Large thumb shutterstock 365023982

おしゃれな庭をDIY!手作りガーデニングのコツ|レンガ・タイルの敷き方は?

更新:2019.06.21

庭やベランダをDIYしてステキなガーデンを作ってみませんか?おしゃれな庭・花壇を作るといっても、何から始めたらよいのか悩みますよね。しかし、ガーデニングもコツが分かれば初心者でもおしゃれなガーデンに仕上げることが出来ます。レンガ、タイルなどを上手に使ってステキなガーデンを手に入れましょう!

初心者でも素敵な庭をDIYするコツ

初心者でも素敵な庭をDIYするコツ①コンセプトを決める

コンセプト

素敵な庭をDIYするために、まず1番最初に行うことは「コンセプトを決める」です。難しく考えることはありません。あなたの好きな雰囲気をコンセプトにすればよいのです。ガーデニングにルールはありません。もし悩んだときには、あなたが理想とする庭を、そのままコンセプトにしてみましょう。

女性に人気のあるコンセプトに、アンティーク調や北欧風などがあります。以下のアンティーク風インテリア、北欧風インテリアの記事にガーデニングに使えるアイテムがあります。また、雰囲気を掴むことも出来ますので、ぜひご覧ください。

初心者でも素敵な庭をDIYするコツ②予算を決める

予算

次に、予算を決めましょう。ガーデニングのアイテムはおしゃれなものが多いので、見ているだけで欲しくなってしまいます。最初に予算を決めておかないと、あとで大きく膨らんだ金額に驚くことになってしまいます。予算を見めるコツは、庭に置く大きなものを基準に考えます。

一番お金がかかりそうなものの金額を調べ、そこに掛ける予算を決めてから細かなものの予算をプラスして行きましょう。予算オーバーしたときは、細かなものを経ずっていきます。また、ギリギリではなく、少し余裕を持った予算を設定してください。

初心者でも素敵な庭をDIYするコツ③レイアウトを考える

考える

次に、庭のレイアウトを考えます。花壇を作りたい場所、テーブルを置きたい場所、物置など庭全体を図にしてみましょう。大きなレイアウトが完成したら、植えたい植物やアイテムを置く場所を考えましょう。

気を付けなくてはならないのは、「通路」です。人が通れるスペースをきちんと確保しましょう。また、日向日陰の部分も把握しておくと、花壇の場所や植える植物で悩まなくて済みます。また、庭の主役になる「フォーカルポイント」のアイテムも同時に考えましょう。

QUOTE

フォーカルポイント(英: Focal point)とは、建築や園芸・造園で使われる言葉で、「注視点」、「目を引く点」の意味である。洋室では暖炉、薪ストーブ、ニッチ(飾り棚)、和室では床の間、庭ではシンボルツリーやオーナメントなどが該当する。 引用元:Wikipediaフォーカルポイント

初心者でも素敵な庭をDIYするコツ④スケジュールを立てる

スケジュール

ガーデニングのDIYに取り掛かる前に、最後にスケジュールを立てましょう。買い物に行く日、花壇を作る日、1日に出来る作業量を考えてスケジュールを組みましょう。無理をしないスケジュールにしましょう。また、庭のDIYには、天気も重要です。

例えば、コンクリートを敷きたいとき雨が続くと、時間もかかりますしキレイに仕上げることが出来ません。天気予報を見てチェックするのはもちろん、晴れの日の作業と雨だった日の作業を分けて考えましょう。

庭・ガーデニングDIYのメインアイテム①レンガ

庭・ガーデニングDIYアイテムレンガ:花壇を作る

レンガは、花壇を作るのに最適なアイテムです。小さなレンガを積み上げて作るので、形に自由がききやすいのが特徴です。レンガにも、たくさんの種類があります。形やサイズを活かし、最初に決めたコンセプトに合ったレンガを選びましょう。

レンガは、土の種類や焼き方によって色や硬さが変わります。以下の、レンガの規格サイズ、レンガの種類を、レンガ選びの参考にしてください。下記のものは基本的なものです。他にも様々な種類のレンガがあります。上記のAmazonでもレンガを購入できます。

レンガの規格サイズ(JIS規格)

おなま 長さ210mm 幅100mm 高さ60mm レンガの基本のサイズ
半ます 長さ100mm 幅100mm 高さ60mm おなまの半分のサイズ
羊かん 長さ210mm 幅45mm 高さ60mm おなまの幅の半分のサイズ
耐熱レンガ 長さ230mm 幅110mm 高さ65mm 1200℃の高温に耐えるレンガ

レンガの種類

赤レンガ スタンダードなレンガ
アンティークレンガ 欠けたり色にばらつきのある、味のあるレンガ。
ベルギーレンガ 柔らかく、側面の形がぼこぼこしている
オーストラリアレンガ 柔らかく、日本の規格サイズより大きめ。

庭・ガーデニングDIYアイテムレンガ:ランダムに敷き詰める

レンガには、形がランダムなものもあります。ランダムな形のレンガは、積むことは難しいですが、画像のように地面に敷きつめると、アンティーク調に仕上がります。形がバラバラなので、レンガとレンガの間に隙間が大きく開きます。

その隙間におしゃれな砂利を敷き詰めたり、植物がランダムに生えるようにすると、よりおしゃれにナチュラルに仕上がります。アンティーク調の形がランダムなレンガは、上記のAmazonでも購入できます。

庭・ガーデニングDIYアイテムレンガ:通路に敷き詰める

レンガをきれいに地面に敷き詰めて、通路を作ります。レンガには様々な並べ方があります。「ランニングボンド」は半分ずつずらしながら敷く一般的な敷き方です。市松模様になるように並べる「バスケットウィーブ」「ハーフバスケットウィーブ」や。人の字のように並べる「ヘリンボーン」などがあります。

ランニングボンド以外の並べ方をしたい場合は、素人には難しい並べ方ですので、いきなり固めないで、何度か練習してから並べましょう。図は、以下のレンガの敷き方の外部サイトをご覧ください。

レンガの敷き方

庭・ガーデニングDIYアイテムレンガ:コンセプトに合わせる

レンガを敷く時には、最初に決めたコンセプトからずれないように気を付けましょう。レンガはナチュラルやアンティーク、北欧風の庭のDIYに向いています。また、色がグレーのレンガやタイルをチョイスすると、モダンなイメージの庭が出来ます。

写真は、レンガを「ヘリンボーン」の形に敷き詰めた、ナチュラルな庭です。ナチュラルな雰囲気に興味があり、庭と部屋のイメージを合わせたい、ナチュラルなイメージを掴みたいという方は、以下のナチュラルインテリアの記事も併せてご覧ください。

庭・ガーデニングDIYのメインアイテム②タイル

庭・ガーデニングDIYアイテムタイル:ポイントになるタイルを選ぶ

ガーデニングDIYのアイテムのタイルは、シンプルなものだけでなく、写真のようにカラフルでオシャレなものも多くあります。すべてをカラフルの物で全て揃えてしまうとくどくなってしまうので、こういったタイルはポイントに使うようにしましょう。

カラフルなタイルを使うときには、カラーコーディネイトが大切になっています。同系色のものを選び、コンセプトからずれないように気を付けましょう。

庭・ガーデニングDIYアイテムタイル:ガーデンアイテムに使用する

タイルは、庭に置くアイテムのDIYに向いています。タイルは、難しいDIYの必要なくオリジナルのアイテムが作れます。タイルアートには目地があります。目地がタイルを敷き詰めたときのズレを調整してくれるので、ぶきっちょさんでもチャレンジできるDIYです。

また、タイルは耐久性に優れているので自然環境においても劣化が少なくなります。タイルが醸し出すレトロな雰囲気も、女性に大変人気があります。タイルで作ったアイテムを、庭のフォーカルポイントにしてもいいですね。

庭・ガーデニングDIYアイテムタイル:ガーデンシンクをオリジナルに

タイルは耐久性に優れており、メンテナンスフリーの建材といわれています。汚れもつきにくくカビも生えにくいので、水回りに強いのがタイルのメリットです。写真のように、ガーデンシンクにタイルを使用すると、おしゃれなだけでなく大変利点があるのです。

タイルには様々なデザインがあるので、オリジナルの空間を作りやすい建材です。味気ないガーデンシンクをおしゃれにDIYしてみませんか?カラフルなモザイクタイルは、上記のAmazonでも購入できます。

庭・ガーデニングDIYアイテムタイル:通路に敷き詰める

タイルは、写真のように通路に敷き詰めることも出来ます。キレイに並べることも出来ますが、写真のタイルは、あえて隙間を作るように並べています。隙間から植物が生え、おしゃれに仕上がっています。タイルを敷く前に、植物の種を巻いておくのがポイントです。

通路に敷き詰めるときには、敷き詰める専用のタイルか厚めのタイルを選びましょう。上記のAmazonのタイルはシートになっているタイプなので、並べるのがとても簡単なのでおすすめです。

庭・ガーデニングDIYのメインアイテム③ガーデンシンク

庭・ガーデニングDIYガーデンシンク:レンガ

こちらはレンガで作ったガーデンシンクです。既存の水道の周りをレンガで囲むDIYですが、写真のような凝ったデザインのガーデンシンクは入念な設計と技術が必要です。凝った仕上げのDIYは、プロに任せましょう。上記のAmazonの商品のように、設置するだけでOKなレンガのシンクもあります。

レンガのガーデンシンクは、庭をナチュラルや北欧風、アンティーク調に仕上げたい方におすすめのシンクです。ガーデンシンクを購入するときには、設置場所のサイズを測ることを忘れないでください。

庭・ガーデニングDIYガーデンシンク:ウッディ

ナチュラル、北欧風のイメージで庭を仕上げたい方におすすめの。ウッディなガーデンシンクです。艶のない木がより自然な雰囲気を醸し出しています。写真のガーデンシンクは庭のイメージに合わせて作成したものですが、こちらも高度な技術が必要なDIYです。

ウッディなガーデンシンクに興味がある方は、既製品が上記Amazonでも購入できます。参考にご覧になってください。ガーデンシンクとして販売されているものでも、木製の物は濡れやすい場所に設置すると、カビや腐る原因になるので注意が必要です。上記のAmazonの商品は人工木製で水に強い商品です。

庭・ガーデニングDIYガーデンシンク:タイル

こちらは、コラベルタイルを使用したDIYガーデンシンクです。先程ご紹介しましたが、タイルは水回りに最適な建材です。フレンチカントリーのイメージに仕上がっています。フレンチカントリーとは、フランスのブロヴァンス地方の様式で、白を基調にしたアンティークなインテリアです。

蛇口もアンティークな金古美をしようしており、おしゃれに仕上がっています。細かな部分にもコンセプトを忘れないようにしましょう。以下の、フレンチカントリーのインテリアの記事を併せて読んでイメージを掴んでください。

庭・ガーデニングDIYガーデンシンク:コンセプトに合わせる

こちらは、ナチュラルアンティークな倉庫と一体化したガーデンシンクです。完全なオーダー品でプロの作品です。注文すれば思い通りの形が出来上がるのは嬉しいですね。ここまで大掛かりなDIYは難しいですが、雰囲気やイメージの参考にしてみてください。

こちらのガーデンシンクのようなナチュラルアンティークな雰囲気を作りたいときには「漆喰」を使用すると、おしゃれな壁の雰囲気を出すことが出来ます。ひび割れにくくお手軽で簡単なので、ぜひチャレンジしてみてください。漆喰は、上記のAmazonでも購入できます。

おしゃれな庭・ガーデニングのDIYデザイン|基本編

基本の雑草対策:マルチング

ガーデニングでの悩み第一位は、雑草です。キレイな庭の外観を壊しますし、害虫の発生が心配です。また、草取りや除草剤で草を枯らすのは大変骨の折れる作業です。基本の雑草対策に「マルチング」という方法があります。

マルチングとは、地面をマルチング用のビニールや、自然素材の腐葉土、ワラ、ウッドチップなどで覆い、草が生えないようにする方法です。写真はバークチップで雑草対策をした花壇です。見た目もおしゃれに仕上がりますし、一石二鳥です。

花壇:レンガ・木材で囲う

花壇を作るときは、きちんと場所を作ってあげることが大切です。写真のようにレンガで花壇をしっかり作ると、花を踏んだり傷つけることも減りますし、土の管理もしやすくなります。花や植物を育てるためには、肥えた土の管理も必要です。また、出来るだけ日当たりの良い場所に花壇を作るようにしましょう。

2枚目の写真は、花壇を木材で囲みDIYしたものです。インパクトのある木材が庭のおしゃれなインテリアとなっています。あえて高さを変え、色の違う木材を使用することでナチュラルなイメージを上手に出しています。背の高い木材に目が行きやすいので、庭のフォーカルポイントにしてもいいでしょう。

目隠し:ルーバーラティス

おしゃれな庭に欠かせないアイテムのひとつに、「ルーバーラティス」があります。境目や家の中が直接見えないように目隠しとして使用します。ただの境目として設置するのではなく、写真のように工夫して飾ることで、庭のおしゃれアイテムになります。

色や形も様々な種類があるので、コンセプトに合わせて厳選してください。ガーデン用として販売されているルーバーラティスは、水に強い仕様になっています。購入の際は、室内用のラティスと間違えないよう気を付けてください。

砂利:種類が豊富

砂利も、庭に欠かせないアイテムです。砂利にも様々な種類があるので、庭のコンセプトに合った砂利を選ぶようにしましょう。大きさも様々で、直径2センチ未満のタイプや4センチ以上のものもあります。上記のAmazonの商品は、ナチュラルなガーデンにおすすめの洋風砕石砂利です。

砂利の種類

白玉砂利 和やモダンな雰囲気に合う高級感のある砂利
ピンクチップ 洋風の庭にピッタリの砂利
五色砂利 様々な色の石が混ざった和風にピッタリの砂利
洋風砕石砂利 様々な色がある洋風の庭にピッタリの砂利

おしゃれな庭・ガーデニングのDIYデザイン|上級編

柵:フェンス・ルーバーラティス

ガーデニングに慣れてきたら、目隠し用の柵やフェンスにも一工夫加えDIYしてみましょう。コンセプトに合ったものであれば、設置するだけでもおしゃれですが、写真のように柵に植物やアイテムを飾ることで、よりおしゃれに仕上げることが出来ます。

柵に装飾を施すときには、裏から見たときのことも考えて飾りましょう。正面から見て満足してしまい、案外裏には気付かないものです。見えない部分であればよいですが、裏側も見える位置に設置するときには、きちんと裏から見たところも確認してください。上記のAmazonからも、ルーバーラティスを購入できます。

芝生・人工芝

爽やかな庭の定番DIY、芝生も重要なアイテムです。しかし、芝生の管理は意外に難しく、庭の出来上がりの芝生は隙間を開けて設置するので、見た目も最初はきれいに仕上がらないのが芝生のネックです。また、冬場はきれいなグリーンではなく枯れるので、イメージも変わります。

人工芝というアイテムもありますが、こちらはチョイスがなかなか難しいアイテムです。あまり青々したものを選んでしまうと不自然な仕上がりになってしまいます。芝生は上級者向けのガーデンアイテムだといえます。それでも、きれいな芝生は憧れますよね。上記のAmazonからも芝生を購入できます。

屋根:テラス屋根・ガーデンルーフ

庭でバーベキューをしたり、洗濯物を干すスペースにあると便利なのが、ガーデンルーフです。大掛かりなDIYになるので上級者向けになります。少しのミスが大きな事故に繋がりかねないので、知識において心配な方はプロに頼みましょう。

大きなアイテムで失敗すると大変なので、業者に依頼するときは、庭のコンセプトをきちんと伝えましょう。プロですから、別の視点で他の部分のDIYについてもアドバイスがもらえるかもしれません。上記Amazonからもガーデンルーフを購入できます。

こんな時どうする?

コンクリート:スリットを入れる

庭にコンクリートを張るときには、ベタッと全体塗ってしまうのではなく、写真のようにスリットを入れましょう。見た目がおしゃれなだけでなく、コンクリートの割れ、劣化を防ぐ効果があります。スリットには、写真のように芝生を植えてもいいですし、砂利を敷き詰めてもおしゃれです。

日当たりが悪い:日陰に強い植物を植える

植物を植えたいけれど、庭の日当たりが悪く植物を植えるのを躊躇している方におすすめの植物があります。写真(右)は「フッキソウ」という、日陰に向いている植物です。他にも日陰に向いている植物があるので下記の表をご覧ください。上記Amazonの本で、日陰でも育ちやすい植物をもっと知ることが出来ます。

日陰でも育ちやすい植物

フッキソウ 日陰でも育ちやすく、耐寒性も強い。
リュウノヒゲ 高さ10cmほどで細い葉の植物。
アスチルベ フワッとした花の咲く多年草植物。
インパチェンス 小さくて可愛い花が咲く一年草。
クチナシ 大型で純白の6弁花。

バリアフリー:スロープ

庭のスペースに余裕があるのでしたら、庭のバリアフリー化をおすすめします。年齢を重ねるとちょっとした段差がしんどく感じることも多くなってきます。改めてスロープを作るには、費用も時間も余分にかかります。

余裕があれば、バリアフリーもDIYに取り込んでみ見てください。将来のことも考えたほうが良いですが、自転車をしまうときにも便利なので、庭のDIYの時にはスロープも考慮してみましょう。

あると便利!庭・ガーデニングのDIYグッズ

庭・ガーデニングのDIYグッズ:ジョウロ・スコップ

ガーデニングに欠かせないDIYグッズにジョウロやスコップがあります。花の手入れに必要なアイテムですが、庭のコンセプトに合わせたイメージの物を用意することで、庭がおしゃれに仕上がります。本来の用途とは別に、インテリア用のジョウロやスコップを飾っている方もいます。

細かいガーデニングアイテムはあとから購入して入れ替えることも出来るので、理想の庭を作ることをいつまでも楽しむことが出来ますね!

庭・ガーデニングのDIYグッズ:ガーデンオブジェ

庭をより個性的におしゃれに仕上げる、おすすめガーデニングのDIYグッズは、ガーデンオブジェです。ガーデンオブジェは、様々な種類があるため、センスがとても重要になるアイテムです。コンセプトに合わせて、あなたの好きなアイテムを置いてもいいですし、物語を作ってもいいですね。

あまりごちゃごちゃと置きすぎても、庭のイメージを崩してしまいますので、よく吟味して購入しましょう。おしゃれなガーデンオブジェは、Amazonでも購入できます。

庭・ガーデニングのDIYグッズ:ガーデンテーブル

庭でくつろげる空間、ガーデンテーブルセットがおすすめです。庭のフォーカルポイントにしている方も多く、こだわりを多く出せるアイテムでもあります。おしゃれなものを購入しておくのはもちろん、一工夫してオリジナルのテーブルセットをDIYしてもいいですね。ぜひ、庭でおしゃれなティータイムを楽しんでください。

ぜひ、庭でおしゃれなティータイムを楽しんでください。ガーデンテーブルセットはAmazonでも購入できます。Amazonには、おしゃれなガーデンテーブルセットがたくさんあるので参考にしてみてください。

庭・ガーデニングのDIYグッズ:ウォーターガーデン

ワンランク上の庭を目指すのであれば、噴水はどうでしょうか。最近では、フォーカルポイントにウォーターガーデンを設置する方が増えています。自分ですべて作るとなると大掛かりですが、噴水のキットが販売されているので、簡単に設置することが出来ます。しかし、人工的な池は流れがないので汚れやすいのが欠点です。

庭に、水を溜まったままにしておくと、ボウフラの住処になってしまいます。そんなときには、ウォータークリーナーを池の中に設置します。ウォータークリーナーは水をきれいに保ってくれるので、噴水を設置するときには一緒に設置することをおすすめします。

理想の庭をDIYして快適に過ごそう!

いかがでしたでしょうか?あなたの理想の庭は見つかりましたか?おしゃれな庭のイメージが湧いてきたことでしょう。いきなりスタートしないで、きちんと下準備に時間を掛けましょう。下準備の時間が長いほど、すてきな庭が出来上がります。あなたの庭が、快適な空間になりますように!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。