Large thumb shutterstock 330942917

カシスオレンジの作り方・レシピ!酒の度数・割合・味・カロリーは?

更新:2019.06.21

カシスの甘さとオレンジの酸っぱさが美味しいカクテルであるカシスオレンジの作り方からレシピ、割合や度数、カロリーなどカシスオレンジについて基礎から紹介します。自宅でカクテルを楽しむならメジャーなカシスオレンジを美味しく作りましょう!

カシスオレンジの意味・由来・雑学は?

カシスオレンジの意味・由来

カシスオレンジはカシスとオレンジの2つのフルーツの良さを併せ持つカクテルです。酸っぱさの中にも甘味があり、かつすっきりとした味わいなので主に女性に好まれているカクテルです。色もきれいで見た目からも華やかさを感じ、カクテルでは人気の部類に入ります。

名前の意味はカシスとオレンジを使っているのでそのままですが、カシスはリキュールを指し、オレンジはオレンジジュースのことを指します。カシスオレンジは他のカクテルと違い、かっこつけた由来などは存在せず、単にリキュールを楽しむ一つの方法だといわれています。

カシスオレンジの雑学

他のカクテルであれば、名前に意味が込められているものもあるのですが、カシスオレンジについてはあまりそういったものは存在しません。カシスオレンジはカシスリキュールのオレンジ割りがそのまま名前になっているので見た目の華やかさとは裏腹に蓋を開ければ空っぽな部分もあります。

そもそもカシスとは日本では「黒スグリ」といわれています。カシスの本体は甘さがなく、酸味が強いのでそのままで食べるには不便なものです。それをお酒に加工することによって、カシスオレンジで味わえる甘さと酸っぱさが活かされるのです。日本で数多く飲まれているカシスリキュールは「クレーム・ド・カシス」です。

カシスオレンジの味・割合・度数・割方・カロリーは?

カシスオレンジの味

カシスオレンジの味を例えると、酸っぱいけど甘いという甘酸っぱさが売りのカクテルです。どちらかといえば甘さよりも酸っぱさが勝るカクテルですが、後味はすっきりとしているので老若男女問わず好まれています。

アルコール度数が高くないので、世間からは「ジュース感覚で飲める」とよく言われています。特にお酒に弱い人や、お酒を初めて飲むような人でも簡単に飲めてしまうので、初心者向けのカクテルとしての人気が高いです。自宅で楽しめるカクテルについては以下の記事も参考にしてみましょう。

カシスオレンジの割方・割合・度数

View this post on Instagram

滅多に#お酒 は飲まないのですが#晩酌 先日から、ふと#カシスオレンジ が飲みたくて、治らないので切らしてた#クレームドカシス 🍊を買って来ました🍸 牛乳で割っても美味しいので#カシスリキュール だけは飲み切れる。 #イオンリキュール で買って、#優待 のオーナーズカードは使えたけど、100円引き券は使えなかった😢 そうなの? 昨日は結婚して初の旦那さん泊まりの出張で昨日の朝早く出掛けて名古屋大阪一泊して広島福岡と回ってくるそうです😵 2日間お弁当も朝ご飯も作らなくて良いし一人で映画とか観まくっていつもより夜更かししてダラダラ出来ましたー💕(まぁいつもだけど、というかおやすみメール待ってたけど来なかった😓) まさかのサプライズで帰って来る可能な時間を過ぎたのを確認して寝る時物音とかちょっと怖くてチェーンロック的なヤツ掛けて寝ました。 なんとなく。 帰りの飛行機が取れなくて2泊するとか言ってたけど、一緒に行く人が新幹線で帰ると言い出したので一緒に帰ってくるそうです。 羽田行くの考えると飛行機も新幹線も片道4時間くらいと大して変わんないらしい。 福岡から電車で4時間なんて近いね! なんだか不思議ー。 #花金#優待生活#イオン

A post shared by Megumi (@0910megu) on

カシスオレンジはお酒初心者でも飲めるカクテルです。そのためアルコール度数は低めで、どちらかといえばお酒よりもジュースと称されることが多いですね。ではそんなカシスオレンジの割方・割合・度数を紹介しましょう。

カシスオレンジの割方・割合・度数

  • 割方・・・カシスリキュールとオレンジジュース
  • 割合・・・カシスリキュール1:オレンジジュース4が基本
  • 度数・・・上記割合なら5度~8度(弱い)

カシスオレンジはカシスリキュールをオレンジジュースで割ったものです。その割合はカシスリキュール1に対してオレンジジュース4が基本ですが、好みによって割合を変えることで甘さが目立つか酸っぱさが目立つかなど味わいが変わるのがカシスオレンジの面白みですね。

カシスオレンジのカロリー

お酒初心者でも飲みやすいカシスオレンジですが、アルコール度数は低いかわりにカロリーが高いって知っていましたか?カシスの実自体は酸っぱいですが、実はリキュールになるとすっごく甘いんです。甘いものってカロリーが高いので、飲みやすいからとたくさん飲んでは太ってしまうので注意しましょう!

カシスオレンジを飲むときにはロンググラスを使うことが多いです。これでカシスオレンジを作ると、グラス1杯あたりカロリーは「170~190カロリー」といわれています。カシスリキュールは甘味料を多く使って甘くしているので、当然といえば当然のカロリーですね。

カシスオレンジの作り方(レシピ)は?

カシスオレンジのレシピ:材料・分量

カシスオレンジはリキュールとオレンジジュースがあれば簡単に自宅で作ることができます。カシスリキュールは普通にお酒屋さんなどで売っています。手に入らない場合にはネットで購入しましょう。オレンジジュースはスーパーやコンビニで手に入りますね。

カシスオレンジ

カクテルタイプ ロング
ベース 果実リキュール
グラス タンブラー
技法 ビルド
度数 3度~5度
味(テイスト) 甘口
炭酸 なし

基本的な材料や分量は上記の通りです。後はグラスや氷が要りますが、これは家にあるものなので材料表では省いています。分量は個人の好みによって変えることができるので、カシスリキュール45mlで甘すぎると感じる場合には30mlくらいに減らして作ってみましょう。

カシスオレンジのレシピ:作り方の手順

カシスオレンジの作り方はとても簡単です。レシピ自体は難しくありませんが、お店で出されるようなグラデーションを作りたいときは雑に作るのではなく、工程ひとつひとつを丁寧に行うようにしましょう。

カシスオレンジのレシピ②作り方の手順

  1. ①グラスにカシスリキュールを45ml注ぎます。
  2. ②次にグラスに氷を入れ、オレンジジュースを注ぐ
  3. ③軽くかき混ぜれば完成

基本的な作り方は上記の通りです。カシスオレンジはカクテルの基本ともいえるドリンクなので簡単に作ることができます。ワンランク上のカシスオレンジを目指すときは、オレンジの輪切りやミントなどを添えると見た目がなお華やかになるのでやってみましょう!

カシスオレンジの作り方のポイント①:グラデーションの作り方

2層に分かれ、グラデーションのようなカシスオレンジって見た目が華やかで自分でも作ってみたいな、と思うことがあるでしょう。しかしグラデーションを作るのって意外と簡単なんですよ。作るときに少し気を遣うだけできれいなグラデーションが作れます。

グラデーション有りのカシスオレンジの作り方手順

  1. グラスにカシスリキュール45mlを注ぐ
  2. グラスを傾け、グラスの縁に沿ってオレンジジュースを注ぐ
  3. ゆっくりとグラスを元に戻し、氷もゆっくりと入れて完成

勢いよくオレンジジュースを注ぐとグラデーションが乱れてしまうので注意しましょう。彼氏・彼女やお客さんにグラデーション有りのカシスオレンジを出したらきっと喜ばれますよ。是非作ってみましょう!

カシスオレンジの作り方のポイント②:割合・割方・分量等のレシピはお好み

カシスオレンジの分量の基本はカシスリキュール1:オレンジジュース4でしたが、これは好みによって変えることができます。甘めのカシスオレンジが好きならカシスリキュールを多めに、酸っぱめ・スッキリさを意識するならオレンジジュースを多めにしましょう。レシピは自分次第で自由自在です。

ただしカシスリキュールを多くするとカロリーが跳ね上がります。たった1杯でもおにぎり1個分程度のカロリーがあると自覚してリキュールの量を増やし、飲み過ぎには注意しましょう。ジュース感覚で飲めてしまうので、気をつけていないとあっという間に太りますよ!

カシスオレンジの作り方のポイント③:カロリーや度数が気になるときの対処

カシスオレンジのカロリーや度数が気になるときは、オレンジジュースの量を多くしたり、少し水を入れて薄めて飲みましょう。水で薄めると味も薄まってしまいますが、お酒が弱い人はこれでだいぶ飲みやすくなります。

また水を入れるのは嫌だな…という場合には、氷を多めに入れて、少し時間が経ってから口にすることで良い具合に薄まってくれます。薄まることでカロリーや度数も少しながら抑えることができるので、気になる方は試してみましょう。

カシスオレンジの美味しい飲み方

カシスオレンジの美味しい飲み方①:フレッシュなフルーツを添えて

作り方でも紹介しましたが、カシスオレンジはフルーティーさが売りのカクテルです。しかしカシスリキュールとオレンジジュースだけでは何だかフルーティーさに物足りなさを感じることがあります。そうしたときにはフレッシュなカットオレンジやカシスを添えるのがおすすめです。

見た目が華やかになるだけでなく、フルーツのフレッシュさがプラスされるのでスッキリとしてカシスリキュールの甘ったるさが抜けてさらに飲みやすくなります。最後にフルーツも食べればお腹も満たされるので一石二鳥ですね。

カシスオレンジの美味しい飲み方②:カシスリキュールを変えてみよう

日本で多く使われているカシスリキュールは「クレーム・ド・カシス」ですが、このクレーム・ド・カシスといってもさまざまなメーカーから販売されています。そのため各メーカーのクレーム・ド・カシスを飲み比べてみるのも面白いですね。

有名なのはルジェやサントリーですが、他にもマザリンやボルスからも発売されています。それぞれメーカーによって味も風味も違うので、自分の好みに合うカシスリキュールをカシスオレンジで飲み比べてみましょう!また作り方やレシピも自分なりにアレンジしてみましょう!

カシスオレンジに類似するカクテルは?

ファジーネーブル

ファジーネーブルのレシピ

  • ピーチリキュール・・・45ml
  • オレンジジュース・・・適量

ファジーネーブルはピーチリキュールをオレンジジュースで割ったカクテルです。こちらもジュース感覚で飲めるカクテルなので女性やお酒に弱い人によく好まれています。ピーチの甘さとオレンジの酸っぱさが特徴のカクテルです。

カシスオレンジに飽きてしまったらこちらのファジーネーブルがおすすめです。アルコール度数もそんなに高くないので、カシスオレンジ同様に楽しむことができます。またファジーネーブルの割合などのレシピ、作り方については以下の記事を参考にしてみましょう。

ヨーグリートオレンジ

ヨーグリートオレンジのレシピ

  • ヨーグルトリキュール・・・45ml
  • オレンジジュース・・・適量

ヨーグリートオレンジは甘酸っぱさが売りのカクテルです。ヨーグルト風味のリキュールをオレンジジュースで割って飲みます。居酒屋などではあまり見かけないカクテルなので、手軽に飲むなら自宅で作る方が早い場合もあります。

カシスオレンジと同じでレシピ、作り方はリキュールとオレンジジュースを混ぜるだけで簡単に飲むことができます。こちらも甘口のテイストなのでついつい飲んでしまいますが、カロリーが高いので気をつけましょう。

マリブオレンジ

マリブオレンジのレシピ

  • マリブ(ココナッツ))リキュール・・・30ml
  • オレンジジュース・・・適量

マリブオレンジはココナッツの良い香りが特徴のカクテルです。レシピ、作り方はマリブ(ココナッツ)リキュールとオレンジジュースを合わせるだけなので自宅でも簡単に作って飲むことができます。甘口のテイストで女性に好まれています。

ココナッツの香りがするので甘ったるさを少々感じさせるカクテルですが、オレンジジュースの酸味がスッキリさを引き出してくれています。ココナッツ好きには是非飲んでもらいたいカクテルの一つです。

スクリュードライバー

スクリュードライバーのレシピ

  • ウォッカ・・・40ml
  • オレンジジュース・・・適量

ドライバーと名がある通り、ねじ回しの名を持つカクテルです。カシスオレンジと違って由来があり、昔労働者たちがウォッカとオレンジジュースを混ぜたドリンクをねじ回しで混ぜたから名がついたといわれています。

カシスオレンジやファジーネーブルと違ってアルコール度数が高いのでお酒が弱い人にはあまり向きません。しかしちびちびとお酒を楽しみたい、強いカクテルが好きという場合にはおすすめしたいカクテルの一つです。

オレンジブロッサム

オレンジブロッサムのレシピ

  • ジン・・・45ml
  • オレンジジュース・・・適量

オレンジブロッサムはジンベースにオレンジジュースをプラスしたカクテルです。カシスオレンジやファジーネーブルと違って中甘辛口のテイストになるので、お酒が好きな人に向いているカクテルです。レシピはとても簡単なので自宅でも作れます。

どちらかといえば爽やかさが目立つ味で、甘さは控えめです。スッキリさが売りのカクテルなので、飲んでいても甘ったるさを感じずに後味が良いのが特徴です。オレンジブロッサムについては以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてみましょう。

カシスリッキー

カシスリッキーのレシピ

  • カシスリキュール・・・30ml
  • ソーダ・・・適量
  • レモンスライス・・・1枚

カシスリッキーはカシスリキュールをソーダで割り、グラスの中でスライスレモンをつぶしながら飲むカクテルです。爽快感があり、カシスソーダよりもスッキリした味わいがあります。アルコール度数も高くなく、割合を変えることで甘さを抑えることができます。

カクテルはリキュールとそれを割るものの割合を変えることで自分好みに味を変えることができます。飲みやすい割合を自分なりに探して、自宅でよりカクテル作りを楽しんでみましょう!

飲みやすいカシスオレンジで簡単カクテルを自宅で楽しもう!

カシスオレンジは見た目の華やかさと甘酸っぱさから女性にとても人気があるカクテルです。アルコール度数も低いのでお酒が弱い人でも比較的飲むことができます。しかしだからといって飲み過ぎればカロリー過多やアルコール中毒になる恐れもあるので注意が必要です。

しかし飲みやすいカシスオレンジは簡単なカクテルの一つです。リキュールとオレンジジュースさえあれば自宅で作って飲むことができるので、カクテル作りに興味があれば是非とも自宅で作ってみてくださいね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。