書かれた記事があるので是非参考にしてみて下さい。

Small thub shutterstock 409251184
関連記事 友達と盛り上がる話のネタ15選!引かれない下ネタも教えます!

学校や会社でなかなか友達と盛り上がる話のネタが思い浮かばなくて居心地が

自分の言動を見直す

女性

人から見下されるという心理状態は、自分なら耐えられないはずです。今まで何気なく過ごして来た中で、人に嫌な顔や空気が変わってしまった出来事を思い出してみてください。

「人にされて嫌な事はしない」これを念頭に置いて、今までの自分の言動のどこがわるかったのか?どうすればよかったのか対処法を探してみましょう。

人を見下す人生から脱却して本当の仲間を作ろう!

友達

人を見下す人の心理や特徴をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?される側であればその心理を理解し、対処法を学んでストレスを少しでも軽減していく事ができると幸いです。

人を見下してしまうのを直したいと思い、日々苦悩している人もいます。離れて行った人を取り戻すのも、新しい仲間を作るのも自分の努力次第です。過去は変えられませんが、未来は変える事ができます。人生をやり直したいと思っている人に、合わせて記事をご紹介するので参考にしてみて下さい。

Small thub shutterstock 332500766
関連記事 人生をやり直したい!20代30代40代でも遅くない!やり直す方法8つ

大きな失敗をしてしまった、思い描いていた人生とはかけ離れている、何をや

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。