Large thumb shutterstock 524899408

チーマーの意味・語源&ヤンキーとの違いとは|特徴やファッションも紹介

更新:2019.06.21

今もバイクに乗る若者の心をつかんで離さないバイカースタイル。その出生は当時のチーマーたちの存在を抜いて語れません。ヤンキーとは違いのあるチーマーとは?当時センスの光っていたセクシーなチーマースタイルの意味合いとは一体なんだったのでしょうか?特徴や指向性、ファッションなどもご紹介します!

チーマーの意味・語源とは

そのスタイルはどう確立した?

チーマーが登場した1980年代から1990年代の日本は今と違い、監視社会化していませんでした。当時渋谷を舞台に様々なストーリーと伝説を残したチーマーたちはどうやってそのスタイルを確立させたのでしょうか?読み解くにつれ、きっと如何ともしがたいその世代を生き抜いた方達へのリスペクトの念が湧くはずです。

チーマーの意味

チーマーの意味とは

1980年代から、90年代に流行した一部の不良たちを指すファッションや生き方、考え方、指向性を総称してチーマーと呼びました。

チーマーは当時、不良と言えば喧嘩が前提、抗争、というある意味真面目な閉塞感を吹き飛ばすように、アメカジファッションや音楽を楽しむ傾向を持ちつつ喧嘩もする若者たちのスタイルとして定着しました。アメリカンモデルのバイクに乗ればバイカーとも呼ばれ、そのスタイルはスタイルとして、今も続いています。

チーマーは音楽を好む

チーマーの音楽文化

後発のHIPHOPファッションと比べると白人寄りの文化に影響された彼らが聞くのはパンクロック、ハードコアやメロコアなどでした。今も人気のあるSEX PISTOLS、TOYDOLLS、NIRVANA、Red Hot Chili Peppers、GREENDAY等、他にユーロビートも挙げられます。

チーマーとパーティー

音楽イベントは「パーティー」と言われ、各地で相当数が開催されていて、今では考えられないような激しい喧嘩のようなダンスイベントもありました。イベントではけがは付き物という状態のものもあり、独自のダンスが形成されましたが、HIPHOPダンスの台頭で喧嘩を模したダンスは姿を消したようです。

今でも人気のあるディスコ流れからのパラパラはパーティーを主宰していたチーマー達が広めたともいわれ、チーマーはその世代の流行を作り出します。

当時はパーティーの参加権が「パー券」等と言われ、売る事を先輩たちに迫られるという構図の若者たちが数多くいました。今も渋谷センター街を中心に音楽等のイベサーというグループを形成する若者たちがいます。楽しみたいという感覚は知らぬうちにその系譜を受け継いでいると言ってもよいでしょう。

チーマーの語源の意味とは?

チーマーは和製英語と言われています。個人でなく、グループで行動する集団を総称する「team」に「er」をつけチーマー。和製英語ですが 「er」をつけると「~する人」となります。同世代でもある、グループ化した集団の暴走族と志向性の違いやセレクトするファッションの違いから差別化するためにできた名前です。

チーマーへの影響を与えた作品と当時を描いた作品紹介

当時チームを何故つくる事になったのか、そんな流れを映画とともに探ってみましょう!時代を描写した作品もご紹介いたしました。

ウォーリアーズ

View this post on Instagram

Please follow if you love The WaRRiors

A post shared by the warriors (@the_warrior_s) on

こちらはチーマー世代、当時若者だった方たちが影響を受けたとされる映画です。危ない描写もありますが、当時の日本の若者たちが憧れた雰囲気を知る一端になる一見の価値のある映画です。

QUOTE

なぜ廃盤なんでしょうね? 70年代NYの猥雑な匂いがプンプンしてて、私が憧れたNYそれも地下鉄が上手く使われてて最高ですよ。 引用元:https://www.amazon.co.jp/ウォリアーズ-DVD-マイケル・ベック/dp/B073XF4MW9/ref=pd_sim_74_3?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=Y0HJ3VMDQETRXKXY3DT7

センター~渋谷不良同盟~

湘南乃風の若旦那のチーマー時代を描いた作品が書籍化されています。あまり好評価なレビューは今現在ありませんが、これが当時のリアルだったのです。今の若者は様々な判断材料を持ち合わせていますから、一読の価値があるといえます。チーマーからレゲエに流れた当時の若者世代として順を追った時代背景も見えます。

QUOTE

私は湘南乃風のファンです。が、この漫画は好きではありません。 アラフォーの若旦那が、若い時のぐれてた時代の話を掘り返して喧嘩や人を傷つけてきた事実をおもてざたにして、 これを読んだ人になんのメリットがあるのでしょうか。若い子に悪影響ですし、若旦那の歌詞もそうですけど 若い子たちを茶化している悪さやマイナス要因を吹きかけているだけにしか見えません。 引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/product/B011KB48DC?ref_=dbs_mng_calw_0&storeType=ebooks

ヤンキーとチーマーの違いとは

日本文化のヤンキーとアメリカ風文化チーマーたちの意味と違い

ヤンキーは1970年代から受け継がれる、不良少年少女を意味する言葉で、日本でいうヤンキーとは、若者という意味を差し置けば、日本文化を意識した独特のファッションに身を包んでいる事が特徴です。そこがアメリカナイズされたファッションや生き方に身を包むチーマーとの違いといえるでしょう。

ヤンキーの語源とは?

語源としてのヤンキーはアメリカの南北戦争において南軍が北軍を指す言葉でしたが、いつからかそれがアメリカ人全体や、若者に限って、ヤンキーと呼ばれるようになりました。大阪のアメリカ村でアメカジファッションで闊歩する若者たちをヤンキーとした説もあります。

ヤンキーの意味とは?

意味としてのヤンキーは、組織内外の個人を指したり、単に若者を指す言葉として今は浸透しているようです。現在も自分のことをヤンキーとする若者が一定数いますが、これは自らは不良であるという意味で使われているようです。チーマーや暴走族との違いはチームに所属していない個人を指す言葉としてよく使う点でしょう。

チーマーの特徴(ファッション・外見)

チーマーの好むアメカジファッションがヤンキーとの違い

アメカジ渋カジをはじめ、古着もミックスし、ベルトは革ベルト、コンチョ。ウォレットにはチェーン。ジーンズ、革の上下、ドカジャンなど、体のラインを強調したワイルドでセクシーな男らしさを強調したファッションが特徴的なスタイルでした。

チーマーファッションは地域によっても違う!

もっともヤンキーや暴走族も大多数の時代でしたから、チーマーと言っても地域やグループによってそれぞれのスタイルが異なります。首回りがふわふわした寅壱のジャンバーを着込み、頭にはタオルを巻いているという風体の男らしさを際立たせたチーマーもいました。

チーマーたちがこぞってやったヘアスタイル

茶髪は勿論、オールバックやリーゼント、ダックテールと呼ばれる長髪の後ろをはねさせるヘアスタイルの男の子が当時は多くいて、ヘアバンドをするのも流行でした。後にコンローやブレイズもチーマー間ではやります。

アメリカナイズされたチーマーは50Sスタイルも好んだ

ボウリングシャツを着こなすチーマーは50年代のアメリカの影響もうけ、ロカビリースタイルを模していて、リーゼントで決める際にはアメリカ製のポマードをセレクトするなど、小物への気遣いもありました。とてもオシャレだったのです。

チーマーのアクセサリーはシルバーが基調だった

ピアスやネックレスをすることは勿論、セレクトする雑貨はネイティブアメリカンものや、シルバーで固めるというセンスの良さが光っていました。クロムハーツやゴローズ、今も価値の下がらない人気のブランドもこの頃から愛されています。

チーマーのボトムとシューズ

パンツはダメージジーンズ、メーカーはリーバイス。中でも501XXや66BIGEは高額商品として羨望の的でした。靴はレッドウィングなどのエンジニアブーツ。今も引き続きその世代の方たちからの流れもあり、揺るぐことのない憧れの存在になっているようです。

チーマーとtatoo

生き様をTattooに込める人も台頭しました。それまでの和彫りも世界に影響を与える伝統美と化していますが、洋風Tatooも奥が深く、それぞれのチーム名やキーワードを体に埋めることで結束力を高める効果もあったようです。

バイカーファッションの元になったチーマースタイル

View this post on Instagram

💀 Aztec Skull Rings 💀 $19.99 Link in Bio 😍

A post shared by Mokelli (@mokellistore) on

今チーマーファッションは、広義でバイカーファッションとして捉えられ、そのテイストの人気は衰えを見せません。その時代の流れをくんだ独自のファッションは、今もバイクを愛する人たちの中で精彩を放ち続けているようです。

渋谷のセンター街にいる

渋谷センター街は当時、血気盛んなチーマー同士の抗争や喧嘩、カツアゲなどがニュースで取り上げられていました。この時その影響でほとんどのお店がお店を閉めたそうです。センター街に監視カメラが登場し、大手チェーン店での禁煙化、市民の監視強化などで、その時ほど渋谷は危険な街ではなくなりました。

渋谷区は東京五輪開催にあたって「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座も開かれる主要都市となる街です。今は物騒な話が昔程なくなり排除され、凶悪さは息をひそめたようです。当時の人間同士も煩わしさもなく歩ける街になったと言え、その人たちにとっても、世界に誇る文化的な場所になっていくことでしょう。

チーマー以外の不良の種類と違いとは

様々な不良が派生した90年代

1960年代頃から、法整備が整い、周囲からの監視社会が形成された最近まで、若者たちは多種多様な個性を法を破ってでも表現する流れが多々ありました。今現在でも残っているスタイルは、1990年代に和製不良は勿論、生き方をアメリカにインスパイヤされた不良たちも続々と誕生する過渡期でした。

不良たちは拳をぶつけ合い、法を破り合ったからこそ凶悪化することもありしましたが、その分の結束も強かったのです。それでも刑罰が下るような事になり拘束されれば、賞罰の欄に記入せざるを得ません。

今は法令順守の観点から、不良スタイルは、スタイルだけが残っている状態といえるでしょう。当時の若者たちが置かれた時代は、今では考えられない時代でした。だからこそ、この時代に受け継がれたスタイルは、今では得難いエッセンスとして、貴重なものだといえます。

暴走族って?

バイクを乗り回し、無謀な走行をする集団として一世を風靡した暴走族。他国でも翻訳された漫画や映像が発売され、日本だけではない大きな影響を与えてきました。

特攻服や独自のファッションを着込み、騒音になりうる爆音のバイクや車に電飾したり、改造を施し、走行する集団が暴走族と呼ばれます。夜な夜な仲間との集会といわれる集まりを開催し、今では考えられない規模で、暴走族同士で連合を組み同行し、長蛇の列を形成していた模様です。

暴走族をテーマにした漫画やコンテンツを紹介

当時は様々な媒体で発信されるほど、暴走族がブームだったという時代背景がありました。それは紛れもなく事実で、多数の若者が時代とともに存在していました。ここではそんな時代背景を切り取ったメディアをご紹介します。

湘南爆走族

神奈川県の湘南海岸を舞台とした、暴走族を語る上で外すことのできない当時を象徴する名作です。映画化、DVD化されました。映画での主人公は当時から人気のあった江口洋介。主題歌は後に紹介する横浜銀蠅などを迎え錚々たる豪華なメンバーで発表されました。

実録・プロジェクト893XXTHE暴走族完全収録版[DVD]

当時をよりリアルに知りたい、懐かしみたい、読み解きたい人にはうってつけの実録DVDがこちらです。今と昔ではだいぶ違うので驚く方たちもいるはずですが、この時代をくぐり抜けた強者たちが今も日本を形成しています。

ツッパリとは?

ツッパリは1960年代から1980年代にかけての中高生等の一部の若い世代の生き方の総称です。女の子は丈の長いスカート、男の子は校則に反した様々な制服を着用していました。制服への独自のこだわりは文化としても注目するに値する程でした。横浜銀蠅はツッパリスタイルとして活動し、カリスマ化されています。

恋愛に関しては遊びまわる方も一定数、今同様いる一方で、暴走族同様、硬派な心を持って一途な気持ちで恋愛する男女が当時も多くいたようです。

それには、1960年代から80年代はアイドル黄金時代といわれ清純派、正統派アイドル文化もあったことが背景としてあげられます。「スケバン刑事」などは、当時の両者の流行を取り入れたことで大変な人気を博しました。

チーマとの違いギャングってどんな感じ?

1960年代から1990年代、チーマーやヤンキー、ツッパリや暴走族から、HIPHOPを介して、感銘を受けた若者が、ギャングとして活動をするという流れがでてきました。正当に海外のギャングに入っていて、日本に帰るにあたり、日本支部としての役目を担っているというグループが多くあります。

HIPHOPには、DJやラップ等の音楽だけではない多くの要素があり、ダンスや、グラフィティーアートという四大要素は勿論、困窮する経済状態や、ライフスタイル、抗争や、違法行為、それぞれを正直に話す分、逆に武器にしてしまうという屈強な精神論的側面もあります。

チーマとの違いとして、ギャングとは、いわゆるB系と言われるスタイルで、オーバーサイズを着こなします。刑務所で走れないように大き目のズボンをはかされていた事をそのままスタイルにしています。ブラッズやクリップスに所属している場合は、それぞれのチームの色をバンダナなどで目印としてつける意味合いがあります。

ギャングにはギャングスターラップというBGMがある!

とりわけ、ギャングといえば、ギャングスタラップに代表されるのですが、ギャングスタラップの歌詞は、抗争や犯罪について語られることが多く、今もギャングスタラップのアナログレコードやCDは現場を証明する貴重なものとしてプレミアがつけば何万、何十万もの値段が付くような価値を持っています。

ギャングの中でも、2PACやICECUBEの様に、少し遠くで眺めた哀愁的な曲も大変人気があります。監視が強化された日本でのギャングスタラップは、本場と違い、殺人が実況されるような過激で危険な歌詞はあまり登場しません。日本のギャングも警察からの解散命令なども受け、一部解散に追い込まれているようです。

チンピラってどんな人?チーマーとの違い

チーマーとの意味合いの違いは、ツッパリ上がりのお兄さんに対して指す場合が多い言葉という点です、なんでも悪い事に手を出す人、得体が知れない相手を総じていう傾向もあります。

チンピラは、任侠映画などでは使い方に応じて、敬称とも蔑称とも捉えられ、暴力団などの組織に属している場合は構成員を、個人としてなら粋な根無し草、組織に属さないが悪い事をしている、等の意味でも使われているようです。

不良スタイルをおしゃれに彩ったチーマー

今回はチーマーという今も影響力を持つ存在から、時代とともに形成された他の不良との違いをご紹介しました。過激化した状態を甘受した場合、振り返りたくない方もいるのかもしれません。でもこうして過去を振り返ることで、これから先を生きる人にそのセンスは勿論、様々な生き方のヒントになりえると言えるのです。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。