INDEX

「源泉徴収票」とは

源泉徴収票は所得や国に納めた税金が確認できるもの

書類を見る男性

源泉徴収票とは、一年間の給与所得と、国に納めた税金が確認できるものです。税金を引く前の総支給額と、社会保険料や住民税をいくら国に納めたかが記載されています。毎月会社から給与を貰った際に、給与明細書に記載がある金額を一年間で見ると、これほどまでに税金が引かれているんだと思われるのではないでしょうか。

社会保険料は、厚生年金保険料、健康保険料、雇用保険、介護年金保険料などがあります。源泉徴収票をしっかり確認している方は少ないかもしれません。会社からもらってそのまま放置ではないでしょうか。自分がいくら稼いで国にいくら納めているのかしっかり確認しましょう。

源泉徴収票は確定申告に使うもの

電卓を操作する男性

源泉徴収票は確定申告を行う際に使用します。一年間の医療費が10万円以上となった場合や、副業をしている場合など、自分で確定申告をする場合は源泉徴収票の提出が必要になります。また、確定申告の書類に記入する際にも源泉徴収票は必要です。

今後転職の予定がある場合や、退職をした場合、あるいは公務員の方では違いがあるのです。では、転職や退職など状況が変わるとどのような違いがあるのでしょうか。状況別での違いを詳しく説明していきます。

源泉徴収票はもらえる時期はいつ?

源泉徴収票の一般的な発行時期

1

源泉徴収票はもらえる時期はいつなのでしょうか。会社員の場合の一般的な源泉徴収票の発行時期は12月になります。企業によって若干差はあるものの、遅くても1月までには手元に届くでしょう。郵送で自宅に届く場合は、会社で配布される場合もあります。12月の給与証明書と一緒にもらえることが多いようです。

企業は年末に従業員に払い過ぎた税金を計算しなくてはいけません。調整をして正しい金額を税務署に申告します。そのため一般的には12月末までには届きます。場合によっては1月になることもあります。企業が税務署に提出していない場合は、税務署からなんらかの連絡が来るでしょう。

一般企業では、税務署に企業が提出される前に手元に届くことになります。もし手元に届かない場合は早急に企業に問合わせしましょう。忙しい時期なので、届いていない事に気付かないことがありますので注意が必要です。もし紛失してしまったことに気付いたら、早めに企業に再発行を依頼してください。

平成30年の発行時期

1

源泉徴収票の平成30年の発行時期はいつ頃でしょうか。退職や転職の予定をしている方は気になりますよね。また公的年金受給者についても気になるところです。一般的な企業や国家公務員、地方公務員には違いがあります。年金受給者も発行時期が違うため注意が必要です。

源泉徴収票の発行時期は、給与所得者の場合は平成30年の12月に発行されます。平成30年1月から12月までの給与所得と国に納めた税金などの記載だからです。退職者や転職、または公的年金を受給している方は発行時期が違います。

年金所得者の場合は、公的年金は平成30年1月初旬から1月末までに発行されます。企業年金は若干差があるようですので、企業年金受給者は注意が必要です。下記では、さらに状況別で詳しく説明していきます。

源泉徴収票のもらい方・もらえる時期

一般的なサラリーマンがもらえる時期

1

一般的なサラリーマンのもらえる時期はいつでしょうか。一般的なサラリーマンは12月に入ると会社から配布されます。会社で源泉徴収票を手渡しの所や、自宅へ郵送、給与明細書と一緒に配布される場合があります。会社は従業員に対して発行する義務があります。源泉徴収票は1年間の給与総額と税金類の額が確認できます。

サラリーマンで12月に手元に来ない場合は企業に確認しましょう。場合によっては1月に届く場合もあります。どのような方法でもらえるのか、もらい方も確認したほうが良いですね。特に新入社員の場合や転職した場合は前もって確認すると良いでしょう。

源泉徴収票には扶養家族についてや、寡婦、勤労学生などの項目があります。自分や家族がどれにあたるのか、会社に申告し忘れているために控除されるべく金額がされていないという事もあります。源泉徴収票は大切なものですので、良く内容を確認してください。しっかり確認して払い過ぎはないかチェックしましょう。

退職後にもらえる時期は

1

退職者の源泉徴収票はいつもらえるのでしょうか。発行時期については退職後1か月以内に発行されます。通常は自宅へ郵送されます。もし1か月以内に届かない場合は退職した会社に問合わせしましょう。

次の会社に転職が決まっている場合は、転職先で提出を求められるため注意しましょう。退職した会社は1か月以内に発行する義務がありますので、積極的に問合わせしたほうが良いのです。もし紛失してしまった場合は再発行に時間がかかりますので、早めに再発行を依頼しましょう。

退職後、フリーランスで仕事をする方は早めに源泉徴収票が手元にあるのかをしっかり確認しましょう。確定申告の時期になって紛失したことに気が付くことがありますが、申告に間に合わないと損をする場合がありますので、しっかり確認しましょう。

転職後にもらえる時期

1

転職後の源泉徴収票はいつもらえるのでしょうか。退職した会社からは1か月以内に発行され手元に届きます。転職先の会社からは、前職がある場合は提出を求められます。転職先の会社がその年の12月に前職分の給与所得と合わせて年末調整をしてくれるからです。

もし転職時期が12月になってしまった場合は、転職先の年末調整に間に合いません。その際には自分で確定申告する必要があります。転職先に源泉徴収票の提出が遅れる場合はいつまでに提出しないといけないのか期限の確認をしましょう。多少遅れても間に合う場合もあります。

転職先での源泉徴収票はいつもらえるのでしょうか。転職後の会社では通常通り12月に入ると源泉徴収票が発行されます。12月になると手元に届くでしょう。転職先でもらう源泉徴収票には転職先での給与所得額と、国に納めた税金類の額になるので注意しましょう。前職分の源泉徴収票の提出はあくまでも年末調整のためです。

公務員がもらえる時期

1

公務員の源泉徴収票の発行時期はいつなのでしょうか。もらえる時期が違います。国家公務員の場合は1月~2月末までに発行され手元に届きます。国の機関は内部での様々な調整があるため、一般企業より時期が遅れるようです。国家公務員でまた手元に届かないと心配になりますが、一般企業とは違いがあるため注意しましょう。

源泉徴収票は、保育園に提出をしなくてはならない場合があります。提出期限までに間に合わないということもありますので、公務員の方は担当課にいつ頃になるのか問い合わせる必要が出てきます。地方公務員の場合は12月に発行されることが一般的のようです。給与明細書と一緒に手元に届く場合は多いようです。

公務員は種類によって若干の違いがあるようです。国家公務員や地方公務員によって発行時期が違います。保育園やローンなど源泉徴収票を提出しなければならないことが多々あります。夫婦の場合は両方の提出が求められる時もあります。いつ手元に届くのかをしっかり確認しておきましょう。提出が遅れる場合の対処ができます。

バイトがもらえる時期

1

アルバイトの源泉徴収票はいつごろもらえるのでしょうか。アルバイトの場合は、1月末までに手元に届くのが一般的です。アルバイトの場合でも企業は発行の義務があります。手元に届いているか必ず確認しましょう。給与証明書と一緒にもらえる場合や、源泉徴収票のみ手渡しや郵送の場合があります。

アルバイトの場合は、会社勤めをしながら副業でアルバイトをしている方もいるでしょう。その場合は、確定申告が必要になります。所得税を納める義務が生じますので、必ず源泉徴収票を発行してもらう必要があります。もし所得税を納め過ぎている場合は還付がありますので、損をしないためにも源泉徴収票を用意しましょう。

いつ頃源泉徴収票をもらえるのかアルバイト先に確認すると良いでしょう。アルバイトの場合はつい忘れてしまいます。年間でいくつものアルバイトをしている方や、掛け持ちでアルバイトをしている方も源泉徴収票は必ず確認しましょう。所得税が引かれている場合は、確定申告によって還付される場合があります。

源泉徴収票をもらうときの注意点は?

年金の場合のもらい方

1

年金受給者の源泉徴収票をもらう時の注意点はどんなことでしょうか。年金には老齢基礎年金や老齢厚生年金の公的年金、企業年金があります。年金は雑所得とみなされるため、確定申告が必要な場合があります。毎年受け取った年金額を知るために源泉徴収票があります。年金受給者の源泉徴収票はいつ頃発行されるでしょうか。

公的年金の場合は日本年金機構から1月初旬から1月末までに発行されます。自分が受け取った年金額が記載されています。企業年金の場合は各企業の年金事務所から発行されます。年金は雑所得のため、一定の条件に満たない場合は確定申告が必要になります。では、その条件とは何でしょうか。

年金も確定申告が必要?

1

1年間に受け取った年金額が400万円超の場合は、確定申告が必要になります。公的年金と企業年金の両方を受け取っている方は注意が必要です。また、年金を受け取りながら自営業をして年20万円以上の収入を得ている方も確定申告をする必要が出てきます。

公的年金のみ受給者で65歳未満は108万円以上、65歳以上は158万以上年金を受け取っている場合は、年金から所得税が引かれます。他に収入がある場合は追徴しなければならないため確定申告が必要になります。

年末調整

1

年末調整は毎年納めた所得税について払い過ぎはないか、または足りないことはないかを調べるために会社が行います。所得税はだいたいの金額で徴収されています。従業員は少し多めに所得税を支払っているのです。そのため年末調整により支払過ぎている場合は還付されるという仕組みになっています。

年末調整前に企業に提出する書類には、年間で支払っている生命保険料などの申告項目があります。保険料についての控除もありますので、しっかり申告しましょう。また控除される保険については地震保険も対象なので、新しく住まいを購入される方は地震保険の加入を検討しても良いかもしれません。

年末調整は、結婚や出産など家族構成が変わった場合にも調整が行われます。扶養家族が増えた場合に控除対象となりますので、きちんと申告をしていないと還付がありません。家族構成が変わった場合は会社に申告を行いましょう。子供が産まれた場合や、両親を扶養することになった場合も同様です。

源泉徴収票をもらわなかったらどうなるの?

損をしてしまう場合がある

1

源泉徴収票をもらわなかったらどうなるのか?サラリーマンで転職や退職、家族構成に変化があるなど今後1年間で何も予定が無ければ特に困ることはないでしょう。ただし、医療費については予測できません。もし1年間の内に高額の医療費を支払った場合は源泉徴収票が必要になります。

源泉徴収票は確定申告を行う際に必要な書類です。無くしてしまった場合は再発行する必要があります。1年間に10万以上の医療費を支払った場合は、確定申告により還付される場合があります。医療費の場合は、病院へ通うための交通費も対象になりますので覚えておきましょう。

退職や転職の人生の変化時

1

退職をした場合は、次の転職先へ提出をしなければいけません。もし、年末の時期と転職が重なってしまった場合は、自分で確定申告をする必要があります。少しでも払い過ぎた所得税を還付されたい場合は源泉徴収票を発行してもらいましょう。

年金受給者や、サラリーマンで副業の収入がある場合も確定申告が必要になりますので、源泉徴収票が必要になります。また、お子様を保育園に入園させる場合も源泉徴収票の提出が必要です。その他に、お金を借りる際にも必要になります。住宅ローンを組む際に源泉徴収票を提出しなければお金を借りることはできません。

源泉徴収票がいつ必要になるのか、また紛失した場合の再発行はいつになるのか知っておく必要はあります。必要な際にすぐに提出できるよう準備しましょう。

申告し忘れが無いかチェックが必要!

1

源泉徴収票には、現在自分が扶養している親族や、寡婦、勤労学生など、控除される項目にきちんと該当しているのかチェックができるのです。それによって自分がきちんと申告しているのか確認ができます。会社に提出する書類は案外抜け落ちていることがあります。

提出書類は忙しい時期が多いため、自分がいつ申告したのかを忘れてしまうことがあります。年末調整は自分が1年間でどれだけ仕事をしたのかを確認できるものでもあります。申告するべき項目をしっかり確認しましょう。

源泉徴収票はいつもらえるのか?源泉徴収票を理解して活用しよう!

源泉徴収票は様々なことに利用します。今まで気にもしていなかった源泉徴収票ですが、転職や退職や医療費控除の申告の際になって初めてじっくり見たという方も多いのです。毎年手元に届く源泉徴収票を今一度じっくり見てみましょう。今後何かのタイミングで必要になることもあります。

源泉徴収票は保育園の入園やローンを借りる際にも必要です。必要な時に手元にないととても困ります。再発行にかかる時間もあります。手元に源泉徴収票が来たらしっかり保管をする癖をつけましょう。確定申告をしている方は重要性を理解しているのですが、申告の必要がないサラリーマンは存在を忘れがちです。

源泉徴収票は重要な書類です。いつ使うタイミングがおとずれるかわかりません。源泉徴収票を使って控除を受けることができることも理解しておきましょう。また、生活においての変化時には必ず必要になりますよ。源泉徴収票がいつ発行されるのかも確認しましょう。

自分の所得がいくらで、納めている税金がどれくらいあるのかも合わせて確認しましょう。この記事を読んでいただき、源泉徴収票がどのようなものなのかを理解いただけたと思います。源泉徴収票を理解してうまく活用しよう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。