INDEX

マンハッタンの意味・由来・雑学は?

マンハッタンの意味・由来

カクテル

「カクテルの女王」と呼ばれるマンハッタン。その名前の意味や由来は何なのでしょうか?マンハッタンという言葉を聞いてニューヨークのマンハッタン地区を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。カクテルマンハッタンの名前の由来には諸説あるようですが、ニューヨークのマンハッタン地区が関係しています。

アメリカ大統領選の際にイギリスのチャーチル首相の母親がニューヨークのマンハッタンにある倶楽部でパーティを開催し、その時にこのウヰスキーベースであるカクテルが考案されたことが由来であると言われています。

マンハッタンの雑学

「カクテルの女王」という異名を持つマンハッタンですが、なんとなくセクシーで色っぽい女性が飲むイメージがありませんか?それは昔「お熱いのがお好き」というアメリカ映画であのマリリンモンローがマンハッタンを飲むシーンがあったからなんです。

あんなにセクシーな女性が映画で飲んでいたらインパクトは抜群ですよね。それ以来マンハッタンは大人の女性が飲むおしゃれなカクテルというイメージがつくようになったんです。

マンハッタンの味・割合・度数・割方・カロリーは?

マンハッタンの味

気になるのはマンハッタンの味ですよね。カクテルというとサワーやビールなどと違ってなかなか味の想像がしにくいかと思います。いくつものリキュールを使って手間暇かけて作られるわけですからそれは当然です。

マンハッタンは基本的に甘みが強いカクテルです。女性が飲むイメージのあるカクテルですからやはり甘さが強くなるのでしょう。ただ甘いと言っても度数はかなり高いです。

ただマンハッタンは甘いだけではありません。甘さの中にほろ苦さも感じる事ができるカクテルなのです。他のカクテルに比べてマンハッタンはレシピがシンプルです。つまりバーテンダーさんの作り方やお酒の割合によって味が変わって来るので通な人程頼みたがるカクテルなんです。

マンハッタンの割方・割合・度数

マンハッタンの由来や雑学、味を知って頂いたところで次はマンハッタンの割方や割合、度数についてシェア致します。マンハッタンのベースとなるお酒はウイスキー。このウイスキーはライ・ウイスキーを使用するのが一般的です。ただバーボンやカナディアンウイスキーを使っての作り方もあります。

ベースとなるウイスキーとアクセントとなるスイートベルモットが4対2です。そこにアンゴスチュラビターズを数滴たらします。度数は高めの27度~35度。味は甘めで女性受けする味ですが度数は低く無いのでお酒が弱い人は注意が必要です。

マンハッタンのカロリー

女性にとってダイエットは欠かせないものですよね。やはりカロリーは気になるところ。特にお酒はカロリーに注意しなければなりません。では「カクテルの女王」マンハッタンのカロリーは高めなのでしょうか?度数も高いカクテルですから気になる方も多いですよね。

マンハッタンのカロリーは1杯およそ120~130キロカロリーです。中ジョッキサイズの生ビールが200キロカロリーですから、あの小さいカクテルグラス1杯で120~130キロカロリーもあるとなると結構な高カロリーですよね。

マンハッタンはカロリーのもととなるシロップは使用しておりませんが、やはり高めのカロリーですし度数も高いのであまり飲みすぎるのは控えた方が良いでしょう。

マンハッタンの作り方(レシピ)は?

マンハッタンの材料・分量

「カクテルの女王」マンハッタン、いかがですか?セクシーな大人の女性が飲むカクテルだなんて飲んでみたいと思いますよね。また、今までマンハッタンを飲む機会がありその味の魅力にとり付かれてしまった方もいるかもしれません。そんな方々におすすめなのがマンハッタンを自作することです!

「え?カクテルを自作なんてできるの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんができるんです!材料と分量、作り方のレシピを知っていれば誰でもマンハッタンカクテルは作れるんですよ!

まずマンハッタンの材料は4つ。ベースとなるウイスキーとスイートベルモット、アンゴスチェラ・ビターズ。仕上げに飾る砂糖漬けチェリーです。割合の分量はウイスキーが2でスイートベルモットが1。アンゴスチェラ・ビターズは数滴で構いません。

マンハッタン
カクテルタイプ ショート
ベース ライ・ウイスキーまたはバーボン、カナディアンウイスキー
グラス カクテルグラス
技法 ステア
度数 27度~35度
味(テイスト) 中甘辛口
琥珀色
炭酸 無し

マンハッタンの作り方の手順

マンハッタンの材料や割合などを確認したら次はマンハッタンの作り方のレシピをご紹介します。やはりバーテンダーさんのプロの作り方にはかないませんが、しっかりと手順を踏むことであなたもおいしいマンハッタンが作れますよ!

「カクテルの女王」マンハッタンの作り方レシピ
  1. ①グラスにウイスキー、ベルモット、アンゴスチェラ・ビターズの順番で注ぐ。
  2. ②お酒を覆うくらいの氷を投入しマドラーでゆっくりと20秒ほどかけて混ぜ合わす。
  3. ③お酒が混ざり合ったら、冷やしておいたカクテルグラスに注ぐ。
  4. ④仕上げにスティックに刺した砂糖漬けチェリーを飾りとしてカクテルグラスに投入。

マンハッタンの作り方のポイント①混ぜ方が重要!

マンハッタンの作り方レシピを学んだ所でマンハッタンを美味しく作る作り方のポイントを見て行きましょう。まず、マンハッタンを美味しく作る上で重要なのが「混ぜる」工程です。この混ぜる動作には2つの意味があり1つは、氷と一緒に混ぜ合わせることでカクテルを冷やすこと。もう1つはカクテルを薄めることです。



ガシガシとお料理の時にするような混ぜ方をするのではなく、マドラーをグラスの縁に沿って混ぜることが作り方の中で重要なポイントです。滑らかにゆっくりと丁寧に時間をかけて混ぜ合わせることでおいしいマンハッタンになるのです。氷と混ぜ合わせることで少し薄まり、度数のきつさを感じにくくなります。

マンハッタンの作り方のポイント②チェリーの種類とレシピ

マンハッタンはカクテルのなかに砂糖漬けしたチェリーが入っていることが特徴の一つです。このチェリーがカクテルの味のアクセントとなり風味を豊かにしてくれるのですが使うチェリーの種類によって味のポイントが決まるのです。

普通砂糖漬けされたチェリーはアイスクリームやクリームソーダの上に乗っているものを想像しますよね。一般的にそのような場面で使われているのが「マラスキーノチェリー」と呼ばれるチェリーです。皆さんも一度は食べた事があるであろう砂糖漬けチェリーがこちらです。

このマラスキーのチェリーを使用する代わりに「ルクサルドマラスキーノ」というリキュールを使用する方が値段は高めになりますが風味豊かでおいしく作れる作り方のポイントになります。ただこのルクサルドマラスキーノはリキュールなので、やはり果実のチェリーを使いたいと言う方はマラスキーノチェリーを使用しましょう。

マンハッタンの美味しい飲み方

マンハッタンの美味しい飲み方①ウイスキーの種類にこだわって

マンハッタンの材料や作り方のレシピをマスターしたら次はマンハッタンの美味しい飲み方についてもマスターしちゃいましょう!せっかく作り方をマスターしたならより美味しく飲みたいですもんね!一つ目の美味しい飲み方は材料として使用するウイスキーにこだわることです。

先ほどレシピでも申したようにマンハッタンのベースはウイスキーです。ただ一口にウイスキーと言っても種類がたくさんありますよね。一般的にマンハッタンを作る時に使用するウイスキーはライ麦を使用したライ・ウイスキーが伝統的かつ主流です。ただ辛口が苦手な場合はとうもろこしを使ったバーボンを使用しましょう。

また、カナディアンウイスキーを使用するとまろやかで飲みやすい口当たりになります。マンハッタンはウイスキーベースですからそのウイスキーの種類を自分好みに変えることで美味しく楽しくマンハッタンを飲む事ができますよ。あなただけのオリジナルマンハッタンを見つけてみて下さいね。

マンハッタンの美味しい飲み方②ベルモットのメーカーを選ぶ

マンハッタンを作る上で欠かせないのが「ベルモット」です。白ワインにヨモギといった香料やスパイスを加えたフレーバーワインであるベルモットがマンハッタンカクテルの味の決め手となります。このベルモットですが種類があり辛口と甘口の2種類に分かれます。

マンハッタンカクテルには甘口の種類の物を使用するのが一般的ですが、ちょっと冒険して辛口で試してみても面白いかもしれません。また甘口でもベルモットを販売しているメーカーがいくつかあり、メーカーによって味や風味に差があるのでいくつか研究してあなた好みのベルモットを見つけられれば美味しいマンハッタンです。

マンハッタンに類似するカクテルは?

マンハッタンに類似するカクテル:ロブ・ロイ

マンハッタンの雑学や作り方のレシピまで皆さんにシェアしてきましたが、だんだんとカクテルに興味が湧いてきた方も多いのではないでしょうか?カクテルは作り方や割合によって味が大きく変化し、使用するお酒のメーカーにまで味が左右される奥の深いお酒です。

「カクテルの女王」と呼ばれるマンハッタンもその作り方やお酒の種類を少し変えると全く別物のカクテルになるんですよ!マンハッタンを味わった後はマンハッタンに類似したカクテルも味わってみてはいかがでしょうか?まず1つ目にご紹介するのは「ロブ・ロイ」です。

簡単に言うとマンハッタンに使用しているウイスキーをスコッチウイスキーというスモーキーな香りが特徴的なウイスキーに変えたものが「ロブ・ロイ」です。琥珀色のマンハッタンより赤みがかった色をしており、ちょっとスパイスが効いたような香り豊かなのが特徴のカクテルです。

マンハッタンに類似するカクテル:ドライマンハッタン

マンハッタンの味の要となるスイートベルモット。使用するベルモットのメーカーを変えるだけでも仕上がりの味がかなり変わるほどその重要性は高いのですが、このベルモットは甘口と辛口2種類に分かれます。マンハッタンで使用するベルモットは甘口なのですがベルモットを辛口にすると「ドライマンハッタン」になります。

マンハッタンは甘みが特徴的ですが「ドライマンハッタン」になるとちょっと辛口でスパイシーな大人の味に変化します。またマンハッタンで使用しているチェリーをドライマンハッタンの場合はオリーブに変えるのも特徴的です。

また、チェリーをミントの葉に変えると「セントラルパーク」という名前になります。ニューヨークマンハッタンにあるセントラルパークにミントの葉を見たてて、マンハッタンの中心に置くことでついた名前なのですが随分と遊び心があって洒落ていますよね。カクテルはこのように洒落た由来のものが多いんですよ。

マンハッタンに類似するカクテル:リトル・プリンセス

マンハッタンに類似したカクテルはまだまだあります。次にご紹介するのは「リトル・プリンセス」というカクテルです。こちらのカクテルはマンハッタンのベースとなっているウイスキーをラムに変えたカクテルです。

「カクテルの女王」と呼ばれるマンハッタンのベースであるウイスキーをラムに変えるため「リトルプリンセス」という名前が付けられました。これもジョークですがかなり洒落ていますよね。カクテルのそんな雑学や由来を知っているともっと楽しくカクテルが飲めそうです。

作り方のレシピやお酒の種類や割合を変えることでまったく別物のカクテルに変化してしまうなんて本当に不思議ですよね。そんな奥の深い部分に魅力を感じてカクテルファンになってしまう人も少なくはありません。

作り方をマスターして美味しいマンハッタンを!

「カクテルの女王」と呼ばれ古くから愛されてきた「マンハッタン」。使用するお酒やリキュールの種類が少なく割合も単純なことから「バーテンダー泣かせのカクテル」とも言われています。ベースとなるウイスキーの種類やベルモットのメーカー、さらには飾りとなる砂糖漬けチェリーの種類にまでこだわることができます。

カクテルとはバーで飲むものというイメージがありますが、材料が揃い作り方のレシピをマスターすればご自宅でも手軽に作ることができます。お酒やリキュールのメーカーや割合を色々と試すことであなた好みのマンハッタンを研究するのも面白いかもしれません。

初めてバーで注文する時は勇気がいるかもしれませんが、マンハッタンを注文すると一目おかれると言われます。今度バーに行く機会があれば是非勇気を出してカクテルの女王に挑戦してみてはいかがでしょうか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。