INDEX

アレキサンダーの意味・由来・雑学は?

アレキサンダーの意味・由来

アレキサンダーというカクテルをご紹介していくうえでまずアレキサンダーの名前の由来からお話していきます。1863年イギリスの皇太子であるエドワード(後のエドワード7世)とデンマークのアレクサンドラ王女の結婚式あるいは1901年のエドワード7世の戴冠式で献上されたカクテルと言われています。

最初は、王女の名にちなんでアレクサンドラと呼ばれていましたが、いつしか『アレクサンダー』という男名に名前を変えたと言われています。他にも、マケドニアのアレクサンダー大王、文豪の大デュマあるいは小デュマに当たるなど諸説ありますが、実際のところははっきりしません。

アレキサンダーの雑学

アレキサンダーというお酒を飲んだ事がある人はお分かりだと思いますが、ジンやブランデーをベースに作られているという事もありアルコール度数の高いお酒になります。しかし、生クリームとカカオのリキュールが入る為、女性にも飲みやすい甘いお酒でもあります。

アレキサンダーが作られた当初は、ジンがベースとなっていましたが後にブランデーベースのものも登場しました。今では、当初のものよりもブランデーベースの物が主流となっています。世界各国でも場所によってベースとなるものに違いがあり、欧米では辛みの強いジンベースのものをアレキサンダーと呼ぶ事もあるようです。

アレキサンダーの味・割合・度数・割方・カロリーは?

アレキサンダーの味

アレキサンダーの基本的な色は褐色になります。ジンやブランデーベースとなるアレキサンダーは、生クリームとクレーム・ド・カカオを使用するという事もあり、色味はチョコレートケーキのようなミルキーでソフトな甘みのある女性向けのお酒といった味でもあります。

映画でもアレキサンダーが登場する作品があり、ブレイク・エドワーズ監督の『酒とバラの日々』という作品では酒飲みの夫からアレキサンダーを飲まされてアルコール依存症になっていく女性が描かれた作品もあるほどです。それだけ女性には一度飲んだら病みつきになるほど美味しいお酒という事でもあります。

アレキサンダーの割方・割合・度数

アレキサンダーのアルコール度数は、23~26度ほどあるためカクテルの中でも度数が高めのカクテルになります。ブランデー:カカオリキュール:生クリーム=30ml:15ml:15mlの割合で入れて作ります。これにナツメグをアクセントに入れて作る事もあります。

アレキサンダーのカロリー

アルコールの中でもダントツでカロリーの高いブランデーを使用している事と脂肪分の高い生クリームやカカオリキュールを使用しているため、100mlあたり200kcalと他のカクテルに比べてカロリーも高めという事がお分かりいただけます。甘いのでお酒の量も進みやすいですがその分、カロリーが高い事をお忘れなく。

アレキサンダーの作り方(レシピ)は?

アレキサンダーのカクテルスタイル

アレキサンダーのカクテルスタイルをこれからご紹介していきます。グラスやブランデーなどはあくまで参考にして頂けたらいいものなので必ずしもこれを使わなければいけないというわけではありません。自宅にあるもので楽しんで頂く事を優先してご覧になって下さいね。

アレキサンダーの基本情報
カクテルタイプ ショート
ベース ブランデー
グラス カクテルグラス
技法 シェイク
度数 26.00%
味(テイスト) 甘口
茶系
炭酸 なし
TPO 食後

アレキサンダーの作り方の手順

Amazonで詳細を見る

アレキサンダーの材料
ドンピエール V.S.O.P. 30ml
ボルス クレーム・ド・カカオ ブラウン 15ml
生クリーム 15ml
ナツメグ 適量
アレキサンダーの作り方
  1. ①シェイカーに氷を2/3程入れる
  2. ②材料のブランデー・生クリーム・クレーム・ド・カカオをシェイカーに入れていく
  3. ③充分にシェイクし、カクテルグラスに注ぐ
  4. ④最後にナツメグをかけて完成!

生クリームとクレーム・ド・カカオのおかげでブランデーの甘みがさらに強調されたものになります。アレキサンダーを作る際には、香りを楽しむという事を意識して楽しんでくださいね。

アレキサンダーの作り方のポイント①:ブランデーは高級でなくてもOK

アレキサンダーのベースとなるブランデーは、シェイクして他の材料と混ぜてしまうという事もありブランデーそのものの香りを楽しむわけではありません。その為、ヘネシーやナポレオンのように高級なものを使用する必要はありません。

アレキサンダーの作り方のポイント②:一般的なシェイカーで充分

中には、自宅で作ってみたいという方も多いと思いますが本格的なシェイカーを購入しようと思うのであれば数万円するものから数十万円するものまであります。しかし、自宅で友人たちに振る舞うくらいであれば一般的なシェイカーで充分だと思います。本格的なものを買ったところでプロの味は簡単には出せません。

その為、シェイカーをわざわざ買わなくても蓋付きのコップや小型の水筒でもいいと思います。自宅でわざわざ本格的なアイテムを揃えても徐々に使わなくなれば勿体ないのであるもので代用するのもいいでしょう。どうしてもシェイカーがほしいという方にはおすすめを載せておきますので参考にしてみてください。

Amazonで詳細を見る

アレキサンダーの作り方のポイント③:小さめのワイングラスで代用も可

グラスの理想はショートグラスです。ショートグラスというのは、短時間で比較的冷たいうちに飲めるようなサイズ感が特徴です。その為、理想はショートグラスで飲みたいところですが自宅にはない場合もあると思いますのでその場合には小さめのワイングラスでも代用は可能です。

形にこだわらず、自宅にあるもので代用できるのも自宅で作る場合の醍醐味でもあります。美味しく飲めることができれば形や見た目にこだわる事もありません。ぜひ、自宅にあるもので楽しんでみてください。どうしてもショートグラスがほしいという方向けにおすすめを載せておきますので参考にしてみてください。

Amazonで詳細を見る

アレキサンダーの美味しい飲み方

アレキサンダーの美味しい飲み方①:バーバラ

アレキサンダーというのは、ベースをあらゆるものに変化させて楽しむ事ができるカクテルでもあります。例えば、ブランデーベースのものをウォッカに変える「バーバラ」。ウォッカにクレーム・ド・カカオを加える事で程よい甘さとカカオの香りがふんわりと香る優しい口当たりになります。



さらにそこに生クリームを加えればまろやかさが増した女性向けのお酒に変身。バーバラは、アレキサンダーに比べてさらにまろやかさが増した印象になりますので、ブランデーだと少し匂いがきつい、という女性にはこちらもおすすめです。しかし、バーバラはさらにアルコール度数が増しますので飲みすぎには注意してください。

特に、お酒の弱い方は甘いからと言って加減がわからないようにならない為にも周りが飲みすぎを止めてあげる事も重要です。場合によっては急性アルコール中毒の危険性も伴いますので要注意です。

アレキサンダーの美味しい飲み方②:パナマ

パナマは、ベースをラムに変えたものです。ブランデーのようにクセが強くないラムを使用しているのでお酒の弱い方でも比較的飲みやすいカクテルになっていると思います。クセがないので、デザートとの相性も抜群です。食後やデザート、カクテルタイムやナイトキャップなどあらゆる場面におすすめ。

しかし、パナマもまたアルコール度数は高めなので飲みすぎには要注意です。自分のペースをしっかり守ってお酒を楽しみましょう。特に、自宅で飲む場合にはリラックスしているという事もあり、飲みすぎてしまいがちですので注意しましょう。

アレキサンダーの美味しい飲み方③:ミドリ・アレキサンダー

クレーム・ド・カカオの代わりにメロンリキュールであるミドリを使用したミドリ・アレキサンダー。クレーム・ド・カカオを使用していない分、甘さをあまり感じないという特徴もあります。その為、男性にもおすすめのカクテルです。甘味の強いカクテルが好みの方には甘さが足りないと思いますのであまりおすすめできません。

アレキサンダーの美味しい飲み方④:シルク・ストッキング

シルク・ストッキングとは、ベースをテキーラに変更し、グレナディンシロップというザクロのリキュールを使用してクレーム・ド・カカオと生クリームをまとめてシェイクしたものです。テキーラを加える事でクレーム・ド・カカオと合わさり芳しい香りと最後にザクロのリキュールで酸味をプラス。

アレキサンダーほど甘さが後を引かないのでさっぱりと楽しめます。シルク・ストッキングは、さっぱりとした味わいの中にもまったりとしたまろやかさも楽しめますので食後のカクテルとしては最適だと思います。

アレキサンダーの美味しい飲み方⑤:グラスホッパー

ブランデーベースのところをグリーンミントリキュールに変更したグラスホッパー。一番例えとして的を得ているのは、「チョコミント」ではないでしょうか?女性の中には、チョコミントに目がないという人も多いと思います。グラスホッパーもチョコミントのような爽やかな味わいなので食後のお口直しにピッタリ。

チョコミントの商品が出たら必ず買うという人は一度試してみる価値大ありのカクテルですのでぜひ、一度ご賞味を。必ずお気に入りになるはずです。

アレキサンダーに類似するカクテルは?

ホーセズネック

ホーセズ・ネックとは、その名前からもわかるように馬の首を模したレモンが添えられているブランデーベースのカクテルになります。グラスに掛けたレモンが馬が首をもたれかけているように見えた事からこの名が名づけられたという事です。そして、その味はというとブランデーの香り漂う少し甘めのおいしさ。

今では、ウィスキーベースで作られる事が主流となっており、ブランデーベースで作られたものは『ブランデーホーセズ・ネック』とも呼ばれています。

ニコラシカ

見た目のビジュアルにも特徴のあるこちら。ドイツ生まれのニコラシカは、不完全な状態で提供される事も特徴の一つです。ブランデーの入ったグラスの上には、輪切りのレモンで塞がれた状態になっておりその上にはさらに砂糖が盛られています。

そして、飲む際には砂糖を乗せたままのレモンを口に含み、ブランデーを一気に飲み干すという一風変わった飲み方をします。口の中で完成するカクテルというのも珍しいですよね。

アレキサンダーにおすすめのおつまみは?

ビターチョコ

ここでは、ブランデーベースのアレキサンダーに合うおつまみをご紹介していきます。まず、ブランデーと言えば『チョコレート』ともいわれるほど最適なのがビターチョコです。甘めのミルクチョコレートだとブランデーの甘さを引き出すには適していないのでできれば、ビターチョコのような甘すぎないチョコがおすすめです。

ビターチョコの中でも、カカオ成分が70%以上のチョコレートが最適だと言われています。チョコレートを食べながらアレキサンダーを飲めば口の中にまろやかな味わいが広がります。

デーツ

アレキサンダーに合うおつまみにはチョコレート以外にもおすすめのものがあります。ブランデーベースのお酒なのでドライフルーツも最適なのですが中でもデーツがアレキサンダーには合います。デーツには、ビタミンA、B2、B6、E・ブドウ糖・ナイアシン・カリウム・カルシウム・リンなどの豊富な栄養素を含んでいます。

その為、お酒を楽しみながら美容や健康を気遣う事ができるおつまみでもあるんです。その為、お酒を楽しみたいけど健康面でも気を遣いたいという場合には、デーツはおすすめです。

塩豆

アレキサンダーにはナッツ類もおすすめですが、特に塩気の効いたナッツがおすすめです。その中でも塩豆はブランデーの甘みを邪魔することなく、適度に効いた塩気を持つ塩豆はダントツでおすすめです。噛み応えもあるので晩酌する時には最適です。

ウォッシュチーズ

ブランデーベースのアレキサンダーに最適なチーズと言えば、「ウォッシュチーズ」がおすすめです。ウォッシュチーズは香りが強いので香りが強いチーズが苦手な人には不向きですが、日本人には比較的慣れやすい香りとも言われているので日本人の多くは受け入れやすいチーズと言えます。

その理由は、ウォッシュチーズには枯草菌であるリネンス菌を使用しており、日本人に馴染みのある枯草菌は納豆にも使用されているので比較的日本人には受け入れやすい匂いであるという事が言えるからです。納豆が苦手でない場合には、ぜひ試してみてくださいね。

アレキサンダーの魅力がお分かりいただけましたか?

今回は、「アレキサンダーの作り方やレシピ、度数や割合、味」などについてご紹介してきましたがいかがでしたか?アレキサンダーは、ブランデーをベースに作られているので女性には少し馴染みのないカクテルでもありますが、飲み方やレシピ、割合によっては女性でも飲みやすいカクテルも多数ある事でも知られています。

アレキサンダーというカクテルは、自宅でも簡単に作る事ができるレシピなので気軽に楽しめるカクテルでもあります。お店で飲むのもまた格別ですが、気軽に自宅で楽しめる方法があるのであれば自宅でゆっくり自分の好きなテレビを見ながらや誰にも気兼ねなく飲めるとなれば自宅で飲むのも悪くない、と思うはずです。

この機会にぜひ、今回ご紹介したレシピを使って自宅でアレキサンダーを楽しんでみませんか?この記事を参考に自宅で気軽にアレキサンダーを楽しむ機会を設けるきっかけになれば幸いです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。