INDEX

コミュ症(コミュニケーション障害)の特徴とは?

コミュ症(コミュニケーション障害)の定義

コミュ症(コミュニケーション障害)の定義
コミュ症の定義
  • ■「コミュ症」の定義は軽い感じ意味と先天的障害もあり広く使われる
  • ■ネットスラングから派生した言葉でもある
  • ■人と話すのが苦手という意味として日常的にも使われる
  • ■コミュニケーション障害は医学的な障害である

コミュ症という言葉は、軽い言葉としても使われます。「私ってコミュ症なんだよね。」という言葉を躊躇いなく使っている人いますね。これはコミュニケーション能力低めなんだ、人見知りするんだよね、友達が少なめなんだという言葉の意味として使われます。「コミュ症」といっても、受け止める側も重く受け止めません。

職場やサークルでもフランクに話していて、友達も沢山いるような人もいます。でも実は初対面の人と話すのは苦手だとか、雑談の空気が苦手だとか、友達になるまでに時間がかかる程度でも、自分でコミュ症だと主張すればコミュ症ということになります。コミュ症の特徴や定義は人それぞれということになります。

それに対して「コミュニケーション障害」は、発達障害でアスペルガー症候群や言語障害など人と話すのが医学的に難しいという障害の場合も含まれます。アスペルガー症候群は男性が多いとされています。単なる「コミュ症」はネットスラングから派生したものであり、コミュニケーション障害とは定義が少し変わってきます。

対人恐怖症

対人恐怖症
対人恐怖症の特徴
  • ■人と話したり接する時に極度に緊張する
  • ■身体が震えたり声が震えることもある
  • ■人からの評価をすごく気にする

対人恐怖症の人の特徴として、周りの人から自分がどう評価されているのかすごく気にする傾向があります。その為、人と話すときに極度に緊張します。人と話すことがプレッシャーとなり、人と話すのが怖くなるという症状が出てきます。人と話すのが怖いと感じたら…対人恐怖症だと考えても良いかもしれません。

大勢の人前で話したり初対面の人と話すのは、誰もが緊張することです。でも対人恐怖症の特徴的である症状は、緊張が強いために身体や手が震えたり、人と話すときに目を見られないということもあります。「社会不安障害」とも呼ばれて、特に若い20~30代の女性が多いようです。男性の2倍ほどとも言われています。

対人恐怖症の具体的な症状としては、人に見られながら字を書くときに手が震えてしまう、お茶を出すときの手が震えて挙動不審になってしまう、職場の電話に出るのが怖い、雑談などで自分が話すときに周りの人からの視線が怖い、大勢の前で話すプレゼンテーションの時など緊張が極度になり身体が震えるということもあります。

身だしなみに気を使わない

身だしなみに気を使わない
身だしなみに気を使わない
  • ■清潔感がなくなる
  • ■お風呂に入るのも面倒になる
  • ■お洒落に興味がなくなる

コミュ症の特徴の1つで、身だしなみなどに気を使わなくなる人もいます。人前に出るのが嫌になり最悪の場合は、仕事を辞めてしまうということもあります。ますます家から出ないという悪循環に陥ります。身だしなみが出来ていないから、尚更外に出たくない、美容院などにも「着ていく服がない」ということになります。

引きこもりが酷くなると、お風呂に入るのも面倒になる人もいます。そうすると公共の場所に行った時には悪臭が漂うので人の迷惑になり、人から避けられることもあります。そうなると引きこもりの人は「どうせ自分なんて」と、ますます引きこもるようになります。そして身だしなみに気を使わないという悪循環に陥ります。

コミュ症の一部の人は、ボサボサの髪・お風呂にもたまにしか入らない・洗濯していないのに同じ服ばかり着るなど、身だしなみを整える努力をしなくなるという特徴があります。洒落だった人も何かのきっかけで、身なりに全く構わなくなる人もいます。

意思疎通が取れない

意思疎通が取れない
意思疎通が取れない
  • ■会話のキャッチボールが出来ない
  • ■自分が話したいことばかり話し人の話を聞かない
  • ■仕事に支障が出る場合もある
  • ■アスペルガー症候群など先天的に意思疎通が難しい場合もある

コミュ症の特徴の1つとして、人と上手く意思疎通が取れないというものがあります。アスペルガー症候群など先天的に他人との意思疎通が難しいというケースもあります。多くの人の場合は、コミュニケーションを取る機会が少なく、会話のキャッチボールが苦手な人です。

人の質問に的確に答えることをしないで、自分が話したいことを話すというタイプの人もいます。自分の興味のあることだけを延々に話すという人は、男性に多いようです。オタクと呼ばれる人の中には、意思疎通が取るのが難しいというタイプの人もいます。興味があることだけ話すのは、意思疎通が取れない人の特徴です。

意思疎通が取れないと様々な場面で困難が生まれてきます。仕事でも支障をきたします。仕事で必要なのは、「報連相」です。「報告」「連絡」「相談」が出来ていないと他の能力が優れていても、仕事が上手くいかなくなります。アサーティブについては下記記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

「コミュ症」と「コミュ障」どっちが正しい?

「コミュ症」とは若い世代の男女の間で軽い感じで使われる

「コミュ症」とは若い世代の男女の間で軽い感じで使われる
「コミュ症」と「コミュ障」どっちが正しい?
  • ■「コミュ症」は軽い感じの意味で使われる
  • ■「コミュ障」は医学的な障害も含まれる
  • ■それぞれの意味を使い分ければどちらも正しい

「コミュ症」というのは、先天的な障害ではなくコミュニケーションを取るのが下手という意味で使われます。それに対して「コミュ障」はコミュニケーション障害は、医学的な障害も含まれます。どちらが正しいという訳ではなく、それぞれに応じた使い方でいいのではないかと思います。

「コミュ症」とは、ネットスラングから出来た言葉で、若い世代の男女の間で軽い感じの言葉として使われるようです。コミュニケーション能力が低いという意味です。先天的な障害ではなく、性格的におとなしいタイプ・いじめの経験がきっかけとなる・子供の頃の環境など原因は様々です。

「コミュ障」とは医学的なコミュニケーション障害の意味も含まれる

「コミュ障」とは医学的なコミュニケーション障害の意味も含まれる

コミュニケーション障害とは、医学的にコミュニケーションを取るのが困難という障害の場合を示すこともあります。発達障害の1つであるアスペルガー症候群は、脳機能の発達がアンバランスで人とのコミュニケーションを取るのが少し難しい障害です。また吃音や言語障害などの障害もあります。

医学的には、言語症、語音症、小児期発症流暢症(吃音)、社会的(語用論的)コミュニケーション症、特定不能のコミュニケーション症群などコミュニケーション障害には5つの障害があるとも言われています。医学的に障害を持っている人は、訓練や療育などが必要な人もいます。また福祉の力が必要とする人もいます。

コミュ症の人ってどんな人?

コミュ症の特徴①人見知りが激しい

コミュ症の特徴①人見知りが激しい
人見知りが激しい人の特徴
  • ■初対面が特に苦手という人が多い
  • ■新しい環境に入っていくことに躊躇してしまう
  • ■コミュニケーションを取る場数が少ない

コミュ症の中で男女とも多いのが、初対面が苦手という人です。打ち解けてしまえば色々話せてしまうのですが、それまでに時間を要するのが特徴です。新しい環境に馴染むまでに時間がかかったり、初対面の人が来たら急に無口になってしまったりするようです。警戒心が強い傾向があるようです。

人見知りが激しいと自覚している人は、新しい環境に飛び込むのに躊躇してしまい、結果引っ込み思案になってしまいます。人と上手く関われないのではないかと心配するあまりに、前に進めない人もいます。コミュニケーション能力は、先天的に得意な人もいるかもしれませんが、場数を踏むことで上達する側面もあります。

新しい環境に入ることに躊躇ったり、飲み会や食事会などを断ってばかりいると、結果として場数を踏む回数が少なくなり…会話するのが苦手になるという悪循環に陥ります。コミュニケーション能力をつける場数を踏まないので、コミュニケーション能力が低い=コミュ症ということになってしまいます。

コミュ症の人の特徴②雑談が苦手

コミュ症の人の特徴②雑談が苦手
雑談が苦手な人の特徴
  • ■短い質問で返してしまい会話が続かない
  • ■会話の輪の中に入っていけない
  • ■慎重な性格の人が多い

コミュ症の特徴として、雑談が苦手という人もいます。事務的な連絡や話したいことは沢山話せるけど、ちょっとした合間に、みんなで軽い雑談するのに何を話したらいいのかわからない人は結構います。難しく考えてしまって、軽い話題に上手く入っていけない、会話のテンポについていけないという人もいます。

それほど親しくない相手と話す時、会話が続かないということがあります。相手が何か気を使って質問してくれても、ごく短い返事で会話を終わらせてしまう人もいます。沈黙状態になり、気まずい時間が流れるということになります。本当は仲良くなりたいけど、何を話題にしていいのかわからない場合もあります。

雑談が苦手な人の特徴として、慎重な性格な人が多い傾向があります。こんなことを言ったら相手が気を悪くするのではと、気にしすぎてしまうのです。また大勢で話していると、会話の輪の中に入れないということもあります。

コミュ症の特徴③友達ができない・少ない

コミュ症の特徴③友達ができない・少ない
友達ができない・少ない人の特徴
  • ■自分のありのままをさらけ出すのが怖い
  • ■断られるのが怖くて人を誘えない
  • ■他人にあまり興味がない
  • ■人に気を使い過ぎて疲れてしまう

コミュ症の特徴として、友達が中々できない・少ないという人が多い傾向があります。結構人と話せる人でも、実は友達が少ない人もいます。大勢の人との雑談は大丈夫だけど、深い話をしてある特定の人と親しくなるのは苦手という人です。自分のありのままをさらけ出すのが怖いのかもしれません。

友達ができない・少ないという人の特徴として、傷つくのが怖いという人が多いようです。挨拶や雑談、事務的な話は出来るけど、親しくなりたいと思う人に「お茶しに行かない?」「今度映画一緒に見ない?」と誘えません。断られたらどうしようという気持ちが先行してしまうようです。

「コミュ症」の特徴④空気を読み過ぎる

「コミュ症」の特徴④空気を読み過ぎる
空気を読み過ぎる人の特徴
  • ■自分がどう思われているのか気にしすぎる
  • ■周りに合わせすぎてしまう
  • ■若い世代の女子に多い

空気を読めなくて、コミュニケーション下手という人はいます。でも実は「コミュ症」の中には、空気を読み過ぎてしまう人が多いのです。周りの人が自分のことをどう思っているのかと気にしすぎてしまい、引っ込み思案になってしまいます。男女ともに真面目なタイプに多いのが特徴です。

人と一緒に過ごすと、後でどっと疲れてしまう人もいます。空気を読み過ぎる人は、一見明るく振る舞ってますが、周りに合わせすぎて自分を見失ってしまうことになります。必要以上に空気を読みすぎてしまうという傾向は、若い世代の女子に多いのではないかと思われます。

コミュニケーション障害/アスペルガー症候群の特徴とは?

アスペルガー症候群の特徴①集団生活に馴染めない

アスペルガー症候群の特徴①集団生活に馴染めない
アスペルガー症候群の特徴①集団生活に馴染めない
  • ■人と適度な距離を保ちながら付き合うのが苦手
  • ■相手の立場になって考える想像力が足りない
  • ■大人になってから発見される人も多い

アスペルガー症候群とは、知的障害を伴わない発達障害です。特徴は集団生活に馴染めない、人と関わるのが極端に苦手な人達です。勉強が出来ても、集団で作業をする時に、人と適度な距離を保ちながら付き合うのが難しいという場面が出てきます。子供の頃は、個性として捉えられることもあります。

大人になりチームで仕事などをしていると、自分だけ周りに溶け込めない状態になり、チームでも孤立した存在になることもあります。周りとの協調性が足りないために、チームの足を引っ張ることになります。ある特定の分野で集中力を発揮する人もいますが、人との関わり方が苦手という特徴があります。



アスペルガー症候群の中には、相手の立場になって想像したりすることが苦手な人もいるので、きついことを言ってしまうこともあります。その為に周りから良い評価を受けなかったり、誤解されることも少なくありません。

アスペルガー症候群の特徴②会話のキャッチボールが出来ない

アスペルガー症候群の特徴②会話のキャッチボールが出来ない
アスペルガー症候群の特徴②会話のキャッチボールが出来ない
  • ■会話の微妙なニュアンスが理解できない
  • ■独特な言い回しなので周りが理解できない
  • ■障害者として雇用されていないので周りに誤解される

アスペルガー症候群の人は、読み書きは出来るけど、会話になると上手くいかないが多いです。特に日本人は本音とたてまえというものがあるので、微妙なニュアンスが伝わらない場合も多いのです。仕事をする時に、「報連相」は大切です。でも「報告」がわかりにくかったり、「連絡」も相手に上手く通じないのが特徴です。

学校生活や家族などは、アスペルガーの人の独特な言い回しで通じることでも…仕事の場面では通じないこともあります。結果として、仕事に支障をきたします。アスペルガー症候群だと自分でわかっていない人やまた周りに告知していない人がほとんどなので、職場などで孤立した存在になることもあります。

学生時代は自分流のやり方でやれていたけど、努力しても仕事が出来ないことで苦しみます。精神科に行って、アスペルガー症候群だと医師の診断が下るケースも多いようです。「障害者」という扱いの雇用ではないため、「仕事が出来ない人」というレッテルを貼られてしまうこともあるようです。

アスペルガー症候群の特徴③強いこだわり

アスペルガー症候群の特徴③強いこだわり
アスペルガー症候群の特徴③強いこだわり
  • ■強いこだわりが強みとなり仕事で成功することもある
  • ■自分流のやり方にこだわるので周囲との衝突もある

アスペルガー症候群という障害は悪いことばかりではありません。強いこだわりが特徴ですが、その強いこだわりが仕事で発揮出来る場合もあります。また得意分野に関しては忍耐強いので、コツコツとした作業は得意とする分野です。ただし会社のマニュアルなどがあり、マニュアルを受け入れるのに苦労する場合があります。

アスペルガー症候群は、男性が多いといわれている障害ですが実は有名人も数多くいます。独特なこだわりが強みとなる側面があります。でも普通の職場で自分なりのやり方にこだわるあまりに、周りと上手く協調できない場合もあります。アスペルガー症候群の特徴である強いこだわりも良い面と悪い面と両面あるのです。

コミュ症(コミュニケーション障害)の診断方法

コミュ症(コミュニケーション障害)の診断方法①子供の場合

コミュ症(コミュニケーション障害)の診断方法①子供の場合

アスペルガー症候群は他の発達障害と併発している可能性もあります。子供の言動や様子に親が心配して、児童精神科に連れて行って診断されるようです。その場合はWISCなど検査を行ってから診断名が出ます。子供の場合は、SST(ソーシャルスキルトレーニング)などの療育を受けて、症状が改善する場合もあります。

言語障害の場合は、大人になってから診断されるということはほとんどありません。言葉を話せない子供を見過ごすということがあまりないからです。一方アスペルガー症候群は個性として捉えられることがあるので、見過ごされやすい障害です。

コミュ症(コミュニケーション障害)の診断方法②大人の場合

コミュ症(コミュニケーション障害)の診断方法②大人の場合
コミュ症(コミュニケーション障害)の診断方法②大人の場合
  • ■わかりづらい障害なので大人になってから診断に至るケースが多い
  • ■精神科に受診して医師に診断名を出して貰う
  • ■勝手な自己診断はしない

大人の場合は、子供の頃は多少周りや本人も違和感を感じていても発達障害だと思わずに大人になってしまうケースがほとんどです。大人になってアスペルガー症候群になるということは、ありません。仕事などの責任を負う立場になり、色々弊害が出てくることで受診に至るケースがほとんどです。

発達障害はアスペルガー症候群だけでなく他の障害も併発しているケースも多いのです。例えば注意欠陥多動性障害なども持っていて、努力してもうっかりミスが多い人もいます。仕事となると、色々なケースに柔軟な対応しなければならないことが増えてきます。頑張っても仕事が出来ないとなると、精神的に鬱状態になります。

多くの場合は、鬱状態などになり精神科にかかることが多いようです。そこで初めて自分が発達障害だと医師に診断されるケースが多いようです。自己診断は危険ですので、絶対にやめましょう。ネットのサイトで症状が当てはまるから、自分はアスペルガー症候群であると思い込んでしまわないようにしましょう。

コミュ症(コミュニケーション障害)の原因と治し方・克服方法は?

コミュ症とコミュニケーション障害は分けて原因を考える

コミュ症とコミュニケーション障害は分けて原因を考える

コミュ症の場合は、性格的なものやいじめなどの経験、子供の頃の環境などで自己肯定感が少ないことが原因となります。それに対してコミュニケーション障害の原因は、まだはっきりとわかっていません。コミュ症とコミュ障は分けて考えて対処しましょう。

コミュ症の治し方・克服方法①空気を読もうと頑張らない

コミュ症の治し方・克服方法①空気を読もうと頑張らない
空気を読もうと頑張らない
  • ■周りが自分のことをどう思うのかと気にしすぎない
  • ■ありのままの自分を好きになる

コミュ症の多くの人の特徴は、男女ともに「相手にどう思われているか?」ということを凄く気にする傾向があります。あまり周りは自分のことをどう思っているのか気にしていないのが現実です。あまり空気を読み過ぎて、上手く溶け込もうと頑張るとかえって、人と関わる時に緊張してしまいます。

人間関係が上手くいっている人がキラキラして見えますが、実は苦労しているかもしれません。あまり周りを過大評価せず、自分を好きになることです。ありのままの自分を受け入れることが出来たら、周りとも自信を持って付き合えるようになります。

コミュ症の治し方・克服方法②恐れずに場数を踏む

コミュ症の治し方・克服方法②恐れずに場数を踏む
恐れずに場数を踏む
  • ■挨拶と笑顔を大切にする
  • ■沈黙を恐れない
  • ■コミュニケーションを学ぶ機会だと思って飲み会などに参加する

挨拶はしっかりしましょう。コミュ症・コミュ障の共通の治し方・改善方法です。挨拶は人間関係の基本です。会話上手になるよりも、挨拶上手になることは比較的簡単です。また笑顔も大切です。沈黙が怖いという人もいますが、あまり気にせずに気楽な気持ちで色々な集まりに参加しましょう。

人との関わりが苦手だと、ついつい人との関わりを持つ場所…飲み会や食事会などを断ってしまう人がいます。でもコミュニケーション能力を磨く良い機会だと思って、まずは挨拶と笑顔を忘れずに参加しましょう。会話などは徐々に慣れてきてコツなども自分なりに会得できるかもしれません。友達ができると自信もつきます。

コミュ障の治し方・克服方法①アスペルガー症候群という障害を受け入れる

コミュ障の治し方・克服方法①アスペルガー症候群という障害を受け入れる

精神科でアスペルガー症候群と診断されたら、ショックを受けるかもしれません。同時に今まで努力しても上手くいかなかったことは、障害という特性があると納得する人もいるかもしれません。障害には治し方というものはありません。但し、自分の特性を知り改善したり工夫したりすることは出来ます。

コミュ障の治し方・克服方法②自分に合った環境に身を置く

コミュ障の治し方・克服方法②自分に合った環境に身を置く

アスペルガー症候群の人は、自分の特性が生かされるような環境を選ぶことも大きなポイントです。自分なりに挨拶や会話のコツなどは改善する必要はありますが、自分の特性が生かせる仕事や自分を理解してくれる職場を探しましょう。それでも難しい場合は、福祉の力を借りて就労することを考えることも可能です。

コミュ症(コミュニケーション障害)が生きていくためのコツ

コミュ症(コミュ障)が生きていくためのコツ①挨拶や笑顔を大事にする

コミュ症(コミュ障)が生きていくためのコツ①挨拶や笑顔を大事にする

会話上手になるのは場数を踏むことです。でもコミュ症・コミュ障共に大切なのは、挨拶や笑顔を大事にすることではないでしょうか。気持ちのいい挨拶や笑顔で、会話上手でなくても、みんなに好かれる人になれます。また自分のありのままを好きになることも大切です。

コミュ症(コミュ障)が生きていくためのコツ②自分に合う環境を選ぶ

コミュ症(コミュ障)が生きていくためのコツ②自分に合う環境を選ぶ

コミュ症(コミュ障)を改善することは、出来ます。でも明日から急に会話上手になるというコツは残念ながらありません。挨拶や笑顔を大切にして、少しずつ会話をすることによって改善していくことはあります。それ以上に大切なのは、自分を受け入れてくれる環境を選ぶことです。あなたを受け入れる場所はあるはずです。

生きる意味がないと思う理由とは?その解決策や目標の立て方を紹介については下記記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

コミュ症(コミュニケーション障害)に合う仕事とは?

コミュニケーションが少なめの仕事

コミュニケーションが少なめの仕事とは?

・研究者・プログラマー・工場作業員•倉庫内軽作業・清掃員・ビルの警備員・スーパーの品だし・ホテルのベットメイク・造園・植木屋・職人などがコミュニケーションが比較的少ない職場なので、コミュ症に合う仕事と言えるでしょう。営業職や接客業などは、コミュ症に合う職業とは言えないかもしれません。

コミュニケーションをあまり必要としない仕事

コミュニケーションを取らなくても出来そうな仕事

・新聞配達・ポスティング・内職・在宅ワーク・フリーランス/自営業などです。但しフリーランスなどは自分で営業もするので、コミュニケーションを必要とする場合もあります。メールなどのネット上だけでコミュニケーションを取る場合でも、社会人としてのマナーは守りましょう。

コミュ症(コミュ障)といっても症状や程度は様々です。コミュ症だからこの仕事は合う・合わないと決めつけるよりも、自分がやってみたいという仕事をすることも大切です。無理は禁物ですが、限界を決めつけないで下さい。

コミュ症(コミュ障)でも幸せになれると信じる!

コミュ症でも幸せになれると信じる!

コミュ症の特徴やコミュ症の治し方・診断方法・克服方法について紹介しました。コミュ症では幸せになれないと思っている若い世代の男女には、コミュ症を改善することも出来るし、幸せになれると信じて欲しいです。幸せになると信じることはパワーになります。自分の特性をつかみ生きていくコツをつかみ取ってください!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。