INDEX

SEX48手における体位「燕返し」とは?

燕返しの概要

スキンシップを楽しむ男女

燕返しはSEX48手の中の一つです。女性がうつ伏せになり、片方の脚を男性が持ち上げて挿入します。視覚的にもとても官能的で、SEX48手の中でも人気の体位。

ただし、女性の脚を大きく持ち上げる分、女性にも男性にも負担がかかることが多いです。休憩をしながら「ゆっくりと、イチャイチャしながら」楽しみたい体位ですね。SEXがマンネリ化の方にもおすすめですよ。

燕返しの意味・由来

口づけをかわす男女

燕返しの由来にはさまざまな意見がありますが、もっとも多くいわれているのが「体位がツバメが飛ぶ形に似ているから」ということ。

女性が片脚を大きく上げ、男性が挿入している光景が「ツバメが飛んでいる姿」に見えるのです。女性の持ちあられた片脚が、ちょうどツバメの羽の部分ですね。「本当にツバメに見えるの?」と疑問な方は、実際に体位を鏡に映してSEXを楽しんでみてはいかがでしょうか。

燕返しのやり方

燕返しのやり方①:女性がうつ伏せに寝転がる

ベッドにいる男女

燕返しのやり方①は、女性がうつ伏せに寝転がります。この状態はまだ序盤なので、リラックスしていて構いません。スキンシップを楽しむとよいでしょう。

また、燕返しでは女性が片脚を持ち上げられることになるので、脚をマッサージするなどして準備をしておくことをおすすめします。マッサージをしながらいちゃいちゃすれば、愛を深めることができますね。

燕返しのやり方②:女性が四つん這いになる

下着を脱がせる男性

燕返しのやり方②は、女性が四つん這いになります。正確には四つん這いにならなくとも燕返しの体位にすることは可能なのですが、一度四つん這いになったほうが男性が女性の脚を持ち上げやすくなります。

また、下着を身につけている場合はこのタイミングで脱がせてもらいましょう。濡れていないとスムーズに挿入できないので、しっかり愛撫してもらうこともお忘れなく。

燕返しのやり方③:男性が女性の片脚を持ち上げる

見つめあう男女

燕返しのやり方③は、男性が女性の片脚を持ち上げます。このとき女性は四つん這いになっているので、片方の脚を男性の頭の位置くらいの高さまで持ち上げてください。

また、片方の脚を上げるのは女性にとって結構つらい体勢です。脚はまっすぐでなくても構わないので、無理のない範囲で持ち上げましょう。持ち上げるのが大変であれば、肩にのせてもよいでしょう。

燕返しのやり方④:男性器を挿入する

挿入される女性

燕返しのやり方④は、男性器を挿入します。このとき持ち上げていない片方の脚は、まっすぐベッドにつけるように伸ばしましょう。

体勢的には「女性の片脚を男性が持ち上げ、持ち上げていないほうの片脚はベッドについている」状態です。燕返しでは奥までしっかりと挿入できるので、ゆっくりSEXを楽しみましょう。

燕返しのポイント

燕返しのポイント①:脚を持ち上げる角度に注意する

下着姿の女性

燕返しのポイント①は「脚を持ち上げる角度に注意する」ことです。うつ伏せの状態で脚を持ち上げられるのは、かなりきつい状態。身体がかたい女性の場合、痛みを感じるケースもあります。

脚を持ち上げる際は、無理のない角度で行ってください。また、女性が痛みを感じた場合は「角度や高さを下げる」などして調整しましょう。

燕返しのポイント②:できるだけ腰を大きく動かす

快感を得る女性

燕返しのポイント②は「できるだけ腰を大きく動かす」ことです。奥まで挿入できる燕返しは、いつもとは違う挿入感を楽しめます。

挿入間を十分に満喫するためには、できるだけ腰を大きくことが大切。ゆっくり、大きく腰を動かしましょう。女性から腰をくねらせたり、動かしてみるのもアリですね。さまざまな動きを楽しんでみてください。

燕返しのポイント③:バランスを意識しながら行う

座位を行う男女

燕返しのポイント③は「バランスを意識しながら行う」こと。女性の片脚を持ち上げながらの燕返しは、バランスを崩しやすい体位です。

脚を持ち上げる位置や角度に気を付け、意識しながらSEXを楽しみましょう。ちょうどよいバランスが見つかれば、激しく動くこともできますよ。お互いが気持ちよく楽しめるバランスを見つけましょう。

燕返しのポイント④:スキンシップをとりながら行う

楽しく触れ合う男女

燕返しのポイント④は「スキンシップをとりながら行う」こと。ジャンルでいると「バック」にあたる燕返しでは、お互いの顔があまり見えません。

お互いを感じながらSEXを楽しむためにも、スキンシップを積極的にとりましょう。休憩の合間にキスをしたり、お互いの身体を触りあうとよいですね。ムードも高まりますよ。

燕返しの長所

燕返しの長所①:男性器が奥まで入る

ディープキスをする男女

燕返しの長所①は「男性器が奥まで入る」こと。後ろから挿入する燕返しは、奥深い部分まで男性器が入ります。奥を突かれることで、今までとは違った快感を楽しめるかもしれません。

また、奥深くまでの挿入と、浅めの挿入両方の感覚を楽しめることも大きなポイント。腰の動きに強弱をつけながら、燕返しを満喫してくださいね。

燕返しの長所②:官能的な視覚を楽しめる

官能的なセックスシーン

燕返しの長所③は「官能的な視覚を楽しめる」こと。女性が片脚を大きく上げている姿は、とても官能的。女性のエッチな姿に男性の興奮が高まること、間違いありません。

正常位やスタンダートなバックとは、まったく違う体位なので鏡に映しながらSEXを楽しむのもおすすめ。鏡に映すことで、女性も自分と男性の姿を見ることができますよ。

燕返しの長所③:ほかの体位と組み合わせやすい

正常位を行う男女

燕返しの長所③は「ほかの体位と組み合わせやすい」ということ。燕返しは「バック」のジャンル。持ち上げた脚をベットに下ろして四つん這いになれば、スタンダートなバックの体位となります。

また、男性が持ち上げている女性の片脚をくるっと回すことで、女性が仰向けになり正常位となります。ほかの体位へとスムーズに移行できるので、いろいろなスタイルでSEXを楽しめますね。

燕返しの長所④:激しく腰を動かせる

激しく動く男性

燕返しの長所④は「激しく腰を動かせる」こと。男性器が奥まで入りやすい燕返しは、バランスさえとれば激しく腰を動かすことも可能。ダイナミックなSEXを楽しめます。

女性の脚に負担がかからない程度に激しく腰を動かし、燕返しでのSEXを楽しみましょう。SEX中に女性が腰を軽く動かすのもおすすめですよ。

燕返しの短所

燕返しの短所①:男性に大きな負担がかかる

疲労を感じる男性

燕返しの短所①は「男性に大きな負担がかかる」こと。女性の脚であっても、実は結構な重さがあります。片方の脚を持ち上げながら腰を動かす男性は、とても大変。

燕返しでSEXを楽しむ場合は男性に負担がかかることが多いので、女性が「大丈夫?」などこまめに声をかけてあげるとよいでしょう。休憩をとりながらゆっくり楽しんでください。

燕返しの短所②:女性の脚がつりやすい

痛みを感じる女性

燕返しの短所②は「女性の脚がつりやすい」こと。燕返しでは片脚を大きく上に持ち上げられるため、女性にも大きな負担がかかります。

とくに運動不足の女性は、脚がつってしまうことも。「つりそうだな」「痛い」を感じた場合は、いったん燕返しを中断しましょう。休憩をしてから再度燕返しを楽しんでください。

燕返しの短所③:女性器がはっきりと見えてしまう体位

驚く男女

燕返しの短所③は「女性器がはっきりと見えてしまう体位」ということ。燕返しでは片脚を持ち上げながら挿入をするため、男性からは女性器が丸見えとなります。

深い仲の男女であれば、あまり気にならないかもしれませんが「付き合いたて」や「初めてのSEX」のときには羞恥心を感じることが多いでしょう。気になる場合は部屋を暗くしてSEXを楽しんでください。

燕返しで奥までの挿入感を楽しもう

ベッドインする男女

燕返しでは奥深くまでの挿入感を思いきり満喫できます。また、短所があるものの、そこまで難しい体位ではないので気軽にチャレンジできるでしょう。

視覚的にもとても官能的な体位なので、SEXがマンネリ化している方はぜひ燕返しを楽しんでみてはいかがでしょうか。今までにはなかった発見があるかもしれませんよ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。