INDEX

「すみません」の意味

「すみません」の意味:ご迷惑をおかけして申し訳ありません

すみませんの意味

「すみません」は、もともとお詫びの気持ちを表現した「済まない」という言葉を丁寧な形にした敬語です。この「済まない」は、物事が終わったことなどを表す「済む」に、打ち消しを表す「ない」を合わせた言葉ですので、これをそのまま捉えると物事が終わってないという意味を表していることになります。

これが、現代では「申し訳ない」という意味の言葉に変わったことで、「すべきことが終わっておらず、ご迷惑をおかけして申し訳ありません」というような解釈をされるようになりました。

「すみません」は敬語として使える?

「すみません」は敬語として使えます!

敬語

「すみません」はビジネス以外の日常会話の中で使用する話し言葉としては、敬語として使うことができます。同じような敬語に、「申し訳ありません」がありますが、ビジネス以外の日常会話の中でこの敬語を使うとかしこまってしまいますし、打ち解けた話し相手の場合はより距離感を感じてさせてしまうでしょう。

このように、「すみません」は敬語として使用することができますが、場面や相手に応じて他の敬語を使うことが適切な場合もあります。

ビジネスの場では「すみません」よりも「申し訳ありません」などが良い!

ビジネス

「すみません」は、基本的にビジネスで目上の方や距離感のある方と会話する場合などでは好ましくないとされています。同じような意味でも、お詫びをする時の正しい敬語は「申し訳ありません」や「申し訳ございません」となりますので、注意が必要です。

ただし、日頃打ち解けて話している上司などの場合で、ちょっとしたことに対してお詫びの気持ちを伝えたいという場合は、「すみません」という敬語を使っても問題ありません。ビジネスの場で「すみません」を使いたい場合は、相手との距離感と物事の大きさを基準に、使用しても良いかを判断した方が良いでしょう。

「すみません」の正しい使い方と例文(電話・会話編)

「すみません」の使い方①目上の方や距離感のある方からの電話の場合

目上の方との電話

目上の方や距離感のある方からの電話では、「すみません」は使わず、「申し訳ございません」という敬語を使います。例えば、目上の方から、自分の上司が外出中に、上司宛に電話がかかってきた場合の応対を考えてみましょう。この場合は、「申し訳ございませんが、只今、外出しております」という表現になります。

電話ですので、お互い表情も分からず、自分の言葉でしか申し訳ないという気持ちを伝えることができませんので、使う言葉には注意しましょう。

「すみません」の使い方②目上の方や距離感のある方との会話の場合

目上の方との会話

目上の方や距離感のある方と会話をする場合も、「すみません」は使わず、「申し訳ございません」という敬語を使います。例えば、まだ関わりの薄い、目上の方から頼まれた仕事に、うっかり抜けている部分が生じてしまったため、お詫びしたいという場合は、「失念してしまい、申し訳ございません。」という表現になります。

電話よりも相手に言葉と合わせて表情などでも気持ちを伝えることはできますが、その分自分の印象を伝える要因になるものが増えます。相手に良い印象を与えるためにも、適切な言葉の使い方をしましょう。

「すみません」の使い方③打ち解けていて距離感の近い方との電話の場合

距離感の近い方との電話

日頃から打ち解けており、距離感の近い方との電話では、「すみません」という敬語を使っても問題ありません。例えば、日頃から打ち解けていて距離感の近い方から、その日は1日不在の同僚に電話がかかってきて、不在であることを伝えたい時には「すみません、本日は1日不在です」という表現になります。

目上の方や距離感のある方からの電話に対応する場合よりも、打ち解けていて距離感の近い方との電話の場合は、その分肩の力を抜いて応対することができるでしょう。しかし、最低限のマナーは必要ですので、相手をわきまえて「すみません」を使うか考えましょう。

「すみません」の使い方④打ち解けていて距離感の近い方との会話の場合

距離感の近い方との会話

日頃から打ち解けており、距離感の近い方との会話でも、「すみません」という敬語を使って構いません。例えば、日頃から打ち解けていて距離感の近い方が、外出中の同僚に用があり、デスクに来られた場合の会話を考えてみましょう。この場合は、「すみません、只今、外出しています」という表現になります。

打ち解けていて距離感の近い方との会話の場合は、目上の方や距離感のある方との会話の場合と比べてフランクな会話の方が良い場合も多いでしょう。相手とのことを考えて、「申し訳ありません」だと重たく伝わってしまうと感じる場合は「すみません」を使いましょう。

「すみません」の正しい使い方と例文(メール編)

「すみません」の使い方①目上の方や距離感のある方とのメールの場合

距離感のある方とのメール

目上の方や距離感のある方とのメールで、お詫びの気持ちを伝えたい場合は「すみません」ではなく「申し訳ございません」という敬語を使用します。

例えば、自分のミスにより、不測の事態を生じさせ、迷惑をかけてしまったという場合は、「今回このような事態が生じてしまい、ご迷惑をおかけしてしまいました。申し訳ございません。」といった文書になります。ただし、直接謝罪するのが適切なこともありますので、事の大きさでどう対応すべきか考えましょう。

「すみません」の使い方②目上の方や距離感のある方とのメールの場合2

距離感のある方とのメール

目上の方や距離感のある方とのメールで、お詫びの気持ちを伝えたい場合は「すみません」ではなく「恐れ入ります」を使った表現が適切な場合もあります。具体的には、相手に何か依頼をしたいという場面になります。

ただし、この「恐れ入ります」は、相手に何か依頼したい時に使うべき言葉とはいえ、とりたててお詫びの気持ちを伝える必要がない場合に使われるのが特徴です。自分が悪いという気持ちを表現しているのではなく、相手を不快な気持ちにさせないようにする言葉ですので、過度にへりくだるのは不要です。



例えば、報告書を作成して、自分に送付してほしいという依頼をしたい場合には、その旨を記載したのちに、最後の締めの文章として、「ご多忙中恐れ入りますが、どうぞよろしくお願いいたします。」という文章を導入することになります。

「すみません」の使い方③打ち解けていて距離感の近い方とのメールの場合

距離感の近い方とのメール

打ち解けていて距離感の近い方とのメールで、お詫びの気持ちを伝えたい場合は、「すみません」を使った表現でも問題ありません。例えば、メールの返信が遅くなってしまい、謝意を伝えたいという場合には、「メールの返信が遅くなってしまい、すみません。」という表現になります。

ただし、お詫びの内容によっては、いくら打ち解けていて距離感の近い方へのメールであっても「申し訳ありません」が適切な場合もありますので、お詫びの内容を考えて使い分けましょう。

「すみません」を使うときの注意点

「すみません」を使うときの注意点①:同じ場面で何度も使わない

すみません

打ち解けていて距離感の近い方へ使う「すみません」や、目上の方や距離感のある方へ使う「申し訳ありません」は、相手に対してお詫びの気持ちを丁寧に伝えることができる敬語です。このことから、いろいろな場面で使われる敬語でもありますが、同じ場面で何度も使ってしまうと、その効果が薄れる場合があります。

特にビジネスシーンにおいては、プライベート以上に多く使用される言葉ですので、同じ場面で使いすぎると社交辞令かのように伝わってしまう場合があります。せっかく丁寧にお詫びの気持ちを伝えようという思いがあっても、相手にはその気持ちが伝わらないということも起こりえますので、使用頻度には注意が必要です。

「すみません」を使うときの注意点②:感謝の気持ちを伝えたいときにはNG

感謝の気持ちを伝えたいときはNG

感謝の気持ちを伝えたいときにも「すみません」という敬語を使うことがありますが、この場合は「ありがとうございます」という敬語が適切です。

声のトーンや表情から、感謝の気持ちを込めて「すみません」と言えば、相手にもその気持ちは理解してもらえます。しかし、この場合に「すみません」という敬語を使うと、本来の意味から考えてみると「お世話になったのに、お返しもできずに、申し訳ない」というニュアンスになってしまいますので、注意しましょう。

また、外国人の方に対して、こちらとしては感謝の気持ちを伝えたくて「すみません」を使っても、なかなか理解することが難しい場合もあります。外国人の方とコミュニケーションを取る時にはより気をつけたほうが良いでしょう。

「すみません」の類語

「すみません」の類語①:ごめんなさい

ごめんなさい

「すみません」の類語1つ目は、「ごめんなさい」です。「ごめんなさい」を漢字にすると「御免なさい」となります。分解すると、「御」は尊敬、「免」は許す、「なさい」は命令を表しており、直訳すると「お許しくださいませ」という意味になります。

そのため、お詫びの気持ちよりも「許してほしい」という気持ちを伝えたい時に本来は適している敬語です。また、このことから、ビジネスシーンで使うのは不適切とされていますので、気をつけましょう。

「すみません」の類語②:お詫び申し上げます

お詫び申し上げます

「すみません」の類語2つ目は、「お詫び申し上げます」です。この言葉は丁寧語である「お詫びする」と「ます」、謙譲の表現である「申し上げる」を組み合わせた敬語です。

このことから、「すみません」や「申し訳ありません」よりも、より相手を敬いつつ、お詫びの気持ちを伝えたいという場合に適した表現とされています。よりストレートにお詫びの気持ちを伝えたいという場合には、「すみません」や「申し訳ありません」よりも「お詫び申し上げます」の方が良いでしょう。

さらにお詫びの気持ちを込めた「重ねてお詫び申し上げます」という表現もあります。使い方などについて以下の記事に詳しく記載されていますので参考にされてみてはいかがでしょうか。

Small thub shutterstock 576364936
関連記事 「重ねてお詫び申し上げます」の使い方|謝罪文を送る時のポイントは?

「重ねてお詫び申し上げます」という言葉は、1度は、目や耳ににしたことの

「すみません」と間違えやすい「すいません」

敬語である「すみません」と間違えやすい単語:「すいません」

すいません

「すみません」と間違えやすい単語に「すいません」があります。お詫びの気持ちを伝えたいという会話の中で、この「すいません」という表現を聞くこともありますが、「すいません」は俗にする言い方であり、正しい敬語は「すみません」です。

話し言葉として、本来誤った言葉である「すいません」も浸透してしまっています。日常会話やビジネスシーンにおいて、うっかり使ってしまうことのないように気をつけましょう。

同意味のようで敬語でない「すいません」を使わないよう特に注意すべき場面

注意

「すいません」を使わないように特に注意した方が良いのは、打ち解けていて距離感の近い方に対して、メールをはじめとした文章でお詫びの気持ちを伝えたい場合です。

メールなどの文章の場合は、文字のみで気持ちを伝えることになります。このことで、はっきりと「すいません」という言葉を使っていることが相手に分かってしまい、相手を不快な気持ちを感じさせてしまう場合もあります。お詫びの気持ちを伝えたいという場面ですので、特に注意しましょう。

「すみません」の正しい意味と敬語表現を学んでスキルアップしよう!

スキルアップ

今回は、「すみません」の正しい意味や状況別での使い分けをはじめ、注意点や類語などもご紹介しました。いかかだったでしょうか。

「すみません」は適切な使い方をすることで、いろいろな人とより円滑にコミュニケーションを取ったり、文書やメール作成の場面においても、しっかりとお詫びの気持ちを伝えることができます。今回ご紹介したことを活かして、コミュニケーションスキルや、文書作成のスキルアップを目指してみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。