INDEX

「お手すき」という言葉はどんな意味?

「お手すき」の意味:相手の手があいていること

ブレイクタイム

「お手すき」という言葉の意味は、相手の手があいている状態のことを言います。漢字で書く場合は「御手透き」や「御手隙」などとなりまますが、「お手すき」と書く場合が多いようです。急いではいないけれども、お願いしたいことがある、そういうときに「お手すき」という言葉を使います。

ビジネスでは、さまざまな場面でお願いをすることが多々ありますので、「お手すき」という言葉を正しく使うことが大切になってきます。

「お手すき」は敬語として使えるのでしょうか?

「お手すき」は敬語として使えます

上司

「お手すき」は、敬語として使うことが出来ます。特に急いではいないのだけれど、お願いしたい案件があるので手があいたときに確認していただきたい、というように、相手を気遣い、相手の都合を優先してお願いごとをするのですから、「お手すき」は目上の方に対して使える言葉、敬語と言えるでしょう。

目上の方に対して、「手があいていますか?」や「暇ですか?」などと使うのは、大変失礼ですよね。「お手すきでいらっしゃいますか?」などと使うことで、相手の方を敬っていることが明確になります。

「お手すき」の正しい使い方と例文(電話・会話編)

「お手すき」の使い方①電話をかける時

電話中

「私、〇〇商事の〇〇と申します。〇〇様、今、お手すきでしょうか?」と言うように、電話をかけた際に、まず、相手の都合を確認しましょう。この一言を使ってワンクッションおくことで、相手の方は、話を聞く姿勢になれますし、もし急ぎの用事があるときであれば、その旨を伝え、断ることもできますね。

忙しいからと断られた場合は、「何時頃でしたらお手すきでしょうか?」などと、相手の都合を聞いて、その時間にかけなおすと良いでしょう。

上司の方やお客様に対して電話をかけた際に、突然、用件を話しだしてはいませんか?電話の向こう側がどのような状況にあるのかは、かけた方からは見えないものです。まずは、相手の都合を確認するのがビジネスシーンでのマナーと言えるでしょう。

「お手すき」の使い方②電話を取り次いでもらうとき

電話中の女性

電話に出た方に、取次をお願いする場合も、「〇〇様は、今、お手すきでしょうか?」と、取次をお願いしましょう。話したい方が、忙しくしていらっしゃるのであれば、あらためてお電話をさせていただきますという心遣いが先方に伝わり、好印象を与えます。

取次の方に対しての言葉遣いに、あまり気を遣わない方もいらっしゃいますが、取り次いでくださった方にも丁寧に敬語で対応することで、印象がアップすることは間違いありません。ビジネスシーンでは大事なことですね。

「お手すき」の使い方③会話の時

ミーティング

「お手すきの折にでも、ご確認いただければ幸いです」「お手すきの時で結構ですので、ご一読いただけますでしょうか?」などと、お話ししてみましょう。相手の都合を優先させていることを明確にできます。

自分の都合だけを押し付けるような言い回しになってしまうと、大変失礼なことになってしまいます。相手の都合を優先させることを明確にするためにも、「お手すき」を上手に使ってください。

「お手すき」の正しい使い方と例文(メール編)

「お手すき」の使い方①メールの返信が欲しいとき

メール

「お手すきの際にご連絡をいただければと存じます」という感じで使ってみてください。急いではいないのですが、お返事を待っていますという主旨が、相手の方にスマートに伝えられますよ。

「お手すき」の使い方②メールの添付資料を見て欲しいとき

資料

この場合は、「お手すきの際に、ご一読いただければ幸いです」などと書いてみましょう。見て欲しい添付資料があるのですが、至急ではないので、そちらの状況に合わせますよということを、さりげなく使えることができますよ。

「お手すき」の使い方③確認してほしいことがあるとき

確認

「お手すきの際にご確認いただけますでしょうか?」と書いてみてください。急ぐことはないのですが、確認してもらえると大変助かりますというメッセージが、相手の方に伝わり、お互いに気持ちよくお仕事を進めることが出来ます。

「お手すき」を使うときの注意点は?

「お手すき」を使うときの注意点①自分に使わない

自分

「お手すき」は、自分に対して使うことはありません。あくまでも、相手の方の都合を優先してもらうために使う言葉です。そのため、自分に時間の余裕があっても、「私、今お手すきですから、この資料を整理しましょうか?」「お手すきの時に確認しておきます」などと使ってしまってはNGです。

自分に時間的な余裕があることや、時間が出来たら対応することを相手の方に伝えたいときは、「今、手があいていますから」とか「手があき次第確認いたします」などと伝えると良いでしょう。

自分に対して使わないということは、外部に方に対して、社内の人のことを話すときもということです。外部の方から電話がかかってきた際、担当者が打合せt中であった場合、「お手すきになってから折り返し連絡します」は不適切です。「打合せが終わり次第ご連絡差し上げます」などと表現しましょう。

「お手すき」を使う時の注意点②タイミングを考える

就業時間内

「お手すき」を使うのは、就業時間内になります。就業時間を過ぎてしまえば、相手の方のプライベートの時間です。プライベートの時間に依頼するのに、「お手すき」という言葉では意味をなしていません。就業時間を過ぎてしまっての依頼は、出来るだけ避けるようにしましょう。

どうしても、就業時間を過ぎてしまってから相手の方に依頼しなければならなくなったときは、「就業時間が過ぎてしまって申し訳ございませんが、少しお時間をいただいてもよろしいでしょうか?」などと、時間外の依頼のことをお詫びした上でお願いをしましょう。

「お手すき」を使う時の注意点③急ぐときは使わない

急いでいる

急いでいる時には「お手すき」は使いません。すぐに対応してもらいたいときや、期限が決まっているときに、「お手すき」という言葉を使ってしまうと、相手の方は急がなければならないとは気づかずに、優先順位を下げてしまいます。「お手すき」とは、あくまでも緊急ではないときに使う敬語です。

急ぐ場合の時は、「今、お時間を頂戴できますでしょうか?」などと、お話ししてみましょう。期限が過ぎてしまったり、返答がないために処理ができなくなってしまったりと、仕事に支障が出てしまわないように、急ぐ場合は、きちんとその旨を相手の方に伝えてください。

「お手すき」を使う時の注意点④尊敬語をプラスしてより丁寧に

窓辺の女性

「お手すきでいらっしゃいますか?」「お手すきの折にでも」「お手すきの際に」などと、「お手すき」に尊敬語をプラスしていただくと、より一層丁寧な印象を与えます。上司の方や目上の方、社外の方とお話しする場合には、尊敬語をプラスしてくださいね。

また、「お忙しいとは存じますが」や、「お忙しい中、申し訳ございませんが」なども合わせてお使いいただくと、相手の方への配慮が出来ていると、さらに好印象になりますよ。

「お手すきですか?」という話し方は、決して間違ってはいません。同僚の方などとお話しされるときはこの言い方でも大丈夫です。ただし、上司の方や目上の方、社外の方などとお話しされる場合には、「お手すき」に尊敬語をプラスしてください。

「お手すき」を使う時の注意点⑤お手すきの時にと言われたら

パソコンと女性

相手の方から「お手すきの時に」と言われた場合は、まず、急ぎの仕事を終わらせましょう。その後、できるだけ早くに対応してください。相手の方は急いではいないけれど返事が欲しい、確認してほしいなどと思っていらっしゃいます。急ぎではなくても、できるだけ早く対応することを心がけてくださいね。

ビジネスでは、タイミングを外すことで仕事のチャンスを逃してしまうこともあります。後回しにしすぎて忘れてしまっては、相手の方に失礼なだけではなく、社会人として問題です。できるだけ早く対応することを心がけてください。

「お手すき」と同じように使える言葉

「お手すき」の類語①お時間のある時に

腕時計

「お手すき」とは、暇なときにという意味ですので、「お時間のある時に」と言い換えることが出来ます。日常の会話ではよく使っている言葉ではないでしょうか。「お時間のある時にご覧になってください」などと使ったりしますよね。

もう少し丁寧な言い方にするのであれば、「お時間のございます時にでも」と使ってみるのはどうでしょうか。あくまで、相手の方の都合を優先させ、なおかつ、丁寧な表現になるのではないでしょうか。

「お手すき」の類語②ご都合の良い時に

都合

「お手すき」という言葉は、相手の方の都合に合わせるという意味です。「ご都合の良いときに」と言い換えることができますね。「ご都合の良いときにでも、ご連絡をいただけましたら幸いです」などと使うことが出来るでしょう。

その他にも、こちらから出向くという場合は、「ご都合の良いときにお伺いいたします」と言い換えることが出来ます。「お手すき」とは少しニュアンスが違いますが、こちらも相手の方の都合を配慮した言葉となりますので、良い印象を与えることが出来るでしょう。

「お手すき」と間違いやすい単語は?

「お手すき」と間違えやすい単語①「お手空き」の意味

仕事がない

「お手すき」と似たような言葉に「お手空き」という言葉があります。この「お手空き」という言葉は、「仕事がなくて暇なこと」「仕事がなくて暇な人」「することが何もなくて暇なこと」などと言う意味があり、「お手すき」とは、まったく違った意味になりますから、間違って使わないように気を付けてください。

「お手空き」はビジネスのシーンにはふさわしくない言葉になります。特に、本来は敬語を使うべき目上の方や、社外の方に使ってしまっては大変失礼になってしまいます。十分に注意しましょう。

「お手すき」を上手に使ってスムーズなコミュニケーションを

「お手すき」は相手の都合を考え、優先させる思いやりのある言葉です。「お手すき」を使うことで、スムーズにコミュニケーションが取れることでしょう。ビジネスの場でも日常の中でも、相手に対しての思いやりはとても大切です。より良い人間関係を築くために「お手すき」という言葉を上手に使ってみてはいかがですか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。