INDEX

北海道の2月の天気や気温は?

北海道の2月の天気と降水量

北海道の2月と言えば1年で最も寒い時期です。地元の人たちでも寒いと感じる季節のため観光で訪れる人たちにとっては想像以上に寒い季節と言えるでしょう。12月から少しずつ雪が降り始め1月下旬から2月にかけてとにかく毎日のように雪が降ります。そして冬の北海道では当たり前2月の日課と言えば雪かきがあります。

朝の出勤前と帰宅後に積もっていれば雪かきをするのが日常です。ただし気温が低ければ低いほどサラサラ雪いわゆる「パウダ-スノ-」になるので雪かきも素早く出来ます。気温がプラスに近いと水分をたくさん含んだベタ雪で運ぶのに時間がかかります。気温によって降る雪の質も違うため、1度比べてみてはいかがでしょうか。

北海道2月の最高/最低気温と平均気温

北海道の2月の気温と言えば最高気温でもマイナス○度と言う日も少なくありません。毎朝天気予報で最低気温と最高温度のチェックは欠かせません。また最高気温が「0度」だと温かく感じるのも道産子ならではと言えるでしょう。この季節は家の中にも拘わらず朝になると水道管が凍結し、朝水が出ないという事も日常です。

また「明日の朝は冷え込むため水道管の凍結には注意が必要です」と注意喚起を促すメッセージがテレビで表示されるため、観光で訪れる際にひょっとしたら見れるチャンスがあるかもしれませんのでチェックしてみるのも楽しみの1つではないでしょうか。

北海道(札幌市)の2月の平均気温・降水率
2015年 2016年 2017年
平均気温 -0.8 -2.3 -2.0
降水量(mm) 59.5 109.5 57.5
最高気温 +7.6 +8.3 +8.3
最低気温 -10.1 -10.9 -10.8

北海道の2月の服装選びポイント

北海道2月の服装ポイント①:とにかく重ね着を!

2月の北海道は一番気温が寒いのでとにかく服装は重ね着をするように心がけましょう。外出した時に寒いと感じたり、急に雪が降ると寒くなる事もよくあります。また、観光名所を巡り歩いているうちに暑いと感じる事もあるかもしれません。いつでも寒さと暑さに対応できるように重ね着をして準備しておく事をおすすめします。

北海道2月の服装ポイント②:インナ-は発熱素材がおすすめ

2月の北海道では発熱素材がマストアイテムです。最高気温でもマイナスと言う日が続く2月は温かい家の中と違い一歩外に出た瞬間に真冬を感じる事になります。道産子でさえ寒いと感じるこの季節は観光で訪れる人たちにとっては本当に寒い季節と言えるでしょう。

想像以上に寒くなる日もあるので、少しでも寒さ対策が出来るように発熱素材のインナ-を一枚は準備しておく事を心がけましょう。

北海道2月の服装コーデ

北海道2月の服装①:ハイネックで首元を温かく

北海道の2月の服装は、外出するときに出来るだけ首元を温かくするような服装がおすすめです。もちろんマフラ-などをする事もありますが、アウターによってはマフラ-などを出来ない場合があります。

白い息が出るほど外気が寒いため、肌が出る部分を少なくすることで温かさを保つことが出来ます。ハイネックなどは特におすすめなので一枚あると便利で良いでしょう。

北海道2月の服装②:パンツは裏起毛で温かさを

北海道の2月は昼間でもマイナス気温のため、とにかく寒さ対策をしっかりする事が大切です。インナ-やトップスは重ね着が出来るので暖かく出来ますが、パンツなどは難しい場合があります。

タイツやレギンスを履いて寒さ対策をする事もおすすめですが、裏起毛素材のパンツがたくさん出る季節なので他のものと重ねて履く必要がほとんどありません。最近は裏起毛と分かりにくいデザインもたくさんあるため、誰にも気づかれずに温かいコーデを楽しんでみましょう。

北海道2月の服装③:マフラ-は忘れずに!

北海道の冬、特に2月のマストアイテムは「マフラ-」です。最近は幅広のマフラ-が人気で道産子の間では色んな巻き方を楽しんでいます。その時代によって少しずつ巻き方の流行があるので、どんな巻き方が流行っているのか事前にチェックしておく事をおすすめします。

また、最近はマフラ-がつながって輪になっている「スヌ-ド」も人気です。どちらも可愛いデザインが多いのでお好みのタイプを用意しましょう。

北海道2月の服装④:厚手素材のコーデュロイのパンツで温かく

北海道の冬は2月が最も寒い時期で道産子もその寒さには慣れないものです。そして札幌ではマイナス5℃を超えると「痛い」と言う感覚に陥ります。そのため服装も素材に厚みがある物を選ぶと良いでしょう。

そしてこの季節によく合うのが「コーデュロイ」です。重ね着をしてもセ-ターと合わせても冬のコーデらしく着こなせます。ぜひ北海道の冬の景色に合わせて素敵なコーデを楽しみましょう。

北海道2月の服装⑤:スカ-トには厚手のタイツを!

北海道の2月がいくら寒いからと言ってもやはりスカートはファッションの中でも欠かせません。寒い季節にスカートを履く時は厚手のタイツの準備をしましょう。肌が見えないくらいの厚みで、おすすめは80デニール以上です。

寒さに弱い人は出来るだけ厚いタイプのものを履くようにしましょう。最近はカラータイプやラメなど足元でも楽しめるデザインがたくさんあります。思い切った色をチョイスしてみるのも良いのではないでしょうか。

北海道2月の服装⑥:カーディガンがあると便利

北海道に限らず旅行に行くときの荷物は出来るだけコンパクトにしたいものです。その中でも服装は一番多い荷物になりますが、カーディガンのように着回しの出来るアイテムがひとつあるだけで随分コンパクトまとめることが出来ます。

どの洋服にも合わせやすいカーディガンを1枚準備しておけば、どんな時でも助かります。寒さ対策にもなりお助けアイテムとして必要なのでぜひ、1枚持っていくことをおすすめします。

北海道2月の服装⑦:イヤ-マフで耳元あったか

2月に限らず冬の北海道ではイヤ-マフはマストアイテムです。とにかく寒いので外出時には出来るだけだけ肌の露出を控えたいと思っています。さらに北海道ではマイナス5℃を超えると肌が痛くなる場合があるので、出勤時にイヤ-マフをしている人はたくさんいます。それが北海道ではあたり前の光景と言えるでしょう。

また冬のイベントなどで外に長時間いる場合も、同様に耳が冷たくて痛くなることはよくあります。イベントに行く予定のある人は寒さ対策としておしゃれで可愛いイヤ-マフを準備してくことをおすすめします。

北海道2月の服装⑧:真冬の定番ニットでヘビロテコーデ

真冬の定番アイテムと言えばニットです。もちろん北海道以外でも着るので何枚か持っている人も多いことでしょう。北海道ではかなりのヘビロテになるので、お気に入りの1枚を持っていくと大活躍する事間違いなしです。お気に入りのニットで可愛いファッションを楽しみましょう。

北海道2月の服装⑨:ロングブ-ツが大活躍

冬の北海道ではロングブーツが大活躍します。足長効果が期待できることに加え、寒さをしのげるアイテムとして人気です。特にスカートを履く時にはロングブーツを履く事でオシャレに着こなしながら寒さ対策も出来るためベストマッチと言えるでしょう。

また、北海道の冬道はツルツルでスケートリンクのようになっていることがあります。靴の裏側は滑りにくい素材になっているものを選びましょう。万が一なっていない時は靴屋さんに相談すると冬仕様に変更できるので相談してみることをおすすめします。

北海道2月の服装⑩:厚手のスト-ルでオシャレに寒さ対策

2月の北海道はイベントや楽しい催しが多数あり多くの観光客で賑わっています。雪まつりなどで訪れる時にはかなりの間外にいる事になります。どんなに暖かい服装をしても長時間いることによって体はすぐに冷え込みます。そんな時にサッと羽織れるストールなどを持ち歩いているととても便利なのでおすすめします。

また、ストールと言っても種類はたくさんありますが出来るだけ厚手のタイプが良いでしょう。冷えた体に1枚羽織るだけで暖かさはかなり変わります。寒さ対策にぜひいかがでしょうか。

北海道2月の服装⑪:気温差が辛い!レッグウォーマーで暖かく

北海道の2月は肌が痛くなるほど寒い日が続きます。出来るだけ肌を出すような服装は控えたいですが、気温に関係なくファッションを楽しいみたい時もあります。特にミニスカートを履くと足元がすぐに冷え込みます。そんな時にはプラスアイテムとしてレッグウォーマーの準備をしておく事をおすすめします。

厚手のタイツの上にバランスよくレッグウォーマーを履くとオシャレコーデになります。同系色でまとめると落ち着いた印象になりますし、異なった色ですと冬の寒空に映えて楽しいコーデになります。ぜひお好みのコーデをチョイスしてみましょう。

北海道2月の服装⑫:ボアパーカーで見た目もあったか

2月の北海道の服装は、暖かアイテムが必要になりますが、その中でボアパーカーも人気アイテムの1つとしてよく着られています。リバーシブルタイプがいろんな着こなしで楽しめるため特におすすめです。

寒い日が続くと薄手のファッションをしているだけで見ている側も寒く感じるものですが、ボアパーカーのようにモコモコで暖かい服装をしているとこちらも安心できます。そして気温の低くない日にはボアパーカーがあればあまり重ね着の必要もないので、大切な1枚としておすすめします。

北海道2月のおすすめ観光スポットは?

北海道のおすすめ観光スポット①:札幌

北海道旅行に行くならまずは札幌と言う人も多いことでしょう。広い大地と美味しい食事を思う存分堪能することが出来ます。札幌の観光名所と言えば時計台や羊ケ丘展望台、冬には大倉山などが人気ですが、それぞれが離れた場所にあるためしっかり計画を立てて楽しみましょう。

また、札幌と言えば「ラーメン」激戦区としても知られていますし「スープカレー」の発祥の地とも言われています。市内のあちらこちらに有名店が立ち並んでいるのでお目当てのお店があればぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

北海道のおすすめ観光スポット②:旭川

北海道の旭山動物園と言うのは近年の動物園ブームの先駆けで見せる展示という方法で本来の動物の生活をそのまま見る事ができるというアイディアで全国的に人気になりました。また、旭川は元々観光地ではありましたがこの旭山動物園人気と共に更に訪れる人が倍増しました。

特に冬の動物園ではペンギンのお散歩タイムがあり目の前をペンギンが通るという楽しい体験をすることが出来ます。まだ体験した事がない方はぜひ訪れてみましょう。

北海道のおすすめ観光スポット③:釧路

北海道の東側で太平洋沿岸部に位置する釧路。また漁業も盛んでシシャモやサンマが獲れる事でも有名です。釧路の気温は道東の太平洋側特有の気候で、冬の気温は低く夏もあまり気温が高くなることはありません。7、8月の真夏でも最高気温が25度を超えるような日はほとんどありません。

また、釧路は阿寒湖や釧路湿原などの観光名所としても知られています。阿寒湖と言えば特別天現然記念物のマリモが生息している地として有名で遊覧船にのって阿寒湖を一周し楽しむことが出来ます。釧路湿原特別天然記念物のタンチョウヅルが生息しています。その美しい姿をぜひ現地で見ていただきたいものです。

北海道のおすすめ観光スポット④:小樽

北海道の観光と言えば札幌、旭川、そして小樽が人気です。小樽は札幌からJRで約40分と近いこともあり季節を問わず観光客で賑わっています。小樽と言えば小樽運河や硝子の町としても有名で、市内を歩くとたくさんのガラス店が立ち並んでいるのを見る事が出来ます。

またガラス細工制作の体験も出来、事前に予約をすれば自分だけのガラス細工を製作する事も出来ます。そして小樽はお寿司が美味しい事でも知られていますが、北海道に来たら必ず小樽でお寿司を食べるという人も少なくありません。

小樽は情緒あふれる街並みが北海道の歴史を感じさせる風景となっています。美味しい食事と美しい街並みを散策しながら小樽を楽しみましょう。

北海道2月のおすすめイベントは?

北海道のおすすめイベント①:雪まつり

北海道の2月の最大のイベントと言えば「札幌雪まつり」ではないでしょうか。まだ見たことがない方にとってはその大きさや細部にまでこだわった大雪像。また、大通り公園1丁目から11丁目までの長い距離に渡ってたくさんの雪像や市民雪像を楽しむことが出来ます。

この時期の札幌は1年の中で最も寒い時期ではありますが日本国内だけではなく世界中から多くの観光客で賑わい、大勢の人の熱気で寒さを吹き飛ばします。また、各会場には北海道名物のラーメンやざんぎ以外にも魅力的な美味しい食べ物のお店が立ち並んでいます。この季節にしか楽しめないこのイベントを体験してみて下さい。

北海道のおすすめイベント②:紋別ガリンコ号II冬期運航

北海道民の間でも人気のイベントが紋別にある「ガリンコ号」です。広いオホーツク沿岸で見る事が出来る流氷をこのガリンコ号に乗って氷となった海の中を突き進み楽しむことが出来ます。また毎年1月下旬ごろから3月いっぱいまでの期間限定で、近年の温暖化により流氷が少なくなっているのではと言われています。

流氷を楽しめるのはこの紋別のガリンコ号だけなので、北海道の極寒の寒さを満喫したい方にはぜひ楽しんでいただきたいイベントです。

北海道のおすすめイベント③:支笏湖氷濤まつり

北海道の玄関口千歳空港から車で約40分の所にある「支笏湖氷濤まつり」は毎年1月の下旬ころから開催されます。空港からも近く支笏湖行きのバスも出ていますので直行してみるのも良いでしょう。支笏湖と言えば国内最北にある不東湖としても知られています。

この支笏湖氷濤まつりでは札幌雪まつりとは違い「氷像」楽しむことが出来ます。また特に夜のライトアップされた氷像が美しくとても綺麗で雪像とは違う透明色の持つ美しさを堪能することが出来ます。特にカップルで訪れるのもおすすめです。札幌市内を楽しむ前にぜひ支笏湖氷濤まつりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

北海道のおすすめイベント④:ダイヤモンドダストinKAWAYU

ダイヤモンドダストとは気温がマイナス10℃以下になると現れる現象です。大気中の水蒸気が小さな氷の結晶となり空から降り、その小さな結晶がまるでダイヤモンドのようにキラキラと美しく輝いて見えることから「ダイヤモンドダスト」と呼ばれています。

マイナス10℃以下というのは寒さに不慣れな方にはかなりの極寒になりますが、その寒さを忘れるくらいの美しさが「ダイヤモンドダスト」現象です。このダイヤモンドダストinKAWAYUは毎年2月に期間限定で開催されますが、温泉地として有名な川湯温泉へ宿泊する機会がある方はぜひ足を運んで頂きたいです。

季節に合わせた服装で北海道2月を楽しもう!

2月の北海道についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。夏の北海道の過ごしやすい季節で人気ですが冬の北海道もたくさん夫イベントや催しがあり楽しめる季節となっています。この季節ならではのイベントも多数あるので、ぜひ2月の北海道へ行って楽しい思い出を作ってみることをおすすめします。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。