INDEX

目黒のおすすめ花見スポット第7位:菅刈公園

【花見スポット】菅刈公園(目黒)の概要

江戸時代には「荒城の月」で知られる豊後の岡藩の屋敷があり、池や滝が流れる回遊式の大名庭園として、地誌に紹介されていました。その後、明治時代には「西郷従道(隆盛の弟)」が土地を購入し、屋敷が建てられました。園内は約二万平方メートル(東京ドーム半分ほど)の広さです。

当時を再現した和館・洋館・大名庭園のほか、遊具コーナーや美しく手入れされた芝生が広がります。和館の門をくぐると日本庭園に出られます。茶室を借りて、池や滝の流れるお庭を眺めながらのお茶会を開くこともできるお花見スポットです。

【花見スポット】菅刈公園(目黒)のおすすめポイント

代官山から歩いてすぐの菅刈公園は、家族連れに最適のお花見スポットです。きちんと手入れされた芝生の広場と遊具には子どもたちの姿が見られ、大きな声も気にせずワイワイ楽しめるお花見スポットです。酒類の持ち込みは不可で、夜間は閉鎖されるので注意が必要です。歩いて2分で隣の西郷山公園にも行けます。

菅刈公園
  1. 1.桜の綺麗さ      ★★★
  2. 2.夜桜の綺麗さ     ★
  3. 3.景色の良さ      ★★★
  4. 4.混雑度        ★★★
  5. 5.デート向き度     ★★★
  6. 6.家族向き度      ★★★★★
菅刈公園
  • 住所:目黒区青葉台二丁目11番25号
  • 最寄駅:東急東横線 中目黒駅、代官山駅
  • 2019年開花予想時期:3月下旬~4月上旬

目黒のおすすめ花見スポット第6位:駒場公園

【花見スポット】駒場公園(目黒)の概要

目黒区立で二番目に広い公園です。旧加賀百万石の当主、前田侯爵邸跡地で国の重要文化財に指定されています。化粧レンガやタイル張りの洋館と書院造の和館があり、1階のお茶室と和室は一般利用ができます。

和館北側には日本近代文学館があり、近代文学作品の原稿など貴重な資料を閲覧できます。自然の巨木と名石を配した奥庭、芝生広場など、文化の薫る緑豊かな公園です。

【花見スポット】駒場公園(目黒)のおすすめポイント

静かで落ち着いた時間を過ごせる公園です。広い芝生が広がり、お弁当を広げてのピクニックにぴったりです。また、クラシックな洋館をバックにした桜、お茶室の縁側から見た日本庭園の桜、と様々な絵になる桜を楽しめるお花見スポットです。旧前田家本邸和館の一階は無料の休憩所となっています。

駒場公園
  1. 1.桜の綺麗さ  ★★★★
  2. 2.夜桜の綺麗さ ★★★
  3. 3.景色の良さ  ★★★★
  4. 4.混雑度    ★★★
  5. 5.デート向き度 ★★★★
  6. 6.家族向き度  ★★
駒場公園
  • 住所:目黒区駒場四丁目3番55号
  • 最寄駅:京王井の頭線 駒場東大前駅、小田急線 東北沢駅 
  • 2019年開花予想時期:3月下旬~4月上旬

目黒のおすすめ花見スポット第5位:西郷山公園

【花見スポット】西郷山公園(目黒)の概要

場所は旧西郷邸の北東部にあたり、地元の人々から「西郷山」の通称で親しまれていたことから園名がつきました。落差20メートルの人口の滝が作られていたり、ゆるやかな坂道の遊歩道、展望台があるなど、斜面を利用した公園となっています。晴れた日は遠くの富士山を臨むこともできる一方で、代官山駅からはすぐです。

【花見スポット】西郷山公園のおすすめポイント

代官山でおしゃれにランチした後は、西郷山公園へ足をのばしてみませんか。ここは小高い丘からの見晴らしがすばらしいお花見スポットです。意外と知られていないのか、混雑がうんざりのあなたも静かに桜を眺められます。そのまま中目黒まで歩く中継地点としてもよく、桜の季節を満喫したデートプランも立てられます。

西郷山公園
  1. 1.桜の綺麗さ   ★★★
  2. 2.夜桜の綺麗さ  ★★
  3. 3.景色の良さ   ★★★★★
  4. 4.混雑度     ★
  5. 5.デート向き度  ★★★
  6. 6.家族向き度   ★★★★
西郷山公園
  • 住所:目黒区青葉台二丁目10番28号
  • 最寄駅:東急東横線 代官山駅
  • 2019年開花予想時期:3月下旬~4月上旬

目黒のおすすめ花見スポット第4位:目黒川の船上

【花見スポット】目黒川船上(目黒)の概要

目黒川は世田谷区(2本の川がここで合流します)、目黒区、品川区を通り東京湾へとそそぐ全長約8㎞の川です。池尻大橋駅付近の大橋から目黒区の太鼓橋まで、約3.8㎞に桜並木が続いています。

毎年サクラの時期にはお花見クルーズができるよう、定期的に船が運航します。目黒川は都内でも人気が高く、川沿いの道は多くの人々で賑わいます。時間帯によっては歩くのも大変なほどの混雑です。ならば自分の席を確保して、船に揺られながら川の上から桜を眺めるのはいかがでしょう。

【花見スポット】目黒川船上(目黒)のおすすめポイント

桜を毎年見に行く人も、いつもと違った角度から桜を眺められる絶好のお花見スポットです。いくらお散歩好きでも、3.8キロの川沿いを歩くのは結構大変ですよね。体力に自信のない人も楽に楽しめるのがお船のいいところです。目黒川のクルーズは、場所や時期により、楽しめる桜が変わってくるのも魅力の一つです。

まず咲き始めから満開まではソメイヨシノが花開きます。満開から数日はソメイヨシノと、水面を花びらが覆って流れゆく花筏(はないかだ)が目の前に広がります。目黒雅叙園の前にはシダレザクラがたわみ、その後1週間から10日ほどで大崎、五反田あたりに様々な八重桜が花開きます。

川面に向けてしなだれかかる夜桜も雰囲気があって素敵です。お酒を片手に彼女とのデートプランのラストに組み込んでみてはいかがでしょうか?川が東京湾へとそそぐあたりから、夜景も綺麗に見えてきます。天王洲の水門の下をくぐるのも船ならではの体験ですね。

目黒川の船上
  1. 1.桜の綺麗さ   ★★★★★
  2. 2.夜桜の綺麗さ  ★★★★★
  3. 3.景色の良さ   ★★★★★
  4. 4.デート向き度  ★★★★★
  5. 5.家族向き度   ★★★


目黒川の船上
  • 住所:東京都目黒区中目黒
  • 最寄駅:【上流】田園都市線池尻大橋駅から徒歩3分 【中流】東急東横線・東京メトロ日比谷線中目黒駅から徒歩1分 【下流】JR山手線・東急目黒線・東京メトロ南北線・都営三田線目黒駅から徒歩5分。
  • 2019年開花予想時期:3月下旬~4月上旬

目黒のおすすめ花見スポット第3位:林試の森公園

【花見スポット】試の森公園(目黒)の概要

元「林業試験場」の土地で、さまざまな種類の樹木が植えられている広大な公園です。春には桜、秋には紅葉、プラタナスの並木など季節ごとの自然を満喫できる都会のオアシスとなっています。東西に700m(目黒区と品川区をまたぐ)、南北に250mと横長で、外周の園路を歩くと45分ほどです。入口は4か所あります。

野球やサッカーができる広場、遊具の広場、水車やじゃぶじゃぶ池があります。子どもたちが思い切り遊べるのはもちろんのこと、ジョギングする人、散策する人、犬の散歩をする人など様々な目的で過ごす人が訪れ、広い公園で思い思いに過ごしています。

【花見スポット】林試の森公園(目黒)のおすすめポイント

広い園内のいたるところで桜が見られますが、特に大きな広場を取り囲むように咲く桜が見事なお花見スポットです。内側に向けて満開の枝がたわみ、美しい花びらが目の前に見られます。早咲きのカワズザクラにはじまり、三月にはソメイヨシノが満開になります。

とにかく広々として気持ちがいいので、シートを敷いて身体いっぱい春の日差しを浴びながら大の字になって寝転がるのがおすすめです。子どもたちがのびのびと走り回れる広い園内です。ぜひお天気の良い日にお弁当を持って家族で訪れ、春のうららかな一日を過ごしてみてくださいね。

林試の森公園
  1. 1. 桜の綺麗さ   ★★★★★
  2. 2.夜桜の綺麗さ  ★★★
  3. 3.景色の良さ   ★★★★★
  4. 4.混雑度     ★★★★
  5. 5.デート向き度  ★★★★
  6. 6.家族向き度   ★★★★★
林試の森公園
  • 住所:東京都品川区小山台2丁目6
  • 最寄駅:東急目黒線・都営三田線・東京メトロ南北線 武蔵小山駅    
  • 2019年開花予想時期:3月下旬~4月上旬

目黒のおすすめ花見スポット第2位:目黒雅叙園

【花見スポット】目黒雅叙園(目黒)の概要

目黒区内の結婚式場、レストラン、ホテルの複合施設です。園内の豪華絢爛な内装が有名で「昭和の竜宮城」と呼ばれています。東京都の登録有形文化財に指定された「百段階段」をはじめ、創業80年の歴史を感じる美術品の数々に非日常を感じます。螺鈿細工や絵画は創業当時の建物から大切に修復され移築した貴重な品々です。

特徴的な門構えは映画「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルになりました。他にも様々なイベントや雑誌、CDジャケットの撮影などで有名人とのコラボレーション作品が数々残されています。お花見スポットとしては見落としがちですが、今年はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

【花見スポット】目黒雅叙園(目黒)のおすすめポイント

お花見といえば、まだ肌寒い中シートを敷いて持ち寄ったおつまみで乾杯するイメージでしょうか。楽しい酒盛りも長時間になると疲れますよね。日焼けや虫が気になって楽しめない人もいるのではないでしょうか。それなら少しリッチに、今年は快適な室内からシダレザクラを眺めるのもおすすめです。

また、園内のカフェでは吹き抜けの空間に大胆に広がった日本庭園、滝を眺めながらゆっくりとお茶が飲めます。桜の時期には室内に活けられた桜も見事です。時間の許すかぎり、満足ゆくまで桜を眺められるお花見スポットとなっています。

そして目黒雅叙園に来たならやはり内装に目を向け味わうのがおすすめです。「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルとなった大きな入口門。ホテル客室へ向かう時に乗る、螺鈿細工のエレベーター。樹齢百年の床柱や天井の壁画。いずれも昭和初期の芸術家たちの高度な伝統技術の粋が生きています。特にお手洗いには驚かされます。

目黒雅叙園
  1. 1.桜の綺麗さ   ★★★★
  2. 2.夜桜の綺麗さ  ★★★★
  3. 3.景色の良さ   ★★
  4. 4.混雑度     ★★★
  5. 5.デート向き度  ★★★★★
  6. 6.家族向き度   ★★★
目黒雅叙園
  • 住所:東京都目黒区下目黒1-8-1
  • 最寄駅:JR ・ 東急目黒線 ・地下鉄南北線 ・都営三田線  目黒駅
  • 2019年開花予想時期:3月下旬~4月上旬

目黒のおすすめ花見スポット第1位:目黒川沿い

【花見スポット】目黒川沿い(目黒)の概要

世田谷区から品川区へ向けて8㎞続く目黒川のなかで、桜並木は池尻大橋から下流に向けての3.8㎞。最寄り駅から徒歩数分です。川沿いの歩道は狭いので、シートを敷いての宴会は禁止されています。目黒駅付近の川岸まで行けばシートを敷いている人も見られますが、基本的にはゆっくり歩いて愛でるお花見スポットです。

【花見スポット】目黒川沿い(目黒)のおすすめポイント

やはり第一位は目黒川沿いです。満開になると桜が両岸からあふれんばかりに咲き誇り、華やかです。水面に揺れる花筏もまた、どこから見ても美しく、今年も桜が見られてよかったなぁ…と感動すること間違いなし。中目黒から池尻大橋へと、上流に向かうにつれ川幅がが狭まり、桜のアーチに吸い込まれそうな感覚になります。

シーズンになるとぼんぼりが飾られ、地元商店街の主催する「イーストエリア目黒桜まつり」「中目黒桜まつり」が開催されます。模擬店や大道芸、和太鼓や阿波踊りなどのパフォーマンスで会場は盛り上がり、より一層人々でにぎわいます。天神橋から蓬莱橋にかけてはライトアップも幻想的なお花見スポットとなっています。

どの最寄駅下車でも桜を楽しめますが、おしゃれなレストラン・カフェでのお食事とセットで楽しむならお店の多い中目黒を経由するのがおすすめです。また、目黒駅→中目黒駅へ向けてのコースには公園が二つあります。「目黒区民センター公園」はベンチや東屋があり、ちょっと立ち止まっての休憩にぴったりです。

「中目黒公園」は目黒と中目黒の中間地点にある、広域避難場所にもなる広めの公園です。「桜テラス」と名づけられたエリアや芝生広場に腰を下ろして眺める桜もまた素晴らしいです。混雑する目黒川沿いの中でも、ほっと一息ついて立ち止まれる休憩場所となっています。

目黒川沿い
  1. 1.桜の綺麗さ     ★★★★★
  2. 2.夜桜の綺麗さ    ★★★★★
  3. 3.景色の良さ     ★★★★★
  4. 4.混雑度       ★★★★★
  5. 5.デート向き度    ★★★★
  6. 6.家族向き度     ★★★
目黒川沿い
  • 住所: 東京都目黒区中目黒
  • 最寄駅:【上流】田園都市線池尻大橋駅から徒歩3分 【中流】東急東横線・東京メトロ日比谷線中目黒駅から徒歩1分 【下流】JR山手線・東急目黒線・東京メトロ南北線・都営三田線目黒駅から徒歩5分。
  • 2019年開花予想時期:3月下旬~4月上旬

おしゃれな目黒のお花見に足を運んでみてくださいね!

全国的にも有名な目黒のお花見スポットはいかがでしたか?目黒は桜とセットで楽しめることが盛りだくさんです。各スポットが近く、コンパクトに見どころがまとまっている街なので、目的に合わせてオリジナルプランを組んでみてくださいね。開花時期は込み合いますのでトイレの場所も確認し、余裕をもってお出かけください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。