INDEX

京都の12月の天気や気温は?

京都の12月の天気と降水量

冬

京都の冬というと、歴史ある建造物や寺院に深々と降り積もる雪や、静寂の中に佇む雪化粧の日本庭園を想像する方も多いと思いますが、秋から冬へと季節が変わったばかりの12月の京都は、雪の降る日はほとんどないといってもいい程で、積もるような大雪になることはまずありません。

ここ数年の記録を見ても、12月の京都市内の降雪日は0~2日程度と、雪はほとんど降っていません。また、雨が降った日も一ヶ月を通して5~8日程しかなく、その中でも、一日中雨が降り続いたような日はわずか1日で、ほとんどの日において半日もしないうちに雨は止んでいます。

一ヶ月の内、一日中晴れている日が10日前後もあり、曇った日も合わせると、月の3分の2程にもなるため、京都の12月は旅行や観光に適した天候だと言えます。但し、雨が降った日には気温がぐっと下がってしまうことが多いので、天候が崩れそうな時にはしっかり防寒しておくと安心です。

京都の12月の最高/最低気温と平均気温

寒い

京都の12月は、観光シーズンとして人気の高い過ごしやすい秋の気候から、体の芯まで冷え込む京都の冬の気候へと徐々に移り変わる時期になります。中旬頃迄は、日中の気温が15℃近くにまで上がる過ごしやすい日もありますが、夜は盆地特有の冷え込みで一気に気温が下がり、朝晩の寒暖差が大きいのが特徴です。

月の中旬を過ぎた頃から、最高気温が10℃を上回る日が少なくなって日中でも寒く感じる日が続くようになり、年末には氷点下近くまで最低気温が下がり、しっかりとした冬の訪れを感じるようになります。

京都の冬で気を付けたいのが、体感温度が実際の気温よりもかなり低いということです。京都は山に囲まれた内陸部の盆地で、冬の冷たい風は山々に遮られて盆地に溜まり、体の芯から冷える底冷えの寒さをもたらします。京都で冬に旅行や観光を計画するなら、予想気温よりも2~3℃低い服装選びがオススメです。

京都市内の12月気温・降水量
2015年12月 2016年12月 2017年12月
平均気温 9.0℃ 8.2℃ 5.6℃
降水量 101.0mm 92.0mm 33.5mm
最高気温 18.9℃ 17.5℃ 14.9℃
最低気温 0.6℃ 0.3℃ -0.8℃

京都の12月の服装選びポイント

京都12月の服装ポイント①:温度調整しやすい服装が旅行や観光に便利

京都の12月は、月初は秋の気候、月末には底冷えの冬らしい気候と、季節の変わり目で、朝晩の気温差も大きくなります。また、京都の冬は、観測気温よりも体感気温が低いことが多いため、観光や旅行中に思ったよりも寒く感じた時は、簡単に温度調整できるような服装や小物があると便利です。

カーディガンや軽量でコンパクトに畳めるダウンジャケットやベストなど、鞄に入れていてもシワになりにくい素材で着脱しやすい服装や、ストールやマフラー、手袋・ニット帽などの嵩張らず持ち運びやすい防寒小物などが鞄に入っていると、寒いと感じた時にさっとまとえて、朝から夜までといった長時間の外出でも安心です。

京都12月の服装ポイント②:長時間の屋外観光には底冷え対策が必須

京都の観光は見所が多く、一日中外を歩き回ることも珍しくありません。しかし、12月の京都の屋外で長時間過ごすとなると、京都の冬の底冷えするような寒さで体が芯から冷えてしまいます。特に、イルミネーションなどの冬の夜を彩るイベントや、大晦日から新年にかけての初詣など、夜間の外出には防寒対策が必須です。

冬の定番でもある防寒インナーであれば、外見のコーディネートを邪魔することなく防寒対策ができるのでオススメです。中でも、足元から冷える京都の冬の寒さには、高性能で防寒力の高いインナーをパンツスタイルに重ね着したり、厚手のソックスや足裏用のカイロを使用しておくと良いですよ。

京都の12月の服装コーデ

京都12月の服装①:秋の香りが残る時期には薄手コートをまとって

12月上旬の京都はまだ冬と言うより秋の気候の日が多いのが特徴です。と言っても、次第に朝晩の寒暖差も大きくなっていくので、薄手のコートを羽織って、着脱しやすく、手に持った時にもかさ張らないような服装での外出がベストです。足元の冷えも気になりだす頃ですから、ソックス+パンプスでお洒落に防寒しましょう。

京都12月の服装②:チェスターコート&パンプスで女らしく

マニッシュな印象のチェスターコートですが、パンプスを合わせれば一気に女性らしい雰囲気になります。、シンプルなコーディネートが地味になり過ぎないよう、インナーに赤いセーターを合わせても素敵です。胸元が開いたチェスターコートは首元が寒くなりがちですから、大判のストールを巻けばアクセントにもピッタリです。

京都12月の服装③:少し寒さを感じる日はタートルネックで女性らしく

タートルネックの女性

少し寒いなと感じる日の服装には、タートルネックを選んで首元から暖かいコーディネートを楽しみましょう。コクーン型のノーカラーコートとタイトシルエットのスカートを合わせると、オシャレ上級者の雰囲気になりますね。クラシカルな印象が、京都の街並みにもマッチして素敵ではないでしょうか。

京都12月の服装④:デートの日はファーポケットのコートが女性らしい

流行のファーポケットの付いたコートも、ワンピースを合わせてモノトーンでまとめれば、大人のデートスタイルに仕上がります。京都には、素敵なご飯屋さんも多いので、カジュアルすぎる服装よりも、大人っぽいスタイルの方がお店を選ばず安心です。スカートの足元は冷えるので、ショートブーツで防寒もしておきましょう。

京都12月の服装⑤:足元の寒さ対策もブーツインならオシャレに

アクティブに観光で動き回る日の服装には、デニムパンツとロングブーツを合わせたキレイ目カジュアルなジョッキースタイルがオススメです。ブーツインなら、寒い日の防寒にもピッタリですね。コートやバッグもトラッドな雰囲気の物をチョイスして、全体的に格好良く仕上げるのがポイントです。

京都12月の服装⑥:もこもこジャケットなら可愛さも暖かさも手に入る

冬の新定番となりつつあるもこもこジャケットは、暖かさと可愛さの両方が手に入る嬉しいアイテムですね。もこもこし過ぎるともっさりした印象になりがちですが、ショート丈のものと、タイト目のロングスカートやスッキリラインのパンツなどのボトムを合わせれば、スタイル良く見えるシルエットに仕上がりますよ。

京都12月の服装⑦:重ね着コーデなら朝晩の寒暖差にも対応可

12月も中旬になってくると、気温が一気に冷える日や、朝晩の寒暖差が大きくなってくるので、温度調整しやすい服装が便利になってきます。薄手ニットにカーディガンを合わせて、その上からコートを羽織れば、お洒落と防寒の両立が可能です。帽子やショートブーツを合わせればお洒落上級者のスタイルの完成です!

京都12月の服装⑧:ショート丈ムートンにタイトスカートで女性らしく

寒さが厳しくなってきたら、ムートンの出番ですね。ショート丈のジャケットタイプなら、暑くなりすぎず、冬の入り口の季節にもピッタリです。カジュアルやメンズライクになり過ぎる時には、タイトなロングスカートを合わせれば、上品な大人の女性らしいスタイルにまとまります。

京都12月の服装⑨:気温の低い日にはムートンコートの出番

本格的に寒さを感じるようになったら、ムートンコートでしっかり防寒を。ただし観光で歩き回ったてかいた汗が冷えて逆に寒く感じることもあるので、インナーは軽めのニットなどにして調整しておくといいかもしれません。寒い日の足元は、パンツスタイルにタイツを重ね着して、肌は極力出さないようにしておきましょう。

京都12月の服装⑩:インナーのダウンジャケットで気温変化に対応

イルミネーションなど夜のイベントや、嵐山などの山間や川の近くで街中より少し寒い場所に出かけるのであれば、寒暖差に対応できる服装が安心です。コンパクトに収納できるダウンジャケットを重ね着したコーデなら、暖かく感じる時はジャケットを脱いで鞄の中に入れて持ち運べて便利ですよ。

京都12月の服装⑪:ムートンブーツなら京都の底冷えも安心

京都の冬は足元から冷える底冷えの寒さですが、足元を一番防寒できるのはムートンブーツですね!ムートンブーツはフラット底なので、観光で長時間歩きまわっても疲くいのも嬉しいですね。足元にボリュームが出るとバランス悪く見えるので、ファー付きのコートで目線を上げ、スキニ―パンツでスッキリまとめると良いですよ。

京都12月の服装⑫:夜のイベントに出かけるなら防寒コーデが必須

除夜の鐘つきや年越しカウントダウンのイベントなど、寒い京都の夜に長時間外出するのであれば、防寒を万全にしておきましょう。タートルネックやハイネックで出来るだけ肌を見せないようにし、パンツの下にはタイツやスパッツ等を重ね着しておくと良いでしょう。人が多い場所に出向くなら足元はスニーカーがベストですよ。

京都の12月のおすすめ観光スポットは?

京都のおすすめ観光スポット①:下鴨神社「糺の森」

京都の紅葉のベストシーズンと言えば、11月中旬〜下旬にかけてですが、11月中に紅葉を見逃してしまった人にも嬉しいのが、京都で最も遅く紅葉を迎える下鴨神社の境内に位置する糺(ただす)の森です。ユネスコの世界文化遺産にも登録されている糺の森では、12月上旬〜中旬にかけてが紅葉の美しい時期になります。

東京ドーム3個分もの広大な敷地に、紀元前3世紀頃の姿をそのまま現代に残す糺の森には、樹齢200年以上の樹々が600本近く生い茂っていて、紅葉のシーズンには、燃えるように赤く色付いたカエデや、黄金色に輝くイチョウなどの美しい景色を堪能することができます。

糺の森の中には小川も流れているので、紅葉とのコントラストを楽しみながら、落ち葉が敷き詰められた太古の森の中を日常の喧騒を忘れてゆっくり散歩してみてはいかがでしょうか。

京都のおすすめ観光スポット②:かやぶきの里「美山」

ぼたん鍋

寒くなってくると恋しくなるのが温かい鍋料理ですね。京都には、湯葉、鴨鍋、うどんすきなど、心も体も温まる絶品鍋料理がたくさんありますが、特にその中でも、猪の肉を使ったぼたん鍋は、猪猟が解禁になる11月〜3月の間しか新鮮なお肉を使ったものが食べられないとあって、人気です。

ぼたん鍋は市内の何軒かでも楽しめますが、古い日本の風景が残る自然豊かな美山で、かやぶき屋根の下、囲炉裏を囲みながら昔話の一幕のような日本の冬を体験してみるのはいかがでしょう。美山では、1月・2月になると雪景色が美しい代わりに防寒やアクセスが大変ですから、そうなる前の12月に訪れるのがオススメですよ。

京都のおすすめ観光スポット③:「京都四条南座」

京都の人がこれを見ると一年の終わりを感じるという、師走の京都の風物詩的存在なのが、京都四条南座の吉例顔見世大歌舞伎です。南座は、歌舞伎の創始者である阿国かぶきが、江戸時代に歌舞伎を始めた歌舞伎創始の場所で、歴史深い日本最古の劇場でもあります。

そんな南座では、毎年11月末から12月末迄の間、顔見世興行が行われ、翌年に出演する有名大物歌舞伎役者が一堂に会するとても華やかで重要な歌舞伎の年中行事の1つを見ることができます。実際に公演を観るのは勿論ですが、役者の名前の書かれた木札がずらりと並んだ劇場正面の雰囲気を見るだけでも充分楽しめますよ。

京都のおすすめ観光スポット④:京のおだいどこ「錦市場」

旬の京野菜やおばんざい、漬物など、京都の食文化を一手に支える錦市場が最も活気付くのが、年末年始の準備で賑わう12月です。12月に京都に旅行や観光で訪れるのなら、是非この錦市場へ美味しい年越し用の食材を探しに訪れてみませんか?

錦市場では他にも、おばんざいやスイーツを少しずつ購入して気軽に食べ歩きを楽しんだり、近隣の飲食店で美味しい食事をしたりと、お腹一杯の思い出作りができますから、12月でなくても訪れてみてほしい京都の観光地の1つです。

京都の12月のおすすめイベントは?

京都のおすすめイベント①:京都・嵐山花灯路

花灯路

12月といえば、街中の至る所で瞬くイルミネーションが美しい季節ですね。クリスマスのイベントや装飾も素敵ですが、京都に折角訪れたのであれば、嵐山まで足を延ばして、和の情緒を感じることのできるイルミネーションを楽しんでみてはいかがでしょう。

12月に嵐山で開催されるイベント「嵐山花灯路」では、露地行灯と生花で彩り豊かに演出された散策路や、ライトアップされた渡月橋や竹林を愉しむことができ、京都の冬の幻想的な夜を過ごすことができます。

京都のおすすめイベント②:除夜の鐘つき体験

折角12月の京都に観光や旅行で訪れるのであれば、一度は間近で見てみたいのが歴史ある寺社仏閣で大晦日に除夜の鐘つきではないでしょうか。大晦日恒例のテレビ番組でも毎年放送され、日本三大梵鐘の1つでもある知恩院の鐘つきを始め、京都では多くの有名寺院で除夜の鐘つきが行われます。

見学だけでは物足りないという方は、清水寺や南禅寺などの有名寺院で実際に除夜の鐘をつくこともできます。ただし、事前に整理券を配布していたり、予約が必要な場合もありますので、除夜の鐘つきを目的に旅行や観光に出られるのであれば、事前にちゃんと調べてから訪れることをオススメします。

京都のおすすめイベント③:厄除け大根焚き

冬の京都の多くの寺院で、温かい大根が参拝客に振る舞われる「大根焚き」という行事が催されるのはご存知でしょうか?京都の12月ではお馴染みのこの冬のイベントは、厄除けや無病息災を願ったもので、どの寺院もイベント当日は多くの参拝客で賑わいます。

開催される日程は寺院によって異なりますが、12月の京都では、毎週末のようにどこかの寺院で大根焚きが行われていますので、旅行や観光の日程に合わせて訪れる寺院を探してみても良いかもしれませんね。

京都のおすすめイベント④:煤払いと終い縁日

12月の京都には年末ならではのイベントが数多くありますが、その中でも1年を締めくくるものは「煤払い」や「終い縁日」ではないでしょうか。年末といえば大掃除を連想する方もいらっしゃると思いますが、東本願寺・西本願寺では、新年を迎える前に1年の汚れを落とす煤払いが行われ、信者ではなくても参加が可能です。

また、東寺の「終い弘法」や北野天満宮の「終い天神」は、それぞれで毎月開催されている縁日の、1年で最後のものとあって、沢山の屋台や露店が立ち並び、どちらの行事も寺社仏閣が生活の身近な存在である京都独特の年末の雰囲気を感じることができます。

12月の京都の気温に合った服装で京都旅行や観光を快適に!

京都観光や京都旅行と言えば、秋の紅葉シーズンを選びがちですが、12月の京都は冬の京都の中でもまだまだ気候的に過ごしやすく、この時期にしか見ることのできない見所も多いので、12月を選んで観光や旅行をすれば、きっと満足度の高いものになると思います。

とは言え、冬の入口で、日に日に寒さが厳しくなっていく12月ですから、くれぐれも朝晩や季節の変わり目の寒暖差には注意して、長時間屋外で過ごす寒さにも対応できる快適な服装で、年末の京都を存分に楽しんで下さいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。