INDEX

自分の長所を理解していこう

悩むことの多い自分の長所

悩む

自分の長所が見つけられていない人は、「私のここは長所だと思ってるんだ~」と言っている知人をすごく羨ましいと感じたことはありませんか?そういった人でも一度は自分の性格と真剣に向き合って考え抜き出した答えでしょう。

かならず人にはそれぞれ長所・短所があります。悪いところしかないと見える人でも良いところはありますし、良いところしかないと見える人でも悪いところはあります。どちらかしかない人なんてこの世界には存在しないのです。

だからこそ個性というものがあり、十人十色という言葉が出来たのです。自分の長所・短所はどんなものか、どこにあるのか、就活の際に使うエントリーシートには必要事項となりますので、その方法を検証していきましょう。また下記の記事も参考の一つとしてご覧ください。

Small thub shutterstock 115879765
関連記事 理屈っぽい性格の人の特徴と対応策15選!理詰めの長所を生かして

理屈っぽい性格の人の特徴15選!あなたの職場に「理屈っぽい」困ったちゃ

エントリーシートに記入する際の自分の長所を見つける方法5つ

友達と協力して自己分析する

話し合い

自分の長所を自分で探していても、いまいちピンと来ない方は多いでしょう。考え出したものの、なんだかこじつけてるみたいで自信が持てないという方もいるのではないでしょうか?

そういった人は、友達と分析し合ってみる方法がおすすめです。人から見て自分はどう見えるのかを友達に聞くと、新たな自分を発見することが出来るかもしれませんし、今までの自分と向き合うことが出来ますよ。

もちろん家族や親戚、その他で周りにいる人に聞いてみても構いません。つまり自分以外の自分の事を知ってくれている人なら誰にでも聞けることなので、自己分析をするためにたくさんの人たちに聞いてみることが情報収集に役立つことでしょう。これを機に聞きまわって文字に残しておきましょう。

自分史を書く

思い出

自分史…つまり自分の今までのやってきた歴史ですね。子供時代から今いる現在まで、どんなことに力を入れて頑張ってきたのか、何に夢中になってきたのかを思い出してみましょう。

自分では頑張ったことなのに「一般的に考えて小さくちっぽけなのでは…」なんて後ろ向きに考えなくていいんです。部活や勉強、役員などで頑張ったことがある人はそれで構いません。

そういった事がなくても、「ボランティア活動でこれ頑張ってたな~」「読書にハマってあれだけの本を読み漁ってたな~」といった「そういえばこれ楽しんでた!」でいいんです。それを日記や箇条書きでもいいので、文字にして書き出してください。それが自己分析の一歩となりますよ。

自分の長所=経験

過去と向き合う

今までの経験が自分の長所となることを理解しておきましょう。過去の経験とは自分が興味を持ち、自分でやってみようと決めたことであり、それが今の自分に繋がっているのです。その経験で何か目に見える結果が出ていなくても、自分の中で思った事や考えることがあったはずです。

嬉しかったことがあったなら、なんでそうなったのかを思い返すことで長所を、嫌なことがあったなら、それで短所を探すことが出来る事となるでしょう。今までの事が自己分析に役立つなら、どんな経験でも無駄になることがないと思え、少しは自分を誇らしく思えるのではないのでしょうか。

思い返したこと、その時に思った事、今になって思う事、それもすべて書き起こしておきましょう。そうすることで後々忘れる事もなく、また読み直すことでまとめやすくなりますよ。

深く掘り返すことが必要

深く考える

今までの出来事を深く掘り返すことで、自分の長所・短所をさらに見つけやすくなります。自分の性格からやってみたいことなど、先々までの将来まで見つめなおすことが可能です。

まず、なぜそれをしようと思ったキッカケはなんなのか、どういった壁にぶつかったのか、その時はどうして頑張れたのか、結果どうなったのか、そこから何を学んだのか…始めた動機から結果までのたくさんの事を深く掘り返して、思いつく限り書き出してみましょう。

細かく掘り返すことは面倒と思われる事があるかもしれませんが、これは自己分析だけでなく、就活のエントリーシートにはこういった内容が必要となってきますので、しっかり見つめなおしてみましょう。

共通している行動

ずっとしていること

今までの事を思い返してみると同じ事をしている時はありませんか?たくさんの事を経験してきていても、中には共通してやっている行動パターンが見つかるはずです。

その時々は全然わからなくても、こうして改めて過去を思い返してみると自分の行動パターンや癖が見つかるものなのです。それを分析することで自分の長所・短所が見えてくるので、良かったことも悪かったことも、すべて細かいの行動まで思い返してみてください。

そして、その中で共通している行動パターンは、自分の長所としてどんなことに該当するのか、短所としてはどんなことに該当するのが、過去の自分を第三者の目で分析してみましょう。当時は無理でも、過去の事であれば意外と第三者としてみることが出来るものですからね。下記の記事のような長所も参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 566157262
関連記事 思慮深いってどんな意味?長所といえる?思慮深い人の特徴12

よく「〇〇さんは思慮深い人だね」などと言いますが、この思慮深い人ってど

どうしても自分の長所がないときは?

ほとんどの人が気づかない自分の長所

友達を観察

自分に自信があり、長所も理解していて、最大限まで有効活用出来ている人は、この世界でそんなに多くありません。だいたいの人が自分の長所に自信を持ってはいないのです。「とりあえずここは私の良いところかな…?」と思うことで済ませてしまう人がほとんどでしょう。

しかし、それではもったいないと思いませんか?人は誰しも長所があり、短所もあり、それが個性となるからこそ面白く、楽しいことが見つかるのだと私は思います。

周りの人の長所・短所を見ながら、自分に当てはめてみるのも手です。この人のこういうところは自分と似ている、近いと感じることがあれば、それも自分の長所・短所を見つけるヒントとなることでしょう。

客観的に見ること

客観的に理解する

自分の長所を理解するために必要なのは、自分自身を第三者の目で見る事です。これは前記述にもお話いたしましたが、過去の自分と向き合うことが大切なのです。難しいように思えますが、そんなに考え込むことはありませんから大丈夫ですよ。

普段の生活の中で、自分は人とどんな会話をしているのか、どんな行動をとっているのか、どんな趣味をもっているのか、どんなことを良く考えているのか…たくさんの「普段」を思い出してみてください。そうした中の自分を客観的に見ることで必ず長所が浮かび上がってくるものです。

まずは、何気ない事が自分の長所になっていることを自信もってください。本当に小さなことが自分の良いところになっているのです。どう見ても考えても良いところなんか見つからない方、焦らないでゆっくり検証してみましょう。

小さな事が長所を見つける

子供にやさしい

先程の記述にあった小さなことを例に挙げて検証していきましょう。例えば、小さな子供が迷子にあって泣いていたらあなたはどうしますか?きっと助けてあげたい、力になってあげたいと思う事でしょう。その優しさがすでに長所となるのです。

一人泣いている子供を助けるのは当然の事でしょ?と思うかもしれませんが、そうでない人もいます。他にも捨てられている動物を助けてあげたいと思う優しさも、お年寄りに優しく接してあげようと心掛ける思いも、すべて長所の一つだと気づいてください。

ふと思ったその心ひとつが当然であるように見えてそうでない事、それはあなたの優しいといった長所であることを自覚し、自分自身を理解してあげてください。一つ自分を理解してあげることが出来れば、そこからもっとたくさんの自分を知ることが出来るのです。そのきっかけの一つとして下記の記事も参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 442485430
関連記事 本当に優しい人の特徴9つ!性格のいい人・人の痛みがわかる人になるには?

世の中にはさまざまな人がいますが、本当に優しい人って意外と少ないんです

就活の面接で話すべき自分の長所と表現方法の例

自分の長所の当てはまる言葉

長所の説明

自分の長所を面接時に説明するとなるとなかなか難しかったりしますよね。そういう時は、自分の長所はどの表現言葉になるのかをよく聞く言葉に当てはめてみましょう。



例えばよく聞く言葉では、「協調性がある」「責任感がある」「行動力がある」などが定番でしょう。他にも「誠実・素直」「臨機応変に対応できる」「おおらかな性格」などなどたくさんの言葉があります。これまで書き出した自分の良いところはどんな長所に当てはまるのかを調べてみましょう。

たくさんの言葉がありますので、悩んだときはインターネットで探してみるのも良いでしょう。そこから自分の長所が新たに見つかるかもしれませんよ。

エントリーシート定番例①「協調性がある」

協調性

エントリーシートではよく見かける一つが「協調性があります」といった言葉です。しかし、どう協調性があるのかを説明してもらわないと分かりませんよね。必ず具体的な例を書いておく、書くスペースがない場合は説明できるように用意しておく必要があります。

表現方法の例文としては、「私の長所は協調性があるところです。周りの意見を尊重し、人間関係を潤滑にしていくことを心がけています。今までの経験としては・・・」といった感じで具体的に説明出来るようにしましょう。

人間関係を大切に出来る人材はどこの職場も必要としているので、ありきたりでもちゃんと説明できれば採用してもらうことが可能となるでしょう。

エントリーシート定番例②「行動力がある」

行動力

次によく見るのが「行動力があります」という言葉ですね。その行動力の内容次第では、その会社にはマイナスイメージでそぐわない事もありますので、慎重に考える必要があります。

表現方法の例文は、「私の長所は行動力がある事です。やってみたいと思ったらすぐに行動し始めます。以前これをしてみようと思い立ち・・・」といった風に、すぐに行動できる・してきた大胆さをアピールすることで、動ける人材としてみてもらえるでしょう。

しかし、行動力があっても1人で突っ走るのでは?と心配されることがありますので、その説明にはしっかりと周りとの協力してやる事、相談しながら行動することなども含むことが必要となります。

エントリーシート定番例③「素直なところ」

素直に受け止める

素直なところは幅広く使える長所と言えるでしょう。取り方によっては真っ直ぐな性格であったり、人のアドバイスをすんなりと受け入れることの出来る性格であったりと様々ですので、自分の説明内容次第では取り入れやすい長所となります。

表現方法としては様々ですが、「私の長所は素直なところだと思っています。注意やアドバイスを受けた際、それをちゃんと受け止め、それをしっかり考えることを心がけています。それを実行したことで・・・」という感じの具体例が分かり易く良いでしょう。

マイナスのイメージとして、自分で判断できない、周りに流されるといったことを思われる可能性もありますので、その対策としてこうしていきたいと思っていることも話しておくと更に好感度はアップするでしょう。下記の記事では少し変わった特徴などを紹介していますので、よろしければ見てみて下さい。

就活の面接でうまく自分の長所を話すためのコツは?

企業側が必要としていること

企業側の気持ち

就職活動の面接時によく出る質問が「あなたは自分はどんな人間だと思いますか?」または、「長所と短所を教えてください。」と聞かれます。

この質問の意図としての企業側の思惑としては、「自分の事をどれだけ理解しているか(自己分析能力)」「長所はどんなものであって、それをどう活かそうとしているか」「ちゃんと短所を理解していて、それをフォローするための努力はできるのか」と、数分の面接ですべて判断します。

長所だけでは単なる自慢話やナルシストでしかありません。自身の短所も分かっていて、仕事上どれだけ自身でフォローできるかが企業側には必要なのです。ほんの数分でどれだけアピールして理解してもらうかは、自分の長所・短所をちゃんと理解出来ているか、説明できるかに掛かっているのです。

就活に必要なのは自分の長所と短所の両方

自分の説明

自分の長所の見つけ方をご説明しておりますが、就職活動の面接では長所ばかりではなく、上記にお話ししました理由にて短所の方も必要となってきます。大体の人は自分の長所を探すことに苦労することがあっても、短所で苦労することはないと思います。

しかし、短所の見つけ方が分からないという方のために、簡単に見つけ方をご紹介したいと思います。上記でお話ししました「エントリーシート定番例」で、長所の説明方法をご紹介しましたよね?そのマイナスイメージを短所として使うことが出来るのです。

例えば、協調性があるという場合は、「周りの意見ばかり尊重しすぎるところがある」というマイナスが出来るのです。また、行動力があるという場合は、「考えが足りずすぐに行動に移してしまうので、失敗することがある」といったマイナスが出てきます。そういった反対を考えるとすぐに短所は見つかることでしょう。

短所を加えて好感度アップさせよう!

好感度アップ

まず面接で答える時は、自分の長所を簡潔に答えます。次にその長所はこういった感じであると具体的な説明をします。この後に短所のお話しをすることが必要となります。短所の説明は、長所と関連付けると相手に分かり易く、好感が持たれやすいです。また自分でも関連している方が覚えやすいでしょう。

ただし、「短所はこういったところです」だけの説明はNGです!相手側からすれば、「その短所が仕事上出た場合困るな…」と思われてしまいます。短所の説明をした後に、その短所に対してあなたはどう努力するのか、どう改善するのかといった説明が必要となります。

それを付け加えることにより、企業側は「改善能力」「問題解決能力」などがあると判断してくれるのです。その判断が出るという事はかなりの好感度アップになりますよね。下記にも長所・短所の事が載っていますので、一度読まれてみてはいかがでしょうか。

Small thub shutterstock 366094484
関連記事 我が強い人の意味と長所と短所は?直し方と男女別の付き合い方も紹介!

あなたの周りにも「我が強い人」はいませんか?女性にも男性にもそのような

就活でのお役立ち!自己アピールの例文

就活の面接での自己アピール説明例文①「好奇心」

強い好奇心

分かり易い長所として「好奇心の強い人」の面接時の自己アピール説明例文を挙げてましょう。好奇心と言えば、思いつくのは長所としてはチャレンジ精神の強いところで、短所としては気になったことはなんでもやろうとしてしまう性分ですね。

では例文として「私の長所は、好奇心が強いところだと思います。いろいろなことにチャレンジすることが好きで、(今までの経験や体験談などの具体例)。しかし、いろいろとチャレンジしようとしてしまうので、仕事上では優先順位をつけてやることを心がけたいと思います。」といった感じにしましょう。

自分の長所である「好奇心」はしっかりアピールしておくと、仕事でも新しい事にチャレンジして頑張ってくれると期待してもらえます。好奇心の反対である部分は短めに説明して、こうした対策をするといった分かり易く、簡潔に説明しましょう。

就活の面接での自己アピール説明例文②「臨機応変」

心の準備

次は「臨機応変」の長所についてのアピールの説明例文を挙げますね。自分の長所が「臨機応変である」という事は、急な変更などに落ち着いて対応できる、冷静であるといった長所となります。短所となるのが、その変更をすることにより、周りに迷惑をかけることがあるといったことですね。

例文としては、「私の長所は、臨機応変に対応できることです。突然な変更などにも焦らず冷静に対応することが出来ます。以前(今までの経験や体験談などの具体例)。しかし、突然な変更などにより周囲に迷惑をかけることなどがありますので、報連相をとりつつ行動できるようにしたいです」というような感じが良いでしょう。

今回説明させていただいたものは、ほんの一部であり、ちょっとした例文です。どのように説明するかは、自分の長所・短所に合わせる事、自分なりの言葉で伝えることが一番のアピールになるのではないでしょうか。下記の記事に役に立つ項目がありますので、そちらもぜひ参考にしてください。

Small thub shutterstock 499880986
関連記事 ニートが就職活動(就活)する際にすべきこと|身につけるべきマナーも紹介!

家に引きこもってばかりのニートから脱却して就職活動で正社員に…と夢をみ

長所は焦らずゆっくりと探そう

自分と向き合うこと

自信を持つ

自分の長所を見つけることから就活の面接までの事を検証していきましたが、いかがでしたか?短所の検証を見ればわかるように、長所と短所は隣り合わせなのです。短所ばかり目につくときは、その逆の性格を考えるのも良いと思いますよ?

自分の長所を見つけるために、一度自分自身と向き合う時間を自分の為にゆっくりとってみてはいかがでしょうか。自分の時間をゆっくりと過ごすことで気分転換になり、穏やかな気持ちで向き合うことが出来る事でしょう。

今回の検証で自分の長所を見つける方法は見つかりましたか?自分の良さを知って自分を好きになって、楽しい日々を過ごしましょう。また、下記の記事でも楽しく過ごせる方法が載っていますので、楽しい自分の時間を過ごしながら、自分の長所を見つける参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 262540697
関連記事 なんか楽しいことないかな?と思う人におすすめする何か面白いこと13選

楽しいことないかな、面白いことないかな、と人は平凡な毎日に飽きる傾向が

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。