INDEX

SEX48手における体位「仏壇返し」とは?

仏壇返しの概要

後背位

仏壇返しとはSEX48手の中の一つで後背位と立位をあわせたような体位のことです。女性がクラウチングスタートのような体勢で前屈した状態で行う体位のことを指します。

仏壇返しの意味・由来

セックス

仏壇返しは元々相撲の決まり手の一つである「呼び戻し」のことを指します。「呼び戻し」は一度相手の体を呼び込んでそこから反動をつけてひねり倒す豪快な決まり手で、仏壇をひっくり返すほど派手で大胆な舞台装置のように見えたことから「仏壇返し」とも言われるようになりました。

ひっくり返したりひねる技術を使う体位ではありませんが、女性の体勢が相撲の立ち会い(はっけよいの掛け声でぶつかりあう瞬間)時の体勢に似ていることや見た目の豪快さからこの体位を仏壇返しと呼ぶようになったとされています。

仏壇返しのやり方

仏壇返しのやり方①:女性が前屈の体勢になる

騎乗位

まずは女性が立った状態から前かがみになって前屈の姿勢になりましょう。膝をピンとまっすぐにすると不安定なので軽く膝を曲げましょう。クラウチングスタートのような体勢をイメージするとやりやすいです。

仏壇返しのやり方②:後ろから男性器を挿入する

バック

後背位と立位の中間のような体位なので、後ろから男性器を挿入しましょう。この時女性が足を軽く開いておくと挿入しやすいです。やりにくい場合は男性器を挿入してから前屈の体勢になるやり方もOKです。男性が挿入しやすい高さや角度を少しずつ微調整していきましょう。

仏壇返しのやり方③:男性が腰を動かす

バック

女性は腰を動かしにくい体位なので、男性主導で腰を動かしてみましょう。腰を前後に動かして男性器を出し入れするやり方が最も簡単でやりやすいです。

仏壇返しのポイント

仏壇返しのポイント①:女性の安定感が鍵

足

仏壇返しは女性にとっては足の裏と手のひらしか支えるものがない上ほぼ男性任せに挿入される体位なので安定感が一番のポイントです。膝の曲げ具合や足の開き方次第で安定感は随分違ってきますので、お互いに見合ったバランスで挿入できるよう微調整は欠かさず行いましょう。

前屈する体勢ではあまりにも安定感がない、脚が痛くて不安だという女性は仏壇返しよりも簡単にできる碁盤攻めに挑戦しましょう。仏壇攻めの短所である前屈姿勢の苦しさが緩和されるのでよりやりやすくなります。関連記事も参考にしてみてください。

仏壇返しのポイント②:音を楽しもう

セックス

仏壇返しは豪快に腰を動かせる体位ゆえパンパンと性器同士を打ち付ける音が出やすいのもポイントです。また、膣周辺の筋肉が発達している女性だと空気の抜ける音がしやすい体位でもあります。

エロティックなムードを盛り上げる音が出やすいという長所を活かして、いつもより喘ぎ声を少し大きめにするのもオススメです。コツとしてはパンパンとした音を邪魔しないように音が出た後に声を盛り上げましょう。音を聞いて官能的な気分が盛り上がっていることを演出できます。

\ POINT /

羞恥心すら快感に

エロティックな音というのは女性にとっては恥ずかしいものですが、「恥ずかしい…」と声に出すことでムードが増してきます。

仏壇返しのポイント③:男性は全身を使おう

男

男性優位の体位なので腰が自由に動かせる長所を活かして全身をしっかり使いましょう。単純に腰だけ使ってしまうと腰を痛める原因になったり女性がバランスを崩してしまいます。

ポイントは手で女性の腰を支えることと腹筋をしっかり使うことです。手で腰を支えることで腰を振りやすく奥に挿入しやすくなります。また、腹筋をしっかり使うことで腰が疲れにくくなり足腰の踏ん張りも効きやすくなります。

仏壇返しのポイント④:あえて着衣で変化球を

着衣

見た目がとても官能的な体位なので着衣でも十分興奮材料が有ります。スカートを履いていれば下着を下ろせばすぐ挿入ということも可能です。

女性の腰が前かがみになる以外は無理な態勢がないので、コスプレ等を着用したままの挿入にも向いています。しっかりと衣服を着用しているのに性器の部分だけ露出しているというギャップも味わえるので、いつものセックスに飽きた時にオススメです。

仏壇返しの長所

仏壇返しの長所①:男性にとっては征服感が強い

男性

女性にとっては少し苦しい体勢ですが、男性にとっては楽に挿入ができて体を自由に使えるのでとても征服感が強い体位です。自分に対してお尻を突き出してうなじから腰にかけてを一望できるので視覚的なエロさも格別です。

女性がお尻を突き出す体勢なので、ストッキングを破いて挿入するといった征服感の強いプレイを追加することで更に興奮度を高めることができます。

仏壇返しの長所②:腰を動かしやすい体位である

腰

男性は立ったまま挿入が可能で拘束される部分もありませんので、腰を動かしやすいという特徴があります。無理な体勢にならずに腰を動かせるので負担がかかりにくいという長所もあります。

また手が自由に使えるので挿入したまま腰回りを撫でたり女性のおしりを叩くことも可能です。背中や腰回りは触られるとゾクゾクしてしまう女性は多くいます。下部から心臓のあたりまで優しく撫でるように触ることで気持ちよく感じさせることができます。

仏壇返しの長所②:奥まで挿入しやすい

置くまで挿入

性器同士の密着感が強い体位ですので奥まで挿入しやすいという長所もあります。男性にとってはとても敏感な亀頭周辺がすっぽりと包まれてこすれる刺激を受け、女性はGスポットにカリが当たったり膣口周辺に竿の摩擦を受けることができます。

男性が腰を自由に使える体位なので気持ちのいいところをピンポイントに狙っていきましょう。女性は腰を使いづらいので「ここがいい」としっかり伝えるようにしましょう。

仏壇返しの短所

仏壇返しの短所①:女性の体の柔軟性や体格に左右される

柔軟性

女性にとっては屈伸をしながら挿入されているようなもの。体が硬い女性にとっては膝を曲げたりしても快感よりも苦痛な感覚が勝ってしまうことがあります。

また、女性の身長が小さく男性との体格差が大きいと腰が振りにくかったり、場合によっては挿入すら難しい場合もあります。すべての男女に適性がある体位ではないことが致命的な短所と言えるでしょう。

仏壇返しの短所②:強すぎる突きにはご用心

腰板

仏壇返しは男性にとっては征服感もありビジュアルがとてもエロいのでついつい大きく腰を振って突きが強くなりがちです。挿入が強すぎると女性にとっても男性にとっても腰を痛める原因になるという短所もあります。

また、女性が十分に濡れてないうちに強く突くと性交痛や出血といったトラブルになりかねません。ビジュアルの刺激が強いので快感の赴くままに強引に腰を突くやり方をしてしまわないように気をつけましょう。

仏壇返しの短所③:腰の動かし方のバリエーションが少ない

腰

立ったまま行える体位ならではの短所に腰の動かし方のバリエーションがどうしても「突く」オンリーになってしまうという点があります。立ったままで行う体位は腰の高さを維持しないと安定しないので正常位のように腰を上下に動かす、うねるように動かすなどがとても難しいのです。

腰の動き自体はほぼ突くオンリーなので、緩急をつけた突き方で変化を加えましょう。最初はゆっくりねっとりと優しく突いて、女性が感じてヴァギナの濡れが増してきたら激しく突いてみましょう。

仏壇返しでドSな男性に大胆に責められよう

仏壇返しのやり方やポイント、いかがでしたか?ダイナミックで激しく腰を打ち付けられる体位ですのでSな男性とMな女性にとってはたまらない体位です。獣のようにセックスがしたい時にはピッタリではないでしょうか。

女性の体の柔軟性がある程度あることと男女の体格差が大きすぎないことが条件にはなりますが、視覚聴覚のエロさは格別です。道具も必要ないので征服したい男性や征服されたい女性はぜひ挑戦してみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。