INDEX

「よろしくお伝えください」の意味は?

「よろしくお伝えください」の意味①第三者への言伝の依頼

よろしく

「よろしくお伝えください」という言葉はよくビジネスの場では聞く言葉かと思います。「よろしくお伝えください」は、ビジネスの場で良いコミュニケーションを取るための言葉としては非常に優れた言葉であると言えるでしょう。

「よろしくお伝えください」については、「他の方に対しても宜しいように伝えてください」というのが本来の意味であり、その場にいない第三者に対しても自分自身が相手に対して好印象を持っている、あるいは気にかけているということを伝えてください、という思いを伝える言葉になります。

特に他者からの評判や感謝の気持ちというのは本人から直接伝えることが良い場合が多いものの、第三者から伝えられることで信ぴょう性が増し、直接伝えるよりも好印象になる場合もありますので、そういった効果を狙えるという意味でも「よろしくお伝えください」はビジネスを有利に進めることができる言葉と言えるでしょう。

「よろしくお伝えください」の意味②社交辞令

よろしく

「よろしくお伝えください」については上述した通り、第三者への言伝の依頼というのが本来の意味合いになりますが、社交辞令的に使うことも決して少なくない言葉になっています。例えば多くの人が関わっているようなプロジェクトにおいては、ちょくちょく使うことになると思いますが、本来の意味合いはだいぶ薄れます。

何故なら社交辞令的に「よろしくお伝えください」を使う場合、この言葉の相手に対しては第三者への伝言の言伝を依頼する意図は非常に薄く、どちらかというと「みんなでこのプロジェクトを頑張って成功させましょう」という意味合いが強く、それはあくまでもお互いの関係性を良い状態で保つための手段であるからです。

「よろしくお伝えください」は敬語として正しい?

「よろしくお伝えください」は敬語として正しいです

よろしく

「よろしくお伝えください」は正しい敬語になります。ビジネスの場でより良いコミュニケーションを取るうえでは非常に重要な言葉で、目上の方に対しても、あるいは立場が下の人に対しても重宝に使うことができます。万人に幅広く使える敬語で、進んで使っていきたい敬語になります。

「よろしくお伝えください」はさらに、メールでも対面でもどちらでもよく使う敬語になります。ビジネスの場で使う言葉には文章でのみ使う言葉、逆に会話のみで使う言葉が散見されますが、この「よろしくお伝えください」についてはどういったシチュエーションでも使える意味でも非常に敬語として万能と言えるでしょう。

さらに「よろしくお伝えください」を使うシチュエーションについてはビジネスの場でも非常に多く、その使い方をマスターしておくことで、ビジネスを円滑に進める武器になることでしょう。シチュエーション別で使い方をしっかり把握しておくことが大切になります。

「よろしくお伝えください」が失礼にあたる場合があります

よろしく

「よろしくお伝えください」は使い勝手のいい言葉でビジネスの場でのコミュニケーションが円滑に進めることができる言葉である一方、目上の方に対して使うと失礼に当たる場合があることも覚えておく必要があります。決して敬語として正しくないということではなく使ってはいけないシチュエーションがあるということです。

どんなビジネス用語も使い過ぎは相手から疎まれる、という側面がありますが、「よろしくお伝えください」についてはそういった話ではなく、状況により使ってしまうと明確に失礼に当たる場合があります。そういった使い方をしないように状況別の使い方で詳しく説明していきます。

「よろしくお伝えください」は使ってはいけないシーンもあるので、円滑にコミュニケーションを取るためには的確なシチュエーションで使うことが必要であるということですね。

「よろしくお伝えください」は汎用性の高いワードです

よろしく

「よろしくお伝えください」は非常に汎用性の高いワードになります。メール、会話の両方でも使えて、なおかつ目上の方にも立場が下にあたる方に対しても使うことができます。しかもビジネスの場だけではなく、カジュアルなシーンで使っても堅苦しくない言葉である点も踏まえると、本当に汎用性の高い言葉です。

だからこそ「よろしくお伝えください」については間違った使い方をしてしまうリスクも大いに含んでいると言えるでしょう。「よろしくお伝えください」を使ってビジネスでもカジュアルなシーンでも円滑にコミュニケーションが取れるように敬語としての「よろしくお伝えください」状況別の使い方をしっかり見ていきましょう。

「よろしくお伝えください」状況別の使い方は?

「よろしくお伝えください」状況別使い方①ビジネス・目上の相手への場合

よろしく

「よろしくお伝えください」についてはビジネスの場で最もその真価を発揮する言葉になります。また、目上の方に対して使うことでビジネスで優位に立つことができると言えるでしょう。「よろしくお伝えください」について意図する使い方ができるように、文例をいくつか見ていきます。

ビジネス・目上の相手への場合の文例
  • ・本日はありがとうございました。是非ともよろしくお伝えください。
  • ・いただいた資料のおかげでプレゼンがうまくいきました。皆様によろしくお伝えください。
  • ・とても美味しいお菓子でした。奥様によろしくお伝えくださいませ。
  • ・お戻りの際には、チームの皆様にもよろしくお伝えください。今後ともよろしくお願いします。

上記のように「よろしくお伝えください」は、相手に対して具体的な形で使うこともできますし、抽象的に使うこともできます。社交辞令的に抽象的に使うこともできますし、自分が相手に対して感謝をしていて、それを本当に使いたい時まで幅広く使うことができます。

TPOに応じて「よろしくお伝えください」のニュアンスを使い分けることで、主にビジネスの場で良好なコミュニケーションが取れるようになりますので、まずは基本の文例を見ながらしっかり使い分けていきましょう。どんな場合も感謝の意味合いをしっかり込めることが大切になります。

「よろしくお伝えください」状況別使い方②対面の場合

よろしく

「よろしくお伝えください」を対面で使う場合は、直接相手方が目の前にいるということもあり、具体的に「よろしく言って欲しい相手」を指定することが多くなります。また、社交辞令的な「よろしくお伝えください」を使う場合もありますが、その場合は本当に簡潔な言い回しに留まります。

対面の場合の文例
  • ・先日は結構なものを頂戴いたしましてありがとうございました。〇〇社長にもよろしくお伝えください。
  • ・今回はこのプロジェクトでご一緒できて非常に嬉しく思っております。〇〇部長にもよろしくお伝えください(伝えた相手が〇〇部長の部下に当たる場合)。
  • ・先日のキャンプでは色々とありがとうございました。皆様にもよろしくお伝えください。

「よろしくお伝えください」状況別使い方③手紙・メールの場合

よろしく


「よろしくお伝えください」をメールで使う場合は、対面の際に比べると社交辞令的な使い方になるシチュエーションが多くなります。何故なら、メールに関しては要件を簡潔に伝えることが大切であり他の話をわざわざすると要件から脱線をしてしまうため必要な場合のみ「よろしく伝えてほしい相手」を限定することになります。

「よろしくお伝えください」とメールで伝える場合は例えば何かをしてもらったり何かをいただいた場合に直接相手にお礼を言う際に他の関係者の方への気遣いを示す場合が多くなります。対面では雑談のようなコミュニケーションが良しとされる一方でメールは良しとされない場面が多いため対面とメールでの使い方に差が出ます。

手紙・メールでの文例
  • ・先日はお祝いの時計、ありがとうございました。早速使わせていただいています。奥様にもよろしくお伝えください。
  • ・先程〇〇様より、そちらの件のデータを頂戴いたしました。早速検討させていただきます。〇〇様にもよろしくお伝えください。
  • ・後日追ってご連絡させていただきます。皆様にもよろしくお伝えください(社交辞令的な使い方)。

「よろしくお伝えください」を使う場合、対面ではコミュニケーションの要素が強く、手紙・メールでは具体的に気遣いたい相手に対してお礼等を伝えていただくことの依頼敵な意味合いが強くなるということを覚えておきましょう。手紙・メールでは使う場面を限定することになります。

「よろしくお伝えください」状況別使い方④使わない方が良い場合

よろしく

「よろしくお伝えください」が失礼にあたる場合もあり、使わない方がいい場合もあります。それは目上の方に対して依頼をする場合になります。例えばあなたが一般職の社員で、先方の社長に対して「よろしくお伝えください」を使う場合がそれに当たります。文例を見ていきましょう。

「よろしくお伝えください」を使わない方がいい文例
  • 〇先日はお祝いの時計、ありがとうございました。早速使わせていただいています。奥様にもよろしくお伝えください。
  • ×今回はこのプロジェクトでご一緒できて非常に嬉しく思っております。〇〇部長にもよろしくお伝えください。

人間関係にもよりますが、社長の奥様に直接お礼を伝えることはできませんし、社長が奥様によろしく伝えることで奥様への気遣いが伝わりますので、この場合は「よろしくお伝えください」が使えます。

一方で恐らく〇〇部長と一緒にプロジェクトをしているのであれば直接連絡が取れるはずで、目上の方に、その方の部下に対しての言伝を依頼していると取られると、失礼に取られてしまう場合があります。目上の方に使う場合はその依頼が失礼にあたらないか、状況ごとに考えながら使う必要があります。

「よろしくお伝えください」に対する返事の仕方は?

「よろしくお伝えください」に対する返事①かしこまりました

よろしく

「よろしくお伝えください」に対する最もスタンダードな返事は「畏まりました」になります。どのような場合も使えて、相手に対しての心象も良い返事になります。特に対面の場合は事務的にならないように、声のトーンを上げて笑顔で返すようにしましょう。

手紙・メールの場合は逆に「かしこまりました」の一言で済ませてしまうと相手への心象が事務的で冷たい印象になってしまいますので、何か気の利いたもう一言を添えた方がベターです。

「よろしくお伝えください」に対する返事②ありがとうございます

よろしく

「よろしくお伝えください」と言われた場合の返事には「ありがとうございます」があります。これはやんわりと相手の心遣いに感謝し対象が「皆様」のような、社交辞令的な要素が強い場合の返答としては有効になります。「かしこまりました」と言って、わざわざ伝える必要があるかが不明確なシチュエーションもあるからです。

「よろしくお伝えください」に対する返事③伝えておきます

よろしく

「よろしくお伝えください」の返事として「伝えておきます」は「かしこまりました」以上にそのニュアンスを強く受け止めたと相手に伝えることができる言葉になります。「よろしくお伝えください」と言われた時に、確実に伝えた方がいい場合があり伝えないと「聞いてない」と後から言われ、トラブルになる場面もありえます。

「よろしくお伝えください」が社交辞令なのかそうではないのかを判断し、そうではない場合は先日にその方に会ったこと、また「よろしくお伝えください」と言われた内容のことが話題になったこと、相手の心象が非常にいいことをしっかりと伝える必要がある場合がビジネスでは多いのでこの返事を使う機会は多いと思われます。

「よろしくお伝えください」に対する返事④〇〇も喜びます

よろしく

「よろしくお伝えください」に対して、「〇〇も喜びます。ありがとうございます」と相手への感謝がしっかりと伝わる言葉を使うのが最も良い返し方と言えるかと思われます。何故なら、「よろしくお伝えください」はその言葉を発した人の気遣いを示す言葉であり、その返答に謝意を盛り込むことは非常にいい返事になります。

「よろしくお伝えください」はお互いの気遣いにより、ビジネスのシーンで良いコミュニケーションを取ることができる言葉になりますので、お互いに相手への敬意と謝意を示すことは良いことで、かつ大切なことであることを意識しておきましょう。返事以外でも謝意を伝える方法は下記関連記事をご参照ください。

Small thub shutterstock 531015667
関連記事 上司にお礼メールの例文。目上の人に感謝を伝える敬語で返信するには?

上司にお礼メールをするとき、敬語や返信の時間帯など気になることがたくさ

「よろしくお伝えください」の類義語・派生語は?

「よろしくお伝えください」の類義語・派生語①お礼をお伝えください

お礼

「よろしくお伝えください」と似たような言い回しで「お礼をお伝えください」という言い回しがあります。これは「よろしく」が指すものが抽象的になることに対して、「お礼」は具体的になりますので、相手にとって分かりやすい言い回しと言えるでしょう。

ただし何を「よろしく」伝えるのか明確な場合、またそれが社交辞令的な場合は「よろしくお伝えください」の方がベターで、一度「よろしくお伝えください」と言った後に「お礼をお伝えください」と言った方が、自然なシチュエーションは多いかもしれませんね。

「よろしくお伝えください」の類義語・派生語②奥様にも宜しくお伝え下さい

嫁

「よろしくお伝えください」は奥様にも宜しくお伝えくださいといった形で相手を指定する場合も多くあります。その方が相手(その会話には入っていない第三者)に対して本当に感謝しているその謝意が伝わるため、積極的に使っていきたい言い回しになります。

「よろしくお伝えください」を活用し相手に好印象を与えよう

「よろしくお伝えください」は目上の方に対して使う場合は一部注意が必要ですが、基本的には多用していきたい言葉になります。使い方をしっかりマスターし、「よろしくお伝えください」を使ってビジネスでのコミュニケーションを円滑なものにし、仕事や事業を有利に進めていけたらいいですね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。