INDEX

「ご来訪」の意味

「ご来訪」の意味①:人が訪ねてくること

着てもらう

「ご来訪」という言葉は、「来訪」という名詞に接頭辞の「ご」が付いている状態です。「来訪」には人が訪ねてくるという意味があります。相手側に自分たちのところまで出向いてもらうというニュアンスです。

わざわざ時間を割いて、こちらまで出向いてもらうので取引先やビジネスパートナーには手間を取らせることになります。来訪を頼む場合は、一方的なお願いにならないよう注意が必要です。相手と顔を合わせて話したい内容なのか確認しましょう。

「ご来訪」は敬語として使える?

「ご来訪」は敬語として使えます

OK

「ご来訪」は正しい敬語として使えます。なので、ビジネスシーンで取引先に伝えても恥ずかしくない言葉です。シチュエーションによって「ご来訪」の使い方も変化するので、時と場合に合わせて適応させてください。

言葉遣いに不安を感じている方は、謙譲語・敬語・丁寧語の違いを確認した方が良いでしょう。ビジネスシーンでは相手に合わせて言葉を使い分けなければなりません。正しい言葉を使うためにも下の関連記事でしっかり確認しておきましょう。

Small thub shutterstock 654147535
関連記事 謙譲語・尊敬語・丁寧語の違い|よく使われる敬語21選の変換一覧表も

敬語の、謙譲語・尊敬語・丁寧語について、その詳細と違いを具体的にご紹介

「ご来訪」の正しい使い方と例文(電話・会話編)

「ご来訪」の使い方①ご来訪いただきたい

電話

電話を使って取引先やビジネスパートナーに会社まで来てほしい旨を伝えることもあると思います。または、そのための予定をうかがう電話かもしれません。そのような場合は「ご来訪いただきたいのですが、いかがでしょうか?」「ご来訪いただきたいのですが、ご都合の良い時間帯はございますか?」という使い方になります。

取引先やビジネスパートナーに足を運んでもらう場合、日時は3つほど選択肢を用意しておくのが良いと言われています。ある程度選択できる状態であれば、相手との打ち合わせもスムーズに進むでしょう。電話は顔が見えない分、声色や言葉遣いで印象が変わります。気持ちの良い仕事をするためにも正しい敬語は大切なのです。

電話をしても相手が応答できなかった場合は、「ご不在でしたので、また後程こちらからお電話いたします。」とメッセージを残しましょう。具体的に何時ごろという指定ができる場合は伝えておいた方が良いかもしれません。「お電話致します。」という敬語については、下の関連記事を見て確認してください。

Small thub shutterstock 574669327
関連記事 「お電話いたします」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!【状況別】

「お電話いたします」の正しい使い方、あなたは知っていますか?よく耳にす

「ご来訪」の使い方②ご来訪くださいますようお願いいたします

仕事の電話

こちらから来てもらうようお願いをする場合は、「ご来訪」という言葉を用いて話します。お願いするというという事はこちらの都合でお願いすることも多いので、取引先やビジネスパートナーの様子にも気を使いましょう。

「ご来訪」を使って文章にすると「ご来訪くださいますようお願いいたします」のような敬語になります。「ご来訪いただければ幸いです」と言え、ば来てもらえると助かります。というニュアンスで伝えることもできるでしょう。

相手にいくつものお願いをしている場合は、「重ね重ね」というワードを使用することもあります。「重ね重ね」という敬語の意味や使い方については、下の関連記事からチェックしてください。

Small thub shutterstock 511172077
関連記事 「重ね重ね」意味・使い方まとめ|お礼/お詫び/お願い/メール

「重ね重ね」という言葉はビジネスの場で良く使われる言葉になります。その

「ご来訪」の使い方③ご来訪ありがとうございます

会話

「ご来訪ありがとうございます」という敬語は、実際に相手が自分たちが頼んだ場所まで来てくれたというシチュエーションで使用します。わざわざ足を運んでくれたわけですから、まずは挨拶と感謝の気持ちを伝えなければなりません。

顔を合わせて最初の挨拶は会話は、相手の印象に大きく影響します。また、その後の会議の雰囲気にも影響するので、正しい敬語を使ってしっかり気持ちを伝えたいものです。正しい敬語は気持ちを正しく伝えるためにも一役買ってくれるでしょう。

「ご来訪」の正しい使い方と例文(メール編)

「ご来訪」の使い方①ご来訪の件

仕事

メールでお互いの予定をすり合わせたり、数日前に確認のメールを送ることもあるでしょう。その際に件名や冒頭で使用するのが「ご来訪の件」というワードです。このワードを使うことによって、どのような要件のメールなのかが分かりやすくなります。本文では「ご来社いただく日時」や「場所」を明記してください。

地図などの情報が添付してあるとより親切なメールになるでしょう。特に初めて来ていただく相手の場合は、より詳しい案内を心がけましょう。日時の確認メールを送る場合は、取引先やビジネスパートナーの休日も視野に入れて考えてください。

「ご来訪」の使い方②ご来訪お待ちしております

明るいオフィス

取引先やビジネスパートナーと日程の取り決めをおこなった後、予定を合わせもらったことに対して感謝の気持ちを言葉にすると思います。その際に「ありがとうございます」という言葉に合わせて、「ご来訪お待ちしております」と伝えてください。



また、この「ご来訪お待ちしております」という敬語は、日程確認のメールを送る際にも使えるワードです。当日に訪ねてきた相手を少し待たせることがあったのなら、下の関連記事から「今しばらくお待ちください。」について確認しておきましょう。

Small thub shutterstock 404145856
関連記事 「今しばらくお待ちください」の意味|少々・しばし・もうしばらくの期間は?

日常やビジネスで「今しばらくお待ちください」と言われることがありますよ

「ご来訪」の使い方③ご来訪いただきありがとうございました

ありがとう

取引先やビジネスパートナーが自分たちのところまで足を運んでくれたおかげで、実のある会議やコミュニケーションをとることができます。ですから、会議が終わった時や、後日にお礼のメールを送ることもあるでしょう。そのときに使用するのが「ご来訪いただきありがとうございました。」という敬語です。

感謝の気持ちを伝える言葉はたくさんありますが、「ありがとうございました。」という分かりやすい言葉のほかに「恐縮」という言葉もあります。「恐縮です。」という使用頻度も多い敬語を知りたいのなら、下の関連記事もチェックしましょう。

Small thub shutterstock 190884683
関連記事 感謝の意味「恐縮」の正しい使い方は?例文5選&類語10選を紹介!

社会人であれば、一度は「恐縮です」を使ったことがあるのではないでしょう

「ご来訪」を使うときの注意点

「ご来訪」を使うときの注意点①:「往訪」は自分が主語の場合

自分が行動する

「往訪」は「来訪」の対義語で自分が行動しているときに使用する言葉です。自分が相手の会社や仕事場に向かうようなシチュエーションで「往訪」という言葉を使用します。

会社で報告するとしたら「取引先まで往訪してきました。」のような文章になるでしょう。「訪ねる」をよりビジネスに適した言い回しにした言葉が「往訪」なのです。

ビジネスシーンでは手土産を持っていくことはあまりないかもしれませんが、恋人の実家や友人の家にお邪魔するときに手土産を持っていくことがあると思います。中目黒の手土産に興味があるのなら、下の関連記事もチェックしてみてください。

Small thub shutterstock 430563385
関連記事 中目黒の美味しいケーキ屋おすすめ人気ランキングTOP13|手土産スイーツ

中目黒は昔ながらの名店や、得意分野がはっきりしている名店が多く営業して

「ご来訪」を使うときの注意点②:会社の場合は「ご来社」でも良い

会社に来る

自分たちの場所まで赴いてもらうという意味の「ご来訪」ですが、会社に来てもらうという意味では「ご来社」という敬語もあります。「ご来社」も正しい敬語なので使っても恥ずかしくない言葉です。ただし、「ご来社」は会社に来てもらう時しか使用できません。

逆に「ご来訪」はどこに来てもらったときでも使用できるのです。使い方は「ご来社」も「ご来訪」と同じように「ご来社お待ちしております。」「ご来社いただきありがとうございました。」という使い方になります。「ご来社」という敬語について詳しく知りたい場合は、下の関連記事もチェックしましょう。

Small thub shutterstock 566414284
関連記事 「ご来社」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!【状況別】

お客様や取引先の方に、会社へ足を運んでいただく場面があります。そのよう

「ご来訪」の類語

「ご来訪」の類語①:訪問

訪問

「訪問」は、その地や人を訪ねるという意味の言葉です。「訪問」はそのまま使うと、自分が相手側に向かうというニュアンスになります。自分が行動を起こしていた場合は「訪問する」という使い方でよいのですが、目上の人や取引先やビジネスパートナーに使う時は少し言葉を変化させる必要があります。

意味としては「来訪」や「往訪」と似ているのですが、目上の人に使う場合は謙譲語の「伺う」を使った方が良いでしょう。「〇日にお伺いします」という言葉遣いになります。「お伺いいたします」は二十敬語になってしまうので避けましょう。

\ POINT /

二重敬語とは?

二重敬語とは、同じ種類の敬語が重ねて使われている言葉を指します。正しい敬語とは言えないので、ビジネスシーンで正しい敬語を使うために確認しておきましょう。「お伺いいたします」の場合は「お伺い」と「いたす」という言葉で二十敬語になっています。また、「社長さん」「部長さん」など「役職」に「さん」を付けるのもNGです。

「ご来訪」の類語②:ご足労

歩く

「ご足労」はわざわざ出向いてもらったというニュアンスの言葉です。「ご足労」という言葉も正しい敬語として使える言葉なので、ビジネスシーンでも使用できます。実際に耳にした経験がある方も多いと思います。「足労」は足を運ぶという動作を表す言葉なので、足を運んでくれたことに対する敬意を表す言葉なのです。

「ご足労おかけしました。」「ご足労ありがとうございます。」というように、相手を敬って使う言葉なのです。また、来てもらったという事後の表現なので、来てもらう前に使うのは間違った敬語といえるでしょう。

無理を言って出向いてもらって、一言謝罪しなければならないこともあります。そのような場合は、「ご足労おかけして申し訳ありません。」と伝えると良いでしょう。「ご足労」について詳しい使い方や例文が知りたいのなら、下の関連記事もチェックして下さい。

Small thub shutterstock 294489926
関連記事 「ご足労」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!【状況別】

「ご足労おかけします」という敬語、よく耳にしませんか?何気なく使ってい

「ご来訪」を正しく使って信頼を得よう

「ご来訪」という言葉を使用するのは、実際に来てもらう前や後日のあいさつで使用します。最初のメールや電話で間違った敬語を使っていると、会う前からマイナスの印象を持たれるかもしれません。正しい敬語が使えるという事は、ビジネスシーンで大切なポイントなのです。

間違った敬語を使っていると自分が恥ずかしい思いをすることになります。言葉遣いに自信がないと声が小さくなったりして、自分の気持ちを伝えることが難しくなります。正しい敬語を知ることで、自身も持てるようになるのでスムーズな会話にもつながるでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。