INDEX

シングルファーザーになった理由3選

シングルファーザーになった理由①収入の多さから

お金

シングルファーザーになる理由として大まかな分け方をすれば離婚がほとんどですが、離婚と言っても親権が元嫁に渡ってしまうこともあります。そんな中、何故シングルファーザーとして父親に親権が渡ってしまうのか?という中の大きな理由としては、収入です。

もちろん収入が多いからと言う単純な理由で親権が旦那側になるわけではありませんが、嫁側がシングルマザーとして子供を養っていけるか?実家など頼れる場所があるか?ということによっても変わってきます。元嫁が養う能力がないということからシングルファーザーになるケースは多いです。

シングルファーザーになった理由②元嫁のだらしなさから

だらしない女性

離婚に関して言うのであれば元嫁がだらしない、子育てをしっかり出来ていないという理由もあります。旦那だけが仕事に出ていて、その間に子育てを出来ていなかった嫁の場合は旦那側に親権が渡ってしまうのは当たり前のことでしょう。

旦那としてもあくまで家族を守る為に仕事をしているわけで、子育てをするのが面倒だからという理由で子育てをしていないわけではありません。家にいる間に嫁が子育てを出来ていないのであれば、収入と生活のバランスからも旦那に親権が渡ってしまいます。

シングルファーザーになった理由③死別

病院

大きなジャンルで分けるならばシングルファーザーになる理由は離婚ですが、その他にも死別してしまうということもあります。嫁が出産時に亡くなってしまうということも無い話ではありませんし、出産後に何かしらの形で亡くなってしまうということもあります。

死別でシングルファーザーになってしまった場合はすぐに再婚する気持ちにもなれないでしょうし、そんな簡単に次の相手が見つかることもありません。そこからシングルファーザーとして生活を送っている旦那さんも多いでしょう。

シングルファーザーの子育ての悩み&解決法7選

シングルファーザーの子育ての悩み1:一緒にいる時間が少ない

子供の手

仕事もしながら子育てをしなければいけないシングルファーザーには一番の悩みと言えます。子育てというのは子供の面倒を見るだけではなく、ただただ一緒にいるだけでも親の愛情を注ぐという子育てになります。

解決法
  • 休日を子供の為だけに使う
  • 残業をしない
  • 仕事が終わったらすぐに帰る

解決法としてはとにかく少しでも無駄な時間を作らないということです。これはこれでストレスに感じてしまうかもしれませんが、子供と一緒に過ごす時間はストレスだけではなく、やる気も出るので、出来る限り無駄な時間を減らす様に心がけてみましょう。

シングルファーザーの子育ての悩み2:反抗に走りやすい

薬

どうしても母子家庭や父子家庭になってしまうと反抗に走りやすくなってしまうことがあります。ただ、それは寂しいという気持ちだけではなく、親を心配させたくないという気持ちから親に素直な気持ちがみせれないということも原因としてあるのです。

解決法
  • 子供と話す時間を作る
  • 子供の些細な行動を知る

いくらシングルファーザーでも反抗に走らない子供ももちろんいます。そういう家庭の場合は子供としっかりと話す時間をとっているという場合が多いのです。しっかりと親に何でも話す様に子育てをしていれば反抗に走る可能性も低くなります。

シングルファーザーの子育ての悩み3:参観日に出席しづらい

後ろめたい

シングルファーザーとしてはどうしても参観日などのイベントごとは出席しづらいですよね。周りが母親だけになってしまえば気まずいですし、仕事などで参加できないこともあるでしょう。

解決法
  • 先生に相談する
  • 子供と相談する

この様な悩みの場合はまずは先生や子供に素直に相談するのが一番です。子供が気まずいと感じていれば無理に出席する必要もないですし、先生に行くべきか行かないべきかを相談してみるというのも大事です。

シングルファーザーの子育ての悩み4:同級生からの目が気になる

子供達

最近では片親の子供も多くなっていますが、それでもシングルファーザーというのは同級生から子供がどの様に思われているのか気になるところです。シングルファーザーということを隠すべきか?それとも隠さないでいるべきか?シングルファーザーにとっては大きな悩みです。

解決法
  • パパ友を見つける
  • 先生に相談する

近所などでパパ友が出来たならばまずはパパ友に相談してみましょう。そして、実際に学校の中で同級生から変な風に言われていないか先生に話しを聞いてみましょう。その学校や同級生がどんな雰囲気なのかを知ることでヒントが見つかります。

シングルファーザーの子育ての悩み5:家事をする時間がない

家事用具

家事をする時間がないのもシングルファーザーならではの子育ての悩みでしょう。そもそも男性の場合は子育てや家事というのはやったことがない人が多いでしょうから、どうしてもその部分を苦手に感じてしまったり、上手く時間を使えないということがあります。

解決法
  • 親族に頼る
  • 友人に頼る
  • 女性に教えてもらう

まず一番手っ取り早いのが親族に頼るという方法です。親族が近くにいれば、自分のいない間に家事をやってもらうのが一番楽な方法です。その他にも親しい友人がいれば友人にお願いするのも良いですし、会社にママの女性がいるならば上手い家事のやり方を教えてもらいましょう。

こちらの記事は主婦とシングルマザーの為のものですが、シングルファーザーでも同じことが言えます。家事と仕事の両立に関してはシングルマザーも同じ様に悩んでいるので、参考になる箇所もあるでしょう。

シングルファーザーの子育ての悩み6:寝る時間がない

ベッド

家事に子育てに仕事と寝る時間がないというのはシングルファーザーだけではなくシングルマザーでも同じ様な悩みを持っています。極論我慢するしかないですが、あまりに無理をしすぎてしまうと体を壊してしまい、元も子もありません。

解決法
  • 一日の計画を作る
  • 無駄な時間を作らない

寝る時間がないというのは難しい悩みですが、とにかくしっかりと一日の計画、仕事の時間から家事の時間までの計画を作って寝る時間を少しでも増やすしかありません。その中で無駄な時間があるならば削っていきましょう。

シングルファーザーの子育ての悩み7:相談する人がいない

悩む

シングルファーザーの子育ては辛いものですが、なかなか同じ境遇の人がいなくて相談できないという悩みを抱えている人もいるでしょう。誰にも相談できないということ自体がストレスになってしまうこともあります。

解決法
  • SNSなどで探す
  • 相談窓口に電話する

最近ではSNSでのそういった仲間探しは主流となってきているので、SNSで同じ様な境遇のシングルファーザーを探してみるというのも一つの手です。もしそれでも気が合う人と見つからない場合は下記の様な相談窓口があるので、そちらを利用してみましょう。



シングルファーザーの仕事の悩み&解決法7選

シングルファーザーの仕事の悩み1:残業が出来ない

仕事

シングルファーザーの場合は家に帰って家事もしなければいけないので、基本的に残業をするのが難しくなってしまいます。どうしても今日中に終わらせたい仕事ですらも残業が出来ないという理由からなかなか進まないこともあります。

解決法としては子供をどこかに預けるというのが一番でしょう。幼少期であれば保育園、小学生であれば学童保育など、長い時間子供を預けられる場所があるので、そういった所に預けることで残業することも可能です。

シングルファーザーの仕事の悩み2:家での仕事が出来ない

仕事

どうしても会社での仕事が終わらない場合は家に持ち帰って仕事をすることもあると思います。しかし、家で仕事をするとなっても子供が小さい頃にはなかなか集中して仕事が出来ず、仕事が進まないなんて悩みもあります。

解決法としては、とにかく家に仕事を持ち帰らないことです。どうしても家での作業が必要な場合は子供が寝てからやるしかないので、結果的に睡眠時間を削らなければいけなくなってしまいますが、集中してやるとなれば子供が起きている時間には難しいでしょう。

シングルファーザーの仕事の悩み3:急な呼び出しに対応できない

外を見る

これは学校からの呼び出しや職場からの呼び出し、どちらの呼び出しに対してもですが、基本的にどちらからの急な呼び出しにも対応しにくくなるのはシングルファーザーならではの悩みです。仕事中の学校からの呼び出し、休日の職場からの急な呼び出し、どちらも難しいです。

解決法としては理解してもらうしかないので、子供の通う学校や園にも、職場にもシングルファーザーということを理解してもらいましょう。学校や園に関しては急な呼び出しに対応できなかった場合の代理の人、親族などに連絡してもらう様にしてもらうのも良いでしょう。

シングルファーザーの仕事の悩み4:会社に理解されにくい

上司

シングルマザーというのは最近では多くなってきているので、シングルマザーに対しての社会的な理解は強くなっています。しかし、シングルファーザーに対しての理解はまだ薄く、会社に理解されないことも多いです。

実際にどれ位理解されないか?という部分によっても異なってきますが、もしもシングルファーザーということで不当な扱いを受けているのであれば、会社にパワハラなどの相談窓口があるはずなので、そういった所に相談してみてください。

シングルファーザーの仕事の悩み5:接待に参加できない

飲み会

シングルファーザーである限りは残業がしにくいことはもちろんですが、飲み会などの接待に参加することも難しいです。特に営業関係の仕事の場合は接待に参加できないというのは大きなデメリットとなってしまいます。

こちらもかなり難しい問題ですが、誰か子育てを頼める人を探すしかありません。接待もあくまで仕事の一つなので、全てをシングルファーザーということを理由に断るわけにはいきません。誰か身内などで頼める人を見つけて子供の面倒を見てもらいましょう。

シングルファーザーの仕事の悩み6:転職時に不利

悩む面接官

もしも現在の仕事に不満があり、転職するとなってもシングルファーザーというのはあまり良い評価にはならず、転職をする際にはかなり不利になってしまうので、なかなか踏み切った転職が出来ません。

あくまで自分の希望している職種でなくても良いのであれば、最近ではシングルファーザーでもOKの仕事というのは沢山あります。それだけではなく、託児所付きの仕事なども多くあるので、自分の希望の仕事でなくても良いのであればシングルファーザーという条件で仕事を探してみましょう。

こちらは30代女性をターゲットにしている記事ですが、転職に有利な資格に関しての記事です。資格があることでシングルファーザーでも有利に働ける職種があるので、こちらの記事も参考にしてみてください。

シングルファーザーの仕事の悩み7:役職があがりにくい

悩む

シングルファーザーとなると仕事にも少なからず影響を及ぼす為に、役職があがりにくいということもあります。残業が出来ずに家庭優先となってしまうとなれば、確かに会社にとってはデメリットな部分が多いので、仕方ないことでもあります。

しかし、与えられている仕事をしっかりとしているのであれば役職があがりにくいというのは不当な扱いにもなります。こちらもパワハラの一つにもなるので、しっかり仕事をしているのでそれが認められないという場合にはパワハラなどの相談をしてみましょう。

シングルファーザーが結婚を考える瞬間3選

結婚を考える瞬間1:親子行事に参加した瞬間

親子

片親ではない家庭の場合は親子行事などは父母揃ってくることの方が多いでしょう。そんな時にシングルファーザーとして一人で参加した時には寂しさも感じますし、子供に対しての申し訳なさも感じてしまいます。家族三人で参加したら楽しいだろうな…なんてことも感じてしまうでしょう。

結婚を考える瞬間2:孤独を感じた瞬間

寂しい

一人で仕事に子育てをしていれば、仕事仲間や友達と遊ぶ時間もないですし、孤独に感じてしまう瞬間が多いです。そんな時に一人ではなく、一緒に連れ添う人がいたらどれだけ楽か…、そして励ましてくれる人がいたらどれだけ気持ちが楽になるか…そんな瞬間には誰かにそばにいてほしいと思うでしょう。

結婚を考える瞬間3:子育てに疲れたと感じた瞬間

泣く子供

そもそも男性の場合は母性というのもあるわけではないので、子育てにはどちらかというと不向きです。不向きながらどうにか一生懸命子育てをしても、女性よりも疲れを感じてしまうシングルファーザーも多いはずです。そんな時には子育てを一緒にしてくれる奥さんがほしいと結婚願望も生まれます。

シングルファーザーが恋愛を考える瞬間2選

恋愛を考える瞬間1:怪我や病気になった瞬間

病気

やはりどうしてもシングルファーザーである自分が怪我や病気になった際、子育てをしてくれるパートナーがほしいと思いますよね。更に自分を心配してくれる人もほしくなり、恋人がほしいと考えるでしょう。特に高熱を出した際などには誰でも人に甘えたくなりますから、そんな時には恋愛、恋人がほしいと考えます。

恋愛を考える瞬間2:カップルを見た瞬間

カップル

恋愛面で言うのであればカップルを見た瞬間はやはり人恋しくなりますし、誰かと恋愛したいという気持ちになります。シングルファーザーの場合は忙しいということもあり、気になった相手がいてもデートをする時間もないでしょうから、単純にカップルでデートをしているというだけで多少うらやましく思ってしまいます。

世のシングルファーザーにエールを!

シングルファーザーというのは比較的少ないですし、理解されにくくもありますが、シングルファーザーにも悩みは多くあります。シングルファーザーの悩みなども理解して、もしも周りで悩んでいる人がいたら相談に乗ってあげましょう。そしてシングルファーザーの方は是非今回の記事を参考にしてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。