INDEX

大阪の方言(関西弁)の特徴

大阪の方言(関西弁)の特徴①

まずは大阪の方言(関西弁)についてご説明しましょう。「関西弁」といえば、テレビのお笑い番組などで関西出身の芸人さんが使っているので、他府県の方言より比較的なじみがあるのではないでしょうか。

その最大の特徴は、良くも悪くも「表現力が豊か」ということです。関西弁でツッコミを入れられると「言い方がきついなぁ」と思われたり、関西弁で感想を述べると「感情がこもってるなぁ」と感じられることが多いようです。

大阪の方言(関西弁)の特徴②

関西弁は全国的にも通用しやすい方言ですので、文字に表してみれば標準語とあまり変わらないということもあります。ただ、話し言葉にしてみれば、たちまち関西弁なのか、標準語なのかが分かります。

それは、関西弁には言葉に独特のイントネーションがあるからです。単語ひとつ取ってみても、関西弁と標準語ではアクセントの位置が全く違います。

大阪の方言(関西弁)の特徴③

関西弁の特徴として「擬態語・擬音語が多い」とうことが挙げられます。道を聞かれたときに「そこの道をズーッと行って、角でキュッと曲がって」など、会話の中にオノマトペ(擬音)を織り交ぜ、ニュアンスでものごとを伝えようとする特徴があります。

これに対して関西弁に慣れていない人は、「ズーッとってどれくらい?キュッとってどう曲がるの?」と戸惑いを感じることがあるようです。

大阪の方言(関西弁)頻出順ランキング

大阪の方言(関西弁)頻出順第10位:なおす

大阪の方言(関西弁)の頻出度ランキング第10位は「なおす」です。これは標準語の意味で使われる「直す」「治す」とは違い、「片づける」という意味で使われます。関西弁に慣れない人は「なおして」と言われて「壊れてるの?修理するの?」と勘違いすることもあります。(例)この食器、棚になおしといて。

大阪の方言(関西弁)頻出順第9位:しんどい

大阪の方言(関西弁)の頻出度ランキング第9位は「しんどい」です。これは「疲れた」「体調が良くない」という意味で使われます。関西弁の中でも比較的一般的になってきている方言で、関西人の中には「しんどい」を標準語と思っている人も多いようです。(例)今日は残業でしんどかった。

大阪の方言(関西弁)頻出順第8位:シュッとしてる

大阪の方言(関西弁)の頻出度ランキング第8位は「シュッとしてる」です。これには様々なニュアンスがあり、ひとことで定義するのは難しいのですが、一般的には「かっこいい」「スタイリッシュ」「おしゃれな」という意味で使います。(例)やっぱり東京の人はシュッとしてんな~。

大阪の方言(関西弁)頻出順第7位:さら

大阪の方言(関西弁)の頻出度ランキング第7位は「さら」です。もちろん皿のことではありません。「さら」は「新しい」「新品」という意味で使われています。新品のものを「さらぴん」と言うこともあります。(例)この服、さらやから汚さんようにしてな。

大阪の方言(関西弁)頻出順第6位:はよ

大阪の方言(関西弁)の頻出度ランキング第6位は「はよ」です。「はやく」という意味で使われます。せっかちと言われる関西人にとっては日常的によく使うことばで、大阪においては「はよして」とせかされることはよくあります。(例)あの人、はよ来てくれへんかな~。

大阪の方言(関西弁)頻出順ランキング

大阪の方言(関西弁)頻出順第5位:おもろい

大阪の方言(関西弁)の頻出度ランキング第5位は、「おもろい」です。こちらは比較的メジャーな関西弁で、全国的にも通じやすいといえますが、「おもしろい」という意味で使われています。

お笑いの街、大阪においては「おもろいか、おもろくないか」というのは非常に重要で、よく使われる言葉です。(例)知り合いにおもろい奴がおるから、今度紹介するわ~。

大阪の方言(関西弁)頻出順第4位:ほんま

大阪の方言(関西弁)の頻出度ランキング第4位は「ほんま」です。「本当」という意味で使われます。「本物」を「ほんまもん」ということもあります。関西人が「ほんま!」と言うときは、「そうなんだ!」という相槌を表していることもあり、「マジで!」のニュアンスに近いです。(例)昨日の夜はほんま寒かった。

大阪の方言(関西弁)頻出順第3位:ちゃう

阪の方言(関西弁)の頻出度ランキング第3位は「ちゃう」です。これは「違う」という意味に等しく、「ちゃうちゃう」と繰り返して使うこともあります。

しかし、関西弁の「ちゃう」には様々な使われ方があり、話を始めるときに「ちゃうねん、~」と話し始める人がいたり、ちょっと変わったニュアンスで使用されることもあります。(例)今日、あんたの誕生日やったんちゃう?

大阪の方言(関西弁)頻出順第2位:あかん

大阪の方言(関西弁)の頻出度ランキング第2位は「あかん」です。「あかん」は「駄目だ」という意味で使われます。小さい子供を叱るときも「あかん!」と言うので、大阪人にとっては子供のころから非常に慣れ親しんだことばです。(例)そんなことをしたらあかん。

大阪の方言(関西弁)頻出順第1位:めっちゃ

大阪の方言(関西弁)の頻出度ランキング第1位は「めっちゃ」です。「とても」「すごく」という強調の意味で使われ、最もよく使う関西弁のひとつです。元々の意味は「めちゃくちゃ」から来ていると思われます。「むっちゃ」と言うこともあります。(例)食べ過ぎて、めっちゃお腹いっぱい。

大阪のかわいい方言(関西弁)ランキング

大阪のかわいい方言(関西弁)第10位:せやねん

ここからは大阪のかわいい方言ランキングをご紹介します!女の子がこんな関西弁を使うと「かわいい!」とウケること間違いなしです。

第10位は「せやねん」です。これは「そうなんです」という意味になります。「せや」だけで使う場合もあり、「そうだ」という意味になります。会話をしているときに「せやねん!」とうなずくととってもかわいいと思います。

大阪のかわいい方言(関西弁)第9位:しゃあない

大阪のかわいい方言(関西弁)第9位は「しゃあない」です。これは「仕方がない」という意味になりますが、どちらかというと「まあ、しょうがない、なんとかなるさ」というポジティブな意味合いで使われることが多いです。(例)好きすぎてしゃあないねん。

大阪のかわいい方言(関西弁)第8位:でけへん

大阪のかわいい方言(関西弁)第8位は「でけへん」です。「~へん」というのは否定であり、「できない」という意味です。女の子がかわいく甘えるときに使ってみてはいかがでしょうか?(例)これ、私にはでけへんから代わりにやって~。

大阪のかわいい方言(関西弁)第7位:かめへん

大阪のかわいい方言(関西弁)第7位は「かめへん」です。「かまへん」と言うこともありますが、「構わない」「気にしない」という意味です。大雑把で大らかな大阪人にとってはよく使うことばです。ちょっとした失敗をかわいく許してあげるときに使いましょう。(例)ちょっとくらい遅刻しても全然かめへんよ。

大阪のかわいい方言(関西弁)第6位:~やんな?

大阪のかわいい方言(関西弁)第6位は「~やんな?」です。語尾に付けて「~だよね?」という意味を表します。大阪人と会話をしているとこの「~やんな?」は非常によく出てくると思います。「~やんなぁ?」と語尾を上げて使うとよりかわいいと思います。(例)お母さんは買い物に行ってるやんな?

大阪のかわいい方言(関西弁)ランキング

大阪のかわいい方言(関西弁)第5位:知らんけど

大阪のかわいい方言(関西弁)第5位は、「知らんけど」です。そのままの意味にすると「知らないけど」であり、方言という感じはしないのですが、使われ方に特徴があります。

大阪人は会話の結びに「知らんけど」を付けて「確かではないけれど」という自分の発言に対しての責任回避をしているのです。他府県にはあまり見られない独特の言い回しで、なかなかかわいいと思いませんか?(例)○○ちゃん、彼氏できたらしいで!知らんけど。

大阪のかわいい方言(関西弁)第4位:どない

大阪のかわいい方言(関西弁)第4位は「どない」です。「どない」は「どう」「どのような」という意味で、「どない?」と聞かれると「どうですか?」という意味になります。

ちなみに「どないやねん」は「なんでやねん」と同じくボケに対するツッコミとしても使うなどバリエーションがあり、関西人以外にはニュアンスが難しいかもしれません。(例)ここのところ、店の売り上げはどないですか?

大阪のかわいい方言(関西弁)第3位:あほ

大阪のかわいい方言(関西弁)第3位は「あほ」です。これは全国的にも知られていることかもしれませんが、関西人は「バカ」と言われるのを非常に嫌います。

その代わりに使われるのがこの「あほ」なのですが、馬鹿にしているわけではなく、愛情を込めて使うことばなのです。「あほ」と言われたら、相手から親愛を抱かれていると思って良いでしょう。(例)そんなところで転ぶなんて、あほやな~。

大阪のかわいい方言(関西弁)第2位:うち

大阪のかわいい方言(関西弁)第2位は「うち」です。「うち」は自分のことを指して言います。例えば「うちの会社」というのは自分の所属している会社のことですが、女子が一人称として自分のことを「うち」という場合もあります。

大阪のかわいい方言(関西弁)第1位:いけず

大阪のかわいい方言(関西弁)第1位は、「いけず」です。これは「意地悪な」という意味ですが、なんとなく「いじわる」よりも「いけず」ということばの響きがかわいいと思いませんか。

京都弁としても広く認識されていることばで、女性が使うことが多いようなので、是非かわいく言ってみてください。(例)そんなことを言うなんて、いけずな人やわ。

その他紹介しきれなかった方言

えらいこっちゃ

これまで大阪の方言(関西弁)頻出順ランキングと、かわいい方言ランキングをご紹介してきましたが、関西弁にはまだまだたくさんご紹介したい方言があります。その一部ですがご紹介しましょう。

まずは「えらいこっちゃ」です。「大変だ」という意味で使います。「えらい」は「偉い」ではなく「大変な」という意味を表すことがあります。「えらいこっちゃ」と言われるとすごく大変なことが起きたような感じがしますね。大袈裟な表現を好む大阪人はよく使います。(例)えらいこっちゃ!近くで火事があったらしいで!

さぶいぼ

2つ目にご紹介する関西弁は「さぶいぼ」です。皆さんは「さぶいぼ」と聞いて何を想像しますか?「さぶいぼ」はその名の通り、寒いときに出るいぼ、つまり鳥肌のことです。「さぶいぼ」は全国で通用すると思っている大阪人も多いようです。(例)今日は薄着しすぎてずっとさぶいぼ出てるわ。

ほかす

3つ目にご紹介するのは「ほかす」という関西弁です。「ほかす」とは標準語で「捨てる」のことです。ゴミなどを捨てるときに使用します。大阪以外でも関西では通じますが、関東ではあまり通じないようで、カルチャーショックを受ける関西人も多いとか。(例)着なくなった服は、もうほかしときや。

なんしか

4つ目にご紹介するのは、「なんしか」という関西弁です。まったく意味が想像つかないという人もいるかもしれませんが、「なんしか」は、「とりあえず」「とにかく」「とても」という意味で使われる便利なことばなのです。

「難しい話はあとにして、とりあえず(なんしか)」という大阪人の気質が表れていることばといえるでしょう。(例)なんしかお腹すいたわ。

蚊にかまれる

5つ目にご紹介するのは、関西弁独特の言い方、「蚊にかまれる」です。これはもちろん「蚊に刺される」ことを意味するのですが、大阪人は「蚊に刺される」とはあまり言いません。「かまれる」がスタンダードだと信じているようです。

すうどん

6つ目にご紹介するのは「すうどん」です。「すうどん」は「酢うどん」ではありません。漢字で書くとしたら「素うどん」、つまりシンプルなかけうどんのことです。関西と関東では食文化も違うので、「すうどん」と「かけうどん」ではだしの味も違うのかもしれませんね。

かなん

最後にご紹介する関西弁は、「かなん」です。これは「かなわない」ということばを関西風に表現しています。どちらかというと年配の方がよく使うことばです。関西人が「かなん」と言うときは、「まいったなぁ」というニュアンスで使われます。(例)そんな無理なこと言われたらかなんわ。

大阪の方言(関西弁)をマスターしてみよう

大阪といえば、お笑い・くいだおれといった独自の文化があるイメージがありますよね。そんな大阪人にとっては、方言(関西弁)についてもかなりのこだわりがあるようです。イントネーションも標準語と全く違いますし、関西弁にしかないニュアンスを表す言い回しも多いです。

また、そんな関西弁を全国で通じるものだと思っている大阪人も多いようです。関西圏以外に住む人が、関西弁をマスターするのはなかなか難しいかもしれませんが、女の子が使うとかわいい方言も多いので、是非マスターしてみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。